今日の見所 2/1(木)

2月1日(木曜日)の注目対局は以下の通りです。

順位戦A級 羽生善治vs屋敷伸之
羽生善治 25勝20敗 先勝率0.591 後勝率0.522。
屋敷伸之 4勝13敗 先勝率0.250 後勝率0.200。
レーティング、通算の対戦成績では羽生は圧倒的に優勢だが、過去3戦を見るとなんと!屋敷が2勝1敗と勝ち越している。
今回、羽生の圧倒的有利を覆し、屋敷の勝利があるのか。ここで屋敷が勝つと順位戦はかなり混戦模様になるかもしれない。

順位戦C級2組 梶浦宏孝vs藤井聡太
梶浦宏孝 11勝13敗 先勝率0.455 後勝率0.417。
藤井聡太 45勝11敗 先勝率0.818 後勝率0.794。
2018年白星スタートの梶浦だが、過去の対戦では藤井が勝利している。レーティングでも藤井の方が高く、レーティング通り藤井優勢か。ここで藤井聡太が勝つとC1クラスへの昇級と五段への昇段が決まる。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 屋敷伸之 羽生善治 梶浦宏孝 藤井聡太

今日の見所 1/18(木)

1月18日(木曜日)の注目対局は以下の通りです。

順位戦A級 屋敷伸之vs豊島将之
屋敷伸之 4勝13敗 先勝率0.250 後勝率0.200。
豊島将之 31勝10敗 先勝率0.750 後勝率0.762。
今年、白星でスタートを切った豊島。相手の屋敷とは過去6勝1敗と相性がいい。
今回も豊島優勢は変わらずか。

順位戦B級1組 糸谷哲郎vs斎藤慎太郎
糸谷哲郎 21勝13敗 先勝率0.556 後勝率0.688。
斎藤慎太郎 30勝16敗 先勝率0.750 後勝率0.545。
今期好調の両者。昨年の対戦では2戦して斎藤が2勝している。レーティングでも斎藤がやや高い。
斎藤優勢か。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 屋敷伸之 豊島将之 糸谷哲郎 斎藤慎太郎

今日の見所 12/21(木)

12月21日(木曜日)の注目対局は以下の通りです。

順位戦A級

屋敷伸之vs三浦弘行

屋敷伸之 4勝11敗 先勝率0.300 後勝率0.200。
三浦弘行 13勝10敗 先勝率0.300 後勝率0.769。
今期乗り切れていない屋敷だが直近は連勝中。対する三浦は秋に入り負けが込みだし現在4連敗中。
今期の成績では三浦だが、直近の好調さで屋敷の勝利もあるか。

羽生善治vs稲葉陽
羽生善治 25勝19敗 先勝率0.591 後勝率0.545。
屋敷伸之 15勝15敗 先勝率0.375 後勝率0.545。
史上初の称号、永世七冠を獲得した羽生。過去の対戦でも3勝1敗と勝ち越している。
竜王戦の勢いそのままに羽生が優勢か。羽生はこのまま二敗でゴールすれば最低でもプレーオフの権利を得ることが出来るので頑張って欲しい。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 屋敷伸之 三浦弘行 羽生善治 稲葉陽

穴熊退治のお手本 ▲松尾歩八段vs△藤井聡太四段(第11回朝日杯 二次予選)

午前中に屋敷伸之九段の急戦矢倉を後手番でうまく反撃して破り、公式戦での対A級の初勝利を飾った藤井聡太四段。もちろん非公式戦での成績をみる限り時間の問題とは思っていたが、本番と非公式戦では意味合いが違ってくる。本人もホッとしたところはあったのではないか。

そして迎えたのが実力者松尾歩八段。

▲松尾歩八段vs△藤井聡太四段(第11回朝日杯 二次予選)

またもや藤井聡太が後手番となり、矢倉模様のオープニングから松尾歩八段が飛車を振った。意味合いとしては、後手からの急戦を回避しつつ、実戦的に勝ちやすい穴熊に囲い、対振り飛車であまり性能のよくない囲いを用いる印象のある藤井聡太の持久戦調の将棋にしようということだろうか。

先手の一手分の得をそういう実利に回した印象がある。

お互いに角を捌きあった局面では厳密には棋理としては居飛車側が良さそうな雰囲気はあったが、そうは言っても相手は松尾八段でしかも穴熊。香車で竜を追われると、馬が働いてくるのでどうするのか?と見ていると自陣に引きつけて角と交換になった手で金を引き締め、先手の馬がやや空振る格好となった。そして絶妙なタイミングでの端歩。対抗形におけるこの端歩のタイミングがいつも絶妙で、中盤から終盤への切り替えが見事な一局でした。


それにしても。繰り返しになりますが、あの薄い陣形から互角に捌き合って桂馬三連発で一気に寄せるとは…。一気に寄せ形にもっていくスピード感はまさに将棋界のステフィン・カリーと呼びたい感じ。シュート体勢の作り方、遠くからでも入れてくる終盤力、まさにステフィン・カリーみたいじゃない?

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 藤井聡太 松尾歩 屋敷伸之

今日の見所 12/15(金)

12月15日(金曜日)の注目対局は以下の通りです。

朝日杯将棋オープン戦 二次予選 屋敷伸之vs藤井聡太
屋敷伸之 4勝11敗 先勝率0.300 後勝率0.200。
藤井聡太 42勝8敗 先勝率0.895 後勝率0.806。
12月に入り連勝中の屋敷。最年少タイトルホルダーの記録をもつ。
変わらず好調キープの藤井。初対決の両者、レーティングではほぼ互角。A級棋士との公式戦では今のところ2戦して2敗と振るわない藤井聡太四段だが、そろそろ通用するところを見せて欲しいがどうなる?


順位戦A級 渡辺明vs豊島将之
渡辺明 13勝18敗 先勝率0.571 後勝率0.250。
豊島将之 29勝6敗 先勝率0.778 後勝率0.882。
3連敗中の渡辺。秋口に一時、負けが込みだしたが、再度盛り返している豊島。対戦成績では渡辺が勝ち越しているものの、最近は豊島が連勝している。レーティング通り豊島有利か。或いは竜王位失冠で寧ろ吹っ切れた感もある渡辺の巻き返しがあるか?

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 渡辺明 屋敷伸之 豊島将之 藤井聡太