序盤巧者 第23期女流王位戦 第3局 ▲甲斐智美ー△里見香奈

里見香奈が勝利し、四冠王になった一局。

後手番で居飛車だと主導権が取りにくいということだろうか、里見香奈は相振り飛車を選択した。奨励会入り前の里見香奈は、明らかに相振り飛車の後手番に弱点を抱えていた。謎のMY定跡のような序盤を好むがゆえに、奨励会経験者である、岩根忍との対戦成績でよくなかった記憶がある。

岩根忍は、奨励会一級から女流入りした棋士であり、その振飛車により男性棋士をしばしば破っている。)

故に序盤に注目していたのだが、作戦負けになったのは、先手の甲斐智美のほうだった。

第23期女流王位戦 第3局 ▲甲斐智美ー△里見香奈

よくわからないのだが、結果論的には、一三手目の▲3三桂が主導権を握れない展開になった遠因のように思われた。現代将棋においてはこの桂馬はなるべく保留される傾向にある。

その後の里見香奈の攻撃態勢の築き方に、なんというか凄みを感じた。居飛車党のような相手の陣形を総攻撃するような陣立ては、昔の里見香奈のそれではなかった。

将棋の本手本道をいくような、守りは金二枚、銀一枚、攻めは飛車角銀桂。それが実現したところでは、プロレベルでは既に勝負有り、という感じだろうか。


残り時間の差、投了図の局面の形勢差を考えると完勝だろう。驚いたのは、局後のインタビューだろう。まったく楽観していないどころか、恐ろしいまでの悲観。

奨励会という世界を渇望しそれを叶えた後の修行の厳しさを伺わせるような一局だった。


ドゾォ ( っ・ω・)っ
いちばん勝てる将棋の本


テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 里見香奈 甲斐智美 岩根忍

第四回大和証券杯女流最強戦 1回戦第1局 ▲岩根忍-△中井広恵

初戦からかなりの好カード。女流居飛車党では清水・中井・矢内の三強というのが現状であり、対する岩根は女流振り飛車党の先頭集団の一人。男性プロを破ったこともある実力者で確か以前は奨励会に在籍し、2級位まで行っていたような記憶がある。

戦型は先手のノーマル三間飛車に後手の中井女流が居飛穴を見せ、後手の居飛穴が完全型になる前に石田流に切り替えた。この戦い方は比較的アマではよくある、というかよくあったように思う。

7筋の歩の交換をし、先手の飛車が引いたところでじっと△7三歩がちょっと勿体無いような、しかし先手の▲7六飛型を争点にしようという意思のある・意味のある手だった。
この歩のもったいなさを知らしめたい先手だったが、じっくりしていると居飛穴を固められるので顔を立てるようだが、攻撃を継続する。備えられている7三の地点を狙う▲4六角。

そこからの数手は居飛穴満足かと思われたのだが、単純に竜を作った後手に対して、47手目5八金左とした局面では先手の陣形がこれぞ振り飛車、という美しいものであり、振り飛車らしく指していけば先手が磐石になるであろう可能性を感じる。

大山康晴名人であればここからどう指しただろうか、という言葉があるが、それを思い出す局面だ。

65手目の局面。後手の銀の撤退と5筋の屈服があり、そして居飛穴の最弱点の一つである△3四の歩がタダで取られている。後手は歩切れ。先手は歩得で手持ちの歩が三枚。玉の堅さは互角か、▲3四銀のおかげでやや先手のほうが堅い。こういう状況の下、後手の中井女流が指したのが△3二金。じっと我慢の一手。とはいえとにかく実戦的で、悪いところが全くない手だ。

続くところも同様の方針でひたすらに先手の攻撃を受け止める体勢を築く。こうなると振り飛車は辛い。棋理としては良いはずだが対穴熊で、藤井システム等のような完全な穴熊シフトからのタコ殴りならばいざ知らず、ちょっと緩めば途端に速度負けする可能性のある中で攻めを正しく続ける必要がある。

そして相手の攻めが実行される瞬間、(もう受けに有効手がないということもあるが)反撃するのが将棋のココロ。前回の大和証券杯でも相当負けの将棋を粘って逆転したものが幾つかあったように記憶している中井女流だが、悪くなってからの逆転の狙い方に百戦錬磨の味がある。

86手目の△5七桂への応手が先手の敗着。普通に同金で何でもなかった。手抜いて攻め合いにしたことにより、穴熊の顔が立って逆転。本当に呆気無く逆転してしまった。

観戦中、後手の銀が6四に後退し、5筋を5二歩と謝った辺りでは、私は「これは振り飛車に勝ってほしい戦いになった。ただし中井女流の居飛穴にこの程度の良さで勝てるのは、男性棋士クラスかもしれないが」というような趣旨のことを呟いた。

そしてまさしくそのような結果となってしまった。多分恐らく、中井女流の居飛穴にこの美濃で勝ちきれるのは、女流には殆ど居ないのだろう。

*********************

先日、美容室で読んだNumberというスポーツ雑誌に、日本のFWにはどちらかと言えば背の低い選手が多い。そのため、日本のDFに長身の選手が育たないので、世界で戦う時に、長身FWがいる外国諸国との戦いで苦戦を強いられる、というような話を読んだ。

これを読んで私が思ったのは、女流将棋における居飛穴の不在だった。居飛車党による居飛穴の暴力がないために、ノーマル振り飛車党にまだ存在の余地を許している。

最近矢内理絵子女流が居飛穴を志向する機会が増えている。また、こういう中井女流の勝ち方をみて女流の居飛車党が更に居飛穴を用いるようになれば、女流将棋における勢力分布も変わる可能性がある。

特に男性プロの将棋においては既に振り飛車の流行のピークは過ぎ、先手石田流・後手ゴキゲン中飛車というローテで勝てているのはごく一部のスペシャリストに限られつつある。

女流においてもそろそろ居飛車党の巻き返しが望まれるところだが、この半歩流行が遅れた世界というのがまた続くという意味において、二本柱を多用する甲斐・里見の天下が続くのかもしれない。


下町流三間飛車―居飛穴攻略の新研究 (振り飛車の真髄)下町流三間飛車―居飛穴攻略の新研究 (振り飛車の真髄)
(2006/04)
小倉 久史

商品詳細を見る

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 将棋 穴熊 石田流 中井広恵 岩根忍 三間飛車 大山康晴 矢内理絵子

イナズマ炸裂 第18期倉敷藤花戦第三局 ▲岩根忍-△里見香奈


最終局にもつれ込んだ第18期倉敷藤花戦。相振りが予想され、過去の対局を見る限りでは先手番を握ったほうが優位に進める可能性が高いと思われ、振り駒が重要とみていたが、果たして、岩根挑戦者が先手となった。

第18期倉敷藤花戦第三局 ▲岩根忍-△里見香奈

後手番となった里見女流だが、どうやらこの指し方がお気に入りのようで、しかし第一局を見る限りではどうなのだろうか。案の定?作戦負けに陥ったことが判明したのが40手目辺り。

飛車をぶん回すのが好きなのはこのタイトル三局を通して見られた里見相振りの特徴か。
先手の岩根女流の片矢倉は予想されたもので、私もリアルタイムでそのように呟いた。なんとなく1・2筋からの攻めが見えないのと、5筋をケアしつつ早めの仕掛けを狙う意味でアリだと思う。

指す手がない後手の里見香奈女流は困った時の穴熊。しかしこれがかなり実戦的で棋理としての良さはあるものの、この構想に対してしかも里見香奈三冠を相手にして先手が勝ちきれるとすれば既にそれはもう女流の力ではないと思う。

そして穴熊を見せられて急かされたように岩根忍女流が開戦した。しかし発端が穴熊から最も遠い、しかも自玉方面である一筋だったのは構想としてどうだっただろうか。

その後すぐに一筋を逆用されて形勢が後手に傾いた。70手目付近では後手がよくなり、84手目の桂打ちが勝利打点の味。88手目の桂馬の成り捨てで、先手が苦労して序盤に作った飛車の横道を後手の飛車がすーっと横に走って勝負アリ。

あとは先手の攻めにオール手抜きで96手目から長手数の即詰に討ち取っての里見香奈女流、三冠保持となる防衛となった。

++++++++++++++++++++++++++++

序盤の作戦負けの辺りではどうやって我慢するのか?と見ていたが、本譜の穴熊里見香奈女流三冠の用意だったようだ。このあたりの構想は如何にも関西の振り飛車党プロ棋士の将棋を勉強しているかが分かる。久保-菅井ラインの雰囲気がある。

岩根忍女流は序盤の指しやすさを自認し、そこからどのように気分良しから模様良し、模様良しから形勢良しに繋げるかと考えていただろう。もしかすると里見香奈三冠の序盤の変わらなさに、何の工夫も用意していないと見たかもしれない(それは私のことだが。何の工夫もせずにまたこの指し方ですか?!と思った)。

しかし、工夫はその先にあったのだった。想定していれば焦らなかったのかもしれないが、あの作戦負け模様が穴熊になった途端にむしろ勝ちやすく見えるというのは、このギャップは大きい。

大内延介プロが「位取りに対抗するために作ったんだ、だから穴熊囲いではなく穴熊戦法なんだ」と言っていたことを思い出させるような序盤の構想だった。

岩根忍女流との対戦成績の互角具合や後手番での作戦などをみて、もしかすると相振りに弱点があるのではないか?と見ていたが、第二局、及び本局の指し回しを見る限りでは良くなってからの勝ち方、切れ味の鋭さに従来の女流将棋にはないものを感じる。

ここから25歳ぐらいまでの精進によっては、本当に男性棋士レベルに到達するのではないだろうか。


相振り飛車の関連書籍

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 将棋 相振り飛車 里見香奈 岩根忍 穴熊

成か不成か 第18期大山名人杯倉敷藤花戦第二局 ▲里見香奈 ? △岩根忍


本局に里見女流が負けると岩根女流の奪取となる。二人とも相振り志向なので本局も相振りとなった。

第18期大山名人杯倉敷藤花戦第二局 ▲里見香奈 ? △岩根忍

相三間飛車だが後手が△5三銀型ということで第一局と同じ思想。男性棋士の相三間飛車の最新型とはことなる思想だ。

先手が美濃、後手が金無双。33手目の▲2六飛の損得は微妙で恐らく損ではないか?という気がする。指しても指さなくても後手が突いた歩である可能性が高いからだ。

46手目の局面。先攻したのは後手だが、攻めの銀が立ち遅れているためにやや仕掛けさせられた、という感じ。58手目の△5七銀成りが勝敗の趨勢を決する一手だったかもしれない。

解説の青野プロはリアルタイムで成りか不成かが運命の分かれ道であることを予言していた。プロでは一目なのかもしれない。銀は不成に好手有り、の格言通りだろうか。

75手目、▲5三桂成りが居飛車党・振り飛車党に関わらず気持ちのよい一着。右四間からの筋でよくあるようなハードパンチとなった。そして77手目に解説の青野プロが懸念していた▲6六飛が実現し、58手目の成りの罪が浮き彫りとなった。

通常は金を渡すと受けにくいものだが、後手の岩根プロが入手できるのが金であるために、5七の地点への打ち込みが甘くなっているという不思議な状況だった。

最終盤は右四間ではないが、味や狙いとしては殆ど同じような具合であり、里見女流は如何にも指し慣れたような万全の指し回しできっちり詰ましきった。終盤の決め方は男性プロと比べても全く遜色がないと感じた。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

これで里見女流三冠はタイに持ち込んだ。本局の中盤以降を見る限りでは里見女流が勝ちそうに思われるが、序盤のやりとりで万全の体勢を築くことが出来るかが重要。先手番を取れれば本局ぐらいの圧勝が期待できるが、後手番でもっさりした指し方をすると二転三転の熱戦になるのではないか。

三冠誕生したばかりなので保持して欲しいというのが、(どちらのファンでもないが)現時点の私の希望だ。


女流名人倉敷藤花里見香奈 好きな道なら楽しく歩け女流名人倉敷藤花里見香奈 好きな道なら楽しく歩け
(2010/07/21)
里見 香奈

商品詳細を見る


本屋で見かけたら必ず手にとって読んで欲しい一冊。カバーを外したりしてみるのもオススメ。

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 将棋 相振り飛車 里見香奈 岩根忍

アイフル! 第18期倉敷藤花戦三番勝負第1局 ▲岩根忍?△里見香奈

ここ最近アイフォンアプリでの携帯中継を楽しんでいるということもあり、携帯中継の感想を書こうかとも思ったのだが、もう少し考えてみる。有料の順位戦速報については毎回書いているし、どの道棋譜を公開するわけでもないので良いだろうとも思うのだが、なんとなくの気分として。

今日は10月21日(この記事が予定通りに22日の朝7時にアップされていれば昨日)行われた倉敷藤花戦の第一局について触れたい。

岩根忍プロは男性プロを公式戦で破ったこともある関西の女流棋士。妊娠出産を間に挟んで戦った対矢内女流とのタイトル戦でもほぼ勝ち、というところまで追い込んだ将棋があったのを覚えている。

対する里見女流は公式・非公式を合わせて男性棋士に勝ちまくっているイチオシの実力者。二人の対戦成績はなんと・・・というと失礼だが、岩根女流が6?4で勝ち越している。

先日の里見女流の対斎田女流戦(大和証券杯での斎田戦というのもあった)で、なんとなく相振り飛車に里見女流の付け入る隙があるのではないか?という気がしたのだが、確か稲葉プロを破ったのは相振りだったはずなのでそんなことはないかもしれない。

第18期倉敷藤花戦三番勝負第1局 ▲岩根忍?△里見香奈

女流の場合、振り飛車党同士の戦いだと相振りが殆ど。相振りというよりもアイフル、という感じ(意味不明)。

ただし本局は序盤の駒組みで里見プロが既に劣勢になっていたように思う。どこが悪いのかは相振りを指さない私としては分からないのだが、序盤早々の△5四歩が緩手の可能性まであるのが現代将棋だと思うがどうか。

相振りを指さない無責任な発言だが、後手番としては▲7五歩には△3五歩での相三間飛車から互角以上に戦えるような展開を研究しておきたい。この△5四歩は現代将棋では対抗型における角道を塞ぐ手に等しいというと大げさだろうか。(大げさですね…)

20手目の△5五歩が天王山の歩だが角道を止めてモッサリ感がある。△5四、5五と二手費やして飛車の横利きを通したという意味あいのほうが強く感じる。後手番でこの二手は勿体無い気がするのだがどうなのだろう?

個人的に敗着とは言わないまでも悪印象だったのが30手目の△8四飛。これを見て思わずツイッター上であらぬ言葉を呟いた気がする…。

その後の手順もやる手がなくて指しているだけ、という雰囲気。△4四歩も次に△4五歩が入ってようやく一人前、という手で先手はありがたい。しかしこの指しやすさが勝利につながるどころか縺れるのが将棋の恐ろしいところ。元々は歩以外に駒の損得が無いということはそういうことなのだろう。

角交換して△7三銀引とした60手目は後手が既に良さそうで、76手目に遂に後手に竜が出来る。ただしここでも駒の損得がないのが重要な点。まだ挽回の余地はあり、そしてそのようにして再度この将棋が逆転するのだった。

79手目の局面。貴方ならどう指しますか?
20101021_iwane.jpg

私レベルの素人であれば、ぱっと浮かぶ筋がある。私レベルは?取る手から考える、?派手な手から考える、?候補手同士での比較はあまりせずに思いついた手を指す、という傾向にある。深みも含みもない将棋。飛車取って8八か3三に飛車を打つ、という手を考えると思う。せいぜいその二択というレベル。

里見プロは悪い将棋を挽回したという自認があり、それゆえに自重したことがこの先手の押し売りの気合を通して差が縮まることとなった。先崎プロ推奨の3三飛車は両取りなのだが、二枚取ることは出来ない。角を取れば自陣に飛車が残るし、金を取れば角が5四の地点になりかえるので▲7四歩?の玉のコビン攻めが怖い。

時間があって、具体的な先手の手順を読みきれば決行したに違いないと思うがぱっと読み切る時間がないために自重したのではないか。しかしやはり手番を渡した罪は大きく、岩根の開き直り攻めが出る。開き直りというのは表現が悪いが、岩根は対矢内などには見せない伸び伸びした指し方だったように思われる反面、里見は逆に相性の悪さを意識したのか、指し手にいつもの切れがなかった。

途中後手が入玉できそうな雰囲気もあったのだが、その展開を里見女流は選ばなかった。普段振り飛車、対抗型か相振りということで入玉経験値が乏しいのだろうか。

私が感心したのは岩根女流の97手目の▲6七歩。銀取りに馬を当てられてその銀を支えるために歩を一つ動かしたわけだが、このあたりのやりとりで、後手の歩を5七の地点に残し続けたのが隠れた勝因だろう。先手の歩使いの上手さと、後手の歩を進める手の無駄が好対照な将棋だった。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

2つ勝てば奪取、という将棋での先勝というのは本当に大きい。しかも相手との対戦成績が良く、相振りにも自信を持っている。何よりも岩根は他の女流トップが持っていないモノ、里見の眩しさに対抗できる、母としての喜びに充ち溢れている。

私は戸辺・渡辺に代表されるような、人生の面倒くさいノルマ(結婚・出産・不動産購入)というものを先にこなしているものが必ず大きく伸びると見ている。おっさん臭い考え方だが、そういうものが培うものが全くないわけではないと思っている。

女流棋士の場合、或いは女性の場合、アラサー近辺で必ず何かしらの岐路に立たされる。どれも一局なわけだが、岩根という女性が選んだ道は、里見の眩しさに怯むところは何一つない。それがぶっちゃけた実力では劣るかもしれないが、一対一のアイフル勝負では奪取の原動力になる可能性は決して少なくはないと思う。

相振り飛車関連書籍リスト

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 将棋 相振り飛車 岩根忍 里見香奈