ponanza、渡辺明邸でアガった?一敗を喫する。

昨晩、20時からのポナンザ with山本一成さん featuring保木邦仁 in渡辺明邸 by松本博文さんのニコ生がありました。

前半のゲストは将棋ウォーズのみなみんさん。安定の可愛らしさでぽにゃんざのイラストも紹介していました。

渡辺明竜王が登場したのは22時頃でしょうか。すでに泥酔していた私はよく覚えていないのですが、渡辺明竜王がケーキを2個食っていたのは覚えていますw

興味のある方は、「将棋中継コミュニティ」を見てみてください。

ポナンザが負けた将棋を渡辺明竜王と保木邦仁さんがゲストで説明しています。

横歩取りでボナンザが謎の暴発・・・からの延々の粘りからの大駒四枚が人間に渡った状態での入玉確定、という負け方でした。

この特別期間のポナンザの登場で分かったのは、やはり入玉形に弱いということ。あとは負けのうちの2つが横歩取りだったので、次回の電王戦ではプロが横歩取りに持ち込む展開もあるかもしれませんね。

コンピュータ将棋側は早めに定跡を切る傾向にあるので、ゆえにむしろひどい手が出る可能性も増えている、というような。

渡辺明竜王の解説は毎度のことですが、発声的にも発言内容的にも歯切れがよく、ニコ生の音声であっても聞こえやすく、とても良かったです。

保木邦仁さんも、なかなかお茶目なキャラクターで、お約束的な山本一成さんのKY発言との掛け合いも面白かったです。

23時で終わるはずが延長してくれたわけですが、そこに突っ込む渡辺明保木邦仁コンビw

渡辺・保木「誰が得するんですか?」

これには笑いましたw

この延長費用は松本博文さんの自腹、なんでしょうかね?将棋の周辺環境はこういう献身的振る舞いに支えられていますよね・・・。

5局目、ポナンザが負けるわけですが、入玉模様になってきたので、持将棋になったらどうするんですか?という話題の時のソフト指し云々のやりとりも面白かったです。

コンピュータ将棋の入玉将棋対策はどうするか?という話で、山本一成さんの発言が面白かったです。強い人に沢山入玉将棋を指してもらえばいいじゃんとアドバイスされたと。ただしその数は100や200ではなく、万単位であると。

ある意味人間の知識の蓄積と終盤の計算能力でコンピュータ将棋が成り立っている、ということを再認識させるエピソードでした。

最後、投了後に、質問コーナーがありました。

山本一成「コンピュータ将棋は活用してますか?」

渡辺明「データベースとして使っている。コンピュータ将棋使いたいが形勢判断が違うので使いにくい。どっちが正しいかはわからないですが。ボナンザは結構いいですよ(ポナンザは・・・)w」

山本一成「ご自身が強くなったと感じるのはどんなとき?コンピュータ将棋だと改良前後で試行しての勝率で測るんですが」

渡辺明「いやーでも人間はできないのでね。よく取材では聞かれます。プロになったときと、今の自分で戦ったら?とか。なんとなく答えるんですが。プロになった時と比べると1:9か2:8。竜王になった時と比べると、4:6とか」

山本一成「コンピュータ将棋では三すくみになるような経験があります。」

保木邦仁「ありますね。どんどん強くなったと思ったら、そのソフトと古いバージョンとやると最新のが負けたり。」

山本一成「100局やると70-30なのに、試行回数を増やすと互角だったり。強くなったと判断するのは珍しい」

山本一成「将棋の勉強はどのぐらい?」

渡辺明「土日は競馬なので。日によります。10時から4時半までは競馬です。馬券はパソコンで買います。」

保木邦仁「私もこの前、東京競馬場に行きました」

山本一成「コンピュータ将棋と将棋のプロの関係は今後どのようにすすみますか?」

渡辺明「わかりませんね。」

保木邦仁「ちょっとわかりませんね」

山本一成「わかりません。どうなるんですかねー」

渡辺明「コンピュータ将棋とプロ棋士の関係ねえ・・5年ぐらいまえ、2008年とかじゃないですか。ボナンザと僕がやったのは2007年。それから5年後はわからないですからね。」

山本一成「じゃ、皆様も五年後の未来をご期待ください☆ (理想とかあるんですか?)人の学習の支援を出来るっていうのが一つの理想じゃないですかね。ボナンザ強すぎますよ!(と保木邦仁さんに突っ込み)」

山本一成「チェスのソフトで、あえて隙を見せる学習ソフトがあります。」

保木邦仁「チェスはコンピュータが出てから更に熾烈になった印象があります」

山本一成「本日は渡辺明、保木邦仁さん本当にありがとうございました。今後コンピュータ将棋と将棋指す方々、それぞれに少しでも良い方に進むといいなと。この放送をやったきっかけもそういう趣旨でした。今回ので少しでもみなさんの心にのこるものがあれば幸いです。」

楽しめましたか?のアンケート結果は97%がはい、でした。

個人的には電王戦が終わって寂しかったのでその余韻としてはちょうどよい特集?だったと思います。今後もまた定期的にこういうのがあるといいなと思いました!山本一成さん、松本博文さんお疲れ様でした!



6月3日発売ですがすでに予約受付中ですね。→将棋世界 2013年 07月号 [雑誌]




関連するタグ 渡辺明 保木邦仁 山本一成 松本博文 行方尚史

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

【R3372点】ponanza、将棋倶楽部24での最高R点達成!

昨晩のニコ生は良かったですねー。

ボンクラーズ改めプエラαの開発者の伊藤英紀さんと、東大将棋棚瀬寧さん、ponanza山本一成さんという悪の?正義の?開発者トリオによる、電王戦ぶっちゃけトークを交えた放送でした。

特に、伊藤英紀さんがニコ生では愛されキャラで良かったですw

松本博文さん含めて放映時に居たひと四人が東大卒、という高学歴ニコ生でしたね。

ちなみにあの秒読みちゃん的な女子は山本一成さんの彼女さんなのでしょうかね?だとしたら良かったです。GW真っ只中でこんな放映するってことはもしかしたらフラレてしまったんだろうか…と思っていたので。(余計なお世話すぎますが…

で、将棋は8局指されて全勝でした。これで17-2、12-0、7-0、8-0ですかね。計算できないですが、44-2とかかな。そしてレートはタイトルの通り、3372点とあっさりボンクラーズの記録を更新しました。

まだ指されるみたいなので、3400点台までありえるんでしょうか?ただし1点もらえる点差の人間が既に少なくなってきている…というところもあるので、どこかでバグ的負け方をすると大きく点数を失うので人間次第、というのはあるかもしれませんね。

ざっと棋譜を見てみたところ、あの初日に2勝しているshogigokiさんが2敗してましたね…。なかなかに鮮やかな勝ちっぷりで初戦は横歩取りの力戦で圧勝。二戦目は相居飛車の力戦系で圧勝。もはや名人を超えているという伊藤英紀さんの言葉が脳裏をよぎります…。

この日の対戦は最初の方になかなかのねじり合いがあっただけでほかはほぼponanzaの圧勝だったように思われます。人間側が入玉系の将棋、アンチコンピュータ将棋な展開を求める時点で既に負けてる気もするんですよね。。普通に指して敵わない時点で。

昨日の日記にコメントをいただいていたのでそちらに対する回答?をここに書いておくと、昨晩のニコ生でもコンピュータ将棋開発者のお三方が言っていたのですが、もしかしたら電王戦は手遅れだったかもしれない。

本当であれば、対局禁止令を出した頃、或いはまだコンピュータ将棋が明らかにプロよりも弱かった2005年ぐらいから電王戦らしきものを行なっていれば…というのはあります。

今更の結果論ですが。

それこそ価値の有無が分からない状態なので多少は手弁当的になるかもしれなかったですが、やる。でその価値を理解した企業がスポンサーに名乗りを上げてくる。そういう展開はあったかもしれません。

なので、今回の電王戦、第三回があるかどうかはかなり先まで分からない様子ですが、スポンサーがいて、是非やりたいと言ってくれてる時点でありがたいことなんじゃないかなと思うわけです。

某有望な若手が18連敗した、とか、或いは米長邦雄の「我、敗れたり」で元タイトルホルダーが負けたとか、そういう情報を無意味に流出して、プロ棋士が負けることのショックを和らげる意味がないというか。

車と人間が競走しても負けるに決まってる、人間が計算作業でコンピュータに負けるのは自明であるとか、そういうのが前提としてあるのであれば、そこにお金を払ってくれる、耳目を集めるイベントを開催してくれるスポンサーがいることはありがたい話だと思うんですよね。

勿論、権威の失墜みたいなもの、いままでのスポンサー、特に新聞などにあった言葉は悪いですが文化としての尊重みたいなものから、もっと違った側面が引き出されていることがプロ将棋指しにとって必ずしもプラスばかりじゃないことは勿論理解していますが…。

将棋には学術的な研究の側面、伝統芸能的な文化の側面、そして勝負としての興行的な側面があります。コンピュータ将棋はそのうちの少なくとも二つを充実させてくれる可能性が高いです。

プロ将棋指しの尊厳みたいなものは文化の側面で、自身の立ち居振る舞いや姿勢で示していけば十分に保たれるのではないでしょうか。

ちょうど脳味噌の格闘技として、昔プロレスや相撲界に起こったことが20年遅れぐらいで将棋界にもやってきたような、そんな印象を受けます。

とここまで長々と書いておいて、また3日連続で同じ事を書きますが、第三回電王戦は行われないような気がするんですよね…。私のTwitterの、将棋リストのなかでのつぶやきを見ると、そういう風に観ている人がぼちぼちいますね…。

電王戦、対コンピュータ将棋の戦いをヤマタノオロチへの人身御供とみるか、あるいは新しい時代の幕開けのきっかけと見るかで色々変わってきそうですね。

第三回の開催有無をもって、電王戦のことをプロ棋士全体が、米長邦雄の狂言というか暴走として捉えていた・いるのか、或いは普及・発展のための大いなる遺産としてみているのか?が分かるような気がします。

その辺もひっくるめての、将棋連盟の理事選になると思います。どういう人が選ばれるのか、そして選ばれた人たちがどのような舵取りをしていくのか?については大いに注目したいと思っています。



今一度、この本を読み返してみると面白いかもしれません。ぶっちゃけトークには未だに納得?いきませんが…。

われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語るわれ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る
(2012/02)
米長 邦雄

商品詳細を見る
一言で言うと、ぶっちゃけすぎw
こんなこと書いていいの?という。プロとコンピュータの対局前に、こんなことを書いてしまっていいのか?という話。ちょっとひいてしまったので、ブログには感想載せてないですが、プロオワタ、、的な話を読みたい人は是非。凄いですから。





関連するタグ ボンクラーズ プエラα 伊藤英紀 東大将棋 棚瀬寧 ponanza 山本一成 松本博文 shogigoki 米長邦雄

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

ponanza 3336点、3日目は7連勝(3日間合計で36勝2敗)@将棋倶楽部24(みなみん降臨!)

いやー強いっすね…

昨日は最初の2-3局だけ見たんですが全然棋譜が頭に入らなかったんですよね…諸事情により…。

なんかニコ生見てたんですが、ずっと将棋ウォーズの広報のみなみんが写っていて、盤面よりもそっちに気を取られてしまって…。とりあえず棋譜はよく理解していないんですが、みなみんがハンターハンターのファンで、女子のヲタといっても、総てが腐女子というわけではない、というところまでは理解できました。

でも男の子が好きなんです、っていってたのでいわゆるショタコンってことでしょうか・・・あ、いやこのブログは将棋ブログなんですが・・・。

そして女子陣二人が食事休憩に入ったときに、mtmtさんと山本一成さんの放送になった瞬間、寝落ちしました…。いや特に悪意はないんですが、多分元々眠かったし、既に放送前半で消耗したんだと思います…。

という長々と余談を書きましたが、ponanza、昨晩は7連勝でした。17-2,12-0ときて、7-0。合計で36ー2。ザ・手合い違いって感じですね…。

羽生善治三冠と低段者っていうノリです。

棋譜としては3局目のponanza後手番でのノーマル振り飛車、飛車角交換から馬2枚作って先手のイビアナ模様を撃沈する将棋が面白いかもしれません。

あとは5局目の対石田流?への棒金。棒金で最後はがっちり受けきり。なにやらせても本当に強いですね。

六局目の新米長玉模様の将棋は、かなり人間惜しかったです。負けましたが寄せに行ったのが敗因のような気がしました。

7局目、同じ人がコンピュータ将棋をハメに行きましたが失敗して38手で投了。

ここまでの三日間、正直普通の戦型では全く勝負になっていないですね。でもとても楽しいですん。

第三回電王戦、私はしつこいようですが行われないような気がしてるんです。でも行われるといいなーと本当にこれを見てると思いますね。

将棋の視聴率、ということでいうと、電王戦以上に取れるコンテンツは正直無いように思います。勿論羽生善治対渡辺明のタイトル戦は取れます。でも将棋好きのなかだけです。広くみても観る将棋ファンまで。

でも電王戦だったら将棋に少しでも興味がある人、ニコ生見る人、ネットで何か見る人、ぐらいまでは見てもらえるわけで。

今後の将棋界を思うとやる一手だと思うのですが…どうなりますかねえ?

こちら、将棋本ではないのですが、将棋で検索するといつも出てきて気になっていたので買います。元々将棋部の方ですよね。

東大卒、ポーカー世界チャンピオン 勝利の手の内東大卒、ポーカー世界チャンピオン 勝利の手の内
(2013/05/30)
木原直哉

商品詳細を見る


関連するタグ 将棋ウォーズ みなみん ponanza 山本一成 松本博文 行方尚史

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

GPS将棋に勝てたら100万円!4日目はゼロ勝。(最終日は既に3人以上並んでる…)。

秒読みちゃん!><

・・・。

えーと。

今、起きたら深夜だったので、ニコ生本社前に並ぼうかな?と一瞬思ったら、本当に既に並んでるらしいです…。既に3人いるという話が松本博文さんのブログでありました→http://mtmt-blog.com/?p=4939

2時の時点で5名。Xさん、松本博文さん、Xさん、郷右近力さん、長岡俊勝さん。という並びらしいです。この調子だと朝6時の時点では埋まってそうですかね。始発勝負となりそう。幼稚園のお受験の頃を思い出します…。私も朝3時から並びましたw

さて、4日目。この日も恐ろしいほどにトップクラスの面々が出てましたが、全敗。原因?GPSの勝因?は、ドスパラのハイスペックPC。ノートとは思えない分厚さの凄いものをつかっていました。

core i7-3970X EE GT 620
core i7-3970X EE GT 680
core i7-3930K GTX 680M SLI

という代物でした…。最終日も稼働予定。

東大将棋部の作戦がなかなか良さそうで、初手▲6六歩とすると、相振り飛車になる。そこからコンピューターは穴熊にしつつ、一筋から無理攻めしてくるので上手く指すと入玉できるかもしれない。という感じ。普通には勝てそうもないですね。

ponanzaの開発者の山本さんは稲庭でじっくり煮込んで400手指してから固く囲うと暴発してくるのでそれで100万円を狙っていたらしい。ただその辺を知らない主催者側からの指示?で途中退場となりましたw

良くも悪くもこの電王戦でうかがい知る山本さんのほのぼの人柄に関するエピソードがまた一つ加わった瞬間でした。

後半戦でGPSの振り飛車にイビアナ模様から強く6五歩と開戦した将棋がありましたが、美濃に対して一段飛車から▲6二銀と打ち込んで手持ち角残り、という例の手筋が炸裂した?という展開。

その筋に粛々と入り込んで勝ち、と読んでるのがGPS将棋の読みの深さを示していました。人間であれば絶対にリスクを取らない、その筋で勝ちと思ってもよっぽどのことがなければ指さない手順でした。

最終3-5名のところにもうようよとトップアマがいましたが、小木ポールさんは相振り飛車で序盤の隙を突かれてしまい、すぐに苦しくなってましたし、木村秀利さんも相穴熊に組み上げましたが攻めが頓挫。

注目の現時点アマ最強レベルというかほぼプロレベルの今泉健司さんは得意の力戦型の振り飛車から上手く捌きましたが、これまたGPS将棋が力強い玉捌きでぎりぎりにしのぎ切りました。

玉を泳がしてから、今度は人間だったら決め時と思うところで数手じっくり指したのが印象的でした。

ここまで見た印象としては、やはりアマの序盤力だと作戦をかなり事前準備しておく必要がありそうだなと思いました。

前半で登場した郷右近力さんは元奨励会。H13年入会でたまたま偶然にも解説の渡辺大夢プロと同期でした。関東同期でプロになったのは渡辺大夢四段だけなので将棋の厳しさがわかりますね…。

この郷右近力さんが用いたのが雁木。渡辺大夢プロ曰く、郷右近力さんの得意戦法らしく実際序盤はなかなか良さそうに見えた。私もこう進むかな?とつぶやいた手順で馬を作って好調そうにみえましたが弱点の5七の地点を攻められてノックアウト。こういう派手な応酬では難しいのだな、と分かった一局でした。

激しい応酬で思い出したのが、鎌鉾太郎さん?というHNの方。将棋倶楽部24でR2800点という強豪で初戦は千日手という判定から次で中座飛車の最新型になり、GPS将棋が定跡から外れた手を指したのですが、これがとんだ毒まんじゅうで、応手を誤った瞬間強烈な桂馬のタダ捨てが炸裂しました。(ただし渡辺大夢プロが読んでいたのが流石。)

トップアマの加藤幸男さんは右玉から高速手待ちでGPS将棋の時間を削りました。これは正直私が将棋ウォーズで格上でも格下でも用いる作戦の一つなんですが…。三分切れ負けで使うとそれなりに有効です。打開手順も用意してるので、千日手模様と見せかけて打開!…したと見せかけてまた手待ち。というw

ただし三〇秒秒読みがあるので(秒読みちゃん!><)、ちょっとGPS将棋の穴熊に右玉で勝てるイメージがないですね…。結果も鮮やかな決め手が炸裂して投了となりました。

戦前は、百万円多発するのでは?と思っていましたが、ノートPCのスペックは誤算。明日もこのPCが投入されるので、人間側は相当苦戦しそうです。

本当に電王戦が楽しみになって来ましたね。これでプロが勝ち越せば、プロつええええ!となることは間違いなしです。ちなみに渡辺大夢プロは、十番勝負をやった場合、負け越したくはないですが、今日見て相当脅威に感じた、というような感想を残されていました。


羽生さんが指したらどうなるのか?はぶっちゃけみたいですね。人類最強棋士がその全盛期に指すことにこそ、意味があると思うんですが。。どっかの死ぬほど金持ちの道楽で実現しませんかね?

将棋世界Special Vol.2 「羽生善治」 (マイナビムック) 将棋世界Special Vol.2 「羽生善治」 (マイナビムック) 
(2013/01/31)
将棋世界編集部

商品詳細を見る
トップ棋士に焦点を当てた、ムック・シリーズの第2弾は「羽生善治」です。
囲碁トップ棋士である張栩棋聖との対談。作家・大崎善生氏や、チェスプレイヤー・ジャックピノー氏による評論、渡辺明竜王、森内俊之名人、郷田真隆棋王、佐藤康光王将、谷川浩司九段ら28人の棋士が選ぶ「羽生将棋名シーン28」、ほかにもロングインタビュー、記録・データ分析、100の質問、豊富なカラー写真など、さまざまな角度から羽生三冠の魅力を紹介。棋士・羽生善治のすべてが分かる一冊。将棋初心者や見る将棋ファン、女性、子どもでも気軽にお楽しみいただける内容です。


関連するタグ 渡辺大夢 郷右近力 長岡俊勝 松本博文 今泉健司 加藤幸男 GPS将棋 GPS将棋 ポナンザ 森内俊之

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

勝者未だゼロ。【電王戦記念】人類vs最強将棋ソフト 勝てたら100万円![1日目]

【電王戦記念】人類vs最強将棋ソフト 勝てたら100万円!ニコニコ本社で誰でもトライアルマッチ[1日目]


将棋ソフトと対戦、勝者なし 賞金100万円おあずけ

タイムシフト視聴はまだ松本博文さんの回しか見てないですが、結論としては勝者無しでした。

しかし。

松本博文さんのブログ、アンチコンピュータ戦略(24)を見ると…なんと、あの終盤においても勝ち筋があったのでした。

これはアツい。狙った作戦がハマって終盤でも勝ちがあったとは。確かにするする逃げられそうな印象があるので見逃しがちな手順ですが、そういう感覚がないはずのコンピュータも述べられているような理由で見逃してたんですね。

ちょっと人間同士のようなエピソードですね。。


ナイト及川、が愛称になりそうな、元々私はイケメン度としては中村太地プロとともにオススメしている及川拓馬プロによる新作。矢倉は急戦に限ります。特にアマ三段ぐらいまでは。

すぐ勝てる!急戦矢倉 (マイナビ将棋BOOKS)すぐ勝てる!急戦矢倉 (マイナビ将棋BOOKS)
(2013/02/23)
及川 拓馬

商品詳細を見る


関連するタグ 松本博文 GPS将棋 及川拓馬 GPS将棋 ポナンザ 電王戦

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク