電王戦最終局戦型予想&必見!【非公式】第2回将棋電王戦 第5局 PV【第四局部分差し替え】

さて。いよいよ第二回電王戦、第五局▲三浦弘行vs△GPS将棋があとほんの五〇時間ぐらいで始まりますね…。

そろそろ呑気な私でもニコファーレに並ぼうと思っています。当然今回の第五局はニコファーレ開場前に並びが出るだけではなく、開場とともに立ち見が出るぐらいの盛況は確実ですので、私立幼稚園のお受験程度にはみなさん、並んだほうがいいとも思います。安全なのは今晩の終電でギロッポンに向かう…ことでしょうか。

第二回電王戦最終局「▲三浦弘行vs△GPS将棋」戦を前にして、公式PVを観ることが日課になっている将棋ファンは多いと思います。

こちら↓ですね。
第2回将棋電王戦 第5局 三浦弘行八段 vs GPS将棋 PV

これ、冗談抜きで見てるだけで鳥肌が立ちますし、泣けてくるし、脈拍数があがってくるし、MuseというバンドのInvincibleも凄くいいし。

Museって日本で人気が出たのはそのPVが面白いから、っていうのがありましたね。映画のエンディング・テーマとかもやっていて、兎に角音楽のスケールがでかい。日本人にも受け入れられやすい、ちょっと泣きのあるメロディというか。

それがこのPVにモロはまりするんですよねぇ。泣きの展開からの第五戦の紹介での盛り上がり。そして静寂からの米長邦雄、という。これ本当にまだ見てない人は、電王戦最終局みるつもりじゃない人こそ見て欲しいです。たかだか数分なんですが、今までのダイジェストになっていますし、これみたら多分今晩からニコファーレに並ぶことは間違いないです。

そして公式PVはもう少なく数えても256回は見たなあという人に送りたいのが掲題の非公式PVです。公式PVの若干のというか唯一の不満点は、泣きの山場である、塚田泰明プロのあの対局後の泣きが入っていないことですよね。

…それが奥さん、ここにあるんです!入ってるやつが!

それがこちら↓です。
【非公式】第2回将棋電王戦 第5局 PV【第四局部分差し替え】

これ見たらどんなに涙腺が固い貴方もウルッときて、土曜日のデイトの予定コースを六本木ニコファーレに変えて、終日朝から晩までニコファーレ。ランチは六本木交差点付近の富士そば、にFIXするはずです。彼女もきっと理解してくれるはずですよ。富士そばでは冷やしたぬきのたぬきを別盛りにしてもらうのがオススメです。そしてすこしずつかけて食べればさくさく感が失われないですよ!彼女も感心してくれるはずです☆

こちらの【非公式】第2回将棋電王戦 第5局 PV【第四局部分差し替え】ですが、ほぼ公式版と一緒です。唯一違うのが、第四局の塚田コメントが入っているところ。

本当に公式と一緒なんですが、その四局差し替え部分だけ盛り上がりが増えてますので当社比125%で泣けます。涙の量で測りました。冗談抜きに( ・∀・)イイ!!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

そして少しまじめに戦型予想です。

第二回電王戦、第五局▲三浦弘行vs△GPS将棋。先手三浦弘行プロが目指すのはまずは矢倉でしょう。これは間違いないと思います。第二候補は角換わり。個人的にはコンピューター将棋の切れ味が出る角換わり型は見てみたいです。その上で三浦弘行プロに勝ち切ってほしい。無茶なこと言ってますが、アンチコンピュータ戦略じゃなくて王道で勝ってほしい。

もう一つの期待は対抗型なんですよね。対抗型か横歩取り。要は二手目に△3四歩という展開。三手目に▲2六歩。そういう展開の将棋も見てみたいです。要は普通の定跡型を観たい。

というのも、これまでの第一局から第三局まで正直序盤が酷かったので勿論人間はその3つで1-2と負けましたが、負け惜しみみたいですが、まあ勝ってたわけです。勝ってたは言い過ぎだとしても、勝つべき将棋だった。或いは勝てる将棋だった。棋理としては人間がミスらなければ勝てる将棋だった。ということです。

勿論A級棋士でも名人でもあそこから負ける可能性はあります。伊藤英紀さんが言うようにあそこからでも名人が負け越す可能性も理論上はありえます。ただ、私が思うA級棋士、名人、タイトルホルダーってそういう人たちじゃないです。ああいう将棋から理論上、確率的には負ける可能性はゼロではないでしょうが、基本勝ち切るはずです。

そうなると、また拙い序盤で三浦弘行プロと対峙した場合に第一局の阿部光瑠戦のような展開になってしまいそうです。それはそれで勝敗という意味では盛り上がるとは思います。2-2の1引き分けということで完全引き分けなので。

しかし、どうせ団体戦の数字として引き分けるとしても、最後はきっぱりすっきり勝ってもらって、「プロ棋士は本当強いんです」って桜庭のようにリング上で叫んで欲しいんです。

参考→「プロレスラーは本当は強いんです❢/桜庭和志/闘いとは?/98,

というわけで、戦型予想は矢倉>角換わり>横歩取り>対抗型、というかんじでお願いします。

三浦弘行プロが勝っても負けても「号泣する準備はできていた」って感じですね。。決着したら人目をはばからずに、号泣します。…多分自宅か行きつけの飲み屋にいると思いますが…。




Museのinvincible
InvincibleInvincible
(2008/01/13)
Muse

商品詳細を見る
はこれです。






将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の記事検索

将棋観戦記のランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
231位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
5位
アクセスランキングを見る>>