受け師と鉄壁、矛盾ならぬ盾盾の戦い 第69期順位戦A級1回戦 ▲木村一基八段?△森内俊之九段

受けの強い両者の対戦成績はほぼ互角。コメント欄の戦績を見ると、少し星の差があるようにも思えるが、先手番の差ぐらいのようだ。前期A級での対戦では後手番だった森内プロが変化球的に72飛車戦法を用いていたが芳しい戦果は得られなかった。

戦前の私の予想は相矢倉。しかもがっぷりしたもの、だったがその点については当ったようだ。両者ともに一番力を出せる将棋で、開幕戦を心置きなく戦いたい、ということだろう。

木村一基プロの居飛車、先手番というのは不思議な味がある。森内プロの場合、先手番では鋭く寄せる将棋も実は多いのだが、木村プロの場合はなぜか受け潰しの将棋になっていることが殆どであるような気がする。本局が相矢倉になるとして、いったい、どちらが有利な状態で、どのような終盤になるのだろうか。その点に注目したい。

将棋は相矢倉の本格的な手順、つい先日行なわれた勝又-片上戦をなぞる。後手の片上プロが先手の攻めにお付き合いするのを早々に止めて、きっぱり飛車を叱りつける銀を打ったところが現在の局面だ。

素人目の判断だが、先手の攻めを受け続けていると一生攻めの手番が回ってこない可能性がある。8筋9筋が伸び切っているので、ここいらで反撃に転じるのは好判断だと思う。とはいえ木村プロも当然下敷きになっている前述の将棋を踏まえての戦いだろう。木村プロの対応策・構想はどんなものだろうか。受け将棋の木村プロを思うと、何となく5筋に飛車を転回して、後手の反撃を先手が受ける展開にしそうな気がしている。(10/06/16 13:40)。

やはり五筋へ。そこからも前例手順をなぞるが手順を変えたのは先手の木村プロ。その74手目の局面では、先手陣は堅く、相当に後手陣を乱したものの、角銀交換で後手の駒得。ただし手番は先手、玉形も当然先手、ということで攻めが続けば先手が勝ちそうだ。継続の手段として、先手の木村プロは5筋の飛車、取り込んだ歩を最大限に活かすであろうところ、55の天王山、盤のど真ん中に桂馬を打った。この手はパッと見気分が良く、如何にも手が続きそうにも思えるが、素人目には先手の攻めが切れそうにも見えた。

ただし後手から攻める手は間に合わないだろうから、先手が寄せきるか、後手が逃げ切るか?の展開になりそうだ。夕食休憩後に迎えるであろう局面では恐らく後手の銀二枚が、先手の角と香車と交換になると思われる。王手と成銀を取る飛車に対して、歩で防ぎ、香車があるので飛車を元の位置に戻して、手番が後手に移る。そこでいい手があれば先手の攻めを切ることが出来るかもしれない。先手の景気が良さそうだが歩切れなのと、先手の木村プロの棋風が攻めていくものではないのが気になるところだ(ここまで夕食休憩)。

そろそろ24時。後手はぎりぎりの凌ぎを見せ、夕食休憩後の手順は途中まで私も的中させた(紛れが殆どなかった)。お互いに一気に寄せる将棋ではないと思ったが、後手が飛車角交換後に馬を作り、攻め合いに出た。8筋の飛車と、敵陣一段目に打ちおろした飛車の挟撃を見せつつ、元々いた飛車で先手の攻めの銀を食いちぎり、瞬間的に先手からの攻めが甘くなった瞬間に先手玉に一挙に迫った。

9筋の香車と先手陣にいる竜の挟撃での端歩突きが厳しそうにも見えたがこの瞬間、そして次の成りに対して玉が逃げる手があり、玉の守りの金銀の数では先手のほうが多く、先手玉のほうが寄せにくいかもしれない。まだ日付が変わる前の今時点でもどちらが優勢なのか分からない。このまま相入玉的な展開まであるかもしれない。(10/06/16 23:53)。

今は翌日の朝。恐る恐る結果を見てみると…なんと終わったのは1時57分だったようだ。すぐに寝て正解だったわけだ。この将棋の感想タイトルは昨晩のうちにつけていたのだが、受けの強い棋士同士の戦いらしいものだったように感じる。語弊を恐れずに書くのであれば、決めきれない故に相入玉模様になりがちな、アマトップの将棋でよくある展開といえばいいだろうか。

終盤では色々感想コメントが入っているので、こういう将棋こそは、名人戦速報にてじっくり眺めるのに適しているかもしれない。棋理としての良さはどちらかにあったと思うが、実戦心理的には後手を持ちたいような気がしたのだが、プロ的にはどうなのか?というのは気になるところだ。

この勝敗はどちらにとっても、今期の行く末をみるうえで、かなり大きくなりそうな気がする。


森内俊之の関連商品

木村一基の関連商品



プロフェッショナル 仕事の流儀 第V期 名人戦 森内俊之VS羽生善治 最強の二人、宿命の対決 [DVD]プロフェッショナル 仕事の流儀 第V期 名人戦 森内俊之VS羽生善治 最強の二人、宿命の対決 [DVD]
(2009/06/26)
森内俊之/羽生善治

商品詳細を見る


昨年の今頃に発売されたDVDです。

関連するタグ 森内俊之 木村一基 順位戦 相矢倉 羽生善治

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
195位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
4位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク