プロ棋士負け越し 第三回電王戦第四局ツツカナvs森下卓

昨日電王戦の前にざっくりと将棋世界2014年05月号【Kindle版】(600円)を読みましたが、若手の対談系のが良かったですね。電王戦についても勿論触れられています。心に残ったのは森下卓先生の広瀬章人評ですね。

さて。

第三回電王戦第四局は既報の通り、135手で一丸貴則開発のツツカナがプロ棋士の森下卓に勝利し、ここまでの通算成績で3-1となり残りの屋敷伸之プロが勝ったとして3-2ということで、コンピュータ将棋ソフト側の勝利が確定しました。

プロ棋士としては団体戦となった前回に続き、2大会連続での負け越し。これを重く受け止めるべきかドウかということでいうと、重く受け止めるべきかもしれないのはすでに鬼籍に入っている御仁でしょう。とはいえあの方も責められるべきではない点としては、興行として成り立つ場が、チャンスが、あの時点ではなかったのかもしれません。

ぐぐっとお安くやっている現状ですが、あの対局禁止の当時に今と同じ予算感、ファイトマネーでできていた可能性があるのであればそれはまた別の話ですが。

いつかは越える、いつ頃越える?からの逆引きでグランドプランをつくってといういわゆる経営的な大局観が盤上以外では発揮されないのを不思議に思う声をよくききますが、盤上没我で棋力を高めてきた人生なので仕方ないです。

特に見ていて危険だなーと思うのはファンもプロも肩書にこだわる人が多いんだなということ。一般社会では肩書にこだわる奴にろくな奴は居ない…というのはほぼ通説というか常識になっている気がするんですが、割りとそういう所のこだわりがあるんですよね。。

だいぶ話がそれましたが、将棋の棋譜そのものの話に戻ります。

将棋は矢倉になりました。この辺りは研究の時にも大体が矢倉になっていたようです。しかしどの程度作戦的に用意した局面なり構想になっていたのかは良くわかりません。

ツツカナの手順は多少いわゆる通常ルートからするとずれている感じでしたが定跡ではなく自身の思考で似たような手順を進める事ができているのだとしたらこれは本当に恐ろしいことですね。

35手目、36手目の辺りがなかなか面白いと私は感じたんですが、人間ならば88に玉を入場させるところを優先したい局面でツツカナが欲張りに銀を出たんですね。で、人間的にはそれは許せないのですぐに森下先生は4五歩としたと。

四〇手目の局面では後手は菱矢倉といわれる、良い形とされている陣形に組み上がりました。先手も普通の矢倉で入城完了。

しかしですね、この局面でコンピュータ将棋は先手がまだよいという数字を出していたはずなんですよ。ツツカナ自身はしりませんが、ニコ生の画面上には少なくとも出ていました。となると、人間が思うよりもこの局面は数値的にみて後手が良いわけではないのかもしれません。

例の飛車先の交換のメリット(一歩手持ちにできるメリット)よりもデメリット(手損)のほうが大きい?とコンピュータ将棋ソフトがみているのと同じように。

私も居飛車党なのですが、こういう陣形は実はあまり好きではないです。攻めの銀が自陣にあって、戦線が上ずっている形というのはそこが争点になりやすいので。これは4筋が争点になるのではないか?とツイッターでは呟きました。

解説では行方さんか藤井さんが、五筋と四筋だったら5筋のほうがなんとなく良い、というようなことを言っていましたがどう考えても、四筋のほうが一筋敵玉に近いのでどうなんでしょうね。

要は飛車先交換は手持ちの歩よりも手損のデメリットを大きくみて、この将棋では銀のバックという手損よりも、相手の陣形を上ずらせて争点を作ったことをメリットとして観ている可能性がある、ということです。少なくともコンピュータ将棋ソフト界隈ではコンセンサスがとれていた局面だと思います。

こういう局面における複数のソフトの判定が人間の大局観のチューニングに活用出来るのであれば、人類はまだ進化できる余地を残していると思います。

プロが驚き、私も感動した手が、49手目の▲2六歩。これは本当に強い優雅な手です。舞うような手つきで羽生さんが指しそうな手でもあります。


そこから攻めの体勢をお互いに整えてからの55手目、▲5六歩には心底驚きました。攻めを呼び込んで引っ張りこんで受ける、という戦い方があるわけですが、ほっといてもそこに進めたいというか、後手としては有力な選択肢となっているのに、一歩与えてやってこいと、ツツカナは言ってるんですね。

これもどのみち得していた歩を渡すデメリットよりも、展開を限定させたほうがメリットがあると観ているわけで、人間の心理的な基準では選びにくい手だと思います。

とはいえ。67手目の▲8六同銀と後手の森下さんの突き捨てを銀でツツカナが取った時点では、後手が悪いようには思えない。ここが勝負どころだとして、局面を突き回せば人間側に後手側に勝ちがあるべきだと思う。

森下先生もこの前後の局面で深く読みを入れていた。その辺りが局後の人間の読みというものは…という発言につながっているのだと思う。ここの精査が完璧であればリードを広げているべき地点だったように思う。

私は控室で出ていたという、角を切ってから5九に銀の割り打ちして、玉頭を叩いて…という手順がかなり有力に見える。一直線の怖くてもやれそうな順、というのは一つの高度なアンチコンピュータ戦略だということは、豊島将之が前回示したところだろう。

森下先生の選んだ手順も各所に時限爆弾(いつでも取れる駒)を配置して、コンピュータ将棋ソフトが読めない一直線の水平線効果の彼方の手順の含みをもたせた局面を出現させており、これはこれで高度なアンチコンピュータ戦略だなあとツイッターでつぶやいたのもつかの間、八三手目の局面ではもはや私が後手ならば自信はない。

わーっと仕掛けてから歩切れになって、それから証文の出し遅れ的に端歩を二つついた後手が優勢なはずはないと思うのだが、対局後の森下先生は明るく、その辺でもまだやれるだろうと思っていたと答えていた。その受けこたえを聞いていると本当に楽観派なんだなと思いました。

そこからコンピュータ将棋が持ち前の圧倒的な終盤力を魅せつけて光速の寄せを決めたわけだが、森下先生の明るさもあってそれほど悲壮感漂うインタビューにならなかったのは良かったなと。

ひとり、司会進行役のエリリンだけがしくしくしており、それを思いやるように振り返りの大盤解説で多弁になる藤井先生と行方先生の優しさにはぐっと来ましたけど。



人間が負ける理由にはいくつかあるとおもう。一つはこういう大舞台の重圧。勝てていた局面があったのに負けた人たちというのはこのへんが関係していたように思う。あとは、戦型的な有利不利。将棋世界の最新号で戸辺誠プロが言っていたように、菅井さんも似たような思いで振り飛車をやっているだろうし、それで臨んだ。

あとは棋力として純粋に上回られている可能性。コンピュータ将棋側の関係者は、トッププロレベルにあると言っていたが、それはほぼ間違いないとしてそこからどうするのか。

来週は屋敷伸之プロが出てくるがそこで勝っても負けてもプロ棋士の負け越しが確定しているわけで、次回以降の開催についてどうするのか?誰がでるのか?については盤上の大局観を存分に盤外、実際の経営に活かしてほしいところだ。

正直、前回の電王戦の塚田泰明プロは好きだったが、今回のあのインタビューでの諸々の言動は軽率さしか現れておらず、ああいうバブル世代の軽薄さと、団塊世代のデリカシーの無さに辟易としている世代の会社づとめの人たちにはあまりよい印象を残さなかったのではないかな?と私は思ったわけですが…。(世代論意味ないのは分かる一方でよく特徴がでていたと思う)。

森下先生が対局後に手元に棋士用の盤駒をおいて、読み筋の確認をすることを赦すような仕組みがいいのではないか?という提案があったが、森下先生の敗戦という意味だけで言うと、その盤駒が手元になかったことが問題だったようには正直思えなかったが、良い提案であるとも思った。

ただしそれで本当に読みの補正がされるのであれば、というところがポイントで、他の人は分からないが詰将棋以外の中盤のところのやりとりで、感想戦ではなく自分の頭だけでやったときに、横に盤駒もってやるというのは、本当にすごく助けになるのだろうか?というのがある。

私の場合は、詰将棋は確実に伸びる自信があるが、対局を二つ行っているように、注意散漫になるような気がしてならないんですが、そんなことないですかね?読むという行為と並べて確認するという行為と相互の出し入れがあって、それで更に強まるのかどうか。でも詰将棋は確実に伸びるということはまあ伸びるのかな。

森下先生の案が受け入れられる前に、無責任に塚田泰明先生が発言してからやや修正したように、最強のメンバーで臨むしかないのではないでしょうか。二日制とかでもいいいんじゃないの?><


テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 一丸貴則 ツツカナ 塚田泰明 森下卓

電王戦第四局の解説に加藤一二三九段登場で揺るぎない…

加藤一二三九段の新著は負けて強くなる (宝島社新書)で、4月10日発売のようです。

その宣伝を兼ねてやってきましたが、揺るぎないです。

しかも話し方は不思議ですが言ってることはかなり真っ当なんですよねえ。

これ見て思ったけど、本番じゃなくてもいいから局面指定戦で、その局面最強の棋士が登場して戦うってのは面白い気がした。リベンジマッチがそれに近いけど、あれは人間が有利な局面だったので微妙だったけど、加藤一二三九段が求める局面からの指定局面戦。

どうですかね?

あとは誰がいいかなー、ノーマル四間飛車に加藤一二三九段の棒銀。それも観たいかな。とりあえずその二つを番外編としてやりませんか?ドワンゴさん?

あ。電王戦第四局ですが、いきなり人間にもやれそうな展開になってきましたねーすごくワクワクしてきました!

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 加藤一二三 ツツカナ 森下卓

そろそろ始まる!第3回将棋電王戦 第4局 森下卓 九段 vs ツツカナ

うおおおおおおおおおおおおお!!!!!><

大興奮ん!><

・・・失礼しました。しかし朝から興奮して10キロ走ってきましたが、まだ走り足りないぐらいなのであと10キロ走ろうかなと思ってますがそろそろ電王戦第四局が始まるので自重して、将棋世界14年5月号【Kindle】を読みながら筋トレしておきます。


第3回 将棋電王戦 第4局 森下卓九段 vs ツツカナ

おそらくは相居飛車の将棋になるでしょう。先手は矢倉志向ですかね。後手がどういう戦型を求めるか?ですが、力戦系になるかもしれませんね。角換わりか相掛かり調の力戦。丁度、船江恒平ツツカナ戦に近いイメージの戦いを予想します。そしてある程度、阿部光瑠、豊島将之、船江恒平(リベンジマッチ)的な展開も予想しておきます。

いやー楽しみ過ぎます。将棋世界14年5月号【Kindle】のあっくんインタビュー読みながら筋トレして興奮を鎮めたいと思います!><

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 森下卓 ツツカナ

名著「東海の鬼 花村元司伝」をオススメします

これは文句なしに良書ですね。是非買ってご一読ください。


東海の鬼 花村元司伝東海の鬼 花村元司伝
(2012/02/14)
鈴木 啓志

商品詳細を見る


昨日の米長邦雄の本も全然悪くなかったです。ただ一点私がこだわりたい点があったので、そこだけが気になっただけで。

しかしこちらは完璧にオススメできる一冊ですね。著者の鈴木啓志氏って何者?というのも、最後まで読めば解決するのでご安心を。有名な鬼手の数々が弟子の深浦康市森下卓によって解説されている最後のほうも良いですし、勿論最初の方の、真剣師時代のエピソードから中盤メインのプロ入り後の活躍も素晴らしいです。

この本における私の感想は、「将棋界界隈の人が書いたもの」じゃない将棋関連書籍をもっと読みたいということです。アマチュア上がり、真剣師上がりということでその将棋の真髄が誤解され続けた感がある花村元司の将棋を、全く将棋界に関係のない(しかし縁もゆかりも無いわけではないのですが)、鈴木啓志氏が、このクオリティで書き上げたことに非常に意義があるように思います。

過去読んだことある書籍で知ってる話が、上手くまとめられているだけではなく、花村元司のご家族経由で紹介された情報ソースからのミッシングピースが埋められているので、断片的な理解から総合的なものへと理解が深まった。

全く花村元司を知らなかった人でも楽しく読めるだろう。

花村元司という棋士の魅力は何か?といえば、前回の紹介記事でも書いたが、鬼手。これに尽きる。絶局となった高橋道雄との一局は有名だし、常にこういう狙いをもって将棋を組み立てていた。ただ、これがもしかすると違うのかもしれない。私もそうだが、正確にその意図と本質が理解されていないように思う。

何しろ、名著?「ひっかけ将棋入門―たちまち強くなる (1979年) (ワニの本―ベストセラーシリーズ)」では、金は毎回裏返して指すべし、そうすれば金がないときに玉を代用できる!と書いている御仁である。

最近になるまでは、ややケレン味のようなもの、常に人間対人間という部分を重視した将棋ではないか?と私は思っていた。

通常の手よりも、鬼手を繰り出すほうが、人間は精神的にやられるからである。精神的に動揺して、その一撃でくずれてしまう。そういう意図があったのではないか、と私は思っていた。

私もまた、花村元司を評価しているようでいて、真剣師、くすぶり上がりであるというステレオタイプな考えに支配されていたためだと思う。

なぜ、ファンが糸谷哲郎や山崎隆之のような将棋を好むのか?と考えれば少しわかってくるところとして、作戦・棋風の個性というものがあるだろう。

本書では、コンピュータと花村元司の将棋を対極のものとして描いている。コンピュータをデジタル、花村元司をアナログとしての対比だ。あわせてアナログもその最も根本のところではシナプスの発火のオンオフであるともいう。

実を言うと、私の花村元司、花村将棋の誤解を解く鍵が、コンピュータ将棋にあった。今はもういなくなってしまいとても寂しいが、ボンクラーズという将棋ソフトが、米長邦雄と対戦する前のバグチェック的な意味合いで、将棋倶楽部24にて対人対戦をしばらくの間行なっていた。

私はコンピュータと指すと筋が悪くなる、という勝手な固定観念に囚われていて全く指さないのだが、見る分には大変面白く、魅了され続けてはや数年、というところ。

このコンピュータの指す将棋というのが、実は花村元司の将棋にとてもよく似ているのだった。人間では思いつかないような手を必ず1局に数手は織り込んでくる。

これが示すものは何なのか?私が思うのは芸事としての将棋、文化としての将棋という側面をムラ社会的な将棋界の隔絶が助長しているのではないか、ということだ。

これが筋、本筋、定跡、という考え方がパッと見は合理的なようでいて、実はその多様性を失わせてしまっている可能性。序盤の体系化と終盤のパターン化が、中盤の個性をどんどんなくしている現状。

コンピュータ将棋が強くなっていくに従い、私は将棋というのはその方向に進んでいくのだろうと勝手に思っていたが、逆であり、人間同士の将棋が予定調和的に、第一感の範疇での選択肢選びに終始するような将棋が増えている一方で、花村元司を彷彿とされるような、意識外の手を繰り出すコンピュータ将棋。

コンピュータ将棋が強くなっている、人間を凌駕しつつある・或いは凌駕したこの時代において、花村元司という人間を再考する「東海の鬼 花村元司伝」が出版されたのは偶然ではないような気がする。

私がコンピュータ将棋を愛するのは、花村元司の将棋を愛するのとほぼ同じ意味合いであり、その両者がそれぞれのアプローチの極北で「将棋の真理」に出会っているだとしたら、これほど素敵なことはない。

この本がきっかけとなり、将棋の多様性、将棋本の多様性が増すことを陰ながら祈るところである。

イカガ?(´・ω・`)つ東海の鬼 花村元司伝

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 花村元司 深浦康市 森下卓 鈴木啓志 米長邦雄 糸谷哲郎

【これは欲しい】東海の鬼 花村元司伝【絶対買う】


東海の鬼 花村元司伝という本が出るらしいです。明後日かな?(これを書いているのが2月12日なのでこの記事が出ているころには、もう発売されていると思います…)


東海の鬼 花村元司伝東海の鬼 花村元司伝
(2012/02/14)
鈴木 啓志

商品詳細を見る


著者が共著で森下卓先生・深浦康市先生の名前が!!!観る将棋ファン必読の一冊ではないでしょうか。


内容紹介
命がけのプロ編入試験を受験して真剣師からプロに転身した特異な経歴と「妖刀」と称される魅力あふれる将棋で人気を誇った棋士・花村元司を描いた伝記です。

本書では、60歳でA級に昇級するなど輝かしい実績を挙げた生涯に迫るほか、花村のトレードマークともいえるあっと驚く数々の鬼手・名手を紹介し、弟子の森下卓九段、深浦康市九段が現代の目で厳しく見直して詳しく論じています。花村将棋を通して、昭和と現代の将棋観の違いも浮き彫りにしています。

不世出の個性派棋士である花村元司の生涯を描いた本書は、昭和の将棋史を語る上で欠かすことのできない一冊といえます。
著者について
鈴木啓志(Hiroshi Suzuki)
昭和23年3月8日、北海道函館市出身。
横浜国立大学経済学部卒業。
大学時代から音楽活動を始め、その後音楽評論家として活躍。ブルースやソウルなどの黒人音楽の普及に努める。著書に「R&B,ソウルの世界」「ブルース世界地図」など多数。将棋は小学校の頃からの大ファン。



花村元司先生といえば、真剣師上がりということですが、子供の頃は学業優秀だったようですね。花村元司先生の書籍で忘れられないのが、なんといっても「ひっかけ将棋入門―たちまち強くなる (1979年) (ワニの本―ベストセラーシリーズ)」でしょう。

私の幼馴染で将棋があまり指せなかった奴が、この本を持っていて(恐らくお父さんかお兄さんの所有物)吹いた覚えがあります。有名すぎるほど有名なので、既にご存知とは思いますが1つだけ紹介すると「金は普段から裏側にして指せ。そうすると金が足りなくなった時に、玉を代用することができる」という凄いアドバイスが載っています。

勿論ワニブックスということで、大体そのネタ度はわかっていただきたい所ですが、最近の若い人だとワニブックスって何?ってなりそうですね(汗)。

あとは、よくわかる駒落ちという駒落ちの名著もあります。

これは確か復刊していて、私も手元に一冊ありますが、金を裏返すほどの下手殺しが、その殺しのテクニックを存分に発揮…するのではなく、その手品の種明かしをするような良著です。ちょっと昔っぽい表現と、盤面の図の見にくさはあるものの、口語体で進む駒落ち講座は新鮮な印象を与えることでしょう。

花村元司先生の将棋で有名なのは引退間際の高橋道雄戦でしょうか。これは棋譜を紹介するのは本意ではないので是非検索で調べてみてください。「花村元司 高橋道雄 棋譜」と検索して…と思ったら、例のwikiは潰れてますか?もしかすると。

何かあったんでしょうかね?小池重明との将棋も有名ですね。

最近、定跡本はあまり買う気がしないのですが、読み物系は飢えているところなので買う予定です。

イカガ?(´・ω・`)つ 将棋全般:観る将棋ファン向けのオススメ

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 花村元司 深浦康市 森下卓