新人王、増田康宏四段の将棋を観よう!

増田康宏四段、この前新人王になった、通算成績が七割超えてる、お辞儀星人の森下卓先生のお弟子さんの棋士なんですけど。

この人の将棋、面白いですよ!


見どころはなんといってもその棋風。すごく攻めっ気の強い将棋なんです。

何とか流とかキャッチフレーズとかつきますけど、この人の場合はなんでしょうね?攻めっけ100%とか、野獣流というのがありましたが、さらに過激な感じです。

あと、終盤力が凄い。序盤から様子見っぽい手が少ない将棋で、かつ終盤も詰まし上げるので、すごくみていてスリリングな展開になる。


人間だけど指し回しがもっともコンピュータに近いかもしれない・・・というと昨今の諸々があるので微妙な表現かもしれないですが、人間特有の震える感じが少ない将棋。

プロというか将棋指してお金貰ってることに震えないというか、単純に勝負としてやるなら、木刀とか当身とかじゃなくてしっかり真剣だったりフルコンタクトでやるよね?っていう心意気を感じる将棋。

まあ、若いのでお金の心配とかローンとか、お小遣い制とか、嫁がアヒルツイートするとか、そういう心配がないのもあると思いますが、それだけじゃないカッコよさを感じる。


プロが若くても老獪な指し回しになっているのは、やっぱりそういう指し方が一番負けにくいからだったりしますが、それはプロになるまでに色々修羅場をくぐり抜けることで身についていく。

体中傷だらけなわけです。それでカラダが覚えてる。

でも増田康宏四段の場合は終盤がとにかく凄いので、ボクシングでいえばハードパンチャーなんですよね。そして相手をノックアウトするので、顔がきれいなんです。

ちょうど最近のボクサーでいうと井上尚弥みたいな感じ。


変な負け方、変な打たれ方をしてない将棋。トッププロが若手の頃に魅せる輝きそのものをもってますね。

逆転の仕方とかもものすごいものがあって、佐々木勇気さんのデビュー当初の将棋をみて、背負投げみたいにクルンっと逆転するなあと思ってたんですが。

そういう優雅さではなく、バチコーンと相手をぶん殴ったらその一撃で倒していた…みたいなハードパンチャータイプ。

とにかく勝ちになってからが早くて、勝負に踏み込むところも迷いがなくて、たまにそれで苦戦しちゃうんだけど、ぎりぎりのところでバチコーン!みたいな。

糸谷さんとかはもう、早指しとケレン味しかない、みたいな将棋をデビュー当時は指してましたけど(失礼)、あれとはまた違った面白さがありますね。

順位戦でもしっかり時間を使いつつ、怖い展開に踏み込みまくって最短で勝ち切るのは本当に凄いと思います。苦戦してからの粘りとバチコーンも凄いですが。

というわけで、最近は青嶋さんと増田さんの将棋に注目しています。

石井健太郎、1敗で折り返し!第53回奨励会三段リーグ戦

第53回奨励会三段リーグ戦について少しだけ。

上から以下のとおりです。

8-1で石井健太郎。順位は5位なので後半こけなければかなり有力。

二番手が7-2で三枚堂達也、順位が31位なのでここから負けられても1敗ぐらいではないか。

三敗勢は西田拓也以下五名いる。

あの星野良生三段も3敗ですね・・・超期待したいです。▲5六歩、▲5七玉という序盤を指したらしいですね、最近。惚れました。

期待の増田康宏は6-4.

あがりたての若者でまだ勝ち星に恵まれない感じの人もいますが、まだ若いので来期以降十分巻き返し可能でしょうからここからの奮起に期待します!


ついに7月25日に発売です!

第2回電王戦のすべて第2回電王戦のすべて
(2013/07/25)
不明

商品詳細を見る


関連するタグ 三枚堂達也 石井健太郎 西田拓也 星野良生 増田康宏

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

全勝は谷合廣紀と石井健太郎。第53回奨励会三段リーグ戦

超久しぶりに三段リーグについて書きます。

まずは概況から。参加者は35名。参加者の平均年齢は今暗算しましたが21.1歳ですね。(もちろん嘘です…エクセルに貼りましたw)

次点持ちは、22位の福間健太24歳、5位の石井健太郎20歳、そして前回次点の宮本広志27歳。

最年少は、森下門下の増田康宏三段で15歳。次が16歳で黒田尭之三段。こちらは畠山鎮門下。

最年長は次点持ちの宮本三段。次が知花くらら・・・じゃなくて知花賢三段で26歳。所司門下。この前の名人戦の記録係をやっていましたので、名人戦・順位戦速報に入っている方はその姿を確認できます。なんというか、威風堂々、という貫禄の佇まいでしたね。

そして26日に5・6回戦が行われた結果、タイトルのとおり、谷合廣紀三段と石井健太郎三段が全勝をキープしました。

谷合廣紀さんとは何者か?とおもい検索してみると・・・一番最初に出てきたのはこちらでした。

A級到達 16 谷合廣紀くん(羽生先生に平手で勝った少年)
http://ameblo.jp/xonw/entry-11314165234.html

順位戦データベースの奨励会の成績でみるとこんな感じです。
http://www.ne.jp/asahi/yaston/shogi/syoreikai/3dan/kojin/geneki/193_tani_.htm

三段リーグはここまで指しわけ程度。級位者のときは、3級と1級がやや長いですが、入品以降は初段・二段は一気に開花した感じですね。

三段リーグも3期の足踏みで地力を蓄えて今期爆発中、という感じ。ただし長丁場ですのでまだ油断は禁物ですね。

石井健太郎三段は級位者時代は安定的に勝ってますね。有段者になってからは着実に歩みを進めているような印象です。三段リーグも6割弱勝っているので年齢とあわせて考えるとそのうち上がれるのではないか?という気がしますね。

期待の星?増田康宏三段は4-2です。惜しくも中学生プロは逃しましたが、この昨今の恐ろしいぐらいにレベルの高い奨励会でこのスピードは驚きの一言。三段リーグも壁というよりは順位の差、という感じで2期での勝率も六割超えていますので、今期か来期にはぜひ上がってほしいところです。

基本的には全勝で上がるというケースはほぼないので、この6局の結果だけでは誰が上がるかは全くわかりません。しかし、上記の記事を読むと、谷合廣紀三段にはがぜん興味がわいてきますねー。

長手数の詰将棋作家のプロ、というのはその終盤力を証明しているようなものなので、何かと通りが良い気がしますね。そして右玉というのが気になりますw

関連するタグ 福間健太 石井健太郎 宮本広志 増田康宏 黒田尭之 谷合廣紀 行方尚史

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

千田翔太首位キープ!第52回奨励会三段リーグ戦の結果。里見香奈は・・・

久しぶりに三段リーグなど、奨励会について。

順位表はこちら→http://www.shogi.or.jp/kisen/shourei/sandan/52/index.html

トップは関西大所帯部屋の森信雄門下、千田翔太。残り6局あるが、11-1で順位2位は相当有利。また直近の三段リーグでの実績から言っても、昇段の可能性はかなり高くなった。

二番手は田丸門下の井出隼平。こちらも順位5位、10-2と、負けが少なくスタートの順位が高いという昇段パターンにハマっている。三番手は順位一位の宮本広志。3敗だがここからの負けをどこまで押さえ込めるかで順位の差が効いてくる展開に持ち込めるかどうか。

基本的には、順位戦や三段リーグというのはトコロテン方式である。強いものから順番に抜けていく。多少の運不運はあるものの、腐らずに粛々と精進することで必ず順番にチャンスが巡ってくる。

四番手には谷川浩司門下の都成竜馬がいるが、この辺り四敗勢はレースタイムが掛かった時に、ハナ差の勝負に持ち込めるかどうか?というところ。

こういう接戦で抜けてくる棋士は往生際というか土壇場というかそういう局面での強さを発揮するので棋士としては注目に値するが、そういう展開が来なければいけないという前提条件がある。

順位四位だった増田康宏三段は残念ながら順位を大きく下げそうだ。とはいえ、豊島将之や山崎隆之も三段リーグではこういう不安定さを見せていた気がするので仕方ないだろう。18歳までには上がって欲しいとは思うが。



さて。次に里見香奈初段。関西奨励会の星取表を昨日みると、12-4での昇段の目がありそうだった。ただしこの週末の対局結果が反映されておらず、どうなったのかな?と気になっていたのだが、今みてみると反映されていた。

結果は連敗。この連敗は痛い。仮に連勝だったら二段昇段はかなり確率の高いものとなっていたからだ。これで9-4なのでのこり3連勝が必要となった。しかし今年中には二段になれそうな気がするのだがどうだろうか。

将棋に賭ける情熱は決して冷めることがなさそうなので年齢制限にさえ引っかからなければ、四段になれるのではないか、という気がしている。最近は特にその想いが強くなっていて、周りがそのように認めるようになるとまたすんなりと行けるのではないか。

それは八百長などとは違う、人間の無意識化の選別、というか。ともあれ、女流棋士のなかでは既に無敵状態であることは間違いないので、是非女性初のプロ棋士になってほしいものである。


最近Kindleで本を読んでるのでKindleの無料本を紹介w これはまだ私も読んでいないなあ。

手数将棋手数将棋
(2012/10/04)
関根 金次郎

商品詳細を見る




関連するタグ 千田翔太 井出隼平 宮本広志 都成竜馬 増田康宏 里見香奈 谷川浩司 屋敷伸之

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

最近の将棋についての放談

すごーく、間が開いておりますが相変わらずやや忙しく、書けておりません。。よって以下もかなりの雑感というか雑文です。

第5期マイナビ女子オープン第3局
上田初美が先手で挑戦者の長谷川優貴が後手番で角交換四間飛車に。ただ序盤~中盤で勝負有り、という戦いだった。流石に実力が違った。最近の振り飛車受難を思うと、居飛車党の台頭という意味で、元振飛車党である、上田初美と里見香奈が相振り飛車ではなく居飛車をもって勝ち切ってるのは好ましい流れだろう。

今後はこの二人を中心に女流棋界は回っていきそうだ。


名人戦第三局。これはかなり前の話になってしまうが…。私が第一戦で投入を予想した後手番の急戦矢倉だったが、この展開は正直後手の工夫を見せにくいものであり、延々と先手を持ちたいと思っていた。終盤のあたりで後手に勝ちまであるという話だったが、細かく並べていない私の印象としては先手が勝ちやすい将棋だったということで間違いないと思った。


あとは三段リーグ。期待の増田康宏だが、スタートダッシュには失敗した格好だ。上位に5-0ぐらいのメンツが何人かいるので逆に前半でアジャストして、そこから後半で捲ることができるかどうか?というところだろうか。


追加すると、王位リーグ。牧野vs藤井の藤井四間飛車が絶品だった。これぞ藤井将棋という繊細さと鋭さ。完璧に相手の戦意を喪失させ、中押し。渡辺vs藤井の竜王対決は楽しみ過ぎますね。

羽生善治vs中村太地の、大和証券杯は、羽生善治が貫禄をしめした。この強さは一体何なんでしょうね。80歳ぐらいまでずっとこのぐらい強くてもおかしくないような気がしてきましたよ…。

関連するタグ 増田康宏 羽生善治 渡辺明 里見香奈

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
5位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク