三段リーグで宮本さんと星野さんが上がって思ったこと。


将棋世界 2014年 04月号 [雑誌]
駒落ち 仕掛けの常識【基本編】(将棋世界4月号付録)将棋世界Kindle版は紙版と同じタイミングで発売のようですね。これからKindle版で買ってます。そして付録は100円です。付録からKindle版試してみるのもアリかもですね。

さて。

三段リーグがこの週末土曜日に最終節を迎えて、上位にいた星野良生宮本広志があがりました。特に話題になったのが、前期(http://www.shogi.or.jp/kisen/shourei/sandan/53/index.html)の最終局で、鈴木元三段との負けたほうが死ぬという鬼勝負を乗り越えた宮本広志が凌ぎに凌いで四段になったことです。

星野良生さんは超速の開発者?発案者?ということで有名ですね。

この前のポナンザとの対戦に元三段の方が何人も出ていて、かなり惜しい戦いをどの方たちもみせてくれました。そして実際に数値的な事実として、プロの一番低い所よりも高い実力を示しているということがあります。

Twitter上で見て確かにそういう見方もあるよなあと思ったのは、すごく良い素材が冷蔵庫で賞味期限を迎えて捨てられていく、料理として活かされずに…という話です。

将棋が若い人に深く受け入れられていくためにはプロになる道というのが狭すぎないことは一つのポイントかもしれません。もちろん、プロになっても食えないと意味が無いところではあるのでさじ加減が難しいですが。

現行の奨励会制度は制度疲労を迎えていることはみんな分かっていても改善策も難しい所だとは思いますが、どうにかならんもんですかね・・・と毎回思ってしまいますね。

特にあのポナンザ戦での元三段たちの人気ぶりを見ると。

関連するタグ 星野良生 宮本広志

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

石井健太郎、1敗で折り返し!第53回奨励会三段リーグ戦

第53回奨励会三段リーグ戦について少しだけ。

上から以下のとおりです。

8-1で石井健太郎。順位は5位なので後半こけなければかなり有力。

二番手が7-2で三枚堂達也、順位が31位なのでここから負けられても1敗ぐらいではないか。

三敗勢は西田拓也以下五名いる。

あの星野良生三段も3敗ですね・・・超期待したいです。▲5六歩、▲5七玉という序盤を指したらしいですね、最近。惚れました。

期待の増田康宏は6-4.

あがりたての若者でまだ勝ち星に恵まれない感じの人もいますが、まだ若いので来期以降十分巻き返し可能でしょうからここからの奮起に期待します!


ついに7月25日に発売です!

第2回電王戦のすべて第2回電王戦のすべて
(2013/07/25)
不明

商品詳細を見る


関連するタグ 三枚堂達也 石井健太郎 西田拓也 星野良生 増田康宏

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク