今更、竜王戦第一局の感想(糸谷竜王、後手番で先勝)

いやーすごい将棋でしたね。なんというか、森内さんをイラつかせた渡辺明さんを糸谷さんがムカつかせる、的な。竜王戦というのはイラつき・イラツカせる系譜なのでしょうか。冗談ですが。

渡辺明ブログには全く言及されずに終わってたので、遅ればせながら私がかわりに書きます。

まず最初に私の棋力は相当低いですが、それでもなんとなくこの将棋の雰囲気というかニュアンスというか面白さが自分なりには感じ取ることができて本当に良かったなと思いました。

両者の持ち味が出つつも、より糸谷さんらしい展開、糸谷さんが好きそうな展開ではあったかなと。竜王戦に私が期待していた、糸谷さんの先手番では王道の指し回し、後手番では奔放ないい意味でケレン味あふれる将棋、というのが早速でたなと思いました。

封じ手後の後手の覚悟の角打ち。角交換系の将棋はどっちがどういうタイミングで、どこに角をおろすのか?がポイントになりやすいです。そして渡辺明棋王の置いた場所というのは、筋違い角ではあるものの、桂馬の頭を狙ってわかりやすいんですよね。

はっきりいって、この封じ手局面をもって同レベル同士の戦いで後手が勝つというのはなかなか無いような気がします。そのぐらい、後手が勝ちにくい将棋。形勢云々だけではなく、形として主張点が少なすぎるというか。

55手目ぐらいの局面でみても、飛車の位置、玉と反対側の金銀の位置、玉の位置、全部先手のほうがいいですよね。後手の5筋と1筋の位?は効いてるのか効いてないのか、今後役立つのかさっぱりわかりません。


58手目の6二角が最高にロックな手(by行方プロ)ですね。もはや有効手はないと。プロっぽくないけど、あからさまな狙いの手をほぼ唯一の主張点だった生角を投入して狙いに行くという。ロックといってもカッコいいロックじゃないですね。かなり芋臭いロックです。芋焼酎のロック、ぐらいに(寒

その手に乗るようにして渡辺明棋王が動きます。この辺は正統派王道の渡辺明棋王らしい見切り。金を繰り出して中段でうろちょろしている飛車を懲らしめたい、というわけですね。やたらと中座する糸谷さんとこの飛車のうろちょろは被ります(勝手な妄想笑)。

そして70手目前後でお互いに金・桂馬を取り合うわけですが、この辺で既に雰囲気出てきてます。両者と金をつくるものの、先手が銀を逃がして後手のターンです。厳密には銀の位置関係だけみても先手のほうが良いとは思うんですが、ここでターンを握れたのは、ケレン味発揮しがいのある展開になってるのではないでしょうか。

この後のやりとりで結局、派手に応酬するんですがやっぱり先手がよい、という局面になります。糸谷さんは以前も言ってますが、悪いところで考えても仕方ないと。考える余地がないということで割合サクサク指していって、先手の81手目、▲2一飛があまりよくなかったかも?という感想があります。ただ、普通の手にも見えるので、後手の銀得、実戦的には食らいつく余地が残った局面になった、というまことに人間同士の勝負らしい感じでしょうか。


とはいえ、ハッキリ言って84手目でただただ受けただけの△8三歩しかないのであれば、相当に先手が良いように思います。手順の意味合いとして相当悲しい手です。そして遂に!93手目があまりよくなかったようですね。取られるだけだったはずの3二の銀が防御壁になって、全く働いてなかった6二の角が96手目で△3五角と活用出来た、それだけで本望です。この角が使えずに負けたら相当カッコ悪いですからね。

その先の手順の善悪はさっぱりわかりません。もちろんそれまでの手順も分かってないんですが、96手目以降は一日目を思えば、そして後手番だったことを思えば糸谷さんにとっては万々歳な展開です。綺麗に手も足も出ないままにボコられる可能性すらあった糸谷さんがすくなくともパンチの打ち合いには持ち込むことが出来たわけですから。
正確な敗着や形勢判断は後日専門誌で確認したいと思いますが、アマチュアで今でもやはり大人気の対抗形、振り飛車側が美濃の時の玉頭戦のような味わいがありつつ、両者居飛車党なので縦の攻め合いが一手違いになるスリリングさ。どの棋風の将棋ファンにも楽しめる将棋だったように思います、唯一渡辺明棋王のファンを除いては…。

羽生さんとの挑戦者決定戦では後手番で勝ちきることは出来ずに、しかし先手で二勝し、竜王奪取した糸谷さん。ただその前のトーナメントではらしさ全開で実力者をぶっ飛ばしてます。

今回の防衛戦を迎えて、特に調子が良いわけでもなく。直近の順位戦、同じく力将棋な窪田さんとの将棋は酷かったですからね。あれみた後だと流石にファンの私でも、とりあえずいい将棋になってくれればいいか、というぐらいの期待感。開幕戦前夜祭での糸谷さんの挨拶で「仲間内に防衛戦の予想を聞いたら、ほぼ奪取でした」みたいな発言。アガらないタイプでもなさそうなんですが、その緊張が将棋に悪影響を及ぼさない不思議な体質?ですよね。今回の防衛戦初戦の展開は、そういうここまでのエンジンのかかってない感じを一気に払拭する、そういう予感があります。

勿論、渡辺明棋王は相当今回の負けについてムカついてると思います。糸谷さんにムカついているとかではなく、せっかくの先手番でキチンと優勢な状態で二日目を迎えたのに、という意味でです。ここからの渡辺明棋王には隙は無いと考えてよいでしょう。次は糸谷さんの先手番ですが、序盤の緻密さも含めてまたあっさりと、角換わり腰掛けの先手番なのになぜか思わしくない局面で封じ手、みたいな展開も充分に考えられます。

今回の初戦勝利でようやく五分、或いはまだ渡辺明棋王の奪取可能性のほうが高いかもしれません。七番勝負は長丁場なので、ここからの糸谷さんの調子がどうなるか?を見ながら楽しみたいと思います。

この桂跳ねが敗着に?(第三回電王戦最終局)

いま、先手の屋敷伸之プロが53手目に桂馬を6五に跳ねたところです。この手では6八銀ぐらいでもいいのではないか?という話がゲストの渡辺明二冠からありました。確かにいい手のように思えましたが…。

桂馬の高飛び歩の餌食という言葉がありますが、そういう感じの危険さを感じる桂跳ねですね。

コンピュータの評価値もぐぐっとポナンザ側に傾きました。どうなるのか・・・私はこの局面では後手持ちです。。。






将棋世界ムック 第3回将棋電王戦公式ガイドブック ~世紀の対決を楽しもう~ (マイナビムック) (マイナビムック 将棋世界)

関連するタグ 渡辺明 屋敷伸之 ポナンザ 深浦康市

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

若手が横歩取り、タイトルホルダーが振り飛車。

ずっと飲み会続きで疲れてます。飲むことと飲み会って違うんですよね。毎日飲むのは疲れないけど、飲み会続きますと疲れます。金も多く出て行くしいいことないですね。

さて、将棋はあまり観れてませんが、モバイル中継の高くなったやつをたまにみています。順位戦に五百円、モバイル中継に五百円、将棋世界に六百円、が私の毎月のミニマムお布施額ですが、払い先がほぼ一緒なのにバラバラに買わなきゃいけないのがこの上なくかったるいです…かったるいので、買わなくなったりしそうなぐらい、忙しくて(≧∇≦)


さて、そのモバイル中継で見てたんですが、もはや広瀬さんが永瀬さんにねじり合いで、普通に競り負ける世界になってるんですね。来期のA級大丈夫でしょうか?というのと、永瀬さんがつええ…ってのとありますかね。

永瀬さんの将棋は昔から、それこそノーマル振り飛車やってた頃から好きでしたが、居飛車党に転向してからはより好きになりました。じっと我慢するような指し手が後手番を持った時に生きてる印象があります。

広瀬さんとの将棋でもそういう手の連続でした。三浦さんに競り負けた時よりも明らかに居飛車慣れしてきた感じがします。

そんな感じでたいち君とか、永瀬さんが、振り飛車から居飛車党に転向している一方、タイトルの命運を振り飛車に賭けた渡辺明二冠や、昨日の行方戦で同じごきげん中飛車を採用したタイトルホルダーという図式が面白いなと。

もちろん、森内竜王名人は所謂舐めプですが。(もちろん冗談ですよ!笑)。しかし舐めプと言われてもおかしくないレベルのなんというか…な将棋だったように思いますが、コンピュータ将棋ソフトで誰か解析して欲しいですが、どうなんでしょうか、あれは。

とはいえ、コンピュータ将棋ソフトがノーマル振り飛車で居飛車穴熊をタコ殴りにしてぶっちぎりで勝つ訳ですから、展開的には想定局面まで持って行きやすいので、掘り尽くされるまではこのごきげん中飛車の銀対抗型を用いることは続きますよね、きっと。

ちなみに単なる自慢ですが、ごきげん中飛車の超速が出現してからかなり初期に私はだいたいごきげん中飛車側はこの銀対抗型を用いるしかないだろう、ということを書いてます。まあ、単なる偶然です。五千個ぐらい予言を書くと一つぐらいは当たるインチキ預言者メソッドですね。

これからは振り飛車流行りそうだな~ってのも最近呟いたか書いていた気がするので、強い人たちはどんどん振ったらいいと思うよ!(≧∇≦)

あと、電王戦のとよぴーの勝利を見てから、横歩取りも以前よりは興味をもって観れるようになりましたけど、私だけ?他にもそういう人はいますか?

という緩いネタでした。。



羽生さんが羽生よんになりそうな王将戦。

んーフルセットでの羽生さんの先手ゲット率が高い…というのは都市伝説だったというのを、コメント欄でいただいたことを思い出しましたが、今回は羽生さんが先手ゲットしましたね。

対する渡辺王将は、ごきげん中飛車の銀対抗形を選択しました。この形はあまり序盤に複雑さがないというか、後手としての方針らしく安全に組み上げられるのと、先手が薄い玉でやってくることが多いので、ミスってくれればワンチャンスあるで…という感じ。

しかしフルセットの第七局ということで、羽生さんは穴熊にしました。で、封じ手の局面をどう見るか?ですが、やはり先手の主張点のほうが多い気がしますね。

コンピュータ将棋ソフトだったら100点ぐらいは先手が良いと言いそうな、最低そのぐらいの、先手のゼロ手目時点の期待勝率の初期値以上には良くなっている局面のようにみえます。

穴熊で83の地点が穴あいてるのと、左金が離れてるのは見た目以上に…というか、見た目からしてヤバイのにそれ以上によろしくない。あとでこの借金は効いてくる気がしますね。

歩の裏から安い駒打たれてしびれてる…みたいな展開。左金を受ける為だけに動かす…とかね。

これに羽生さんが勝つといわゆる羽生さんが羽生よんになるわけですね…(´・Д・)」で、名人も取ると羽生五冠。可能性があるだけでも、そしてあり得そうなのが恐ろしすぎます。

渡辺王将はどのように考えているのでしょうね、この局面を。

関連するタグ 羽生善治 渡辺明

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

王将戦第6局、羽生勝ちからのフルセットへ。

いやー羽生さん強すぎでしょう。

将棋の内容としては先手が先攻する形になったのは、この戦型的にはちょっと面白くない気はしました。

後手でも攻勢をとれるというのが主張の急戦なので。

先手が端の突き捨てから普通に攻める展開ではそしてあの桂跳ねで普通に防戦一方では、後手の主張点はなんなのか…という。

終盤の詰み筋についてはアマだとわからないですがプロだと角拾えば詰み筋だなぁ…となんとなくわかるものなんでしょうね。

あの後手の構えは割と急戦調ではよくあるんですが見た目よりも全然堅くないんですよね。

振り飛車はボールカウント的には投入しにくかったんでしょうけど、これは辛いはいせんになりましたね、渡辺さんは。

フルセットでどちらが先手番になっても渡辺さんの気分としては憂鬱じゃないかなと思います。

羽生世代またかよ…というような。森内とか羽生とかなんなの…という。

そしてこの敗戦で対羽生さんの対戦成績が多分負け越しになったはずです。羽生さんのネット棋戦での時間切れを含むものなので、実質二つ負け越しみたいな。

羽生さんはここを奪取して名人も仮に取ると五冠王ですか…(-。-;

居飛車後手番としての戦術の難しさなんでしょうけど、羽生さんの後手番は割と無理せず追従して普通に勝つので本当にたちが悪いというか(笑)。

振り駒勝負とも言い切れない雰囲気は感じますね。
将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
195位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
4位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク