行方四勝目。第72回順位戦A級7回戦

最後の握手 昭和を創った15人のプロ棋士

いや~凄い将棋だったと言ってもいいんでしょうか。

正直あの行方さんのやっぱり受けに回るんだなぁ…という所が、羽生さんに勝ちきれなかったことを思い出させるというか。

行方さんは勿論これでA級で勝ち越し状態になって残留もほぼ決めたわけですし、あの受けの手はプロらしいとも言える訳ですが、もたついてるとも言えるわけで。

投了図に至るこの勝着、王手飛車になる手というのも素晴らしい手というよりは佐藤さんのうっかりに近いような気もします。

序盤は佐藤さんらしい意欲的な作戦でしたが良い作戦には思えなかったです。金銀を寄せ集めても、投了図のように二三筋の金銀が全く役に立っていないという…。

一方の先手の方が居玉で、そっちの方が堅かったという。あいがかりというか、浮き飛車での殴り合いらしい大味さがあったように思います。

これでほぼ谷川会長の降級が決まりましたか…。


将棋でサッカーが面白くなる本―3日で理解できる将棋戦法入門

求ム石油王!(相掛りで往復ビンタ) 第71期名人戦第2局 森内俊之vs羽生善治

驚きの二局連続の相掛かり相掛かりって流行ってるんですか?そして先手勝率高いんでしたっけ?

ツイッター上や中継で見る感じだと、プロ棋士においては、やはり有力な作戦という認識があるらしい。

個人的には「観る将棋ファン」ならぬ「(見えない何かを)勘ぐる将棋ファン」として勘ぐってみますと・・・。

先手番の羽生善治挑戦者の相掛かりを受けて森内俊之名人が思ったのは、「この戦型における研究の深さが違う・・・」ということだったのかもしれない。(相当妄想)。

或いは「相掛かりの後手番で勝ったけど、実は先手番での用意もあるのでどうせなら後手番でブレイクした後だし今のうちに出しておくか・・・」ということなのかも。

どっちかといえば、後者かな?という気はしますね、うん。

ただ、アマチュア的にいうと、相掛かりって本当に費用対効果が低い戦法です。ニコ生の初日解説だった田村康介親方が言ってましたが、プロでも避けられると。(先手が飛車先ついても後手は飛車先おつきあいしない)。

アマチュアにおけるこの戦型の出現率は、先後問わずどちらでもいいのでこの戦型をやりたい!><と熱望しても5%以下・・・。とはいえ、プロの頂点に君臨する二人による相掛かりなので観賞用の戦型ではありますがじっくりと味わいたいと思います。

で本局は第一局と比べて何が違うか?というのが鑑賞点だと思いますが、52手目時点の局面で比較するのが一番いいかな。

第一局。


第二局。


52手目。それは第一局で森内俊之名人が△8五歩と仕掛けた局面なんですよね。そしてこれが機敏でした。対する第二局は・・・手待ち。右玉模様での手待ちです。

この時点で人間同士の対戦では、後手をもって勝つ気がしない。勿論、将棋ウォーズの3分で、しかも時間が30秒ぐらい勝ってるなら別ですがw

先手の森内名人は後手からの仕掛けがないことを確認して穴熊に組み替える。後手は待ち続けるしかない。これで先手が必勝か?といえばそうでもないわけですが、とはいえ気分が悪いはずもない。万全の構えから先攻すれば「相掛かり戦法で羽生善治三冠に往復びんた」という夢のような展開が待っている。

と、ここまでを書いたのは昼食休憩の手前付近。

大体、人間同士の対局の場合は仕掛けの呼吸というかそういうのがあって、穴熊に対して仕掛けるのであれば、香車が上がったときか、ハッチが締まる前と相場は決まっています。

本譜もそういう訳で後手の羽生善治挑戦者が仕掛けたわけですが、この玉形からの仕掛けは反動がキツすぎると見るのが普通です。しかしこのまま囲いあってもじり貧であると判断した、ということでしょう。

3筋の歩を突き捨てて2筋に桂馬を跳ねる。泣きたくなるような手順です。何しろ、先手森内俊之名人の王様は▲9九の地点にあるわけで。極論似たような筋が5筋にあって、桂馬が4筋に跳んでいたとしても間に合うかどうかわからない手順です。

こう仕掛けるしかない、それぐらい後手にとって苦しい局面だったということなのでしょう。

先手はいただいた歩をつかって4筋から継ぎ歩で反撃します。後手玉は5筋にいて4筋から攻めが始まったわけです。ここが昼食休憩の局面ですが羽生善治挑戦者、ここではもうお昼ご飯のメニューはどうでもいい・・・という感じだったのではないでしょうか。

とはいえカレーを食べてもうひと頑張り。馬を作って粘りに行きます。羽生先生に曲線的に指されると目が見えなくなってしまう・・・というのが羽生マジックの構成要素の大部分を占めている・・・というのは本人の口からも、周囲の分析からも明かされているところ。

それでも術中にハマってしまうのが羽生オーラの恐ろしさなわけですが、最も付き合いが長く、主戦場ともいえる名人戦の舞台においては、森内俊之名人が騙されるはずもなかった。スロースロークイッククイックという具合に羽生善治挑戦者のペースにあわせて指し手の緩急をつけます。

ややゆったりともたれる手に対しては堂々と王者の風格で9筋の歩を突き進める。突き捨ててきた箇所を無条件で進められることほど辛い話はないですが、後手にはそれを止める術もない・・・。

そこからほどなくして、後手に首を差し出すような手が出て、先手の森内俊之名人が2連勝を決めました。

序盤・中盤・終盤隙のない展開で、曲線的に複雑化させることなく完璧に森内俊之名人の掌の上に置かれているような第一局と第二局だったと思います。

この対局、もし封じ手局面から後手をGPS将棋が持った場合はどのような指し方をしたのでしょう。そして評価値としてはどのぐらい先手良しと見たのでしょうか。

私のような低段者の目からみると、封じ手近辺では前述のとおり、後手が苦しそうに見えました。打開のきっかけがなく、先手からの攻めをひたすら待つ展開になったのがその理由です。

森内俊之名人が第一局にて積極的に先手の銀冠に対して桂馬交換を挑んだのはそういう展開を嫌った意味もあるのだな、と理解しました。

私の勝手な妄想の可能性も高いですが、あの第一局目の玉の移動も手順合わせというかぴったりのタイミングで桂馬交換に持ち込むための繊細な手順だったのでは・・・とすら思いました。

次は羽生善治挑戦者の先手。矢倉が予想されるところですが、後手番の横歩取りの新趣向・・・とはいえないほどの、細かすぎて(アマには)伝わりにくい選手権的な手順でまた作戦勝ちするのではないか?という気がしますがどうなるか・・・。(ツイッター上でも同様の予想をされている方々がちらほらと…)

そして第四局。こうなったらもう一度相掛かりを見せてほしいです。今の森内俊之名人の相掛かりであればなんだか確実に作戦勝ちできるのではないか?そして後手はあまりまともな囲いにできないのでは?という気がします。。(もちろん、羽生先生の修正案も見たいです)。

戦前は正直、七戦までもつれれば振り駒勝負でどっちが勝つか分からない…と思っていましたが、こんな出だしになるとは。大体七番勝負で最初の二つを取ったほうが負ける可能性というのは相当低いはずでここから交互に先手番キープするだけでよいというのはかなりのアドバンテージです。

気が早い話ですが、もしこれで森内俊之名人が防衛したら次こそは羽生善治三冠以外の人が挑戦者になるのではないでしょうか。。過去に三連続挑戦ってあるのかどうか?が今から気になっています。

いやーそれにしても、羽生さんが往復ビンタ。しかも相掛かりで。いやー驚きですね・・・。あんなに完璧に作戦勝ちするなら、毎日相掛かり指しますよね?専門的にみた工夫がどこにあったのか?はとても知りたいところです。

それにしても強い。この強い森内俊之名人が、同じ条件設定で1局だけコンピュータ将棋と指してもらって、そして圧勝する。そんな姿を見てみたいですね。

どこかの産油国の富豪さんが夢の対局のための対局料10億円払ってくれないかなー?

この将棋がコンピュータ将棋に負けてるとはちょっと思えないんですよね。正直な話。全部コンピュータ将棋に話をつなげるのはよくないとは思いつつも、やっぱりしばらくの間は繋げちゃいますね・・・少しの間だけおつきあいくださいませ・・・。


よくわかる相掛かり (マイナビ将棋BOOKS)よくわかる相掛かり (マイナビ将棋BOOKS)
(2012/04/25)
中座 真

商品詳細を見る

最新の相掛かり戦法 (プロ最前線シリーズ)最新の相掛かり戦法 (プロ最前線シリーズ)
(2010/02/24)
野月 浩貴

商品詳細を見る

名人後手番を制す。第71期名人戦第1局▲羽生善治三冠-△森内俊之名人

森内俊之名人の順位戦&名人戦適性は本当に高いですね…。

結果は森内俊之名人が後手番で羽生善治三冠の先手相掛かりを撃破しました。初戦の後手番、ということで落としても仕方ないかな?と思っていただけにこれほど完璧なスタートはない、という位に完璧な滑り出しとなりました。

なにしろ、次の先手番で勝てば2-0ですからね。当たり前ですけど…。当たり前ですけど、これは凄いことです。

さすがの羽生善治三冠も、2-0で迎えた先手番で一つ返しても次の先手番を森内俊之名人にとられたら3-1になるわけでそうなると相当つらいですよ。

今期も防衛ありそうですね。最早このスタートでは。

ポイントはなぜ、相掛かりなんかを選んだのか…ではなくw、どこが悪かったか?ですね。ちなみに二人の対戦で相掛りの先手番を羽生善治三冠が選択したのは本局までに5回あったらしく、4-0、1千日手だったそうです。

ということでオープングに縁起の良い作戦をもってきたというのはまあ分かるんですが…本当に良い作戦なんでしょうか?相掛かりって…と思うような森内俊之名人の勝ちっぷりでした。

なんというか、名人戦における森内俊之名人の指し手って拡散していかないんですよね。ちゃんと収束していく。将棋ってこんなにも箱庭的な美しさを持つものだったのかな?って。宇宙じゃなくてウティ。じゃなくて複雑化した局面が現れないんですよね。

本局、どこが悪かったのか?っていう話なんですが、極論封じ手の局面での△8五歩が成功してる可能性すらあるわけです。だとしたら、相掛かりになったらこう指そうという方針が事前に用意されていた可能性も。

或いは、▲4六角が悪かったか。もしくはその後の▲2五歩か。このへんの可能性が一番高いですね。角を投入した成果があったかどうか。

後手はわりと早めに△4四桂と打ちました。先手の銀がそれで2七に下がったわけですが、この双方の桂馬と銀、どちらが働くか?がひとつのポイントだったと思います。

本局は結局先に桂馬のほうが活用される形となり、先手の銀は2七の地点で立ち遅れたまま終わりました。

二日目の昼食休憩あたりで先手がポンポンと突き捨てるもんだから、てっきり盤面みてなかった私は羽生善治三冠が攻め始めてるんだから先手がいいんだろうと思っていたんですが、既に仕掛けたあたりで容易ならざる雰囲気。

これ、どうやって攻めつなげるんですか?みたいな。羽生さんに対する信用があるはずの控え室もみんなびっくりというか呆れてるぐらいの印象で。

前期の敗戦について、加藤一二三九段が羽生さんは対局過多で対策立てられないし、森内俊之名人は余裕があるから…みたいなことを言っていましたが、今期も同じ事なんでしょうか。同じ事をひふみんは言ってたのでしょうかね?その辺ちょっと気になりますね。

タイムシフト視聴できないのでわからないのですが。

というわけで森内名人の先勝。これをもって森内名人の防衛!とは言いませんが、過去の二人の対戦を思うと相当このあとが楽になったのは間違いないですね。

案外後手番がブレイクしまくる、乱打戦の幕開けなのかもしれませんが・・・。


これは指す将棋ファンならば絶対に買ったほうがいいです。絶対に。

凌ぎの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)凌ぎの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)
(2013/04/03)
金子 タカシ

商品詳細を見る




飛車先交換は得?相掛かり 第71期名人戦第1局▲羽生善治三冠-△森内俊之名人

注目の名人戦第一局は羽生善治三冠の先手で相掛かりとなりました。

相矢倉になるであろう、みたいなわかったようなことを書きましたが全然違いました。(というかこの予想はプロでも多かったみたいですけどね。)

それはそうと、一つ訂正です。情報いただいて初めて私、知ったんですがレーティングのページでカテゴリ別のレーティングというものがあったようです…。

それでみると、順位戦&竜王戦におけるレーティングは森内名人、超安定しています…。


以下、いただいたコメントからの引用。

よく語られている、羽生対森内のレーティング差ですが、カテゴリ別のレーティングhttp://homepage3.nifty.com/kishi/catR/kotoshi_1.htmlの「カテゴリ1順位戦竜王戦」をみると、それほどの差はありません。(森内名人は4位)


仰る通りですね。森内名人の順位戦適正についてはいろいろなところで言われていますが、まさしくそれが数字となって出ています。事前に先後が決まっていることや、持ち時間が長いことが大きいのでしょうね。。

ということで、名人戦に戻りますと相掛かりでした。前夜祭で電王戦について言及されていたというところもあり、「飛車先交換を得とみないコンピュータ将棋との差異を示す」という意図があった…かどうかは定かではありませんが、どういう意図があって相掛かりを選んだのかは気になるところです。

すんなり飛車先を伸ばしたようなので、事前の作戦だったようですが。

後手としてはシンプルな先手の攻めの方針に対する応手を続けていくことになるので、受けを苦にしない森内名人としては初戦として相手にするには悪くない戦型じゃないかなと思います。

そういう心の余裕を感じる手がさっそく出ています。34手目の△4二玉。左銀の立て直しを図るためにはこの手がないと先手に先攻を許すので…ということですが、△5二に上がったものを再度移動するという手なのでなかなか勇気がいるところです。

逆に言えば、これで先手に攻めてきなさい、と誘っているわけですね。怒って攻めるのか、見逃して手を進めるのか?は大きな分岐点ですがすぐに攻める手は見えないので陣形構築が続くのでしょうか。

初戦から面白い将棋になっています。

私だったら、普通に先手の左翼の駒の活用を図るか、同じような意味で玉をどこかに動かしますけどどうなりますか。ここまでが昼食休憩。

++++++++++++++++++++++++++

休憩後の手順はやはり囲い合いでした。先手が矢倉ではなく上部に厚い銀冠を目指したことで囲いとしては相銀冠になりそうです。玉の位置を含め、守備陣の形が先手後手似ているのでその分、後手の駒の運用の立ち遅れが目立ちます。

ただし先手の銀は歩越し銀であり、歩が使えるところが2筋だけなので後手としてはケアしやすい意味があるかもしれません。反対にじっくり反撃をうかがいながら、歩の後ろから銀を進軍させる…という手順が間に合うかどうか。

一日目は双方陣形整備で終わるような気がします。攻めの手前か攻め直後ぐらいで封じ手になるのではないでしょうか。ここまでおやつ休憩。

++++++++++++++++++++++++++

おやつ休憩のときの予想どおり、陣形整備で封じ手まで終わりました。後手は△6二金-△8一飛型で専守防衛。先手は銀冠に玉も入城させましたが、歩越し銀の形で歩が利くのは二筋だけなので攻めが続くかどうか。

後手は銀冠に入城すると唯一当たりのキツイ二筋に赴くことになるので、このまま△4二玉型で待機するか、或いは△5二玉と手損して動いた玉をまた中住まいに戻す可能性すらあります。

というか、私の封じ手の予想手は第一感で△5二玉でした。理由は特にないのですが、後手から先攻する手は指さないような気がします。基本的に受け将棋なのでこういう手ばかりが見えてしまうんですよね…。

この手は加藤一二三九段の予想手と同じでした。既に応募済みなのですが、これで次の一手が当たってしかも加藤一二三九段の新著が当たったら、もう今期の名人戦はこれで満足ですw

流石に両方当たる可能性はかなり低いので期待していませんが。先手番の羽生善治三冠が無難に先手番キープするのか、あるいは波乱の幕開けとなるのか。注目しつつ楽しみたいと思います。


ちなみに私が欲しい加藤一二三九段の本はこれ↓ですw

羽生善治論  「天才」とは何か (角川oneテーマ21)羽生善治論 「天才」とは何か (角川oneテーマ21)
(2013/04/10)
加藤 一二三

商品詳細を見る
内容紹介
「神武以来の天才」と呼ばれる著者が、天才棋士「羽生善治」を徹底分析。なぜ、彼だけが強いのか? 七冠制覇達成を可能にしたものとは? 40歳になっても強さが衰えない秘密とは?
著者について
1940年、福岡県生まれ。将棋棋士。九段。早稲田大学卒業。「神武以来の天才」と呼ばれ、54年、史上最年少棋士、史上初の中学生棋士となる。名人、十段、王将、王位、棋王など数々のタイトルを獲得。1950年代から2000年代まで順位戦最高峰A級に在籍した唯一の棋士。

郷田真隆棋王、先勝!第38期棋王戦五番勝負 第1局▲郷田真隆vs△渡辺明

第38期棋王戦五番勝負が遂に開幕した。第1局は▲郷田真隆vs△渡辺明となり、相掛かりの将棋に。

渡辺明という大棋士が、羽生世代という岩盤をどのように打ち破り突き抜けていくのか?

ひと通り羽生世代の一流どころとの対戦は済ませた渡辺明だが、今回の郷田真隆とは初顔合わせ。他の羽生世代棋士とは一味違う戦いを期待していたが、その期待通りの内容となった。

後手陣が堅いと思われた中盤で、9筋が戦いの場に。80手目の△9四飛の局面で渡辺明が残したコメントを見る限りでは、控え室ともども、プロとしては後手が思わしくないようだ。

その手を境に先手が淀みなく攻め立てる。このへんの攻めの手順が正統派、本筋の郷田真隆棋王の良さが存分に出ている。

それぞれのタイプがあり、それぞれの相性があり、将棋は二人で作るもの、ということでいうとこのタイトル戦が実現して本当に良かったな、と思った。

郷田真隆というある意味ロマン派、理想を追求する将棋と、渡辺明という徹底的な現実主義者との対戦。渡辺明としても最初の後手番で無理するつもりもなく、先手のお手並み拝見という雰囲気も感じた。

両者とも後手番で相手の得意を避けないタイプなので、先手番の勝ちが続く展開も考えられる。

最近渡辺明竜王が封印を解いた可能性がある中座飛車もどこかでみれるかもしれないが、基本は矢倉、角換わりがここからはメインになるのではないか。


よくわかる相掛かり (マイナビ将棋BOOKS)よくわかる相掛かり (マイナビ将棋BOOKS)
(2012/04/25)
中座 真

商品詳細を見る

将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の記事検索

将棋観戦記のランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
6位
アクセスランキングを見る>>