相入玉。第84期棋聖戦準決勝▲久保利明vs△渡辺明

第84期棋聖戦準決勝▲久保利明vs△渡辺明

郷田真隆渡辺明の二人が羽生善治への挑戦権をかけて戦うこととなった準決勝の片方の山、▲久保利明vs△渡辺明戦について簡単に振り返る。

先手の久保利明石田流を目指す。後手の作戦が注目されたが、いわゆる最近よくある左美濃から片銀冠にする作戦。工夫は、飛車角の交換を見据えて、右金を6一に置いたまま他の手を急いだところだろうか。

居飛車側の片銀冠は対抗型においては昔はやや珍しい印象だが最近は定番、本局においては有効に機能した。

先手久保利明の攻めに6一金型を活かした自然な応手。通常、飛車交換はしにくいところだが、手に乗って右翼の金銀を低く再配置したことで、居飛車側から飛車交換を迫る手段が生じていてなるほどと感心した。

飛車交換してシンプルに先手陣に飛車を先着した局面では、棋理としては居飛車が良いのだろうと思う。居飛車党と振り飛車党で意見がわかれるかもしれないが、厳密には居飛車が良い局面。コンピューター将棋の判定を仰ぎたいところだ…。

両者攻めごまを敵陣に打ち込んでからの61手目、▲7一馬がかなり強引な一手。後手の攻めが来る前に一気にやってしまおうという意味だが、果たしてこれで攻めが続くのか?

後手の渡辺明プロが焦らなかったために先手の久保利明プロは▲2一金!と筋悪な一段金で迫る。ここ数年の久保利明プロはこういうベタッとした悪手っぽい駒の投入が目立つ。力強さの裏返しでもあるところだが、運用を誤ると一辺に悪くなる可能性もある。そういうリスクを恐れないところが強さの証でもあるわけだが…。

84手目、後手玉が△3五玉という位置に行った。これは桂頭の玉寄せにくしの形ではあるが、2六に金を打たれるとオシマイという形。そこで出た▲6七銀が如何にも素晴らしい手だった。

この辺り、正直後手玉が寄ってそうだったのだが、上手くしのいだところでは先手が戦力不足でかつ後手玉は入玉が見えている。

寄せられないので仕方なく先手も入玉を狙うがコンピューター将棋との対戦ではないので大駒三枚持っている後手が程なく勝利を収めた。

二一時現在、感想コメントは追記されていないが、具体的に先手が寄せ損なったのか、あるいは後手が受けきっていたのか?というのは是非知りたいところ。

今朝起きて棋譜コメントを確認したが、どうやらぎりぎり居飛車が凌いでいた模様。

それにしても渡辺明三冠の玉は普段は固くて出てきたときは華麗な玉捌き、というなんとも対戦相手にしてみれば質の悪い、恐ろしい王様だなあと思いましたよ…。

これで決勝戦は郷田真隆渡辺明の対戦となった。この対局も大変楽しみですね。


久保の石田流久保の石田流
(2011/03/24)
久保 利明

商品詳細を見る











関連するタグ 石田流 久保利明 渡辺明 郷田真隆

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

可憐!春の舞 第6期マイナビ女子オープン第1局 ▲里見香奈vs△上田初美

PR:昨日発売!凌ぎの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)


里見香奈四冠が上田初美女王に挑戦するこの五番勝負。現時点で最強の二人と言っていい。好勝負が期待できる。

里見香奈は奨励会に入って棋風が変わった。より負けにくい棋風となった。勝負が長引いても確実に仕留めるプロの殺し屋の将棋になった。その指し回し・腰の重さが終盤力をより強力なものにしている。

対する上田初美は若いころからその才能を嘱望されていたが振り飛車穴熊一辺倒でどの道場にも一人はいる熊おじさん、みたいな将棋だった。ただそこから用いる戦型の種類を増やしてから、球種を増やしてから明らかに一段レベルがあがった。そしてその穴熊感覚は女流では稀有なものであり、里見を相手にしても、ノーマル振り飛車にしてくれれば居飛穴で粉砕することが可能である。

里見が先手番では飛車先を決めることで作戦を限定させることができるが、挑戦者決定戦での本田のように相居飛車にされると後手が苦しくなる展開が多いので難しいところ。

ということで初戦は無理せずに先手里見の石田流vs後手上田の居飛車となった。後手の作戦が注目点で、無難に構えると左美濃になるが左美濃で石田流に立ち向かう…という展開は個人的にはあまり好きではないというか自信がない。

何が?といわれると困るのだが、△6三銀型、というだけであまりやる気がでない。5三の地点、7三の地点の潜在的な傷が気になるというか。

とはいえ、この展開は十分に想定されていたところだろうから、上田も何かしらの準備をしている可能性は高い。たとえば、男性棋士の最新形など。対する里見も奨励会でその対応策は知っているはずなので、経験値の違いで先手の里見に分のある勝負になるかもしれない。

このへんはお互いにまずは相手の様子をうかがう、という感じであり後手番の上田とすればそれほど気負いするところもないだろう。

世論的にはどちらが応援されているのかわからないが、どちらも自身を応援する声をうまく力に変えるタイプであり、変なプレッシャーを持つことが今回の対局についてはなさそうなので、純粋に将棋の内容として良いものが期待できるのではないか。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

局面はすらすらと進み、前回両者の対決で先手が圧勝した形に進む。双方銀冠に組み上げてから後手が先攻した。△4五歩。これは前回の対戦と同じ仕掛けである。

この局面が再度出現したということは当然、後手の上田初美女王には用意があるということだろう。

手を先に変えたのは里見四冠。▲5二歩と垂らした。プロに実践例のある手順で、その前例ではと金を作らせて勝負した後手だったが先手が勝っているらしい。

本譜は後手がややと金を見せられて焦ったというかちゃんと急かされた、という印象を受ける手順。垂らした歩を生かす前に銀を後退させられた62手目の△6三銀は辛い手だ。

63手目の▲6五歩から、先手の総攻撃が始まる。一気に行くかと思わせて指した67手目の▲4七金左、が奨励会の手だろう。如何にも強い人の手だ。

ただこれで少しだけ局面はスローダウンしているので後手の防戦も一息ついた。70手目の△7五歩はよさそうな手で、まだまだこれからと思われた71手目の▲3五歩が機敏な一着だった。

9七にいる角を玉頭方面で活用しようという盤面を広く見た手で、後手の攻めの銀が6三というもっとも中途半端な位置にいるのに対し、先手は左金も飛車もより良い位置にいるために、形勢としては先手に傾いた瞬間だった。

後手の上田初美女王も細かく応じる。元振り飛車党らしい飛車を横に使った良い手順だったが、それを上回ったのが里見香奈四冠の▲6五桂だった。振り飛車はこの桂馬がさばければよい、といわれるがまさにそれを示した一着。

後手が狙っている地点にあった桂馬を跳ねて攻めになっている。このあたりから先手の溜めた攻めが徐々に加速してくる印象を受けた。

振り飛車のように軽快に先手の攻めをけん制する上田初美女王だったが、それをさらに上回る里見香奈四冠の駒捌き。△6八歩の垂らしで同角を求めるがそれをヒラリとかわす▲9七角。まさに春らしい、女性同士らしい、桜吹雪とそれのなかを舞う蝶か鳥か、というような手順だった。

87手目の▲5三桂成りがこの華麗な応酬における決め手。振り飛車らしい軽快かつ痛烈な一撃で後手は倒れた。

この将棋だけでいえば、先手の快勝だろう。ただし、先手里見のもっとも得意とする形である。また、今回の負けをもって、後手は必ず違う作戦で修正してくるだろう。先手番で同様の展開になることは考えにくい。よって今回の投了図をもって今後のタイトルの行方を占うのは早い。

それよりも素晴らしかったこと。両者和服で、彩も鮮やかで、春を感じさせるものだった。コンピュータが強くなればなるほど、将棋における勝敗以外の部分の比重が高まっていくと私は考えている。米長さんもそういう意味でこれからは教育と言っていた部分もあるだろう。

この美しく着飾った二人の若き乙女が、その華やかさに負けない手順を盤面に描いた。まずはこの棋戦と二人、そして女流棋士の存在意義を存分に示した一局だったと思う。


え…読むだけで/// 私も読んじゃう!><

読むだけで身につく佐藤康光流終盤の技法読むだけで身につく佐藤康光流終盤の技法
(2013/04)
森 森/〓二

商品詳細を見る







関連するタグ 里見香奈 上田初美 石田流 佐藤康光 行方尚史

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

振り飛車受難、三度 第37期棋王戦 第4局 ▲久保利明-△郷田真隆

将棋の神様が居たとして、その御方は居飛車党なのだろうか?振り飛車党なのだろうか。或いは居飛車の神と振り飛車の神、両方が存在するのだろうか。

第37期棋王戦 第4局 ▲久保利明-△郷田真隆

この第四局の負けで、久保利明は8連敗である。そして単なる8連敗ではない。2月25日の1敗目から3月17日の1ヶ月弱の間に、A級から陥落し、NHK杯の準決勝で敗退し、タイトルを2つ失ったのだ。(NHK杯は放映日ベースなのでやや不正確だが)。

人間は何かを得る歓びよりもその得たものを失う痛みのほうが4倍大きいという。今までの数年間で築き上げた久保帝国を一夜にして失う心情というのはどういうものなのだろうか。下衆で非情とは思いつつも私の現在の注目はそこにある。日経某誌の「敗軍の将、兵を語る」ではないが、この3つの損失が重なったことについてのコメントを聞いてみたいという自分がいる。

将棋や棋士への接し方としては色々あると思う。私は私なりの尊敬を双方に示すものだが、私の情愛の在り方としては、拳闘士や剣闘士に対するものに似ている。残酷なまでの敗者の存在こそが、勝者の尊厳を究極までに高めうる。

そういう意味では、今回の久保帝国崩壊の一ヶ月間というのは、羽生世代という少数精鋭の騎馬民族が将棋界を蹂躙し続けていることを再確認させる出来事だったように思う。この棋王戦で、今期のタイトル戦は全て終了し、5/7が羽生世代によって保持されることとなった。

この7つのタイトルを持つ者たちの中で、純粋な振り飛車党は存在しない。佐藤・羽生は用いるほうだが、羽生の採用率はかなり下がっており、佐藤は振り飛車という枠組みの中で使っているわけではないように思う。

久保帝国の凋落は、振り飛車の凋落を意味する。色々な見方はあるだろうが、この振り飛車の盛衰史は、以下のように分類できる。

1.大山升田時代までの第一期振り飛車隆盛期
2.居飛車穴熊登場による第一次凋落期
3.藤井システム登場による第一次復興期
4.藤井システム解読による第二次凋落期
5.ゴキゲン中飛車・先手石田流による第二次復興期
6.超速によるゴキゲン受難の時代(今ココ)。

先手石田流も、一番の使い手である久保をして五割台の勝率でしかないのであれば、それほど活躍しているとはいえない。またゴキゲンに至っては藤井猛の角交換四間飛車と同じぐらいの戦果である。これではタイトルを保持できないのも仕方ないところだ。

上記「2.居飛車穴熊登場による第一次凋落期」において、魅力ある、ベテランの振り飛車党の先生は粗方駆逐されてしまい、引退に追い込まれた。(このあたり、どういう先生がいたか?は振り飛車党列伝」が詳しい)。

上記「4.藤井システム解読による第二次凋落期」では、藤井システムを武器に三段リーグを勝ち抜いた振り飛車党たちが転向を余儀なくされた。うまく転向できた例もあったが、できずに若くしてフリークラス行きになった例もある。

その当時は久保利明ですら自身最悪の年間勝率が四割を切っている。二〇〇五年度の事だ。飛車を振るところが無いと嘆いていた頃だが、今回こそ本当に飛車を振るところがなくなったかもしれない。

******************************************

上記に比べると、居飛車党というのは寿命が長い。もちろん居飛車党であれば単に寿命が長いというわけではない。加藤一二三九段が、今期鬼のC1で5-5と指し分けて、話題になっていたが、その原動力はなんといっても、早見えの才だろう。本局、棋王戦第四局においても、若手棋士に混じって遜色ない次の手の当て具合や正確な形勢判断をみせていた。

そして、五勝のうち三勝貢献したのはあの棒銀である。中原誠をA級から突き落としたのもあの棒銀だった。加藤一二三九段の棒銀は組み易しと見られている。しかし神の視点で見るのであれば、どうなのだろうか。

******************************************

ある記事に対して質問をいただいていたので、ここで答えることにする。

Q1 ではなぜ振り飛車党がいるのでしょう
Q2 里見三冠をはじめとして、とくに女流に振り飛車党が多い気がします。なぜなのでしょう。
Q3 ボンクラーズはこのあいだの対米長戦で飛車を振っていたと思いますが(後略)

Q3は、米長邦雄氏が誘ったから、ですね。

Q1とQ2はやや関連するのでまとめての答えとします。

指してて、思惑通りの序盤になるのは居飛車よりも振り飛車なんですね。戦型固定されるので、経験値の蓄積がされやすく、仕上がりやすい。極端な話、全部四間飛車穴熊でもいけるわけです。

また、指し将棋をやる方であればわかると思いますが、相手の作戦にハマって負けるときのアツさ、自分の作戦に持ち込めなかった時のムカつき具合というのはかなりのものです。

(昔、老人たちの間でゲートボールというのが流行った時に、それが原因で殺人事件が発生しましたが、たまに将棋道場では、劇怒りしている老人を見かけることがあります…。)

振り飛車であれば、少ない球種で勝負できる利点があります。居飛車の場合は、序盤をちゃんと固定しようとすると、先後両方で3つずつぐらいは必要な気がします。目分量でいうと、1/3ぐらいの工数で振り飛車党は済むわけです。

また、奨励会には香落ちがあります。香落ちは振り飛車で指すより他なく、振り飛車党に有利な点があります。プロ同士で香落ちをやった場合に、上手が居飛車党と振飛車党では、全然戦績が違った(過去の将棋世界を探ってください)という例もあり、振飛車党であるメリットは存在します。

アマ時代や奨励会時代や低段時代は振り飛車党で途中から居飛車党になるケースは谷川浩司名人や、豊島将之、中村太地などなど居ますが戦略的にアリというか、間口の広げ方としては理想的なのかもしれません。(ただし棋風転換が順調に進んだ場合、というかなり結果論的な条件がつくのでしょうが。。)

******************************************

これからの振り飛車党の行く末だが。今振り飛車党で活躍している人…といえば菅井竜也永瀬拓矢ぐらいだろうか。この二人にしても勝敗数と当たっているメンツをみると、来期以降前途洋々という感じではないように思える。

ほかは、広瀬章人も振り飛車穴熊の名手だが、純正振り飛車党という感じではない。過去の振り飛車党大家と呼ばれた人々は久保利明以外は居飛車比重を高めている。(鈴木大介、藤井猛、そしてあの近藤正和ですら)。

ノーマル振り飛車の使い手の窪田義行も振るわないので、角道を止めた振り飛車が主流になるとは考えにくい。

今後は振り飛車メインの棋士が絶滅するか、或いは活躍しにくくなるのではないか。私はそのように思う。今度こそ、「振り飛車党」とよばれる棋士にとっては、振る場所がない、という状況が出現しているように思う。

これからの振り飛車を考えるときにヒントになるのが、阿久津主税と橋本崇載だろうか。この二人は器用に振り飛車も指しこなす。どちらかと言えば居飛車に比重があるが、状況に応じて振り飛車を投入している。

居飛車党か振り飛車党かではなく、将棋というもう一つ上のレイヤーで見た時の戦型の1つとしての振り飛車、というのがこれからの将棋なのではないか。

ここで最初の問いに戻る。

将棋の神様が居たとして、その御方は居飛車党なのだろうか?振り飛車党なのだろうか。或いは居飛車の神と振り飛車の神、両方が存在するのだろうか。



将棋の神は居飛車党でも振り飛車党でもない。それが現時点の私の見解だ。

ただ、それでも卓球のカットマンのような、大山康晴のような振り飛車党の出現を待ち望んでいる自分がいるわけだが・・・。

******************************************

まったく将棋に触れないのもあれなので、少しだけ触れると、△5二銀、△8一飛の二手に郷田真隆と書かれているように思った。穴熊の桂馬を跳ねさせるための銀上がり、銀戻り、と同じような味わいの手というか。


イカガ?(´・ω・`)つ 佐藤康光の石田流破り


関連するタグ 久保利明 郷田真隆 大山康晴 石田流 加藤一二三 米長邦雄 永瀬拓矢 菅井竜也 佐藤康光 藤井猛

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

素人の石田流 第37期棋王戦第2局 ▲久保利明-△郷田真隆

実に不思議な将棋だった。解説の森下卓プロでなくとも、アマチュアの私でもそう思わざるを得ないものがあった。

第37期棋王戦第2局 ▲久保利明-△郷田真隆

先手久保ということで石田流に。しかし序盤で将棋は恐らく終わっていた。24手目の局面、先手が飛銀交換で駒損。手番は先手だが、もともと先手にあった手番である。純粋に駒損だけが残っている。

しかも▲9五角の筋は△8二飛などであれば多少は五月蝿いが、△9四飛と催促されて続かない。これは私のようなアマ低段でも一目でわかるところだった。

良い意味でいえば、素人でもわかる楽しい将棋。悪く言えば、酷く粗い将棋。コンピューター将棋であれば、この局面から投了級の点数格差がでるところまで、全部解析して後手勝ち、という結論を導きだしてもおかしくないぐらいには点差のある局面だと思う。

手数は88手続いているが、勝負は24手で終わっていた。不思議な将棋だと思う。読み抜けがあるような展開ではないので、先手の久保利明二冠の意図がわからないといえばわからない将棋だった。後手が郷田真隆でなくとも、奨励会初段クラスでも勝つのではないか?という気がするのだが大げさだろうか。三段だったら確実に勝ちそうな気がするのだが…。

というわけであまり書くことが無い。土曜日開催は素敵、ということは毎回思う所です。

イカガ?(´・ω・`)つ 久保利明の石田流関連本





関連するタグ 久保利明 石田流 郷田真隆

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

典型的負けパターン 第61期王将戦 第4局 久保利明vs佐藤康光

久保利明が1番返した。しかも石田流の使い手たちがうっとりするような、居飛車党のファンがげんなりするような、石田流らしい将棋だった。

第61期王将戦 第4局 久保利明vs佐藤康光

佐藤康光の作戦は△8五歩まで伸ばすもの。対する久保利明は角道を通したままに飛車を▲7六飛と浮く。

この作戦は角交換になってからが手の選択肢が広いような・狭いような世界。

佐藤康光は二枚矢倉で玉を深く囲う作戦だが、残りの二枚が飛車側にいく左右分断型なので、人を選ぶ作戦ではある。少なくとも、素人のある程度のレベルまでは居飛車をもって振り飛車の攻めをいなし続けるのは困難だろう。

▲4六角は勇気のいる手で、持ち駒の角を飛車のコビン狙いという一点で投資している。ただし、研究手であることは確実で、このあたりにも、厳密にこれにて後ろの手順を全て網羅しているので良い、というよりも、それ以降の菅井竜也の、豊富な実戦量から、確率論的に勝ちやすい、力があれば勝てますよ、というような印象を受ける。

厳密すぎない、という意味では他の作戦・定跡でも見られるところなのだが、特にこの菅井竜也的作戦というのはそういう印象を受ける。居飛車の土俵・ペースじゃなくてこちらのペースであれば勝ちきれる、という頼もしさというか。

中盤の細かいねじり合いが続く。居飛車側からすれば、相手のちょこまかした動きをみて、変なことにならないように対応し続ける必要がある。いつかはわからないが、凌ぎきればよくなる、と信じて。

馬を作ったものの、戦果はなく、しかも歩切れになったあたりではかなり辛そうだが、馬が金当たりの状態で、その金への唯一の連携先である銀を桂馬で狙ったあたりでは、やや居飛車を持つ気がする。


88手目の評価が難しい。佐藤康光が勝ちと見て踏み込んだということだが、ここから終局までの数手に何を見るか?といえば、正直なところ、老いと人間らしい疲れ、だろうか。インディアン嘘つかない、コンピュータ疲れない、とはよく言う所だが、コンピュータの正確であろう終盤力を知っているだけに、この終盤はなかなかに辛いものがある。

文化としての将棋、結論を探求する学問としての将棋、勝負としての将棋、興行としての将棋。色々な面が絡まりつつの、将棋ではあるが、このコンピュータ将棋の正確な終盤力を見てしまった後に、「このほうが実戦的だったかもしれない」というコメントは果たして労りなのか、慰めになるのかどうか、は難しい所だ。

大山康晴大名人であれば、自陣飛車を打ってそこから200手かけてジリジリと追いかけていたのだろうか。

人間と自動車が競争すれば負ける的な論調で、人間の弱さを正当化?するのではなく、違う勝負に持ち込む、という思想がもしかしたら正しいのかもしれない…と考えてしまうきっかけとなった将棋だった。

イカガ?(´・ω・`)つ久保利明の最強振り飛車戦略―角交換振り飛車の久保システム


関連するタグ 久保利明 佐藤康光 石田流 大山康晴 菅井竜也

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク