電王戦ファイナルの出場棋士5名が決定。&その感想。

なかなか忙しくて見れてないのですが、ついに発表になったようですね。

以下の五名です。 そしてその右にある数字は某所レーティングサイトから持ってきた各人のレーティング点。

阿久津主税(ちから)八段(32):1691
村山慈明(やすあき)七段(30):1716
稲葉陽(あきら)七段(26):1738
永瀬拓矢六段(22):1728
斎藤慎太郎五段(21):1647

一番点数の低い斉藤慎太郎五段がまだ伸びしろがあることを考えると、全員見事に上位陣が集まっている、という印象を受けるメンツだと思う。ファンの中では賛否両論あったようだが、タイトル戦に絡んでいる人たちを除いて考えると、指し盛りの30代前半から20代、将来的にもいつかタイトル戦に絡んでくる可能性が高い面々だと私は思う。

タイトル戦に今のところ絡んでいない、30代前半以下の棋士…ということで考えると、上から斉藤慎太郎の間を見ていくと、他にいる候補としては、佐々木勇気、佐藤天彦、森信門下の若手陣、ぐらいしか見当たらないからだ。

というわけで、タイトル戦に影響しない人選としてはベストメンバーに近いと私は思う。

あとは、今回が最後なので、どういう取り組み方でいくか?というのは重要だと思う。この棋戦に出ることが少なくともこの立候補した五名の将来にとってPlusになるようなそういう経験になってほしい。勝ち負けも勿論だが、五名にとっては来るべき未来の、タイトル戦の練習みたいなものでもあるわけで、羽生世代に大きく離されてる理由の一つでもある、大舞台での戦いの経験値をここで是非積んでほしい。

勝ち負けのところでいうと、面白い将棋を目指すか、或いは勝ちを目指すか、というところがある。今までは米長戦の呪縛というか、ああいう戦い方で負けると酷い言われようがあるので正々堂々と戦って負けたという面もあったような気がするが、全面的に米長さんがとったような作戦をとらないまでも、間合いを取るような局面ではうまくコンピュータが見えてないところで人間側に模様がよくなるような指し回しを見せてほしい。

斉藤慎太郎と永瀬拓矢がある程度研究でハメるような展開で連勝する可能性があるのではないか?という気がしていて、稲葉陽は兄弟弟子たちの協力もあるだろうからかなり期待できる。村山慈明は序盤戦術の巧みさはプロ随一だし、コンピュータを扱った研究でもそうだろう。

そして阿久津主税。プロになった年齢からも、プロ間の評価からしても、この棋士の活躍は正直不満の残るものであり、32歳にしてこの実績というのは、本人も想像していなかったのではないか。まさに行方尚史的な展開であり、その才能を存分に発揮するにはぴったりの舞台だろう。これを機会に大きく羽ばたくところを見せてほしい。

結果予想については今回は行わずに、最後となったこのお祭りをとにかく楽しく観戦したいと思います!





関連するタグ 阿久津主税 村山慈明 稲葉陽 永瀬拓矢 斎藤慎太郎

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋界の一番「怖い」日。。第71期C級2組最終戦。1敗勢が3名昇級!降級点は…。

A級順位戦が一番「長い」日だとすれば、C2の最終戦は一番「怖い」日だろう。降級点という、3つもらうともれなくフリークラス行のチケットをもらえる点数がある。

その割り当て数は9人分ある。昇級が3名に対して、9名分。いつだったか調べたのだが、C2の平均年齢がどんどん下がっている。若くなっている。

要は、この降級点というのは将棋界という野生の王国における淘汰の仕組みである。弱いものが食われる。その中には老いたものが比較的含まれる、ということだ。

20年以上将棋をみている人間として思うのは本当に将棋棋士のトーナメントプロとしての待遇を維持するのが年々大変になっているな、ということだ。

そしてこれは日本の縮図でもある。我々が将棋界を憂うとき、哂うとき、それは我々自身を憂い、哂っているということでもある。

一昔前のC1やC2はまだよかった。青春の苦悩、上がれる才能を持つのに上がれない人間の苦悩とそれを突き抜けたときの歓びを感じることができた。屋敷や先崎。森下。

数えればきりがない天才たちがCクラスで苦労していた。でもそれはのちに大輪を咲かすための糧となっていたはずだ。

だが、今は違う。

将来の名人候補はいつかはあがっていけるが、もしかすると次世代の新戦法や新構想の発信者になるかもしれない人たちが、上がれないのではなく、落ちるのだ。

或いは落ちる恐怖におののき、その本来持っていたであろうクリエイティビティを発揮できずに、縮こまってしまう。そういう雰囲気を今のC2には感じる。

三段リーグからプロ入りしても単純には喜べない。なぜなら、そこからまた第二の三段リーグともいえる、C2クラスが始まるのだから。

C2クラスの平均年齢が下がった結果、もちろんC2のレベルは上がった。4名の天才が入り、3名が抜ける。降級点3つ持ちのロートルや不幸者が落ち、クラスのレベルが煮詰まり濃縮し、より高くなっていく。

日本の若者が苦心・苦労しているのとまったく同じ構図がここにはある。

こういう現状を踏まえたうえで、昇級・降級のレースをみると、より一層理解できるはずだ。

まずは昇級候補。この高レベルなC2のなかで、1敗しかしてない棋士が4名もいる。阪口を除く3名の平均年齢は20歳。

2敗未満のメンツの年齢をみると最年長が矢倉の38歳。もちろん、才能ある人間は上のクラスに抜けていくとはいえ、その若さに私は改めて驚いた。

これを書いてるのは当日の朝、だがおそらく菅井・澤田・斎藤があがるのではないか?とみているが。。

そして降級点。

こちらは9点に対して確定が3点。西川パパ、伊奈、川上。川上はこれで降級となる。まだ40歳だ。

残りの6点を14人で回避の争いを行うこととなるが、4名の20代以下を含む。(高見、牧野、長岡、藤森)。

そういえば、余談になるが、先日のA級順位戦のニコ生解説で、勝負の前に震えるかどうか?という話を解説者4名でしていた。

その時に、豊川先生が、長岡プロの前で「C2で一度だけ降級点を取りそうになったときがあったが、その時は1か月ぐらい体調が悪かった。回避したら治ったけど」という話をしていて痺れた。

長岡プロは降級点をとるかとらないかではなく、降級するかどうか?の勝負を数日後に控えていたわけで、ニコ生の粗い画像を通じても、その顔色が変わったのがわかった。

見ていて忍びない気持ちになったが、それが勝ち負けだけですべてが決まる、将棋の世界なのだった。

佐藤深夜先生が機転を利かせて、話題を変えたのをみて彼の優しさを知った。二人は米長邦雄の葬儀で遅れたC2の対局を、二人っきりで指した仲?なのだった。長岡は喪服?黒ネクタイ?で勝負に臨んだが、正直に書くとひどい将棋だったのを覚えている。

降級点が確定している、あるいはとる可能性がある棋士をみると、すでに1点以上もらっている人が散見される。運の要素がほとんどない(対戦相手、先後のクジ運ぐらい?)将棋の世界では、いつかどこかでその実力の適正なところに、自身の立ち位置が収れんしていく。そしてその収れんまでの時間というのは、それほど長いものではない。

もっといえば、三段リーグの成績と順位戦の成績の相関関係というのがある。三段リーグでの活躍ぶりをみれば、順位戦での活躍もわかる、というものだ。

戦法・戦型のトレンドはあるものの、それがどのように変わっても一定の活躍をするには実力が必要ということなのだろう。波が来た時にうまくとらえて、そうではないときには自暴自棄にならずにこらえる・・・という意味では、その戦い方・姿勢に私が学ぶところも大きい。

と、ここまでが対局開始直後に書いたものになります。ここから先は、全局・・・は難しいので、好きな将棋、昇級に絡んだ将棋、だけを取り上げる予定。降級点については結果のみを記したいと思う。



+++++++++++++++++++++++++++++++


まずは昇級だが、結論だけ書くと1敗勢のうち、菅井竜也阪口悟斎藤慎太郎の三名がキープしての昇段となった。斎藤慎太郎は佐々木勇気と並ぶ逸材であることは小さい頃から言われていたが三段リーグで常に良い成績を残したもののなかなか上がれなかったが、ちゃんと帳尻は合うものだ。

また、斎藤慎太郎はいわゆるしょうゆ顔(今言わないの?w)のイケメンでもあり、その性格も素晴らしく、将棋のタイプも魅力的なので、見た目的にも佐々木勇気と人気を今後二分しそうな勢いである。菅井竜也はそのプライスタイルというか、闘志むき出しの感じがたまらなく素敵で、そのガッツがなくなるまでは延々と活躍しそうな雰囲気がある。

阪口悟プロは、奥さんが喜んでるんじゃあないでしょうかw 今期は特に振り飛車党同士の対戦が多く、そしてその相振り飛車において、一日の長を示した、という印象です。

早々に勝負を決めたのは、菅井竜也プロ。夕方前に昇段を決めて、そのまま関西に戻り、解説会に登場するというかっこ良さだった。このバイタリティーが菅井竜也プロの持ち味を示している。

戦型は先手中飛車に後手が5筋を突く形で乱戦模様。こういう将棋は菅井竜也がもっとも得意とするところだ。ヒラメ戦法で出てくるような筋が炸裂して、先手の菅井竜也プロが圧勝した。

阪口悟プロは相振り飛車の後手番で西川ジュニアと対戦。シンプルな美濃囲いから相手の三筋を凹ませて優勢を築いた。今期は本当に相振り飛車での勝利が多かった。△4六歩という筋が炸裂して先手陣は持たなかった。ここも圧勝に近い。

私のもう一人の?アイドル、斎藤慎太郎プロは中座プロと横歩取りの戦いで先手番。本家の8五飛車にやや不思議な作戦(相中原囲い?)で対抗したが1-3筋への集中攻撃が続く形となり、優勢となった。

斎藤慎太郎の将棋は強いと思う。佐々木勇気の粗削りさと瞬間みせるセンス、みたいな感じではなく、作戦に最新さよりも古風さを感じさせつつ、中終盤の強さ、特に中盤のねじり合いの強さがありつつ、序盤の無難さがあるというか。終盤型はもっと序盤が独特な事が多いようにおもうが、それがない終盤タイプ。

もう一人の一敗だった澤田プロは先手番だったが苦しくして千日手王の永瀬に無理せず千日手に持ち込まれた時には時間が2時間ぐらい違った。

指し直し局は永瀬の先手で手損からの先手ゴキゲン中飛車。澤田の取った作戦がやや独特で、序盤早々に先手が良くなったような将棋だった。澤田はこういう意味で終盤型らしい将棋だと思う。

1敗勢から3名は上がるだろうなと思っていたが、前年に引き続き、ハイレベルな戦いが続いた。その煽りを受けたのが、降級点争いだった。熾烈の一言。

石川、松本、小倉、瀬川、上野、遠山、川上、西川慶、伊奈の9名で、松本・遠山・伊奈が2点目。上野と川上がフリークラス降級。

ギリギリしのいだメンツとしては、長岡、藤森だろうか。藤森はやはりこういう運の良さを持っているというか、居飛車穴熊をちゃんと完璧に指しこなせる、というのはやはり大きい。序盤でかなり安心できる展開だったように思う。長岡はニコ生での例のやりとりをみていたので、震えずにしのいだのは素晴らしいと思う。

ネットでも発言・活躍している棋士にとって、こういう時は辛いと思うが、嫌にならずに頑張って欲しいと思う。特に瀬川さんはTwitterで、将棋をやめたい、ぐらいのことを書かれていて衝撃を受けたが、勝手に補足すると、こんなに不甲斐ない将棋を指すようであれば、将棋をやめたほうがいい、というような精進が必須であるということの裏表の覚悟を示すような、一言だったのだろうと思う。

最後に、教授こと勝又清和プロのTwitterの言葉を紹介して終わりとしたい。

へとへとに疲れた。腰が猛烈に痛い。寝たいが頭が冴えて眠れない。棋士としての寿命は延びたが、寿命は縮んだなあと実感する。それでも棋士として対局が出来ることが嬉しい。うれしい。おやすみなさい。

https://twitter.com/katsumata/status/309001646929752064





逆転のメカニズム (マイナビ将棋BOOKS)逆転のメカニズム (マイナビ将棋BOOKS)
(2013/01/23)
山崎 隆之

商品詳細を見る


関連するタグ 阪口悟 斎藤慎太郎 菅井竜也 勝又清和 米長邦雄

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

【結果速報】2013年1月8日(火) C級2組8回戦の結果

PR:遂に糸谷哲郎の新刊がでますよ!→
現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~ (マイナビ将棋BOOKS)

こちら、昨晩行われた今年最初の順位戦、C2の結果です。事実情報なので引用させて頂きます。


藤原 直哉六段(4勝4敗)●-○菅井 竜也五段(7勝1敗)…17時54分
阿部 光瑠四段(4勝4敗)○-●伊奈 祐介六段(0勝8敗)…21時37分
西川 和宏四段(6勝2敗)○-●長岡 裕也五段(3勝5敗)…21時41分
門倉 啓太四段(4勝4敗)○-●中田 功七段(4勝4敗)…21時51分
西尾 明六段(6勝2敗)○-●矢倉 規広六段(6勝2敗)…22時3分
田中 魁秀九段(3勝5敗)●-○澤田 真吾四段(7勝1敗)…22時10分
村田 智弘六段(4勝4敗)●-○神崎 健二七段(5勝3敗)…22時10分
川上 猛六段(1勝7敗)○-●石川 陽生七段(2勝6敗)…22時30分
大石 直嗣四段(4勝4敗)○-●高見 泰地四段(4勝4敗)…23時0分
遠山 雄亮五段(1勝7敗)○-●勝又 清和六段(2勝6敗)…23時5分
岡崎 洋六段(4勝4敗)●-○西川 慶二七段(1勝7敗)…23時33分
中村 亮介五段(3勝5敗)○-●藤森 哲也四段(3勝5敗)…23時45分
村田 顕弘五段(6勝2敗)○-●佐藤 和俊五段(4勝4敗)…0時6分
佐藤 慎一四段(3勝5敗)●-○増田 裕司六段(2勝6敗)…0時43分
及川 拓馬四段(6勝2敗)○-●吉田 正和五段(5勝3敗)…0時44分
阪口 悟五段(7勝1敗)○-●田中 悠一四段(3勝5敗)…0時51分
横山 泰明六段(6勝2敗)○-●八代 弥四段(5勝3敗)…0時52分
牧野 光則四段(3勝5敗)●-○永瀬 拓矢五段(5勝3敗)…0時52分
伊藤 真吾四段(4勝4敗)○-●松本 佳介六段(2勝6敗)…0時53分
村中 秀史六段(4勝4敗)○-●斎藤 慎太郎四段(7勝1敗)…1時19分
佐藤 紳哉六段(5勝3敗)●-○小倉 久史七段(2勝6敗)…1時23分
瀬川 晶司五段(3勝5敗)○-●中座 真七段(5勝3敗)…1時48分
上野 裕和五段(3勝5敗)○-●佐々木 勇気四段(6勝2敗)…1時57分


ぱっとみて目立つところは、遠山雄亮プロに初日がでたことだろうか。あとは7-1勢がキープ、無敗だった斉藤慎太郎が遂に黒星、順位が悪いので一歩交代。また、一番最後まで粘った佐々木勇気が2敗に後退。

斎藤慎太郎は、横歩取りの8四飛車型で中原囲いの中住まい型だったが先手に78筋を突破されて悪くなっていた。佐々木勇気は千日手で先手番を失い、後手番で角換わりを希望したが棋王戦の本戦で渡辺明羽生善治を破った形となり、途中の55の地点での角を含めた大きな駒の交換がちょっと暴発気味だった気がするが、寄せ切られた。

このへんの将棋をみていると、渡辺明時代が来そうだな、という気がやはりする。斎藤慎太郎佐々木勇気、あとは永瀬拓矢、あたりは次世代スター候補だが順位戦での苦戦を見る限り、長時間における経験値というのが本当に重要なのだろうなと。

勿論、その上の世代が伸びる可能性はあるのだが。。



上記の結果、以下の昇級見込み順となった。


[C級2組成績一覧] ( )内は順位/*は降級点1つ/**は降級点2つ

【7勝1敗】菅井(3)、澤田(15)、阪口(20)、斎藤(45)
【6勝2敗】横山(5)、村田顕(14)、西川和(16*)、西尾(19)、佐々勇(21)、矢倉(29)、及川(34)
【5勝3敗】永瀬(11)、吉田(22)、神崎(26)、佐藤紳(35)、中座(37*)、八代(46)
【4勝4敗】中田功(1)、村中(4)、大石(6)、佐藤和(18)、門倉(23)、藤原(28**)、村田智(31*)、阿部光(32)、岡崎(39**)、高見(42)、伊藤(44)
【3勝5敗】田中魁(2)、田中悠(7)、中村亮(10)、佐藤慎(12)、牧野(17)、瀬川(30)、長岡(38**)、上野(40**)、藤森(43)
【2勝6敗】増田(8*)、勝又(9)、石川(13)、松本(25*)、小倉(27)
【1勝7敗】遠山(24*)、西川慶(33)、川上(41**)
【0勝8敗】伊奈(36*)

昇級ラインは一敗、上位の二敗までだろう。可能性としては佐々木勇気までか。

降級点は、三〇番以内の順位で三勝以上だろうか。現時点一勝勢はほぼ確定で、二勝のメンツは順位がいいのでここからの2つが限りなく大きい。三勝メンツは瀬川以下がこのままで終わると危なく、あと一勝積めれば相手関係次第、というところか。

本当に恐ろしい戦いであることを再認識した。


現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~ (マイナビ将棋BOOKS)現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~ (マイナビ将棋BOOKS)
(2013/01/23)
糸谷 哲郎

商品詳細を見る


関連するタグ 斎藤慎太郎 佐々木勇気 中田功 羽生善治 永瀬拓矢 糸谷哲郎 渡辺明

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

順位戦C級2組の結果と展望

昨日の対局開始前に、久しぶりに星取表を眺めていて衝撃をうけたのだが、上位五名のメンツが全員関西組だった。一敗勢と無敗の8名のうち関東勢は八代と佐々木だけ。この現時点一敗・無敗の中から3名が決まるように思われる。18日の結果次第だが。

降級点レースは一勝以下で8名、二勝以下で18名になるのでこの18名のなかで降級点が決まりそうだ。ラインは二敗以下で順位が半分より下、という感じだろうか。

そして結果はこうなった。

[C級2組]
長岡 裕也五段(3勝3敗)-佐藤 紳哉六段(4勝2敗)…対局延期
松本 佳介六段(2勝5敗)●-○田中 魁秀九段(3勝4敗)…17時3分
上野 裕和五段(2勝5敗)○-●川上 猛六段(0勝7敗)…20時19分
勝又 清和六段(2勝5敗)●-○岡崎 洋六段(4勝3敗)…20時34分
瀬川 晶司五段(2勝5敗)●-○阿部 光瑠四段(3勝4敗)…21時13分
菅井 竜也五段(6勝1敗)○-●村田 智弘六段(4勝3敗)…21時28分
神崎 健二七段(4勝3敗)●-○村田 顕弘五段(5勝2敗)…21時40分
中田 功七段(4勝3敗)○-●中村 亮介五段(2勝5敗)…21時45分
中座 真七段(5勝2敗)○-●佐藤 慎一四段(3勝4敗)…22時43分
澤田 真吾四段(6勝1敗)○-●大石 直嗣四段(3勝4敗)…23時19分
小倉 久史七段(1勝6敗)●-○佐々木 勇気四段(6勝1敗)…23時50分
伊奈 祐介六段(0勝7敗)●-○西尾 明六段(5勝2敗)…23時55分
高見 泰地四段(4勝3敗)●-○石川 陽生七段(2勝5敗)…0時0分
西川 慶二七段(0勝7敗)●-○門倉 啓太四段(3勝4敗)…0時13分
藤森 哲也四段(3勝4敗)○-●藤原 直哉六段(4勝3敗)…0時21分
増田 裕司六段(1勝6敗)●-○吉田 正和五段(5勝2敗)…0時37分
永瀬 拓矢五段(4勝3敗)○-●阪口 悟五段(6勝1敗)…0時39分
矢倉 規広六段(6勝1敗)○-●遠山 雄亮五段(0勝7敗)…0時42分
佐藤 和俊五段(4勝3敗)●-○村中 秀史六段(3勝4敗)…0時43分
西川 和宏四段(5勝2敗)●-○伊藤 真吾四段(3勝4敗)…0時49分
八代 弥四段(5勝2敗)●-○及川 拓馬四段(5勝2敗)…1時6分
斎藤 慎太郎四段(7勝0敗)○-●牧野 光則四段(3勝4敗)…1時10分
田中 悠一四段(3勝4敗)●-○横山 泰明六段(5勝2敗)…1時18分

事実情報&公式よりも遅いということで転記引用。

そして順位はこちら。

( )内は順位/*は降級点1つ/**は降級点2つ

【7勝0敗】斎藤(45)
【6勝1敗】菅井(3)、澤田(15)、阪口(20)、佐々勇(21)、矢倉(29)
【5勝2敗】横山(5)、村田顕(14)、西川和(16*)、西尾(19)、吉田(22)、及川(34)、中座(37*)、八代(46)
【4勝2敗】佐藤紳(35)
【4勝3敗】中田功(1)、永瀬(11)、佐藤和(18)、神崎(26)、藤原(28**)、村田智(31*)、岡崎(39**)、高見(42)
【3勝3敗】長岡(38**)
【3勝4敗】田中魁(2)、村中(4)、大石(6)、田中悠(7)、佐藤慎(12)、牧野(17)、門倉(23)、阿部光(32)、藤森(43)、伊藤(44)
【2勝5敗】勝又(9)、中村亮(10)、石川(13)、松本(25*)、瀬川(30)、上野(40**)
【1勝6敗】増田(8*)、小倉(27)
【0勝7敗】遠山(24*)、西川慶(33)、伊奈(36*)、川上(41**)

降級点は2敗以下のメンツで決まりそうだ。9点あって14名。2つ持ってる人がちらほらいて、ひとつ持っている人も少し。一位の斉藤慎太郎は素晴らしい活躍だ。とはいえひとつ負けると順位が悪いので上がれない、まであるのでこのまま突っ走るしか無い。

斉藤慎太郎の将棋を見ていて思うのは勝ちを急がないねじり合いに優れたタイプであるということ。ちょっとタイプは違うが行方尚史を思い出すような鍛えの入り方だ。古風とさえ言えそうな矢倉の本格化。

佐々木勇気とともに、やはりこの世代の中心人物であることを確認した次第。昇級は一敗勢以上のなかで決まりそうでゴールラインも一敗まで、だろう。


赦す人
聖の青春 (講談社文庫)
こだわり人物伝 升田幸三 伝説の棋士 [DVD]
将棋の子 (講談社文庫)

関連するタグ 斎藤慎太郎 中田功

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

第50回奨励会三段リーグ(ラス前)&増田康宏、遂に三段!

第50回奨励会三段リーグはいよいよラス前まで終わった。

トップを走るのは、畠山鎮門下の斎藤慎太郎三段、18歳。ライバル関係でいうと佐々木勇気のライバルだろうか。順位も5位とよく13勝3敗。残り二敗でも相手関係で上がる可能性があるので相当に有利。とはいえ勝つつもりだろう。

斎藤慎太郎は今期で三段リーグ8期目。三段リーグでの通算勝率は2-1ペースに近い。今期を含む後半四回は全て昇段レースに絡む展開で次点も一つもっていることを考えるとプロ入りはほぼ確定とみていいだろう。三段リーグでの安定度は順位戦での活躍に相関するので、注目株。

二番手を走るのは青野照市門下の八代弥三段、こちらは17歳。同じく13-3なので、二敗しても上がれる可能性はあるが、順位が悪い(15位)ので三番手の宮本広志(2位)にかわされる可能性がある。

その他の昇段候補でいうと、次点持ちの二名、5番手の竹内雄悟(31位)、6番手の石井健太郎(1位)だろうか。2勝して二個目の次点をゲットするかどうか。

特に所司門下の石井健太郎は、ムラッ気の少ない、安定度のあるタイプのように思われる。年齢も若いので次点2個で上がるかどうか、悩むところではないか。現在の三段リーグではトップクラスであることは間違いない。

竹内雄悟は年齢との兼ね合いもあるので、フリークラスだとしてもなんとしても上がりたいだろう。失礼な話ながら年齢的な伸びしろを考えると、10期でさしわけぐらいの成績なので上がった場合にも、それなりに苦労しそうだが、棋士になれないことの苦労を考えれば…という。

今は常に四名以上安定供給される四段が、C2クラスの三段リーグ化を促進しており、長時間将棋への適性が相当ないと、最初の順位が最下位から始まるという事実がかなり重くのしかかる。4-5でも降級点を食らう可能性がある。

棋風的に長時間制向きの将棋ゆえに三段リーグで苦戦した、とかでないかぎりは三段リーグでの成績は順位戦での成績に相関している。勿論、若くして抜けた場合の成長度合いは加味して考える必要はあるが。

そして恐ろしいことに、恐らくはコンピュータは三段リーグを超えるレベルに、位置している。その事実が今後親御さんが将棋を子供に教え込むことにどのような影響をおよぼすのか?は一人の親として興味深く見ていきたいところだ。

そういえば、三段リーグ以外のところは…とみてみると、なんと遂に森下卓門下の14歳、増田康宏二段が三段リーグ入りを決めていた。タイミング的にもばっちりで、次期への調整期間ができた。師匠の森下卓曰く「終盤は自分より強い(うろ覚え)」とのことなので、相当に期待ができる。

天才の系譜という意味でいうと、羽生善治(・渡辺明)の次は増田康宏の可能性がある。渡辺明が谷川浩司のポジションなので、次の覇権という意味では増田康宏だろう。恐らくは、今の若手で意識をもって将棋に取り組んでいる棋士たちは、増田康宏世代の脅威を背中に感じながら精進している。


イカガ?(´・ω・`)つ将棋の子 (講談社文庫)



関連するタグ 斎藤慎太郎 八代弥 宮本広志 竹内雄悟 石井健太郎 増田康宏 羽生善治 渡辺明 屋敷伸之

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク