第38期女流名人位戦第4局、里見香奈女流名人が3-1で防衛!

第38期女流名人位戦五番勝負第4局は後手里見香奈女流名人の四間飛車となった。

対する先手の戦型に注目したが、珍しくイビアナだった。これは面白くなった。

序盤の展開は一歩手持ちにした先手は満足だろう。銀冠に組み上げた後手の里見香奈女流名人も、後手振り飛車なのでこんなもんだろうか。

中盤、60手目の指し手は意味不明。たまに清水市代プロが見せるような、強いからこそ指せる手というところもある。

お互い、牽制しあった駆け引きが続き、後手はトーチカ風に。先手は穴熊で7筋に位が張れたので不満なし。後手は攻めてもらうしかないので、ここも先手清水市代ペースだろう。

しかし、感想をみると指しなれてないので手をどこから作るか悩んでいたという。たしかにその雰囲気を感じたのが大駒交換になった局面。

また、その後の飛車を成り帰って切る手もおかしい。一目無さそうな手で、ちょっとひねりすぎた印象がある。それだけ苦心しているということなのだろうか。このへんの手も強すぎるからこそ指せる手、ではあるものの、等価交換で行けば堅陣が生きる、という穴熊将棋らしさは少ない。

と金を作られて、それが金銀と交換になった時点ではほぼ勝負アリ。終盤はまさかの、序盤で生じた7筋の交換までもが裏目に出てしまった。

どちらも精度の高い将棋だったかどうか?はわからない。特に清水市代プロは決着のあるところで初めて穴熊を用いたという戦型選択のところがどうだったか?という気がしなくもない。(当然研究はあったと思われるが)。

里見香奈女流名人は序盤中盤のついて行く思想と、終盤の一気の加速が充実度合いを示しているように思われる。香車の二枚切りのあたりは、女羽生ならぬ女渡辺、というような鋭さだった。

ほぼ圧勝といってもよい、防衛劇で第38期女流名人位戦五番勝負は終わった。

イカガ?(´・ω・`)つ 女流棋士:観る将棋ファン向けのオススメ



関連するタグ 里見香奈 清水市代 女流名人戦 四間飛車 穴熊

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

力か勢いか? 第37期女流名人位戦五番勝負第2局 ▲清水市代-△里見香奈

前記から通算で4連勝中の里見香奈女流名人。なんとなく、羽生善治名人と渡辺明竜王の対決を思い起こさせる出来事だ。

先手番の清水市代プロの序盤の構想に本局も注目した。

第37期女流名人位戦五番勝負第2局 ▲清水市代-△里見香奈


またもや清水市代プロは三手目に▲6八玉を見せるが、里見香奈女流名人はひるまずに△5四歩。これは久保利明二冠が最近これでもやれると示した構想を研究済みであることを示している。

清水市代プロは途中下車型の石田流、角道オープン型の四間飛車と来ることを想定していたのではないか。ごきげん中飛車を回避したつもりがそこにも相手の準備があったことをしり、結局はゴキゲン中飛車に進む。

この序盤の僅かなやりとりが、本局に与えた影響は小さいかもしれないが、今後の二人の戦いにおいては徐々に大きななにかを与えると思う。

先手の清水市代プロは珍しく一般的な定跡、▲3七銀急戦を用いる。ただしその後の▲7七角が少し珍しい手であり、それに里見香奈女流名人が呼応する形で戦いが始まった。

後手は先手の穴熊がないことに満足してシンプルに片美濃。先手は6八金寄りから飛車を5筋に展開して二枚銀での中央制圧を図る。

39手目の▲4五桂が個人的には味が悪いように思われた。まずは銀をぶつけて、△同銀に▲同銀か桂かを考えたいところ。これでは不満と見たのだが、この後の経過を見る限りでは、このあたりではすでに先手が作戦勝ちだった可能性が高く、この桂馬でも先手がやや指せる展開が待っていた。

そういう意味では44手目の△5五同飛!という手はこれしか形勢挽回の余地はないとした勝負手だったのかもしれない。厳密には相当危ない手であり、大盤解説では負ければ敗着という話まで出ていたという情報をツイッター上で頂いた。こういう嗅覚が優れているというのは、将棋世界 2011年 02月号の特集「里見香奈女流三冠」でも語られていた。

48手目にシンプルな桂馬での飛車角両取りがあったがひねった手順を見せたのもその意識があったのかもしれない。ただし歩切れで次の▲6四銀があるので忙しくなった。

本譜の玉側の桂馬を8五に跳ねだした手順はプロや高段者には一目だったようだ。ただしそれで先手が指し易いであろうという見解がツイッター上では多かったように思う。

私は飛車切りからの数手の景気の良さに惚れて後手がいいのだろうと思って読んでいたのだが、読んでみるとなかなか思わしい手順がなく、形勢の容易ならざることに気づいた。
56手目の△3六銀は歩切れを補って悪い手ではないが、これには銀が6四に出られて先手が良さそうに見えたが、清水市代プロはじっと▲6六銀と引いた。

女流棋士の将棋だと途端に威勢がよくなる外野陣ではあるが、駒落ちでも勝てないのが事実であり、当然6四銀も読んだ上での選択だとすると、出れない、出てもよくならないとすれば、ここではそれほど先手が良くないということになり、やはり△5五飛と切った手は効果があったということか。

61手目、飛車が5四の地点に出て3筋か6筋を狙った手に対する62手目の△4四角が良い手だった。私が最初にみえたのは4五銀だったが、それよりもずっと良い。この手で桂馬の活用が見え、遅そうだが確実な手の候補が△4七銀成など増えた。

先手は端を絡めて攻撃を再開するが、後手の応手が的確で、飛車を渡したデメリット(先手からいえばメリット)が出ない状態になった。

88手目、△3三桂が勝利打点の味。先手の飛車が全く働かず、反対に振り飛車の桂馬と角が捌けた瞬間だった。

そこからは見ていて全く不安のない安定的なクロージング技術であり、女流棋界における第一人者であることを盤上で示し、女流名人戦において対清水市代プロ戦で五連勝となった。

++++++++++++++++++++

清水市代プロは女流のAリーグを全勝で上がってきたわけであり、今期も七割勝っており、戦い方にも特に不調を感じさせるものはない。今までの挑戦者が中終盤で頑強な粘りに屈していたのに対し、里見香奈女流名人は序盤の難を中盤の勝負手で挽回し、そこから一気にひっくり返してしまった。

あの飛車切りには勢いを感じ、その後の指し回し、特に優勢になってからの仕留め方に男性プロのような、危なげの無さをみた。

残り3つで三連敗するとは考えにくく、早く甲斐智美二冠との全冠制覇をかけた戦いに突入してほしいと思う。

もしかするとこの二人の戦いにおいてはどちらかが居飛車、特に居飛車穴熊を持つ展開まであるのではないか。

女流三冠 里見香奈扇子「大志」

女流三冠 里見香奈扇子「大志」
価格:1,890円(税込、送料別)





棋書マニアの私として断言しますが、この本は将来絶対に価値が出ると思います。購入された後はカバーも外してご堪能くださいませ。

関連するタグ 里見香奈 清水市代 女流名人戦 羽生善治 渡辺明

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク