電王戦ファイナルの出場棋士5名が決定。&その感想。

なかなか忙しくて見れてないのですが、ついに発表になったようですね。

以下の五名です。 そしてその右にある数字は某所レーティングサイトから持ってきた各人のレーティング点。

阿久津主税(ちから)八段(32):1691
村山慈明(やすあき)七段(30):1716
稲葉陽(あきら)七段(26):1738
永瀬拓矢六段(22):1728
斎藤慎太郎五段(21):1647

一番点数の低い斉藤慎太郎五段がまだ伸びしろがあることを考えると、全員見事に上位陣が集まっている、という印象を受けるメンツだと思う。ファンの中では賛否両論あったようだが、タイトル戦に絡んでいる人たちを除いて考えると、指し盛りの30代前半から20代、将来的にもいつかタイトル戦に絡んでくる可能性が高い面々だと私は思う。

タイトル戦に今のところ絡んでいない、30代前半以下の棋士…ということで考えると、上から斉藤慎太郎の間を見ていくと、他にいる候補としては、佐々木勇気、佐藤天彦、森信門下の若手陣、ぐらいしか見当たらないからだ。

というわけで、タイトル戦に影響しない人選としてはベストメンバーに近いと私は思う。

あとは、今回が最後なので、どういう取り組み方でいくか?というのは重要だと思う。この棋戦に出ることが少なくともこの立候補した五名の将来にとってPlusになるようなそういう経験になってほしい。勝ち負けも勿論だが、五名にとっては来るべき未来の、タイトル戦の練習みたいなものでもあるわけで、羽生世代に大きく離されてる理由の一つでもある、大舞台での戦いの経験値をここで是非積んでほしい。

勝ち負けのところでいうと、面白い将棋を目指すか、或いは勝ちを目指すか、というところがある。今までは米長戦の呪縛というか、ああいう戦い方で負けると酷い言われようがあるので正々堂々と戦って負けたという面もあったような気がするが、全面的に米長さんがとったような作戦をとらないまでも、間合いを取るような局面ではうまくコンピュータが見えてないところで人間側に模様がよくなるような指し回しを見せてほしい。

斉藤慎太郎と永瀬拓矢がある程度研究でハメるような展開で連勝する可能性があるのではないか?という気がしていて、稲葉陽は兄弟弟子たちの協力もあるだろうからかなり期待できる。村山慈明は序盤戦術の巧みさはプロ随一だし、コンピュータを扱った研究でもそうだろう。

そして阿久津主税。プロになった年齢からも、プロ間の評価からしても、この棋士の活躍は正直不満の残るものであり、32歳にしてこの実績というのは、本人も想像していなかったのではないか。まさに行方尚史的な展開であり、その才能を存分に発揮するにはぴったりの舞台だろう。これを機会に大きく羽ばたくところを見せてほしい。

結果予想については今回は行わずに、最後となったこのお祭りをとにかく楽しく観戦したいと思います!





関連するタグ 阿久津主税 村山慈明 稲葉陽 永瀬拓矢 斎藤慎太郎

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

大人のための将棋講座:第3章 効率的な将棋の勉強法(10)

さて、もう一度タイプを振り返ってみます。代表的なプロ棋士を今度は若手で表現してみますね☆

1.序盤型×定跡型:学者タイプ・・・村山慈明
2.終盤型×力戦型:野武士タイプ・・・山崎隆之
3.終盤型×定跡型:アスリートタイプ・・・菅井竜也
4.序盤型×力戦型:芸術家タイプ・・・糸谷哲郎

こんなかんじです。異論は認めます・・・が議論は勘弁してください!><(特に糸谷プロは終盤も鬼強いですからね・・・4番タイプでぴったりな若手っていますかね?)。

それぞれの勉強方法をこざっぱりとまとめるといかのような感じですね。

1.序盤型×定跡型:学者タイプ
1手詰め・3手詰めのオモウラ。プロ棋士の書籍を買い漁ってその通り指す。
指す作戦は居飛車・オールラウンダーで是非。

2.終盤型×力戦型:野武士タイプ
1手詰め・3手詰めのオモウラ。ひたすら詰将棋の手数を伸ばしてオモウラ。
作戦は右玉・嘘矢倉・雁木など受け身の居飛車か振り飛車推奨。新旧問わず好きな作戦を固定化するのがよさそう。

3.終盤型×定跡型:アスリートタイプ
1手詰め・3手詰めのオモウラ。詰将棋の手数を伸ばすのは同上。
作戦は振り飛車推奨。振り飛車党のプロ棋士の書籍を買って最新形を常に究め続ける。戸辺誠プロ、鈴木大介プロ、などの著作がお勧め!

4.序盤型×力戦型:芸術家タイプ
1手詰め・3手詰めのオモウラ。特殊な戦法を使うプロ棋士の書籍を買って参考にするかアレンジする。もしくは自分でゼロから考える。プロ棋士の書籍を買いたくても絶版になっていることも多いのでその場合は、ネットオークションやアカシヤ書店に行こうw


必殺!カニカニ銀―究極の二枚銀戦法必殺!カニカニ銀―究極の二枚銀戦法
(1992/03)
児玉 孝一

商品詳細を見る


関連するタグ 村山慈明 山崎隆之 菅井竜也 糸谷哲郎 行方尚史

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

C1順位戦の昇級者は稲葉陽と村山慈明!加藤一二三と森雞二が見せた魂

いやー凄い日でした。

結果的には夕方に昇級が決定していた稲葉陽と、激戦を制した村山慈明が1敗をキープして昇級。これで全階級において、昇級者は1敗平均ということになりました。棋界全体のレベルが恐ろしいことになってますかね…。

大平武洋vs稲葉陽大平武洋のカニカニ銀。ただ順位戦の初戦で児玉先生の元祖カニカニ銀に屠られたという苦い経験をもつ稲葉陽プロの対応が完璧で早投げがあることを予想していましたが、見事的中。あっさり昇級者の一名が決まってしまいました。

この早投げには賛否両論でしょうが、普通にやっては敵わないと思ってやりましたがダメでした。というような感想のブログがあがりそうな予感。もしこれで一敗勢が全員1敗キープしてたら、頭ハネの二名がゾネ…となっていたことは間違いないとは思いますがw でも結果的にはそうならなくて本当に良かったですね。

もう一人は天才村山慈明。彼もその才能の割りには苦労した印象ですが上がってみれば納得の昇級。上のクラスにいくほうがもっと活躍しそうな気がします。ここ数年の順位戦でその幹が太くなったような印象を受けます。

関西将棋会館で行われた対戦は大平武洋に引きずられたわけではないでしょうが、あっさり終わった将棋が多く、そうそうに全局終わってしまいました。

そして東京将棋会館。加藤一二三森雞二という二人のベテランが千日手に粘られ、そして順当に?若いほうが勝ちました。森先生の将棋が終わったのはつい先程です。加藤一二三先生が負けた時の写真、そして相手の阿部健治郎プロのメガネを外した写真はなんともいえない味わい。

ふたりとも優勢な局面がありましたがこの夜戦になってからの千日手、そして指し直し局での敗退というのはなんともいえない、言語化したくない趣がありますね…。


升田幸三の孤独升田幸三の孤独
(2013/02/23)
河口 俊彦

商品詳細を見る
発売日: 2013/2/23
升田幸三・米長邦雄・芹澤博文・花村元司・郷田真隆藤井猛
天才達には、その才気が溢れるゆえの孤独がある。
選ばれたものだけが辿り着く栄光と葛藤を描く「盤上の人生 盤外の勝負」シリーズ第2弾。

前著「盤上の人生 盤外の勝負」が覇道を歩んだ棋士を描いたのに対し、本書は異能派の棋士が多く取り上げられている。
彼らを語る老師の筆はひたすらに優しい。破滅主義的な危うさを漂わせつつも自らの才を恃みに生き、その才に殉じた数々の姿こそもっとも棋士らしいものであると語っているかのようである。
米長邦雄の追悼文を巻末に掲載。


関連するタグ 村山慈明 稲葉陽 阿部健治郎 加藤一二三 森雞二 大平武洋 米長邦雄 藤井猛 郷田真隆

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

全勝者、消える。第71期C級1組8回戦の結果。(糸谷哲郎は勝ちました!)

最近ファンサイト全然更新出来てませんが、糸谷哲郎ファンの私です。

ということでC1には注目しています。古くは屋敷伸之プロ等、個人的には一番思い入れのあるクラスです。なんといってもA級で通用する人間でも、10年苦労する可能性すらあるクラスということですから。

対戦結果は以下のとおり。

[C級1組]
大平 武洋五段(3勝5敗)●-○佐々木 慎六段(6勝2敗)…16時50分
真田 圭一七段(7勝1敗)○-●日浦 市郎八段(4勝4敗)…17時10分
森 けい二九段(2勝6敗)●-○高野 秀行六段(5勝3敗)…19時8分
桐山 清澄九段(1勝7敗)●-○稲葉 陽六段(7勝1敗)…19時40分☆
小林 健二九段(3勝5敗)○-●加藤 一二三九段(0勝8敗)…20時9分
(脇 謙二八段-平藤 眞吾七段…20時17分千日手成立)
浦野 真彦八段(3勝5敗)○-●小林 裕士七段(5勝3敗)…20時21分☆
船江 恒平五段(4勝4敗)○-●富岡 英作八段(4勝4敗)…20時54分☆
北島 忠雄六段(2勝6敗)○-●内藤 國雄九段(1勝7敗)…21時13分☆
塚田 泰明九段(5勝3敗)●-○土佐 浩司七段(2勝6敗)…21時34分
田中 寅彦九段(3勝5敗)●-○阿部 健治郎五段(6勝2敗)…21時42分
福崎 文吾九段(2勝6敗)●-○糸谷 哲郎六段(5勝3敗)…22時3分☆
平藤 眞吾七段(5勝3敗)○-●脇 謙二八段(0勝8敗)…22時57分☆
近藤 正和六段(4勝4敗)●-○佐藤 秀司七段(4勝4敗)…23時11分
片上 大輔六段(6勝2敗)○-●高崎 一生六段(3勝5敗)…23時50分
中村 太地六段(6勝2敗)●-○長沼 洋七段(3勝5敗)…0時23分☆
金井 恒太五段(5勝3敗)○-●村山 慈明六段(7勝1敗)…0時38分
宮田 敦史六段(7勝1敗)○-●千葉 幸生六段(6勝2敗)…0時46分


全勝者がいなくなりました。村山慈明は同タイプの金井恒太に敗れました。そして順位は以下のとおり。

[C級1組成績一覧] ( )内は順位、*は降級点

【7勝1敗】真田(4)、稲葉(7)、村山(9)、宮田(23)
【6勝2敗】千葉(6)、佐々慎(14)、片上(25)、阿部健(28)、中村太(29)
【5勝3敗】平藤(5)、塚田(8)、小林裕(10)、金井(16)、高野(19*)、糸谷(20)
【4勝4敗】近藤(13)、日浦(18)、佐藤秀(22)、船江(30)、富岡(33*)
【3勝5敗】田中寅(1)、高崎(3)、大平(11)、浦野(12)、長沼(17)、小林健(31*)
【2勝6敗】森(21*)、北島(26)、福崎(27*)、土佐(32*)
【1勝7敗】桐山(2)、内藤(34*)
【0勝8敗】加藤(15)、脇(24)

ちょっと加藤内藤のベテラン二名は辛いですかね。とはいえ、最低でもあと3年以上は現役なのですから凄いです。

簡単に将棋について触れると、村山慈明金井恒太の戦いは、相矢倉の脇システムから双方端の位を取り合う形。先手の金井恒太が終始リードを保つ危なげのない勝ち方で全勝者が消えた。

一敗者同士の宮田敦史と千葉幸夫は、宮田らしい独特な構想で宮田の勝利。

個人的に注目している糸谷哲郎はやや危なげある戦いw から中盤上手く指して逆転勝ち。他の対局はまだみてませんが、上位陣がある程度無難に勝った印象です。



現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~ (マイナビ将棋BOOKS)現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~ (マイナビ将棋BOOKS)
(2013/01/23)
糸谷 哲郎

商品詳細を見る
「本書は一手損角換わりがどのようなことを目指しているのかということを、近年の将棋界における研究の変転から見ていきたいと思う」(まえがきより)

本書は大学院の哲学科所属という異色の経歴を持つ糸谷哲郎六段が書き下ろした将棋戦術書であり、真の将棋理論書。現代将棋の寵児「一手損角換わり戦法」を題材に、最新の戦法に底流する思想を根底から捉えることを目論む、全く新しいタイプの将棋書籍といえます。

これまでの将棋書籍を読む感覚で本書を手に取った方は、まず間違いなく度肝を抜かれることでしょう。一手損角換わりをテーマにするといっておきながら、第一章で語られるのは矢倉、ゴキゲン中飛車、横歩取り8五飛、角交換振り飛車なのです。
つまり、ここで語られることは現代将棋における後手番戦法の比較検討であり、一手損角換わりの特徴(置かれている状況と目指している方向)を示すものなのです。一手損角換わりの手順は第二章~第六章までで本格的に語られ、最終的には最新形の攻防を解説します。

本書を読まれた方は一手損角換わり戦法について理解するだけでなく、この戦法を鏡として、現代将棋がどのような思想の元に構築されているか、その全体像を捉えることができるはずです。

糸谷六段が編んだ現代将棋の地図。
ぜひ手にとって、読んでみてください。


関連するタグ 糸谷哲郎 金井恒太 村山慈明 屋敷伸之

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

順位戦 C級1組7回戦

久しぶりに全局感想を!・・・と思いましたが、事実情報だけ。

対局結果。

[C級1組]
福崎 文吾九段(2勝5敗)○-●田中 寅彦九段(3勝4敗)…16時9分
糸谷 哲郎六段(4勝3敗)○-●土佐 浩司七段(1勝6敗)…17時8分
村山 慈明六段(7勝0敗)○-●平藤 眞吾七段(4勝3敗)…19時25分
塚田 泰明九段(5勝2敗)○-●大平 武洋五段(3勝4敗)…20時25分
富岡 英作八段(4勝3敗)○-●北島 忠雄六段(1勝6敗)…20時53分
高野 秀行六段(4勝3敗)○-●内藤 國雄九段(1勝6敗)…21時17分
小林 裕士七段(5勝2敗)●-○金井 恒太五段(4勝3敗)…21時30分
千葉 幸生六段(6勝1敗)○-●森 けい二九段(2勝5敗)…21時43分
日浦 市郎八段(4勝3敗)○-●近藤 正和六段(4勝3敗)…21時53分
加藤 一二三九段(0勝7敗)●-○真田 圭一七段(6勝1敗)…22時16分
船江 恒平五段(3勝4敗)●-○中村 太地六段(6勝1敗)…22時21分
佐藤 秀司七段(3勝4敗)○-●桐山 清澄九段(1勝6敗)…22時44分
長沼 洋七段(2勝5敗)○-●小林 健二九段(2勝5敗)…23時29分
阿部 健治郎五段(5勝2敗)●-○片上 大輔六段(5勝2敗)…0時2分
高崎 一生六段(3勝4敗)○-●脇 謙二八段(0勝7敗)…0時11分
稲葉 陽六段(6勝1敗)○-●浦野 真彦八段(2勝5敗)…0時25分
佐々木 慎六段(5勝2敗)○-●宮田 敦史六段(6勝1敗)…2時1分



その結果の順位。

[C級1組成績一覧] ( )内は順位、*は降級点

【7勝0敗】村山(9)
【6勝1敗】真田(4)、千葉(6)、稲葉(7)、宮田(23)、中村太(29)
【5勝2敗】塚田(8)、小林裕(10)、佐々慎(14)、片上(25)、阿部健(28)
【4勝3敗】平藤(5)、近藤(13)、金井(16)、日浦(18)、高野(19*)、糸谷(20)、富岡(33*)
【3勝4敗】田中寅(1)、高崎(3)、大平(11)、佐藤秀(22)、船江(30)
【2勝5敗】浦野(12)、長沼(17)、森(21*)、福崎(27*)、小林健(31*)
【1勝6敗】桐山(2)、北島(26)、土佐(32*)、内藤(34*)
【0勝7敗】加藤(15)、脇(24)



順位戦の上がり方としては、やはり年の順というか、その世代のトップが順当にいつかは上がっていくイメージがあります。そういう意味では精神的にもタフになった感のある村山慈明プロがあがるのは今期については違和感がないです。

あとは宮田か稲葉、順位の良い小林・・・ぐらいまででしょうか。



赦す人赦す人
(2012/11/30)
大崎 善生

商品詳細を見る


関連するタグ 村山慈明

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
5位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク