中飛車と右玉。大和証券杯▲上田初美vs△石橋幸緒

昨日はなんだか右玉めいた日だった。(そんな言葉ないけど。

ニコ生の勝ったら100万円で唯一の勝者となったのが細川大一郎さん。右玉の大家で私も彼の書いたとっておきの右玉 (マイコミ将棋BOOKS)は持っている。

終盤力だけで奨励会の級上位まで行ったことを思えばその強さがわかるというものだ。

で、笑ったのが大和証券杯の解説がニコ生に続いて大平武洋プロだったこと。まるでバイトを掛け持ちする人のような土日で、そして相変わらず途切れることのない解説で素晴らしかった。

何も考えずに頭に浮かんできた言葉を延々と話してる自動書記状態なんでしょうかね。


先手の自然な駒組みに対して後手の手順をみていて、おそらく右玉だろうな、というのが分かった。先手が三間飛車であれば、右四間だったと思う。どちらも石橋幸緒プロの得意とされている形だ。

右玉にしたのはいいのだが、上田初美プロの対策?が良く、角道を塞がない分、後手の陣形整備が立ち遅れた。

そこからの手順は一方的に振り飛車側が攻める展開となり、私もよく対振り飛車右玉を指すが、いかにも負けパターンだなと思った。

これが将棋ウォーズだと、途中の先手の攻めがやや重い感じになったところから入玉を見せて焦らせて(実際は絶対入玉できないが、手数は稼げる)、切れ勝ち、という将棋の本質がずれるような戦略をとれるのだが、流石に秒読み将棋では辛かった。

大平武洋プロによる解説で、中盤というか先攻されてからの受けの手順の示唆がとても右玉側としては参考になった。

ほぼ後手からの攻め筋がないままに一方的に先手の上田初美女王の勝ちとなった。決勝は中井さんと上田さんとなる。

ムック本の第二弾が評判良すぎて、こちらにも波及してるらしいです。ほぼ売り切れらしいので急ぎましょう!

将棋世界Special「谷川浩司」 ~光速と呼ばれた男~ (マイナビムック)将棋世界Special「谷川浩司」 ~光速と呼ばれた男~ (マイナビムック)
(2012/07/30)
将棋世界編集部ほか

商品詳細を見る

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 対振り飛車右玉 中飛車 石橋幸緒 上田初美 大平武洋 谷川浩司 屋敷伸之

LPSA勢初の挑戦なるか? 第4期マイナビ女子オープン本戦準決勝 ▲石橋幸緒-△斎田晴子

結果から書くと石橋幸緒プロが勝って、LPSA勢初の挑戦をかけた戦いに駒を進めた。新団体設立、実務的な工数ものしかかり大変なのだと思うが、団体の存在意義を賭ける必要はないものの、勝っては損は何一つないので頑張って欲しいところ。

以下、簡単に将棋の内容に触れる。

第4期マイナビ女子オープン本戦準決勝 ▲石橋幸緒-△斎田晴子

初手は▲6八玉。如何にも石橋幸緒プロらしい手。いい意味でのケレン味、それが私が愛する棋士たちに共通するものだ。私は実戦においても石橋幸緒プロの作戦を参考にしたものを過去幾つか用いていたものだった。

しかし斎田晴子プロはそういう挑発から最も遠いところにある存在。初手が盤上に残した違和感は手数が進むとともに文字通り消え失せ、両者粛々と手を進めていくこととなった。

と思ったところで現れた13手目の▲7七銀が面白い。こういうセンスが何度も書いて恐縮だが、私が石橋将棋を愛する点だ。

32手目の△4四歩の味が悪い。となれば、王手飛車の含みに惚れすぎず、誘いの隙を見せずに△3三角とするべきだったかもしれない。閉じた角道をすぐにあける△4五歩を指さなかったために形勢を大きく損ねたようにみえた。

そこから良い粘りをみせたし、石橋プロにも疑問手があったが序盤に離れた差が大きすぎて、逆転の雰囲気すらでない一方的な戦いだった。

是非、決勝にも勝って挑戦を決めてほしいと思う。


女流棋士 石橋幸緒物語?サッちゃんの駒女流棋士 石橋幸緒物語?サッちゃんの駒
(2008/04)
石橋 幸緒

商品詳細を見る


私は、石橋先生の書と将棋のファンです。

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 石橋幸緒 斎田晴子 ゴキゲン中飛車

悪力 第4回朝日杯将棋オープン ▲所司和晴七段-△石橋幸緒女流四段

第4回朝日杯将棋オープン ▲所司和晴七段-△石橋幸緒女流四段

師弟対決ではないが師弟対決のような関係だろうか。石橋女流プロは、力戦で力を発揮するタイプで、序盤の面白い趣向と終盤の悪力が魅力。こういう持ち時間の短い将棋に向いたタイプだと思う。現に昨年の朝日杯では男性棋士相手に3勝?している。

対する所司プロは逆に正統派の将棋だろうか。石橋女流の作戦に注目したが、3三角戦法だった。相手が誘いに乗ってくれるのであれば、勝敗はともかくとして、居飛車でも振り飛車でも楽しい戦いが出来る戦法。(私は相手の棋風がわからない戦いでは用いないが)。類似局としては、第66期A級順位戦の谷川vs丸山戦がある。(話は逸れるが戦型選択や部分一致選択などが出来るクラウド棋譜サービスが早く出ないだろうか…)。

居飛車党の所司プロが素直に応じて先手矢倉vs後手銀冠という戦いとなった。5五の地点で後手の銀が死ぬ展開となり、そこから石橋が力を出す展開となった。パッと見では悪そうな・攻めが切れていそうな場面から強烈な勝負手を何度も繰り返す石橋女流・・・というのが本局のダイジェストだ。

それにしても、部分的な定跡手順・手筋なのだろうか、65手目までの先手の指し回しは大変参考になった。先に駒を捨ててからの攻撃は見た目に景気が良さそうでも実はそれほどでもなかった、ということは多いが、本譜のように馬が死んでは後手の大損害であり、流石にここでは石橋女流が悪い。

しかし、そこから延々と悪力を発揮し続けるのが本局の見所だろう。感想戦後のコメントの入った棋譜コメントをみると、冷静にみればやはり・・・というものなのだが、これが逆転しなかったのは、相手が男性棋士、プロ棋士だったからだろう。まさかあの69手目の「さっぱりした局面」から打歩詰めのぎりぎりまでに後手が追い込むとは思っていなかった。

こういう無理そうなところから手を繋げる将棋というのが私は大好きで、何を隠そう私も無理攻め・インチキ受けの将棋であり、自分でこう指されると駄目だと思っていました、という手を抱えながら、相手を脅かすのが辛くも楽しくもある。優勢なときに攻めるのは楽しいのだが、その差がわずかであれば、優勢を維持し続けることが辛い、ということになるのだが、どうせ負けの将棋で金持ち喧嘩せずと震える相手に、強引な手段で迫るというのはひとつの将棋の愉しみ方だ。

私は昔から石橋女流の序盤戦術を好み、よく真似させていただいているのは、こういう中終盤における趣味もあっているからだと思う。

中盤の強引な仕掛けから観戦者を大いに盛り上がらせた石橋女流プロだったが、所司プロが致命的な失着を指さない安定的な指し回しで勝ち切った。

昨年の実績?として、勝ち抜くと午後の部も中継になるだろうと私は思っていて、応援していた理由の7%ぐらいはそこにあったのだが、残念ながら午後の部の中継はなくなってしまった。本局にかかわらず、大抵の石橋将棋は、その序盤の独創性、中終盤の悪力に面白さがあるので、また是非リアルタイムで石橋女流プロの対男性棋士戦を見たいと思う。


******************

最後に蛇足だが。悪力というと、囲碁の用語などでは、無筋なのだが、通ると怖い、というようなニュアンスがあるのだと思うが、私の中では寧ろ豪腕、ハードパンチャーという意味に近い。ただし、厳密には難しそうな攻めだったり、悪そうな局面から繰り出されるために、結果的に悪力と称するのが馴染むことになる。

ただし、受けてジリ貧、という将棋よりも、乾坤一擲、という派手な手のほうが寧ろ面白い、というのは何も懸かっていない観戦者としてはあるわけで、そういう意味においても大変魅力的な将棋を指すと思う。


所司和晴の関連商品(楽天)
所司和晴の関連商品(amazon)



決定版 駒落ち定跡―八枚落ちから香落ちまで決定版 駒落ち定跡―八枚落ちから香落ちまで
(2000/03)
所司 和晴

商品詳細を見る


定跡伝道師の異名をとる所司和晴先生ですが、この本がその功績の一番になるような気が、しています。駒落ちといえば将棋大観が有名ですが、数々の一流プロを育てた名伯楽である所司和晴プロによるこの駒落ち本はかなりお勧め。もし本筋の駒落ちを学びたい、プロに指導を受ける予定がある、ということであればこの本で勉強するのが良いと思います。

通常プロと対局する際に一番多いであろう二枚落ちが充実しているのもポイント。話は逸れるが二枚落ち。通常これで勝てたら初段、と言われるが本気モードのプロの場合どうだろうか?多分、町道場の三段レベルでも怪しい気がする。ただし、銀多伝など、定跡形に組みあがってからであれば二段ぐらいだろうか。

接待・指導で初段なら、本気でも組ませてくれたら二段ぐらい、正真正銘のガチで三段以上、というイメージ。しかし町道場の三段にもピンキリありますからなあ。ともかく、「決定版 駒落ち定跡―八枚落ちから香落ちまで」はお勧めです。もし駒落ち本を持っていないなら、この一冊だけは購入することをお勧めします。大観よりも今風なのもポイント。

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 3三角戦法 所司和晴 石橋幸緒