コンピュータは将棋をどこに運ぼうとしているのか?

片上大輔プロのブログから少し引用。

世間への受け止められ方としては先週のインパクトのほうが大きいのだと思いますが、プロは将棋の内容を見ますので、今回のほうが衝撃が大きかったです。

ここまでの3局を観ていて、コンピュータは数年前にはすでに明らかだった弱点を克服しないまま、力技で強くなり続けているという印象を改めて強くしました。おそらく今後もそうなのだろうと、僕は予想しています(いました)。

今回の将棋の内容を受けて、プロの将棋もまたすこし変わってくる可能性を感じます。
ちょっと具体的に言うと、将棋の世界ではこれまで「マシンになる」訓練によって強くなるという発想は薄かったのですが、今後はそういう面が出て来ざるを得ないだろうと思うのですね。
それが進歩であればいいなと思います。

電王戦、名人戦、ほか




この中で特に印象に残るのは。

・コンピュータは数年前にはすでに明らかだった弱点を克服しないまま、力技で強くなり続けている
・将棋の世界ではこれまで「マシンになる」訓練によって強くなるという発想は薄かったのですが、今後はそういう面が出て来ざるを得ないだろう

この2つ。片上大輔プロは、将棋・バックギャモンをはじめとした複数のゲームにおいて(グランド)マスターレベルに精通しているので、他の業界?についても詳しい方です。その片上さんの発言としてこういうものが出てくるのはとても興味深い。

人間における将棋の実力の向上というのは詰将棋的な力が二十代前半までにピークを迎える。それに対して大局観というか経験で蓄積される能力(を安定的に発揮する力)は三十代のどこかでピークに到達する。そして、それぞれどこまで維持することができるか?というのがポイントである、という理解があった。

この年齢というのはその時代時代によって少しずつ変わっている(若年化している)が、人間の生理的な成長過程を思うと、終盤力がピークに到達するタイミングというのはこれ以上早めることはできない気はする。その一方で終盤力のピーク期間についてはトレーニングによって引き延ばすことはできるかもしれない。(これは最近のプロスポーツにおける寿命が伸びている例と似ている)。

一方で大局観は?というと、羽生世代が作った高速道路が優れているためにこちらも昔に比べると素早く高めていくことが可能となった。しかし、定跡の勉強会のような側面で、受験対策の名門塾という形で棋力の強化が図られているために、もしかすると未見の局面における判断力、高速道路ではなく荒野を行く性能としては相対的に細っている可能性・懸念がある…というのは、梅田望夫氏が羽生善治氏から引き出したものであり、再確認された気がする。


これは負けた二人がそういう意味で欠けているという意味ではない。逆に狭き門を抜けた精鋭ですら負けるコンピュータ将棋の強さというものが、定跡や大局観というところではなく、延々と久保利明プロが座右の銘としている「前後裁断」で取り組み続ける、負けない限り最前を尽くし続ける・・・というような奥を極めるということが将棋において重要なのではないか、ということを再認識させたという意味だ。

(現に、羽生世代やトッププロが未見・初見の局面においても正着を解答する、あるいはその当時の見解とは異なるより正しい方針を示せる…というのは、月刊誌将棋世界の連載コーナーで毎月、トッププロたちが証明しているところだ。)

船江恒平が感想として「最後に人間としての弱さが出た」というコメントを残しているが、これは彼の弱さではなく、文字通り人間の生き物としての性質・性能に基づく弱さ、がコンピュータ将棋との戦いにおいて浮彫になったということだろう。この弱さは完全に克服できるものではなく、生き物・人間としての限界に挑戦する作業・行為の連続、命を削り魂を込めて指すという人間の美しさを示すものだと思う。

人間がマシンとなって、精密機械のように一手のミスもなく指し続ける。卓球のスタイルでひたすらに拾いまくる、カットマン・chopperと呼ばれるスタイルにも近いというか。これは攻め手であっても受け手であっても同じ精神性が問われている気がする。そういう意味ではやはり大山康晴名人は偉大だったなと。将棋の現時点の・コンピュータ将棋との戦いを通じて示されている最新版の仮定というのが、もしかしたら大山康晴流の将棋哲学にあったかもしれないのだから。

そういう意味で言うと、やはり米長邦雄も偉大だ。米長邦雄の将棋というのは、まさにコンピュータ将棋のような序盤の歪みとその後の泥沼、そこから抜け出す剛腕にあったのだから。最後は力のあるものが勝つ、というのをそれぞれの哲学で示したのがこの二人だった。

「コンピュータ将棋が将棋を解明する?」というロマンがもし消え失せるとしたら。その時の将棋というのは、今、電王戦でコンピュータ将棋が見せているような、ある意味殺伐とした、双方がミスをしなければ永遠に戦いが続くような、最後にミスをしたほうが負け、致命的なミスが出るまでは最強の攻撃手と最強の防御で応酬しあう、というようなものなのだろうか。昔の牧歌的な序盤が失われたように、形式美や両者の同意の上での指定局面とかではなく、常に踏み込み、常に斬り合う、というような。

ちょうどこれを書いていて私が思い出したのはプロゲーマーの梅原大吾と、麻雀の桜井章一だった。この二人に似たような精神性の将棋を指す人ということでいえば、将棋界には幸運にも何人もいるように思う。姿勢としてオリない、常に向かっていく、というもの。

コンピュータ将棋の姿がある意味目指すべき方向性を示しているのであれば、将棋の場合は、シンプルなIQの高さによる終盤力をプロスポーツ選手のように科学的トレーニングでどこまでも維持し、理論としての定跡を学者のように体系的に最速で学び、圧倒的な実戦数でその実戦能力を高め続ける・・・という形になるのだろうか。

この想像から、すんなり二人の棋士の名前が頭に浮かんだ。東西の振り飛車の新鋭である、永瀬拓矢と、菅井竜也の二人である。この二人が、その超圧倒的な実戦量からイメージされたのだが、コンピュータ将棋との戦いにおいて示された未来の姿を、すでに先取りしている若手棋士がすでに棋界に存在していることに頼もしさを感じる。(ま、私が勝手に想像した未来の姿ですがw)。

コンピュータ将棋との戦いで人間が敗れても、その面白味は失われないだろう、というのは第一人者である羽生善治三冠もニコ生の川上会長との対談で語っている。まさにその通りで、つまらなくなるどころか、おもしろさが増している可能性がある。

もしこのコンピュータ将棋との戦いで何かを感じた若者が、その新しい取り組み方を実力に結び付けることができたら・・・その時にまた将棋界というのは変わっていくのだろう。その可能性の萌芽を、私は永瀬拓矢菅井竜也の将棋とその取組姿勢に感じる。


永瀬流 負けない将棋 (マイナビ将棋BOOKS)永瀬流 負けない将棋 (マイナビ将棋BOOKS)
(2012/11/23)
永瀬 拓矢

商品詳細を見る






関連するタグ 片上大輔 船江恒平 永瀬拓矢 菅井竜也 梅原大吾 桜井章一 羽生善治 大山康晴 米長邦雄 GPS将棋

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

羽生善治三冠は名人挑戦決定後に桜井章一に報告電話していた!

羽生善治三冠が名人挑戦を決めたのは当然知られているところですが、雀鬼こと桜井章一さんとの交流についてはあまり知られていないような気がしますのでご紹介。

雀鬼会の道場である「牌の音」を訪れる有名人としては吉本ばななや、卓球の選手、格闘家…などいますがそのなかに羽生善治三冠の姿も!

また雀鬼こと桜井章一さんのご自宅に訪問している姿も写真に収まっていたり…。それらはhttp://www.jankiryu.com/にて確認できます。以下は3月3日の日記からの引用です。



http://www.jankiryu.com/

■2013年3月3日(日)その2 Vol.2411




道場に来る前に、
稀に見るいい大人から電話を頂き、
アオトに続いて凄く救われた気分になれた。


最強の棋士達で一年を通して勝負する将棋のA級戦で、
羽生先生が8勝1敗でトップ通過。
今年も森内名人への挑戦権を獲る。


本物勝負師とのお話しが弾む。


将棋は自力勝負だが、


「自分が望んだり願ったら他力は来ませんよね」


の羽生名人の何気ない一言に震えが出る。


昨日のアオトとのふれあい、
本日の羽生先生との語り合い、
なんか語っているのに、言葉じゃなく、
皮膚っていうか、肌で感じ合っちゃいました。


羽生先生がこれから名人位に身心で触れに行く姿を
邪魔しないで見守りたく思っています。




         雀鬼



どうでしょうか?同じ勝負師として無敗の男というか頂点を極めたものにしか見えないものがあるということなんでしょうね。


以下、羽生善治三冠と桜井章一さんの対談です。

◆20年間無敗の雀鬼が初めて語る「勝負の向こう側にあるもの」
先行きが不安、不透明な時代には、人間が本来持っているもの、
いわば「野生の勘」や「感覚」の重要性が問われているのではないか、
という危機意識から本書はスタートしました。
感覚を研ぎ澄まし、麻雀の道を切り拓いてきた著者は「20年間無敗の雀鬼」という異名を持ち、
それこそ「野生の勘」、いわばアウトローの知恵で生き抜いてきました。
そうやってたどり着いた「本当の強さ」について、本書で初めて語ります。
インタビュアーとして、著者が稀代の勝負師として認める、羽生善治氏が聞き手の1人を務めております。
勝負師が勝負師に尋ねることで、著者から独特の感覚値をこれまでにない言葉で引き出しております。

運を超えた本当の強さ 自分を研ぎ澄ます56の法則運を超えた本当の強さ 自分を研ぎ澄ます56の法則
(2011/11/25)
桜井 章一

商品詳細を見る


関連するタグ 羽生善治 桜井章一

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

羽生善治二冠の苦悩?を知るための桜井章一

昨日に引き続き同じ本の紹介なのですが。


運を超えた本当の強さ 自分を研ぎ澄ます56の法則運を超えた本当の強さ 自分を研ぎ澄ます56の法則
(2011/11/25)
桜井 章一

商品詳細を見る



運を超えた本当の強さ 自分を研ぎ澄ます56の法則という本は著者が桜井章一になっていて、共著という形をとっていない。しかしこの本は対談・対話形式になっていて、薄字で書かれた2行ぐらいの問いが羽生善治によるもので、普通の字体で書かれたのが桜井章一の受け答えになっている。

師弟の対話本、のような問いと答えだけで構成された本なのだった。文章のアタマに通常であれば以下のような形式を取るだろう。

羽生「現役時代、相手を見ただけで強いことがわかりましたか?勝負の趨勢がわかったことはありますか?」
桜井「あります。(以下略)」

というような受け答えだ。しかも羽生善治の問いが本当に2行ぐらいなのに対して、桜井章一の回答は最低でもその倍の行数をもっている。

なかなか本人の口から現役時代の話が出ることはなかったように思うのだが、羽生善治からの問いに対して、かなりあからさまに答えており、そういう意味でも昔から桜井章一をみていた人間として面白かった。

また、桜井章一に興味がない、麻雀に興味がない将棋が好きな人間であれば、羽生善治という棋士がどのような現況にあり、何に悩んでいて何を求めているのか?というのを、この本を通して知ることが出来ると思う。

桜井章一の、若いころは麻雀はアタマで打つものだと思っていた。次に精神で打つものだと、しかし違った。身体で打つものだった。身体のなかのアタマ、神経であるということをわかってから云々・・・などの話を聞いて、羽生善治二冠が、そういう方向性への意思を示していたのが興味深かった。

ちょうど晩年の大山康晴名人が、何も考えずに指していた、という逸話とも重なるのではないか。


イカガ?(´・ω・`)つ 運を超えた本当の強さ 自分を研ぎ澄ます56の法則

関連するタグ 羽生善治 桜井章一 大山康晴

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

桜井章一と羽生善治(と森内俊之)

羽生善治がどうやらオカルトに傾倒しているようだ…と聞いたのは数年前だっただろうか。

それはちょうど、若手の台頭と羽生世代と呼ばれる棋界随一の実力集団が老いを実感しつつあった頃と重なるように思う。佐藤康光がA級から落ち、佐藤康光森内俊之という面々がこんなにも早く年間勝敗で負け越す日が来るとは思ってもいなかったが、厄年というのは伊達ではないようで、人間が加齢により変わっていくことを改めて認識させられる出来事だった。

将棋には運は介在しないと言われる。しかしほぼ必然と思われる狭い選択肢の中でどれを選ぶかでその先の行方というのは完璧に変わってしまう。自身の七冠制覇までの道のりなども、人知を超えた何かについて考えるきっかけになっているのではないか。

ちょうど、羽生世代に老いの影が忍び寄り始めたときに、今までとはフェイズが変わったことを感じ取り、何か別の取り組み方を模索していた頃に、ちょっと立ち寄ってみたのが、オカルトの世界なのだろう。一頃週刊誌で取りざたされたが、本人があっさりと「オカルトであることを認識したうえで覗いていた」ことを認めたことで、大事?には至らなかった。そっち方向に深くつかることもなく、離れたような印象もうける。

で、出てくるのが桜井章一だった。物質面での充足が精神面の枯渇を結果的に・相対的に感じさせることになっている局面において、受け入れられやすい世界・人物だと思う。

ここ数年間の間に、おびただしい数の著作が発表されたが、その中には羽生善治の推薦文が入ったものや、対談本も含まれている。


運を超えた本当の強さ 自分を研ぎ澄ます56の法則運を超えた本当の強さ 自分を研ぎ澄ます56の法則
(2011/11/25)
桜井 章一

商品詳細を見る




運を超えた本当の強さ 自分を研ぎ澄ます56の法則がその対談本である。

羽生善治という名前が出ておらず共著の形をとっていないので、将棋ファンには知られていない可能性があるので取り上げてみた。

羽生善治の問いかけに対する桜井章一氏の答え、という形になっている。スポーツ・芸能・文芸あらゆる分野で桜井章一ファン?シンパは多いが、羽生善治も名人戦の前に、桜井章一氏の道場(雀荘)に訪れているようだ。

また、電車内で桜井章一氏に偶然会ったという森内俊之名人も、自身の降車駅を乗り過ごして見送ったとのこと。羽生善治二冠、森内俊之名人という二人の接し方をもって、桜井章一氏は実はすごい人なのかな?と(失礼な書き方ではあるが)思った次第。

ふと気になって、ニコニコ動画で雀鬼会と検索してみると。麻雀最強位戦という竹書房というか近代将棋が主催している大会で道場生が連覇した動画と、桜井章一氏が実際に打っている動画が出てきたので土日に観ていた。

ニコニコ動画では字幕?文字?が流れるのだが、アンチとシンパと思しきやり取りがすごかった。魅力は絶対値である、という意味で言うと、非常に大きいものであることが認識された。肝心の麻雀については、よくわからない。私も打つのだが、画面の展開が速すぎてよくわからなかった。

(少し話がそれるが麻雀の動画は非常に見難いと思う。ネット麻雀の画面を写すやり方のほうが、動画向きと思う)。

一つ思ったのは所作が、普通のプロと呼ばれる人たちよりも美しい、無駄のないものであるということだ。

プロが盲牌などでこねくりまわすようにツモってきて、切り出すまでの逡巡も含め動作がモッサリしているのに対し、桜井章一氏の打ち回しは優雅の一言。ほぼ片手だけで打ち、急ぐでもなく緩むでもなく、ただし淀みがない。

既に良い年のおじいちゃん、という気がしなくもなかったが、米長邦雄氏を老剣士になぞらえたが、むしろ桜井章一氏のほうがその雰囲気が出ていた。

将棋棋士も、実力がある人ほど、所作振る舞いに美しさがあるもので、そういう意味で言うと、桜井章一氏にはそういうものと共通した佇まいがあるように思う。麻雀におけるデジタル・オカルト論争なども含めて知っているが、綺麗な切りだし方、無駄のない動きというのは大変に美しいものだと思う。

そういう点は少なくとも信頼しうるものであり、その辺りにも、羽生善治氏が一目置く?秘密が隠されているようにも思った。

イカガ?(´・ω・`)つ 運を超えた本当の強さ 自分を研ぎ澄ます56の法則

関連するタグ 羽生善治 森内俊之 桜井章一 米長邦雄 佐藤康光

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
5位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク