コンピューター将棋における水平線効果とは?

大変注目されている電王戦の記事を書いたところ、言葉の定義が不正確に使われているということで非常に多くのご私的をいただきましたので、こちらにて水平線効果の正しい意味と、私が書きたかったことを少しだけ。

まずはウィキペディアから水平線効果について。

水平線効果

コンピュータ将棋を例に取り、プログラムがN手先までほぼ全幅探索に近い探索を行うとする。
単純化のためプログラム側にはa,b,cという3つの指し筋があるとし、指し筋aではn手先(nN)で詰んでしまい、指し筋cでは当面詰みは発生しないとする。この時の最適解は指し筋cであるが、プログラムはN手先までしか探索しないため、指し筋aを棄却することは出来るが、指し筋bと指し筋cのどちらが優れているか判別できない。
ここで実力のある人間ならばたとえN手先までしか読んでいなくとも、指し筋bの方が危ないというヒューリスティックな判断をすることが可能である。これが水平線効果である。このため優秀な将棋プログラムにはたいていヒューリスティックな判断を下せる評価関数が実装されている。しかしヒューリスティックな評価関数があれば水平線効果を回避できるというわけではなく、評価値でかなりの勝勢にあるにもかかわらず、直後に読み違いで頓死という例もしばしばある。
たとえば対戦相手がある手を指すと局面が大きく不利になり、もはや逆転はほぼ不可能であり、さらにその手を阻止することも非常に困難である場合を考える。この時、実力のある人間ならばその手が指されるか効果を発揮するまでに勝負を決めるよう乾坤一擲の筋を見出そうとする。一方N手先しか読めないプログラムは、とりあえずその手がN手先以内に指されないように努め、徒に勝負を先延ばしにしようとする。この水平線効果はドワンゴ・日本将棋連盟主催第2回将棋電王戦2戦目における習甦対阿部光瑠四段でも見られた。



私が言いたかったのは太字部分です。そして主にそれは違うと言われている方が指摘されているのが赤字部分ですね。

今回のツツカナの心?の動きについて手順を交えて詳しく書いてくれたのがこちらです。

94手目△6六銀について。
後手としては当初、直前の▲3八角に対し△5八金▲同玉△3八角成の詰めろを考えていた。
ただしその場合、△3八角成の後に▲2五竜以下、後手玉に詰みが生じる。
その筋を消すために後手は△6六銀▲同竜の交換を入れ、自玉の詰み筋を消しつつ詰めろ(△4九角から19手詰)をかけようとした。
しかし実際の△6六銀▲同竜の局面で、後手側は△5八金▲同玉△3八角成の瞬間に▲1五銀以下21手詰があることに気付き、予定変更して96手目△4二歩と守りに入った。



この△4二歩へのまもりに入るまでの一連の読み筋が、ニコ生の鈴木大介プロが指摘していたような、△4三同金は決めに言った手である、という言葉と対照的である、という話ですね。人間であれば、ヒューリスティックな判断でこの手順は「決めに行った手順だ」という風に判断する。

それに対して、コンピューター将棋は上記のような心?の動きがあった。という。


一方でこれは水平線効果ではない、という指摘については以下の様なものをいただきました。

水平線効果とはどう指しても将来的に悪くなる場面で、その局面を読める深さの先まで追いやるために、進行を先延ばしにするだけの小さな悪手を指してしまう現象です。

超手数の詰めろに気付いて攻めを中断し、受けに回った今回のケースは水平線効果とは言いません。
66銀でも結局は詰めろになるのならそれは水平線効果ですが、今回は立派な詰めろ逃れになっています。

66銀や、その周りの指し回しを水平線効果というのであれば、神の一手でない手や読みは全て水平線効果となります。
そのような言葉の使い方は間違っていると思います。



この方には何度か同様の趣旨のご意見をいただいていますが、上記のウィキペディアの記事と詰み筋と鈴木大介プロの発言で私の言いたかったことが補足されているように思いますがいかがでしょうか?

勿論、水平線効果という言葉の定義が異なっている、違っている!というご指摘も理解できますがその部分の論争?はこの場では避けさせていただきたいのです。

ウィキペディアにおける「ここで実力のある人間ならばたとえN手先までしか読んでいなくとも、指し筋bの方が危ないというヒューリスティックな判断をすることが可能である。これが水平線効果である。」という一文と、鈴木大介プロの「△4三同金は決めに行った手」という発言、そして最後に受けに回った△4二歩、その後の打った駒をぼろぼろと取られて形勢逆転した、ということを水平線効果として書きました。

とてもコンピューター将棋的な、線ではなく点の読みであることの特徴がよく出た手順だと思いました。

繰り返しますが、将棋ファンの皆さんとこの言葉の定義について論争するつもりはなく、上記の意図がうまく伝えられなかった私のミスですが、どうかご理解ください。


関連するタグ 船江恒平 ツツカナ 鈴木大介 水平線効果 電王戦 GPS将棋 ポナンザ 阿部光瑠 あべこうる

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
5位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク