定説への挑戦 第60回NHK杯一回戦第十二局 勝又清和六段vs西尾明五段

定説への挑戦 第60回NHK杯一回戦第十二局 勝又清和六段vs西尾明五段

どちらもツイッターにアカウントを持っている棋士同士の対決。先日のC1の順位戦に引き続いてのツイッタラー対決となった。例によってNHK杯の棋譜再現サイトでの棋譜確認のみです。(ちなみに、このサイトは放映当日の12時5分ぐらいまでには棋譜が上がっているので終了後に見返すのに最適だと思います。)

後手の西尾プロは居飛車党だと思っていたのだが違うのだろうか。四手目でいきなり見せてくれました、後手石田流。これは「佐藤康光の石田流破り」などでも後手良くないと言われており、プロでは殆ど見ない…といいたいが一作日のB2では違う形ではあるものの、石田流が出ていたので何かしら理由があるのかもしれない。

先手の対策は二つあって▲5六歩か、▲2五歩。(▲6八玉もある)。「佐藤康光の石田流破り」では▲2五歩の変化が推奨されている。本譜は、これもある、という▲6八玉だった。

そして九手目の局面、部分的には久保流と呼ばれる、急戦の形に似ているが、違うところは先手なのに居飛車の飛車先が伸びていないこと(その代わり玉が上がっている)、振り飛車が後手なので居玉であることがあるだろうか。居飛車党のアマとしては、是非先手に圧勝してもらいたい将棋だ。でなければ後手番の石田流が蔓延することとなる。

10手目の9四歩はかなり挑発的な一着。馬を作られも怖くないですよ?作りに来ないのですか?という手だ。「語りはロジカル、指し手はラジカル」なプロフェッサー勝又。この挑発に見事に乗って乱戦となった。普通に考えれば先手が馬を作って良いはず。しかし単なる挑発だと思われた後手の端歩突きには意味があった。それは、筋違いに打った角筋を活かしての香車を取る筋。筋違いでは常に狙いになる手ではある。

香車の交換が行われた局面では、素人としての見立てでは相当。序盤で趣向を凝らしたい人間としては後手の意思の通し方に感激した。得た香車を狙いをつけた三筋に据えて、しつこくしつこく迫る。将棋倶楽部24でこういう対戦者がいると萎えるかアツくなることは間違い無い。

49手目の局面は、手番が後手、玉の堅さは難しいが銀冠風味の先手だろうか、駒の損得は後手の香車と歩が先手の金と交換になっていて、ただし先手は馬を作っているのでどちらが良いか難しいところ。後手の要望で、馬角交換を求めたあたり、馬が消えれば後手相当だろうと思ったのだが、交換後に移った手番で指した先手の手は普通だったが厳しかった。

普通に見える手で攻めて先手先手になるというのは相当に指し易いということ。71手目、歩の裏に香車を打ったあたりからは先手が良さそう。居玉の悪さを咎められている。アマとして学ぶべきはプロフェッサー勝又の75手目と77手目だろう。こういう局面では簡単に精算せずに足していく、重く重く重ねて行く、ということだ。先日の女流王位の清水甲斐戦の終盤でもこういう足す手が推奨されていた。

そこからは、居玉のために粘りが利かず、NHK杯ゆえに手数は続いたものの、後手に勝ち目は無かった。今49手目の局面を眺めている。ここで後手に有効な手がなかったかどうか。もし無かったのであれば、意欲的な後手の作戦は無理だったということになる。そしてビール二本で酔った私の頭では、次の▲5五香車が見えるのみで、五〇手目に指すべき後手のては見えなかった。

そして、西尾プロのツイッターでの呟き「最近学んだこと。玉が固いほうが勝ちやすい&後手から積極的に動くのは無理筋になりやすい。今さら何言ってるんだと突っ込まれそうですが(笑)身にしみて感じてる次第です。」というのは恐らく本局のことを言っているのではないか、と勝手に推測した次第。(違っていたらスミマセン)。

勝又清和の関連商品(楽天)
勝又清和の関連商品(amazon)


将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の記事検索

将棋観戦記のランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
6位
アクセスランキングを見る>>