昨日の携帯中継をみて思うこと。二人の振り飛車党(西尾明vs鈴木大介、野月浩貴vs小倉久史)

昨日の携帯中継は面白かった。居飛車党としては悔しい?気持ちもあるが、二人の振り飛車党がらしい戦い方で共に勝利していた。

鈴木大介プロは後手番で角交換振り飛車を選択。序盤角を投入した西尾明プロが良さそうにみえた。1-3筋で手を作って駒得を果たす。鈴木大介プロは駒得よりも駒の効率を重視する方針で序盤の苦戦を乗り切り、馬を自陣に引きつけ、そして局面をスローダウンさせた。

両者ともに駒得だが3筋の先手の攻め駒が重く、先手が実戦的には大変、という見解だったようだ。

トドメは斬り合いからの一段金で先手西尾明プロの攻め駒の力を弱めて、しかもその残りの攻め駒を素抜きする保険を掛けた局面を作り上げた。

そうしてから、華麗に詰みあげるというまさに鈴木大介らしさ全開の将棋だった。

もう一局は小倉久史プロの三間飛車に先手の野月浩貴プロが居飛車穴熊に。先手が端歩を受けたことがアヤとなり、後手が攻めに攻めまくる。

そうしていても居飛車穴熊が深い、ということが多いが、本局は後手の完勝だった。攻めを決断した小倉プロのコメントにシビれた。

どういうところから攻めを決断したのか?というところを聞いて、コンピュータ将棋が人間を超えるためには、ここを越えなければいけないのだなと思った。

端歩の突き合いがあるから右金の運用が立ち遅れており、攻めが成立するのではないか?という経験に基づいた仮説。そしてそれが実現したのが本局だった。

勿論、先手の野月浩貴プロも単純に不利を受け入れたわけではなく、先に一応狙いの筋・展開があったがそれが通らないほど後手の小倉久史プロの攻めが的確だった。攻め始めてからはずーっと攻めの手だけが続いた印象。野月浩貴プロの玉の遠さを生かした反撃の狙い筋が入らないぐらいの攻めだった。

++++++++++++++++++++++++++;

コンピューター将棋は西尾明vs鈴木大介戦における、3筋の攻め駒の重さと駒得をどのように見るのだろうか。こちらは何となく、先手良しとしてなんやかんやと攻めを繋げてしまう気がする。或いは受けきりを目指すかもしれない。

そして野月浩貴vs小倉久史戦では、小倉プロが決行した攻め筋をどう評価するのだろうか?コンピューター将棋だったら決行しようとしただろうか?それは無いように思う。攻め始めたところからコンピューター将棋に指し継がせたらどうなったか。といえば上手く指したような気もする。

収束していく局面や、人間に対する応手という意味で言うと相当に性能を発揮しそうなコンピューター将棋だが、この日の二つの将棋のような序盤の機微はやはりまだ及ばないということを再確認した気がする。

佐藤慎一プロが昨日更新したブログの中で、「コンピュータ将棋は点の読み、人間は線の読み」というようなことを書いていたが、まさにそういうことなのだろう。

「直感精読」という言葉もあるが、久保利明プロが座右の銘と最近している「前後裁断」という言葉のように、プロの中でも一局面一局面を初めて見るものとしてその場面での最善を常に考えていく、手なりで進めない、というような言葉が語られることもある。

このへんは優劣はつけがたいところではあるが、終盤の詰将棋においてコンピュータ将棋が人間を凌駕したように、いつかこの線の読みにおいてもそうなる日が来るのだろうと思うと、これについては正直私はワクワクしてしまう。

今回の電王戦の結果がどうなるとしても、人工知能的な意味合いでは既に最初の二局をみた限りでは人間の知性に及ばないところと凌駕したところの間の深い谷、については自分なりの理解ができたように思う。ここから先はジャンケン、ではないものの、勝負の側面がより強いというかそこしか無いだろう。

今後、コンピューター将棋が機械学習と評価関数のように新たなブレイクスルーでこの日の小倉久史プロのような決断が出来る日が来るとしたら、それは本当にワクワクするような出来事だと思う。

いつの日か無数の点がつながることで意思のある線を引けるようになる日がくればそれはそれで楽しいと思う。


島研ノート 心の鍛え方島研ノート 心の鍛え方
(2013/03/29)
島 朗

商品詳細を見る
内容紹介
著者は「島研」を主宰し、羽生善治森内俊之佐藤康光という三人の名棋士の成長を十代の時からつぶさに見守ってきた。
著者は語る。「羽生善治という存在を中心として、佐藤康光森内俊之の追いかけ、追いつきそして並走し、また抜きつ抜かれつの、長い戦いの中で見せる棋士の弱さや脆さを、みんなが鍛錬の中で身につけた全人的強さで克服していく過程こそが、私が長年圧巻の思いで見続けている物語なのである」。
トップクラスで戦い続ける三人の、長持ちする驚異的な技術と、それを支える精神構造の秘密がこの一冊に結実している。
将棋ファンはもちろん、ビジネスマンにも参考になる「心の鍛え方」のヒントが満載である。


テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 小倉久史 鈴木大介 西尾明 野月浩貴 森内俊之 電王戦 羽生善治 佐藤康光 佐藤慎一

2010年11月1日?5日の日本将棋連盟モバイル中継の感想

一応日曜日定例にしようと思っていて、遠山編集長からもお許しが出たと理解したので、日本将棋連盟モバイルだけで中継していた将棋の、一場面だけを紹介。(問題があれば止めますのでお申し付けください>将棋連盟)


王位戦予選 ▲渡辺明?△阿部健治郎
写真 (4)

最近では四段昇段後の伸び代が最もあった棋士阿部健治郎プロが、若手の出世頭渡辺明竜王と対戦。戦型は中座飛車となり、後手のアベケンプロが新手を出したのが上記の局面。桂馬の単騎跳ね。この単騎跳ねをみて思い出すのは、第四回朝日オープンの一次予選、アマプロの佐藤慎一プロvs川上岳男アマの将棋だろう。

本局の結論としては後手の攻めが無理筋だったということになるのだと思うが、私レベルであれば初見で見切るのは困難な「無理が通れば道理引っ込む」な奇襲だった。

対する渡辺明竜王は、超一流の証である初見の局面における解析能力の高さを示して貫禄の受け切り。



竜王戦五組昇決 ▲長岡裕也?△小倉久史
写真 (2)

長岡裕也プロの居飛穴に小倉久史プロのノーマル三間飛車。勝ちやすさでいえば先手が圧倒的に勝ちやすいと思われるが、穴熊王子の居飛穴を大山流で屠ったこともある、老舗の三間飛車の技に注目した。

上記の局面は築城後の捌き合いで両者ともに振り飛車がやれるとみていたところ。その後、一手のミスで逆転するわけだが、居飛穴対ノーマル振り飛車がどういう戦いなのか?というのが分かる。



王位戦予選 ▲丸山忠久?△森下卓
写真 (1)

後手の一手損中座飛車に。先手の方針としては竜王戦第一局のように一筋から攻める構想と、逆側から迫るものがあるが本譜は後者。

そして中座飛車に知悉する丸山忠久プロらしい研究が出たのが上記の局面。後手の応手の関係もあると思うが、一筋から行かない先手の方針の中では一番有効と思われる展開だった。(従来のは右翼が無能化していたが本譜は生きた)。


テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 中座飛車 三間飛車 阿部健治郎 渡辺明 丸山忠久 森下卓 長岡裕也 小倉久史