C1順位戦の昇級者は稲葉陽と村山慈明!加藤一二三と森雞二が見せた魂

いやー凄い日でした。

結果的には夕方に昇級が決定していた稲葉陽と、激戦を制した村山慈明が1敗をキープして昇級。これで全階級において、昇級者は1敗平均ということになりました。棋界全体のレベルが恐ろしいことになってますかね…。

大平武洋vs稲葉陽大平武洋のカニカニ銀。ただ順位戦の初戦で児玉先生の元祖カニカニ銀に屠られたという苦い経験をもつ稲葉陽プロの対応が完璧で早投げがあることを予想していましたが、見事的中。あっさり昇級者の一名が決まってしまいました。

この早投げには賛否両論でしょうが、普通にやっては敵わないと思ってやりましたがダメでした。というような感想のブログがあがりそうな予感。もしこれで一敗勢が全員1敗キープしてたら、頭ハネの二名がゾネ…となっていたことは間違いないとは思いますがw でも結果的にはそうならなくて本当に良かったですね。

もう一人は天才村山慈明。彼もその才能の割りには苦労した印象ですが上がってみれば納得の昇級。上のクラスにいくほうがもっと活躍しそうな気がします。ここ数年の順位戦でその幹が太くなったような印象を受けます。

関西将棋会館で行われた対戦は大平武洋に引きずられたわけではないでしょうが、あっさり終わった将棋が多く、そうそうに全局終わってしまいました。

そして東京将棋会館。加藤一二三森雞二という二人のベテランが千日手に粘られ、そして順当に?若いほうが勝ちました。森先生の将棋が終わったのはつい先程です。加藤一二三先生が負けた時の写真、そして相手の阿部健治郎プロのメガネを外した写真はなんともいえない味わい。

ふたりとも優勢な局面がありましたがこの夜戦になってからの千日手、そして指し直し局での敗退というのはなんともいえない、言語化したくない趣がありますね…。


升田幸三の孤独升田幸三の孤独
(2013/02/23)
河口 俊彦

商品詳細を見る
発売日: 2013/2/23
升田幸三・米長邦雄・芹澤博文・花村元司・郷田真隆藤井猛
天才達には、その才気が溢れるゆえの孤独がある。
選ばれたものだけが辿り着く栄光と葛藤を描く「盤上の人生 盤外の勝負」シリーズ第2弾。

前著「盤上の人生 盤外の勝負」が覇道を歩んだ棋士を描いたのに対し、本書は異能派の棋士が多く取り上げられている。
彼らを語る老師の筆はひたすらに優しい。破滅主義的な危うさを漂わせつつも自らの才を恃みに生き、その才に殉じた数々の姿こそもっとも棋士らしいものであると語っているかのようである。
米長邦雄の追悼文を巻末に掲載。


関連するタグ 村山慈明 稲葉陽 阿部健治郎 加藤一二三 森雞二 大平武洋 米長邦雄 藤井猛 郷田真隆

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
212位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
7位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク