本当に怖い△3二飛車戦法 第四回大和証券杯 ▲丸山忠久?△久保利明

第四回大和証券杯丸山忠久?△久保利明

事前に戦型予想をしてから将棋観戦に臨むのだが、この日は当てたかった。ネット棋戦、早指しとなれば久保プロのこの戦型は予想できたはずだ。△3二飛車戦法は、今泉さんが開発して升田賞を受賞している戦法。ただし対策が進んだようで最近は見られていなかった。私は初手に26歩をつく将棋なので、後手の面倒くさい変化を回避できている(その分、損をしている変化を沢山抱えている)のだが、居飛車党で三大ゲンナリは「4手目角交換からの筋違い」、「後手なのに無理やり石田流」、そして三つ目がこの「△3二飛車戦法」ではないかと思う。

そういう意味で、この日曜日(6/20)は居飛車党にとって脅威の一日だった。まず、日曜のお昼のひとときを昼寝へと誘うNHK杯では西尾プロが、後手無理やり石田流で、アマであればどう転んだかわからないような乱戦に持ち込み、「日曜日の夜のドルチェ(誰も呼んでいない)」こと大和杯では久保二冠が△3二飛車を投入。もしこれで久保二冠が勝つようなことがあれば、たちまち24では後手石田流と2手目3二飛車の出現率がぐっと上がるだろうと。

そういう意味では、先手の丸山プロは全国の居飛車党の期待を一身にうけての勝負だったのだが・・・。

序盤早々に先手の丸山プロは9筋の位を取る。後手としては受けることが出来ないらしい。具体的には飛車を91の地点に打ち込む筋があるためだ。この辺り、NHK杯の筋違い角の筋とセットでみると、同じ三間飛車で9筋の攻防であってもかたや振り飛車側が端を狙う筋、かたや居飛車が、ということで面白い。

振り飛車が端を受けた場合に具体的に咎める手順としては「第49期王位戦 第2局」が詳しく、羽生プロの受けた手を先手の深浦プロが粉砕している。(情報ありがとうございました!spciaさん)

後手は端歩を受けられないので、美濃には囲いにくい。逆に言えば、先手はこの端歩をついて後手の穴熊を強要している意味があるので、具体的な手順・構想はわからないが、この穴熊は何が何でも咎めたいところだ。

現代将棋における穴熊戦というのは本当に繊細な手順を要求されるというのはこの将棋をみても感じた。左金よりも1筋の歩や攻めの銀の運用を優先させたところは先手後手の堅さの相対性をみたものなのだろう。△14歩という手は終局まで殆ど意味が無かったように思うのだが、水面下での角の捌きを見せる意味で必要な税金ということか。

先手の端角から、角交換となり本格的な戦いに突入した。後手はもう囲うつもりがなく、互角に捌ければよいと思っている。33銀というのはつまりはそういう手であり、先手の97角は飛車先を押さえようという意味があったように理解したのだが、強く31角とぶつけたのだった。通常の将棋ではあまりみない手順だが、振り飛車の左金の顔もたっており、互角の捌きでよいという方針に則った手ではある。

交換した角を打ち合った後、先手が飛車を寄った手が良さそうであり、先手が馬を作ったあたりでは先手がリードしたのではないかと思う。ただし玉の堅さが大差であり、特に先手玉は通常の囲いではないので、危険度の計測に非常に気を使う展開。54手目、△23歩に対して先手の丸山プロはずばっと馬を切った。

折角の馬を切って攻めるということは相当良いということなのだろうか?と思っていたが、後で振り返ってみると、ここで踏み込むしか勝負どころがなくなるとみたのかもしれない。互角の捌きあいで良し、とみている久保プロにとっては望むところ。73手目の局面は、先手の金銀が、後手の飛車桂馬と交換になっており先手は竜を作っている。手番は後手。堅さも後手。ということで後手が良さそうだ。特に金銀を沢山もっている穴熊の耐久度というのは恐ろしいものがあり、手駒が桂馬と香車と角だけの2枚穴熊ならばまだしも、というところか。

しかし観戦中の私としては、冒頭に書いたように常に居飛車を応援しており、馬を切った時点からこの局面に至ってもまだ居飛車やれるとみていた。ここからまったり受け切れるのではないかと。死ぬまで受けて勝とうと。

74手目で久保プロの放った△5五歩が良い手だった。▲同竜に△8八角。見ているときはあまり意味が分からなかったが、この手順が本局におけるMOM(Move of the match)だろう。感想戦でも触れられなかったので私の想像に過ぎないが、例えば先手が入玉(できるかどうかはわからないが)を目指して31飛車から33竜と33の金を取るような手順を考えた場合、76手目の△8八角の局面から先手は飛車を打って金を取る。対する後手は角を99に成って香車を取り、次に89の桂馬を取る。

この時に前述の74手目の△5五歩の効果が現れる。この△89馬と桂馬を取った手が6七の金に当るのだった。3三の金が上部を押さえる駒になるのであれば、先手玉が逃げ切ることは出来ない。(そもそも1?5筋は先手の歩が残っているので逃げ切れないという話もあるが)。この後丸山プロは5五の竜を用いて攻め合いに転ずるが、勝負を賭けたというよりは首を差し出したに近く、5五の竜がいなくなってからはあっという間に先手玉が寄ってしまった。

投了図は後手圧勝の姿。本譜を振り返ると、後手の穴熊を先手が強要しておきながら、後手からの3筋強襲があり、先手玉が固くないままに戦いが始まり、堅さを生かした互角の捌きで後手が良し、となるのであれば振り飛車党でなくても後手番で3二飛車戦法を指したくなるというものだ。

居飛車党の皆様におかれましては、これから暫くの間、△3二飛車の嵐が治まるまでの間、初手は▲7六歩を控えたほうが良いかもしれない・・・というのは冗談だが、そのうち冗談ではなくなるかもしれない。それくらい△3二飛車戦法というのは、アマの持ち時間の短い将棋にとっては脅威である。


久保利明の関連商品(楽天)
久保利明の関連商品(amazon)

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 丸山忠久 久保利明 △3二飛車 穴熊 将棋 観戦 大和証券杯 振り飛車 三間飛車

死闘の幕開け 主流と傍流 第69期C級2組1回戦

第69期C級2組1回戦

昨日のC2の将棋でまだご覧になられていない方にお勧めするのは、糸谷・菅井・増田・遠山・瀬川・アマヒコ・西川・永瀬・村中の将棋だろうか。
相居飛車戦が、糸谷、村中戦。振り飛車系が、残り。

以下、感想。パッと見の印象ばかりなので結構控室の評価と違うものがおおく恥ずかしいが、自分の実力の無さと気づきのためにそのまま記す。

▲村田顕(0-0)?△村田智(0-0)
村田ダービーは名人戦第四局を下敷きにした展開となりそう。▲24歩が成立するか?に注目。(ここまで昼休憩)。
随分古式ゆかしい矢倉になった。先攻している分、先手のペースで進むが反撃もキツそうに思うので形勢はまだわからない。(ここまで夕休憩)。
一番早く終わったのがこの対局。やはり、後手のウソ矢倉を通して、古風な矢倉にしたのが先手の得を失わせていたようで、先攻したが反撃がきつく後手の完勝となった。

▲佐藤慎(0-0)?△淡路(0-0)
淡路先生の趣向?どうやってまとめるのか良くわからない。(ここまで昼休憩)。
淡路先生の独創的な指し回しに感心。しかし手損なく進めている先手が良いのだろうと思う。(ここまで夕休憩)。
この展開は全軍躍動といったところで、居飛車党であれば先手をもって勝ちきりたい、後手はキャンセル待ちがあればいいところ、という感想を残した後にすぐ淡路先生が投了されたようだ。流石の不倒流といえども粘れる形ではなかった。今手順をみたが完勝といっていいだろう。

△上野(0-0)?▲佐藤和(0-0)
中飛車相穴熊濃厚か。(ここまで昼休憩)。
先手の銀の繰り替えの代償がいかほどのものか?というのが後々出てくるだろうか。後手の63の穴も気になるが、組みあがり具合を見る限りでは後手番としては満足な出来映えと思う。(ここまで夕休憩)。
と金を作りあっての攻め合いは、最初に桂馬をとりつつ飛車を成り込んだ後手のほうが良さそうに見えたが、そこからのと金の寄せ合いでは先手に分があった。また、とった桂馬の投資先がなかったために、余計と金の位置の差が出たようであり、攻めの銀を自玉の上部に歩越しで置いておくという、直近のNHK杯と似たような思想の将棋であり、穴熊の新しい手筋・構想なのかとおもった。

△小倉(0-0)?▲長岡(0-0)
穴熊。どちらの棋風にもあっているがここが一番長そうな気がする。(ここまで昼休憩)。
如何にも強い人同士の相穴熊にありがちな展開になっている。広瀬プロの穴熊にはあまり見ないタイプのような気もする。ここは午前様コースの可能性が濃厚な気がしてきた。(ここまで夕休憩)。
と思ったのだが、豊富な歩を活かして端を攻めて弱体化した後手陣に対して先手が桂馬を三段活用する筋が生じ、角の割り打ち?の筋でノックアウト。先手穴熊が銀冠型で先に角を切られるような筋から金銀が逃げているのと、後手の穴熊の性質の違いを具体的に咎めた長岡プロの構想が光った一局だと思う。

△神崎(0-0)?▲糸谷(0-0)
早速目を引く序盤となったのはここ。ただし趣向を凝らしたのは後手の神埼プロ。対戦成績2勝とのことで糸谷ワールドに引き込まれる前にペースをつかんでいたのだろうか?と思わせる出だし。個人的にはこれは先手良いといわれる展開だと思うのだが、凄く良いということではなく、棋理としての良さなので生角と歩得の主張でどちらが優位に立つか?ぐらいの勝負だろう。(ここまで昼休憩)。
42手目の局面まで進んでみると後手の角と馬の力が強い。先手からの早い攻めが見えず、後手の二枚目の馬作りの回避が難しそうに見えるのだが・・・。(ここまで夕休憩)。
今終わった。糸谷勝ちだったが、夕休時点での畠山プロの見立てでも後手良しだったようだ。そこから糸谷プロが追い込む。飛車と金銀の二枚替えで、攻めが続いているところでは先手が良さそうだったが、後手玉を深く逃がしているので簡単ではない。しかしそこからも糸谷プロならではの粘りと寄せの強さでうっちゃり切った。

△及川(0-0)?▲増田(0-0)
後手ゴキゲンに、恐怖の37銀戦法。先手がどこまで良くするか、その玉形を犠牲にしたぎりぎりの良さをどこまで維持できるか?に注目したい。(ここまで昼休憩)。
そして恐怖の二枚銀に進む。夕休憩の局面は先手が2歩持っており、五筋・二筋に歩が効くので色々技が掛かりそうな雰囲気。玉の堅さもそれほど差がないので、二枚銀の破壊力が発揮されそうな予感。(ここまで夕休憩)。
銀桂交換になり、84に桂馬を打った手が負けを早めた印象。85銀しか受けがないが、それで後手からの次の手がない。本譜の捌きで好調なようでも左金を負担にさせるような居飛車の手順が素晴らしく、その後も木村美濃の弱点を的確につく手が続き先手の快勝となった。


△中村太(0-0)?▲菅井(0-0)
後手中村太プロは居飛車党に転向していたのを知らなかった。よって先手三間飛車vs後手左美濃に進んだ。アマで良くでる形だが、先手不満なしとみる。(ここまで昼休憩)。
と思ったのだが夕方までの手順は後手ペース。これは元振り飛車党らしい、石田流の弱点を知り尽くした手順のような気がする。専門誌での解説が今から待ち遠しい。(ここまで夕休憩)。
しかし捌きあったところでは思ったほど後手が良いわけではなかった。その後のやりとりで下から受けるのが安全だった手で頑張った受けを見せたあたりで後手が形勢を損ねたようだ。菅井プロの早指しの噂は聞いていたが、ものすごい早指しというわけでもなく、しっかり考えてわかりやすくなってからは、難しく寄せないというもので、相当活躍しそうな雰囲気を感じた。

△遠山(0-0)?▲岡崎(0-0)
ゴキゲン超急戦!新手出るか?発売予定の書籍の手順が出るか?に注目(ここまで昼休憩)。
遠山新手が出た。この手自体は久保二冠が全然違う形ではあるが出ていた。桂馬を拾って利きがそれるよりは、急所の香車を取りきってついでに手番を取るという意味で有力だと思う。一息ついてからの先手の反撃に対する応手に注目。本局の勝敗が本の売れ行きにも直結するだろう(ここまで夕休憩)。
遠山プロの構想は二枚の角を相手の急所の駒と交換する、というものだった。そしてこれはとても有力に思える。というのは後手は大駒を3枚持っているがそのどれもが利きとしては甘い駒であり、反対に先手は小駒だが全て飛車のコビン、玉頭に直接効いているからだ。

後手が反撃した局面からはかれこれの堅さの違いで後手が良さそうだ。最後の寄せも鮮やかだし、何よりも最後玉が美濃に収まっているのが何とも素晴らしい。角切りの効果で美濃囲いを構築することが出来たのも大きかったようだ。ニート飛車は最後まで働かなかったが、潜在的脅威としての役割は果たしていたのだろうか。この勝利により、そろそろ発売される、ゴキゲン中飛車の急戦に関する書籍の売上が20%増しになったことは間違いないだろう。


△阪口(0-0)?▲瀬川(0-0)
瀬川プロは丸山ワクチン風味。すんなり44銀33桂馬の形を築ければ後手満足と思うが。(ここまで昼休憩)。
のびのび元気一杯な陣を張った瀬川プロだが。金の位置のバランスや大模様を張っていることもあり、まとめるのが難しそう。これで勝てば相当強いと思う。(ここまで夕休憩)。
これは瀬川プロの完勝譜だった。凄い!なんといっても角交換穴熊はバランスが悪い。個人的には退治してほしいと思っていたが、あの陣形でどうやって?と思っていると一段飛車と桂馬がはねた形は常に桂馬の頭と飛車のコビンを両狙いする筋があるがそれと陣形のバランスの悪さを見事についた。争点を与えずに有利に立つと一方的になりがちな角交換後の穴熊だが、玉頭攻めとセットでここまで見事に決まるだろうか?というぐらいの強い勝ち方だった。

初めての順位戦だが気負う事なく、ひるむことなく指しているので相手は強いが相当大暴れしてもおかしくないと思わせる勝利だった。


▲佐藤紳(0-0)?△伊奈(0-0)
角替り腰掛銀に進みそうだ。先日の棋聖戦1局の修正版が出るか?(ここまで昼休憩)。
と思ったら後手棒銀。端歩突かせて7筋に転戦するのは私が好きな戦い方だが収まってしまった。矢張りプロでは一息に攻めきるのは難しいのだろう。結局得したような端も突き合いになった。収まると先手を持ちたい気がする。(ここまで夕休憩)。
…と書いたのだが、瀬川戦のように角交換型でよくある角の打ち込みの隙が生じていた。するすると銀単騎でその筋を実現させたあたりでは後手有利。その後の伊奈プロの攻めも的確で先手は為す術がなかった。

△稲葉(0-0)?▲牧野(0-0)
中座飛車。(ここまで昼休憩)。
良くわからない。(ここまで夕休憩)。
少し悪そうなまま押し切られたのかと思う。


▲室岡(0-0)?△阿部健(0-0)
研究家同士の一戦。先手の室岡プロはやはり室岡システム。後手は75歩からの急戦を目指すものと思われるが、豊島vs室岡戦では先手後手逆だったが、後手で成立するかどうか。(ここまで昼休憩)。
やはり後手の急戦、強襲。室岡流は速攻に弱点を抱えている。金無双の形は上部に厚いが左翼が薄い。つまりはそういうことだろう。(ここまで夕休憩)。
ここも細いながらも後手の攻めが続いたのではないか。そろそろ室岡流も修正案が必要かもしれない。

△石川(0-0)?▲佐藤天(0-0)
後手の石川プロのこれはメリケンではないか?あの藤井プロも開発者に一発食ったというハマ公望考案の作戦。最近見ないが一昔前は良く遭遇した。そういえばあの本はどこに行ったのだろうか、メリケン流ダジャレ本。(ここまで昼休憩)。
コンパクトに囲った後手と、囲いは不完全だが3筋を反撃した先手、という図。研究の深さにもよるが少なくとも後手のフィールドだろう。先手はもはや堅く囲うことは出来ないのでアマレベルだと後手も十分楽しみがあると思うのだが。(ここまで夕休憩)。
飛車角交換になったあたりでは、攻守が入れ替わっており、先手に楽しみが多かった。石川プロの長考にはこんなに悪いのか、という確認の時間が含まれているように思われた。特に不自然な手順ではなかったので、現代プロ将棋においてはあの形は通用しないということなのだろうか。

△西尾(0-0)?▲藤原(0-0)
矢倉。急戦矢倉かどうかはまだわからない。(ここまで昼休憩)。
急戦だったが阿久津流とは違う。手順の違いは見ておきたい。似たような対策、阿久津流回避の手順は比較的24でも見かけるので。(ここまで夕休憩)。
飛車のコビン、角の逃げ道を確保せずに5筋交換に行ったのが西尾プロの手順だった。これは五筋で飛車を使うということで、また金を繰り出される手がどちらにしてもあるので、先手の飛車先を受ける欲張りな指し方は駄目かもしれない、という考えに則った指し方だと思う。とはいえ本譜で後手が満足な戦果を得られたかというと疑問で、やはりスムーズに2筋の歩を交換されたのは大きかったように思う。先手藤原プロの完勝譜。

△中村亮(0-0)?▲大石(0-0)
数少ない四間飛車党の中村亮プロが角道オープンに。ゴキゲン回避からの手順に合流している。(ここまで昼休憩)。
ここは長そう。歩切れと桂馬得をどう見るか?だが桂馬が好きな私としては、後手を持ちたい。棄ててこその駒としての桂馬、という意味で後手が使い切った感がある。相手を歩切れに出来るならば、桂損でも良いと思っている。(ここまで夕休憩)。
桂損だが、そこから左翼を放棄して玉頭方面、5?9筋だけで勝負した後手中村亮プロの構想が如何にも振り飛車党らしかった。そして玉頭方面に大石プロが投資した桂馬は頭が丸く、利いているようで利いていない駒となった。昨今の力戦振り飛車とは一味違う、苦労して苦労してようやく良くなる将棋ばかりが多いきがするが、この頑張りが数年後に繋がる足腰を作る走り込みのようなものだと思うので中村亮プロには頑張って欲しいと思う。


▲中座(0-0)?△西川和(0-0)
対抗形の相穴熊になりそうだ。(ここまで昼休憩)。
と思ったら、いきなり開戦。玉の進展性は後手だが、歩切れ。ただし桂得で馬を作っている。二枚の角の利きでどこまで防衛ラインを張れるか?55銀で歩が取れるので後手好調のようにも思えるのだが。(ここまで夕休憩)。
ジュニア完勝!素晴らしい将棋だった。これが西川流、西川ペースというものか、という指し回し。夕休あたりでは後手がやれそうと思っていたが、具体的な手順が分からなかったが丁寧に確実に利を拡大し、慌てず落ち着いた指し回し。強い相手が続くが今期は是非勝ち越して欲しい。


△矢倉(0-0)?▲永瀬(0-0)
相振り。永瀬プロの駒組みが意欲的。攻撃陣の二つの位、玉方面の歩を謝らない点など。後手は攻撃陣の形が少し気になる。(ここまで昼休憩)。
形勢はわからないが、両者昼間での懸念点を上手く解消した印象。さすがはプロ。後手の鳥刺し風の銀の運用が気持ちよいようでこの66歩までで伸びきった感はある。先手陣のほうがシンプルに堅そうな気はする。双方どのように攻めていくのか見当がつかない。(ここまで夕休憩)。
ねじり合いというのとも少し違う凝った手順が続いたが、先手の金上がりぐらいからは永瀬プロペースだったように思う。順位戦初戦とは思えない落ち着いた指し回しで、最後の仕留め方も恐ろしいほどに余裕たっぷり。西川和プロの将棋とも違うが、両者受け将棋であり、大山流を受け継ぐのはどちらだ?という点に今後注目していきたい。

▲松本(0-0)?△川上(0-0)
ここも名人戦第四局風味。村田ダービーとあわせて注目したい。(ここまで昼休憩にて)。
と思えば急戦風の右四間。これは後手がああいう手順で矢倉に組もうとすれば私がよくやる手順の一つ。(急戦棒銀と併用出来る)。休憩の局面は良くわからない。一見、後手の反撃が決まっているようにも見えるが。後手玉は玉の前に銀を上がればそこそこ堅そうだし、アマとすれば攻めがわかりやすい。(ここまで夕休憩)。後手の二枚角の攻撃に対してこの一手という受けを先手が行った後の私の読み筋は同角と取りきってガジガジいってどうか?というものだったが、ちょっと切れているという判断だったのだろう、川上プロは取らずに手を進めた。
先手の馬が後手の角と交換になった時に私は後手が良いのかなと呟いたが、どうやら手番を握って攻めの続く先手がわかりやすく、後手からは早い攻めがないので先手が指しやすかったようだ。そのまま優勢を維持して松本プロが棋風通りに攻めきった。

△横山(0-0)?▲澤田(0-0)
序盤で面白い構想を持つ澤田プロが、最近面白くないといわれている丸山ワクチンに。何らか工夫がありそうでそこに注目したい。(ここまで昼休憩)。
先手の澤田プロは7筋に位を取る作戦だった。後手も万全の陣に組み上げ、満を持して25桂ポンかと思いきや、45に跳ねた。確かにこちらで使えればよいが、先手の端角が後の先手の桂頭を防いでいる意味もあり、「桂馬の無駄死に」に終わりそうな気がする。(ここまで夕休憩)。
と思ったら、こちらも桂馬を犠牲にして馬を作った後手が良かった。端角と馬の性能の違い、左金を高美濃のポジションに収めたあたりは如何にもこの戦型を指し慣れている熟練の技。かれこれの陣形の違い、馬と角の働きの違いから得た指しやすさを拡大して横山プロが勝ちきった。

△小林宏(0-0)?▲村中(0-0)
後手小林プロの矢倉超急戦棒銀。個人的にはこだわりのある戦型で研究手が出るかどうか?に注目。(ここまで昼休憩)。
特に新研究があったようにも思えず、こうなるのであれば先手指しやすい気がする。(ここまで夕休憩)。
と思ったら後手の端桂からの攻撃継続がなかなかの手段であり、後手の攻めが続いていた。攻めの強い小林プロが得意な展開。最後まで優勢を維持して、受けた一手が敗着となった模様。一気に攻めきれば小林プロの完勝譜だっただけに悔しいだろう。個人的には棒銀を使うものとして勉強になった序盤・中盤だったが。

▲島本(0-0)?△田中悠(0-0) *千日手により先後入れ替わり
後手が苦労しそう。対戸辺戦でも似たような形をとっていたと思うがこれが得意形なのだろうか。(ここまで昼休憩)。
千日手になっていた。入れ替わりで後手田中の力戦中飛車。定跡系からは外れていると思う。形勢は良くわからないが、飛車先をスムーズに交換できているのは居飛車党としては嬉しい。浮き飛車の損得がわからないが。(ここまで夕休憩)。
最後まで残ったのがこの将棋。大変失礼なことをいえば、どちらも今期苦戦しそうな二人だ。というわけで、ここでの一勝がとても大きい。そういう背景もあって、本格的な戦いが始まるまで時間がかかったのだろう。震えているわけではなく、この戦いの重要性をともに認識していたということ。善悪を超越した戦型だったのでよく分からないのだが、戦いが始まった瞬間、島本プロが斬られていた。


*******************************

終わってみるとどちらが勝ってもおかしくない将棋もあったが全体的には順当な決着だったように思う。個人的にはそろそろ上がって欲しい棋士が何人かいる一方で、新参者の活躍も観てみたい気もする。

また、現在傍流の振り飛車党といえる中村亮プロ、西川プロ、永瀬プロにも注目したい。将棋界のイノベーションはそういう傍流から生じているという意味もあるし、大山将棋の復活、米長邦雄会長をして「嫌なものが出てきたような気がする」といわしめた藤井将棋のように、大山将棋の継承者が誰になるのか?という意味でもある。

過去、C2というと大味な将棋で早く終ることも多かったように思うが、今期は誰でも降級点を取る可能性がある状況なのでいつにもまして真剣味を初戦から感じたような気がするがどうだろう?(或いは単に早指しの棋士が少なかっただけかもしれないが…)。

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 将棋 振り飛車 穴熊 角交換 米長邦雄