【提案】プロ棋士とコンピュータ将棋の新しい関係【新手一瞬?】

■1.長考派の堀口一史座プロが考慮時間15分で投了?!

5/7に行われた、堀口一史座プロと佐藤和俊プロの対戦はゴキゲン中飛車に超速から新趣向をみせた堀口一史座プロに誤算があり、僅か44手で後手の佐藤和俊プロの勝ちとなりました。堀口一史座プロの消費時間はなんと15分でした。

投了図。44手目。




堀口一史座プロのスタイルとしては、最近の若手では結構普通ではありますが、研究局面まではすらすらと進めて、そこから未知の局面になると思う存分長考をする、というものです。

そういえば堀口一史座プロは記録的長考、たしか3時間近く1手に考えたこともあるので、そういう長考派ともいえる人がこんなに短い時間で投了するというのは両極端で面白いですね。

割とメリハリをつけるタイプですね。繰り返しますが、今の若手では結構多いスタイルですが、堀口一史座プロがこのスタイルを出し始めたときには、それほど評判がよくなかった気がします。

谷川浩司先生だったか羽生善治三冠(でたしか谷川先生)が、将棋世界かなにかで、既存の道のり・手順であっても少しずつ考えられるほうが怖い、凄みを感じる、というようなニュアンスの話をしていました。(長考については、その将棋では無駄になったとしてもいつか役に立つという話も)。

この批判?が堀口一史座プロをズバリと特定して指し示すものだったとは思いませんが、そういう風潮のなかで、いわばメジャー化させたところに堀口一史座プロの存在意義は確かにあったと思います。(過去形なのは特に変な意図はないです・・・終わった棋士だとかそういう意味ではないです)。

しかし、この15分の考慮時間、44手という手数についての批判がもしあってもそれは仕方のないことのように私は考えます。

渡辺明プロも事前研究していた局面がダメで負けにした将棋が前期のA級屋敷戦?であったように記憶していますし、研究には常に付きまとうリスクです。



■2.コンピュータ将棋との新しい関係

ここからは賛否両論あるかと思いますが、その時にコンピュータ将棋と、それを用いて研究の漏れの確認、深掘りのチェックを行う人間パートナーがいるといいのではないか?と思いました。

たとえば、ツツカナというソフト。

たった1台のPCでプロ棋士のトップ30ぐらいの実力を有する船江恒平プロを破ったソフトです。そして第23回のコンピュータ将棋選手権でも決勝リーグに残りました。

このツツカナを開発した一丸貴則さんは現在無職だそうです。(今回の活躍でもしかしたら、開発会社などからオファーがあるかもしれませんが・・・)。

私の妄想として、今後のプロ棋士はもっとプロアスリート的な進化を強いられるであろう・・・というものがあります。

プロ棋士のプロアスリート化、というのはシンプルにはコーチングやトレーナーを抱えてそれらと一緒に二人三脚で棋力を強化・維持し続ける、というもの。

その時に、実戦感覚の維持向上、詰将棋はすでに今のプロ棋士のやり方でもできてると思うのですが、定跡研究において、コンピュータを導入するとすれば。

例えば一丸貴則さん(とツツカナ)と契約する・・・というのはいかがでしょうか。

複数の棋士で、たとえば○門下一同とかで契約を結ぶ。で、特定の指定局面を都度送って解析してもらう。

勿論、プロから観れば頓珍漢な筋も読むとは思いますが、指定局面での深掘り・抜け漏れのチェックなどはかなり容易にできる気がします。どこまでスポンサー効果があるかはわかりませんが、企業協賛なんかもそこに連携できると楽しいですよね。

今回、またポナンザが将棋倶楽部24に登場しており、初日が17-2、2日目が12-0、通算で29-2という状況です(5/8午前中現在)。

その勝率だけではなく、内容にはとても目を惹かれるものがあり、とにかく怯まない将棋、それこそ攻めっ気100%の指し手がとても面白いです。(あわせて渋い好手もさせる)。

また、定跡局面で見せる謎の新手順。意外に難しそうで、30秒だから見切れないだけなのか、あるいは新定跡になりうるのか?というのはかなり興味のあるところ。(ポナンザの24降臨1日目もゴキ中vs超急戦でゴキ中側をもって物凄い手を指してました)。

もし研究パートナーとしてコンピュータ将棋がもっと活用されれば、勝負・興行という側面でも、将棋の解明、真理の追究としての学術研究という意味でも、とても面白くなるような気がします。

同じような将棋はつまらない、ということで独自の作戦を指す棋士がいるのは私はいいことだと思っていますし、とても好きです。中川先生、中田宏樹先生など。

その一方で定跡系の将棋の重要さももちろん理解していて、それがコンピュータ将棋によってさらに急速に掘り下げられる可能性があると思うと、とてもわくわくします。

今でも日進月歩といわれるプロ将棋の研究ですが、それがさらに加速して、新手一生が新手一勝になっただけではなく、新手一瞬になる可能性すらあるのではないかなと。

どうせ研究将棋、定跡将棋が横行?するのであれば、そこまでぜひ行ってほしいと思います。

今学術研究においてコンピュータを使わない分野というのはとても少ないはずですので、DBとしての活用だけではなく、局面分析にも積極的に活用する世界がくる・・・のではないかなと。(すでに行われているんでしょうけど、もっとおおっぴらに。)

そしてその時には、従来の研究手法で高められていたはずの棋力のどこかの部分が細るはずです。

ちょうど力将棋全盛だった時代から定跡将棋主流になって、失われたものがあるように。その時に、その補強にまた別のトレーニング要素が加わり、さらに人間棋士が強くなり、将棋が進化していくととても楽しいだろうな、と思いました。

朝から長々と妄想を書き連ねましたが、以上になります。。



棋士が数学者になる時 千駄ヶ谷市場3棋士が数学者になる時 千駄ヶ谷市場3
(2013/05/23)
先崎 学

商品詳細を見る
内容紹介
私は声を発した。
「詰んでただろ」
木村がきっと私を睨んだ。
「どこでですか」
「香を取るところ」
しばし木村の目が泳いだ。「どこですか」。
投了直後で興奮しており、図が頭の中で作れないのだ。
私はていねいに、先の変化を説明した。ふたりは同時に悲鳴のような声を出した。
(本文より)

特別な才能を持った選ばれた人間が、強いプレッシャーと戦い続けながら一手一手に魂を込め続ける棋士たちの日常。
高度な技術と強い執念がないまぜになった対局室には、今日も新しいドラマが生まれる。
先崎学が将棋そのものというテーマに真正面から挑んだ「千駄ヶ谷市場」シリーズ、ついに最終巻。


関連するタグ 堀口一史座 佐藤和俊 一丸貴則 行方尚史

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

恐るべき一手損研究 第60回NHK杯三回戦第四局 堀口一史座七段vs糸谷哲郎五段

居飛車党同士の戦い。研究家、という印象のある両者だが最近の流行の最先端を知るのは後手の糸谷哲郎五段だろう。

将棋は一手損の角換わり腰掛け銀に進んだ。

2010年12月26日第60回NHK杯三回戦第四局 堀口一史座七段vs糸谷哲郎五段

後手の一手損で一番その手損をプラスに転じる可能性があるのはこの相腰掛け銀。△8五桂の余地があることが大きい…ということになっているが、実は単に跳ねてもやはり最終的には△8六歩と伸びていないことが裏目にでることもある。飛車先不突きではあまりそういうことが無いように思うのだが。

本譜は後手がガチガチに囲い、穴熊を見せたのに対し、先手は右金を飛車のそばに配置し、手損してまで後手の飛車先を伸ばさせようとする構想に出た。後手の糸谷プロは素直に飛車先を伸ばし、そして先攻。

62手目に飛車切りが実行される。自陣が鉄壁で先手陣が薄いので、そして持ち時間の短い将棋なので攻めさえ続けばどうにかなるだろう、という考えだろうか。

歩以外の損得はなく、玉の堅さで上回り、手番を握っているので後手番であることを考えると悪くない展開だろう。66手目、△5七角成りとしたところでは個人的には後手を持ちたい。

先手が反撃の頼みとしているのは二枚の飛車だが、先に馬を二枚作られどちらも攻防、唯一の争点になりうる3三の地点は後手の駒も大量に利いており、為す術がない。

序盤の△1二香まで受けの手として機能しているところを見ると、もしかすると飛車切りぐらいまでは糸谷プロの研究範囲だったのかもしれない。

例によって対局は観ていないのだが、ツイッター上のやりとりから拝見すると、殆ど時間を使っていなかったようだ。殆ど研究通りの展開であり、そこで既によくなっているのであまり考える必要がなかった、という展開だったのではないか。


後手番一手損角換わり戦法 (スーパー将棋講座)後手番一手損角換わり戦法 (スーパー将棋講座)
(2009/08/06)
青野照市

商品詳細を見る


いわゆる創元社の書籍だが、これから一手損を学びたい、という人であれば網羅的に基本的な考えを抑える意味でベストだと思う。

ここに書かれていることを全て理解して、自分なりのアレンジを加えるほうがじつりきという意味においては良いのではないか。手順記憶力に優れた人であれば東大将棋本をオススメしますが。

関連するタグ 糸谷哲郎 堀口一史座 一手損角換わり 腰掛け銀

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

振り飛車党の居飛車 第60回NHK杯二回戦第四局 窪田義行vs堀口一史座

例によって棋譜だけみた。

先手の窪田プロが序盤で端歩を突き、後手番となる。振り飛車党ではたまにみる戦略だが、その中でも窪田プロが最もこの手を見せるように思う。

そこから後手番戦法である3三角戦法ならぬ7七角戦法に進む。

後手の何に反応したのかは分からないが、窪田義行プロが居飛車を明示した。確かに3三角戦法は居飛車でも振り飛車でも指せるものだが、窪田義行プロの居飛車はあまり記憶にない。

窪田プロの構想は腰掛け銀だった。角換わり腰掛け銀と違うのは守りの形。また、序盤の二度の角交換のやりとりでかなり手得している。

アマの角換わり腰掛け銀では本譜のように玉を6八に置いたまま開戦する将棋が割とあるように思うが、プロの将棋において先制のメリットと玉形の弱さがどのように影響するか?が鑑賞点。

先手が先攻したいのであれば、確かに玉をここに置いたままで行くしか無い。ここから何手掛けようが桂馬を跳ねてしまっているのでそれほど堅くならないし、固める過程で割り打ち・角打ちの隙が生じる。

38手目、後手の堀口一プロが穴熊を見せる。穴熊嫌いな私だが、相居飛車で相手に穴熊がなければ、展開によっては遠さを生かした穴熊にすることはやぶさかではない。本譜もそういう意味では後手の穴熊への組み換えは当然だと思う。

穴熊を見せられれば先手は攻めざるを得ない。ただし先手のみ手が進みすぎている問題点が浮き彫りとなった。後手の7三の歩が動いていないこと、先手が4五の位を取っていることにより、攻める場所がないのだった。

4五の位は取ると攻めにくい。角換わりのスペシャリスト、丸山プロなどは4六歩型で▲4五銀とガッチャン銀よろしくぶつける手を見せることはあるぐらいだ。逆に言えば4五の位が後手の穴熊を誘発している意味がある。

先手はひとまず角で後手を牽制するが、攻めるところがない。飛車先を交換しようと角を引いたところで後手の堀口一史座プロが機敏に動いた。

46手目の△3五歩がそれ。先手が角を手放しているので自玉頭方面からの反撃を見せる。続く50手目の△2二玉が私も感心した力強い手。B面攻撃にゴールキーパーもオーバーラップするような雰囲気の手だった。

具体的には本譜のように3三の地点で受け止めることが目的だろう。かくして先手は先攻に失敗し、後手のB面攻撃に反発する形で戦いが進む。攻めてもいつの間にか粘ってる窪田プロらしい展開だろうか。

72手目の局面。
100905_kubota.jpg
手番は先手、玉の堅さも先手、駒割は飛車銀交換で後手の駒得。先手の攻めが続くかどうか?という局面。


特に先手の玉の脇腹が開いているために、●九飛車の両取りでの受けが常にあるため、先手からの攻めが難しい。

88手目の局面では駒の損得は角銀交換で先手がやや駒損であることよりも、(窪田プロらしいが)自玉の守りに殆どの駒が投入され、攻め駒の銀が遊び、まともな攻め駒が飛車しかないということが辛い。

その後も将棋は続くが、後手の入玉を遮るすべがなく、先手の投了となった。


+++++++++++++++++++++++++++++

最近、振り飛車党がそれぞれに居飛車を指す場面が増えたが、振り飛車党の居飛車というのは一種異感覚があり、見ていて面白い。そしてその不思議な感覚というのが、振り飛車のときのその棋士の特徴を表していることが多いように思う。

藤井猛プロの序盤構想とガジガジ攻め、杉本プロの鈍い大金槌のような重量感のある寄せ、横山プロの丁寧な、粘りっこい中盤などが思い浮かぶ。

本譜も窪田プロらしさは出ていたと思うが、その感覚とマッチしない展開だったようだ。ただし3三角戦法を多用する窪田プロだけに、そこからの居飛車というのは今後も見られるように思う。

奇襲戦法全般のお勧め棋書

関連するタグ 将棋 窪田義行 堀口一史座 藤井猛

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

【追々記有り】【追記有り】自殺点 / 後期中原流 / 奈落 第60回NHK杯一回戦第十八局 清水市代女流王将vs堀口一史座七段

NHK杯、女流枠勝ち上がりの清水市代女流が先手で相掛かりとなった。清水市代女流の相掛かりといえば、一頃流行した中原流の3七桂馬や3七銀戦法の印象がある。あの相掛かりは中座飛車のような、奔放さがあって私はとても好きだったが、後手側の対策が進んでもう現れることはない。

本局は清水市代女流が浮き飛車に構えた。正確には知らないが、この相掛かりにおける浮き飛車というのは先手の勝率が悪いはず。簡単にいうと△4四角の筋があって浮き飛車が咎められるという話。逆に先手が引き飛車から後手の浮き飛車を強要してからおもむろに腰掛け銀にして、後手の浮き飛車を咎める、という思想もある。

本譜の見どころは、流れ弾に当たりやすい浮き飛車型を選んだ清水市代女流の攻めの構想と、堀口一史座プロの4四角などの角筋を活かした反撃手段。

相掛かりにはよくある話だが、お互いに相手に角交換して欲しい。しかししてくれない。後手は桂馬を動かさずに右四間から攻めようとした手に対して清水市代女流が指した▲2五飛車が面白い構想だった。後手が八筋に飛車を戻して先手が先制するが、2六より2五のほうが角筋が無いかわりに桂馬当たりになる。

本譜の45手目、すぐに▲3四歩と取り込まずに飛車をひとつ引いたのは△3六歩を気にしたものだろう。確かに桂馬を跳ねて3三に歩をなったとしても相手の駒が三枚利いている地点なので響きは薄そうであり、反対に後手の△3七歩成からの反撃が怖そうだ。

続く▲4八金も反撃に備えた手だが、自分から仕掛けておいて歩損して、二手も守備的な手を指すというのは、特に先手番であることを考えると不思議な手順だと思う。とはいえ、たかが一歩損、後手が大きく形勢をリードしたわけではなかった。

むしろそこからの先手の攻めはかなり好調に見える。後手の60手目の銀打ちはクリンチ的なものであり、後手は苦戦と思ってないにしろ、好調だとは考えていない手。

実はこの感想を書く前に、私がいつもやるように高速で盤面だけを動かしてみたのだが、途中からいきなり先手が負けになっていて驚いた。途中までは好調か?と見ていたのだが、70手目に角が取られることが確定して文字通り負けになっていた。

その理由は恐らく60手目からの10手の中にあると思うのだが、好調に見えた将棋が10手、自分の手だけでいえば5手で負けになるとはなんと恐ろしいゲームなのだろうか。この10手を詳しく見てみると70手目・69手目・68手目はほぼ必然。66手目の角打ちが正着だとすれば、67手目も仕方なさそう(左側が壁で飛車を取られては終わりなので)。

とすれば、3七の地点をケアしていた銀を動かした63手目の▲3五銀が敗着だろう。この手が敗着中の敗着たる所以は、▲3五銀とすることによってのみ、生じる手順が本譜の順だからだ。この63手目以降70手目までの手順に紛れがない。逃げるべき変化が少なすぎる(金の上に飛車を動かす手の代わりに銀を打つぐらいか?)。

▲3五銀はサッカーでいえば自殺点のような味がある。あるいは先手のディフェンダーが3五の地点に飛び出したせいで、敵の右ウィングの選手が一気に3七の地点に斬り込んできて…という具合。

では偉そうに言っておいて正解はわかるのか?と問われれば分かりませんが?と胸を張る私ではあるが、少しだけ考えてみる。初見で60手目を見せられて正解する自信はないが、私は本譜のストーリーを知っているので少なくとも63手目に▲3五銀と指すことだけはない。

清水女流の意図は誰でも分かるようにこの許してください、というクリンチ気味の3六銀を許しません!とすること。その意図は正解だと思う。

だとすれば、この62手目(後手が△7三桂と指した場面)
100801_shimizu.jpg
では二通りの手が考えられる。一つはストレートに▲4四角と出て次に3五の歩を取り切りますよ、という手。もう一つは、一旦▲5五角と出て、△6三金を強要してから、▲4四角とする、あるいは不安定な気もするが5五に角を置いたままで▲3五銀と出るか。

どちらでも先手が良さそうに思える…と思ったが▲4四角では△4七歩が生じるので▲5五角しかないか。

整理すると62手目で△7三桂という上記局面で、「▲5五角、△6三金、▲3五銀」。銀が取られると後手は嫌なので、角換わりによくあるような△5四金と上がって先手の角を虐める。角が7七に逃げると本譜の筋があるから強く取り合う?

「▲5五角、△6三金、▲3五銀」の続きとして「△5四金、▲3六飛、△5五金」という手順。

…いやー、これは自信がない。全然ない。典型的な攻めてるんだか攻めさせられてるんだかわからない展開。趣味の将棋だったら未だしも、この将棋で金稼げと言われるならば、佐川急便でバイトして荷物運びするときに歩くと蹴られる、というレベルの辛さ。

確かにお金は貰えるかもしれないけど、これほど辛い思いして頑張らなくちゃいけないんですか、という。

とはいえ、5五に角出て追われたからといって7七に戻れば本譜の手順が待っている。上記の手順での駒割は▲銀△角で後手、手番が先手、玉形はどっちも壁銀だけど金の位置の違いで先手。

多分少し先手が良いのだと思うけど、後手に5四の地点に馬を作られる順もあるし、かなり先手持って攻めきるのは大変なイメージ。▲7五歩とか通ればまた面白いかもしれないけど、こんな先手持って勝てるのは後期中原先生ぐらいじゃないでしょうか。羽生・佐藤・森内クラスを相掛かりの先手番で手玉に取っていた頃の。

というわけで、清水女流には中原先生の相掛かりの味を見せてもらえたので私は満足できる将棋でした。▲3五銀以下はちょっと可哀想というか、そもそもが一歩踏み外すと谷底、という将棋なので仕方ないと思う。そう、これが相掛かりなのです。


堀口一史座の関連商品(楽天)
堀口一史座の関連商品(amazon)


■追記
ツイッター上で感想や指摘を頂くことがあるのだが、当該感想についても、NHK杯の感想戦における対戦者のやりとりについて、情報をいただいた。toikinoiroさん曰く「感想戦では3五銀は問題なく、6六桂に対して4八金と角を取り合う順ならまだわからなかった、という感じでした。」とのこと。

(ちなみに上記リンク先の文章の前半部分は、私がシャレで作った「将棋観戦記者ったー」という診断ツールで出た記者名のこと。皆さんノリが良くて、上手いこと小ネタを広げてもっと面白いことをやってくれたので驚くとともに感謝感激、という感じでした。このあたりもツイッターの面白さですね。稀に素で強烈な悪意やツライことを言われて凹むこともあるんですが、私は元気ですw)


ちなみにNHK杯の6六桂馬の局面とは以下
100804_simizu.png
ここで市代先生は同歩と取って角を飛車のコビンに先着されてニッチもサッチも、だったのですが角を取れば、78桂馬成り、同玉の局面が、▲銀△金交換でちょっとの手損。手番が後手。玉形が後手、ということでやや悪いもののまだ粘れたということになるのでしょう。

確かにこれであればまだ全然戦えますね。本譜は駒損+手番が相手で急所の攻めが利いて勝負アリ。

toikinoiroさん、ありがとうございます!&いつも詰将棋感覚の呟き楽しみに拝見しております。ぁゃ♪記者の探索も、是非お願いしますw

■追々記
上記追記のコメントを貰った後、更にご指摘いただいたのが以下の二点。

1.▲3五銀という手について、感想戦では一秒も触れられていなかった(正着だった・当然の一手だった)ということ
2.感想戦の最後に角取りに桂馬を打たれた局面で角を5五の地点に逃げて、5三に何を成られても玉が逃げておいて大したことがない。(と言っていたように思われる)。

・・・ということは、普通に▲3五銀でも先手の優位は保たれていた、ということですね。特に5三にどうぞお成りください、という手が利くのであれば、普通に優勢。

詳しく読んでないですが確かに危ないようで寄ってない・寄らない玉なのでもし先手が木村一基プロであれば、居眠りしてても指すような手ですね。。

というわけで、タイトルの自殺点からしてちょっと私の勘違いだったということです。。両者の手を信用しすぎて角を取られた局面よりも前を掘り下げてしまいましたが、掘り下げるべきはまさにその局面だったという・・・。いやー失礼しました。詳しくはNHK将棋テキストをご覧ください!私もいつもそうやって確認しておりますので。。


関連するタグ 将棋 堀口一史座 清水市代 相掛かり 木村一基

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク