第38期女流名人位戦第4局、里見香奈女流名人が3-1で防衛!

第38期女流名人位戦五番勝負第4局は後手里見香奈女流名人の四間飛車となった。

対する先手の戦型に注目したが、珍しくイビアナだった。これは面白くなった。

序盤の展開は一歩手持ちにした先手は満足だろう。銀冠に組み上げた後手の里見香奈女流名人も、後手振り飛車なのでこんなもんだろうか。

中盤、60手目の指し手は意味不明。たまに清水市代プロが見せるような、強いからこそ指せる手というところもある。

お互い、牽制しあった駆け引きが続き、後手はトーチカ風に。先手は穴熊で7筋に位が張れたので不満なし。後手は攻めてもらうしかないので、ここも先手清水市代ペースだろう。

しかし、感想をみると指しなれてないので手をどこから作るか悩んでいたという。たしかにその雰囲気を感じたのが大駒交換になった局面。

また、その後の飛車を成り帰って切る手もおかしい。一目無さそうな手で、ちょっとひねりすぎた印象がある。それだけ苦心しているということなのだろうか。このへんの手も強すぎるからこそ指せる手、ではあるものの、等価交換で行けば堅陣が生きる、という穴熊将棋らしさは少ない。

と金を作られて、それが金銀と交換になった時点ではほぼ勝負アリ。終盤はまさかの、序盤で生じた7筋の交換までもが裏目に出てしまった。

どちらも精度の高い将棋だったかどうか?はわからない。特に清水市代プロは決着のあるところで初めて穴熊を用いたという戦型選択のところがどうだったか?という気がしなくもない。(当然研究はあったと思われるが)。

里見香奈女流名人は序盤中盤のついて行く思想と、終盤の一気の加速が充実度合いを示しているように思われる。香車の二枚切りのあたりは、女羽生ならぬ女渡辺、というような鋭さだった。

ほぼ圧勝といってもよい、防衛劇で第38期女流名人位戦五番勝負は終わった。

イカガ?(´・ω・`)つ 女流棋士:観る将棋ファン向けのオススメ

相穴熊での最終決戦 第52期王位戦第7局 ▲広瀬章人-△羽生善治

最終局は振り駒で広瀬章人王位が先手となった。通常であれば喜ぶところだが、なんせ広瀬王位は後手の勝率がめちゃめちゃ高く、先手番は5割ぐらい(5割弱)という不思議な成績。トッププロで、こういう成績を残したのは、数年前の糸谷哲郎プロぐらいじゃないかと思う。(一手損フィーバーで。というか、糸谷プロはトッププロじゃーいと勝手にファンがアピールしてみました…。)。

四間飛車穴熊出したい広瀬王位に対して、すんなり受けてくれるか?また相振りになるのか?に注目したが、さすがにこの最終局はこれをたたきのめしてから奪取しよう、これで負けたら仕方ない、という両者の思惑が一致した模様。

四間飛車穴熊にとって、先後一手の違いが大きいのか小さいのかは良くわからない。ただ、広瀬章人王位が、先手で勝ててない理由としてはもしかしたら、四間飛車穴熊の投入率にあるのかもしれず。

芸風を広げようと先手では後手の申し出に従って戦型選択しているので、トッププロとの戦いにおいてはやはり経験不足はいなめず、ちょっとつらいのかな?とか思ったが、対戦相手や戦型をみて書いているわけではない。単なる私の勝手な思い込みにすぎない。

封じ手の局面は、まあ私レベルの素人でもたまに見る姿で。とはいえ、全く指す気もしなければ形勢も分からない。

分かることは。5筋の歩を交換したりして、歩の垂らしからの・・・みたいな手が目立つ広瀬穴熊において5筋が延びていないので、6・7筋の歩を活用するんだろうな、ということ。76の歩がその意味で、封じ手の後のすぐの開戦は、後手に△73桂と跳ねさせないうちに戦いになれば、先手の一手を生かせるということなのかもしれない。

ただ、後手は銀を引いて、後手らしくまあ攻めてもらって反撃しますか、どうせ相手も桂香落ちてるし拾いあいましょう、というところか。

正直、相穴熊には一ミリも興味がなく、職業棋士か、トーナメントアマ、或いは勝負としての将棋が好きな人の戦型だと思う。個人的には相手が穴熊ならアンチ穴熊戦法を用い、相手に穴熊がなければ(桂馬とか跳ねてて)、相対的な堅さを目指して穴熊にしたり。って私の話は関係ないですね…。

先手の広瀬王位は封じ手に対して、いきなり仕掛けた。これは用意の仕掛けで対応策が限られるので、それぞれにそれなりのワカレとしての結論を出しているのだろう。それに対して長考する羽生善治二冠。ここでの持ち時間の差が、終盤でどう響いていくのか?にも注目したい。

ぱっと見は備えているところへの攻めなので、どうなのか?というのはあるが、先行出来ていること、7筋に歩を土台としてしつこく攻める筋もありそうなことなどから、先手としての得は生きている気がする。あとは、この戦型における経験値・研究値の違いで勝ちきるかどうか。

(ここまで広瀬王位勝つだろう視点で封じ手局面付近まで)。

+++++++++++++++++++++++++++++

今は翌日の午後。王位は1期で羽生善治に移った。これであっさり三冠返り咲き。第一人者であることを再度アピールした。

私がフォロー・ウォッチしているツイッター上の発言では。この封じ手近辺での先手の仕掛けをみて、既に後手がやり易いのでは?という発言がちらほら見かけられた。個人的にも、飛車角交換を催促する手には驚いたのだが、あの辺の手順は事前の研究だったのだろうか?

最終局で振り穴になることは想定されていたはずで、それ前提で深い研究があるのではないか?と思ったが、違ったのか、或いは羽生先生の応手が想定外だったのか。

ぱっと見で想定外だとすれば、△9二飛だろうか。しかし、もう一枚飛車があるので、これで先手からの攻めをスローダウンして相対的に攻めのスピードで上回りそうな雰囲気はある。とにかく57に馬つくられてぼろっと飛車角交換になった局面の先手の感触が悪い気がするのだが。

中盤の見どころは、後手だけ香車を拾って4一に設置し、一旦9筋に隠居していた飛車を二段ロケットで42に転じた局面か。これで思いっきり先手からの攻めを全て逆用している。

終盤の見どころは、どうだろう、あるのか不明で、普段であれば広瀬将棋が見せるような「まむしのと金」+「自陣鉄壁」を羽生善治(当時)二冠が見せて、圧勝した。最後の決め方、遠見の角もなんだか広瀬王位が指しているような角打ちで、ツイッター上では

広瀬将棋に慣れるのに7番掛かっただけで、結果として羽生さん(だけ)がさらに何かを吸収してしまったような悪寒がする。(後略。後半こそが重要なツイートのような気がするが、省略。)



という発言がそのまま納得できるような、そんな将棋だった。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

これで80ぐらいタイトル獲得しているそうだ。18の間違いか?と英語だったら聞くところ。

通常、これだけ独り勝ちが続くと、やっかみやら、判官びいきの日本人特性でもう少しアンチ羽生が居そうなものだが、羽生さんを嫌いという人をおおっぴらには見たことがない。叩く隙がないというか、のれんに腕押しというか、失言めいたものがない。政治家向き。

普通、七冠間際に婚約→七冠→結婚、とか、これだけガシガシ稼いでいると、やっかみのひとつも出そうなものだ(二回目。重要なことなので二回いいました)。しかし全くない。女性スキャンダルとかもなさそうだ。政治家向き。

ということで、羽生善治三冠には、是非政治家としてこの国を治めていただきたい。将棋連盟会長とかじゃなくて、首相になってもらえませんか?(そっちの会長はスキャンダルが多少あっても愛嬌で許されるので別の人に…)。

将棋棋士と兼業でいいので、お願いします。

しかし、考えれば考えるほどそう思ってきた。小学生ぐらいから注目されている天才棋士というのは、良くも悪くもガキの頃から注目されているので、スキャンダルの起こしようがない。せいぜい、先崎学や田村康介の小学生でタバコ・パチンコ・麻雀などなどぐらいだろう。

勿論悪いことではあるが、「小学生の」とつくとなんだか頬が緩む。許したくなる。政治家向き。

今から政治家になって、ハニートラップに掛かって秘書とテレフォンなんとかに勤しんだ…とかいうことにもなるまい。なんなら先崎学首相でもいいよ。ダメか。


・・・と羽生善治アゲに終始しましたが、広瀬章人プロでいえば。たぶん、才能はピカイチなので、裏芸としての四間飛車アナグマはそのまま磨きつつも、先後ともに別の必殺技をメインにして、まず先手勝率を7割ぐらいまであげてもらいたいです(無茶なお願い)。

これもツイッター上のどなたかの発言だったが、羽生世代以降でタイトルを取った人間はわずかに6名ぐらいしか居ないらしいので、今後の棋界を担う逸材として、さらなる成長を期待しております。


広瀬流四間飛車穴熊勝局集広瀬流四間飛車穴熊勝局集
(2011/04/13)
広瀬 章人

商品詳細を見る



今後はこれを裏芸に、さらに進化するとみていますが、さて。

伝家の宝刀…が通用するか? 第52期王位戦第5局 ▲羽生善治-△広瀬章人




2-2で迎えた第五局。残り3つの3番勝負となっての初戦は広瀬王位が後手番となった。第七局が振り駒であることから、最後の後手番かもしれず、この戦型を予想した人が殆どではないか。

序盤の手順も両者想定しているであろう展開。広瀬王位は金の運用を後回しにして、5筋の歩を交換することを目指した。そこで▲1六歩が羽生善治二冠の工夫。一目ゆるく映るが、この後の展開をみると、研究であることが分かる。

後手としてはお付き合いすることも考えられるがあまり得がないので、普通は金を寄せるところだろう。そこで、居飛車が仕掛ける。本譜の展開になったときに、一手パスのように見えた端歩が、飛車のこびんをあけずに5筋からの開戦を防ぎ、2筋での戦いにおいて端桂を作り、そして金が寄ったことにより馬が作れる、という良い事づくしだった。

馬を作ったところでは、先手が多分良さそう。角金交換で、金を持った方がよいケースがある穴熊戦ではあるが、先手の角銀交換には驚いた。しかし、広瀬穴熊の独特の距離感をだしているのは角なので、その角をいじめる方針という意味で、相手を見切る羽生将棋の本質が出ているように思う。(対深浦戦のシフト・・・というと大げさだが、指しまわし等)。

封じ手は、▲3三ときん、という手は、王者の手だと思う。直接的な成り銀を入り込むのではなく、じっとと金の活用。飛車の成り込みもあって、まさに王道だろう。せせこましさがない。(ちなみに私の第一感は、▲4三成銀です…)

そうやって、じっくりと間違いのない歩みで相手に攻めさせて(かつ角を活用させずに)、それを余しに行ってから勝つ、というのが対広瀬穴熊における羽生善治の答えなのだろうか。

・・・と羽生善治勝つ前提で書いていると、いつのまにやら後手振り飛車必勝にみえる・・・。どうしてこうなった?

やはり3三と金の封じ手が悠長すぎたのだろうか?(感想戦の話では、封じ手が敗着とのこと)。

終盤の組み立てはさすがの穴熊感覚。羽生善治二冠を相手にして、時間を大量に余しての勝利となった。


最後に勝又プロのツイッターの呟きを紹介して終わりにしたい。


居飛車対振り飛車相穴熊戦(穴熊への組み替え含む)での羽生居飛車穴熊の勝率。羽生先手のとき18勝1敗(負けは平成14年棋聖戦の久保戦)。羽生後手のとき8勝1敗(負けは昨年の広瀬との王位挑戦者決定戦)。 広瀬は相穴で羽生に2勝目をあげた初めての棋士に。なんかいろいろすごい。

http://twitter.com/#!/katsumata/status/106334613768646656




角銀交換からの先手の攻めが鋭いと思われたが、やはり駒損の攻めで良くするのは羽生善治をもってしても難しいということだろうか。封じ手が敗着というあたりに駒損将棋の難しさが出ている。駒損で得た形勢の良さは少しのことでくつがえりやすいのだなと再認識した。


広瀬流四間飛車穴熊勝局集広瀬流四間飛車穴熊勝局集
(2011/04/13)
広瀬 章人

商品詳細を見る

四間飛車穴熊の急所 (最強将棋21)四間飛車穴熊の急所 (最強将棋21)
(2011/04)
広瀬 章人

商品詳細を見る

第四回 大和証券杯女流最強戦 ▲室田伊緒-△中井広恵

1月23日の日曜日の夜のひとときを楽しませてくれたこの対局。室田伊緒女流が四間飛車に構え、後手の中井広恵女流が居飛穴を目指す、という普通の展開。中井広恵プロは女流棋士のなかでもっとも居飛穴を自然に着こなす。

本局も序盤の陣立てとしては違和感が全くない。対する室田伊緒プロは(そういえばとちぎ将棋まつりで、筆を持つ立ち居振る舞いの美しさに見とれたことを思い出す。字も素晴らしいものだった)、立石流とは少し異なるが、90年代に流行ったような記憶がある形に。軽く軽く軽く行きたい形だ。

しかし将棋は46手目に馬が出来たところで終わったかもしれない。実戦的なアヤはその後もあるはずだが、振り飛車としての主張点があまりない、粘り甲斐のない展開になった。

以下に左側の駒とはいえ、ぼろっと香車を取られてその後に蓋をする展開で、早く動ける何か、がないのであれば辛いと思う。よくも悪くも45手目は7七歩しかなかったかもしれない。

72手目の△3四馬で実戦的にも負けのない形に。この両者の対局は確か前回の大和証券杯でも見たように記憶している。その時は室田伊緒プロが序盤から終盤までリードして、中井広恵プロの悪力で捲られた…という展開。

そういう終盤力の違いがあるので、やはり序盤でのリードがほしい。すると里見・甲斐ラインのような最新型の振り飛車が必要なのだろう。特に中井広恵プロのような居飛穴使いを相手にする場合は。



振り飛車奇襲戦法〈1〉石田流・奇襲中飛車・立石流 (将棋必勝シリーズ)振り飛車奇襲戦法〈1〉石田流・奇襲中飛車・立石流 (将棋必勝シリーズ)
(2001/10)
小林 健二

商品詳細を見る


創元社シリーズは多分三〇年ぐらいはこの形を維持していますよね。中の担当者とかはどういう風になっているのか少し気になります。

エンジンかからず / 中飛車版藤井システム 第69期A級順位戦3回戦 ▲谷川浩司(2-0)?△藤井猛(0-2)

今期、王座戦の挑戦を決めている藤井猛だが、A級では激戦だった初戦の久保戦を落し、二戦目の対郷田戦では良いところなく破れ、連敗スタート。反対に谷川プロはどちらも負けまであるきわどい戦いを勝利しての連勝。特に三浦戦は終盤、週刊将棋によるとかなり危ない局面があったようだった。

振り飛車党で、ゴキゲンを指さないとなるとどこまで行っても、どういう戦型を用いるか?ということになるが、前期は藤井プロのゴキゲンに谷川プロが超急戦を選択し、既に結論が出ている局面に谷川プロが飛び込み、藤井プロが勝ち切っている。

本局はどうなるか。

私の中でなんとなくダブるのが、深浦プロのここ最近の展開、順位戦では奮わず、タイトル戦では惨敗というもの。

居飛車党の私からみても、魅力ある将棋を指す藤井プロだが、後手番戦術について、とても困った状態になっているように思われるのだった。

本局においてその不安を払拭し、王座戦では先手番で対羽生戦では初披露となるはずの矢倉で撃破し、次なる後手番を安心して迎えて欲しいと思う。(ここまで前日の17時半)。

藤井プロよりも順位が下が渡辺竜王、久保二冠。シノギの相方の弘行は順位1位。仮にこの将棋にやぶれると3戦終わった段階で白星なしは藤井プロだけとなってしまい、順位関係からすると、ほぼ逆当確まである。勝つしかない勝負だ。

第69期A級順位戦3回戦 ▲谷川浩司(2-0)?△藤井猛(0-2)

将棋は後手藤井システムとなった。王座戦を踏まえてのものなのか、或いは対谷川戦ということでなのか。

後手番に四間飛車穴熊を用いた場合、あわよくば千日手・・・というコースもありそうだが、こと藤井システムの場合は意図的な千日手は難しそうだ。となると、勝ちに行くしかないが、今の後手番藤井システムは端歩を突き越せない。

突き越す手すら省略しての攻撃態勢の構築である。苦労して苦労して、居飛車の攻め手順をみて、それに対応して陣形を変化させていく。その末にあるのが、先手の先攻という世界。

本譜も端歩を一つしか突いていないが、玉が7一の安全地帯に収まることが出来ずに挟撃を築かれたあたりでは、先手が良さそう。ただし、先手の銀を投入させた意味もあり、先手がもつれれば、後手の藤井プロにもチャンスはあるだろう。(ここまでリアルタイム)。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

今は翌日の朝。結果は藤井プロの三連敗となった。

手順として振り返ると、昨日見ていた局面で既に・流石に先手が良かったようだ。プロレベルでは43手目の2四歩が勝利打点の味だろうか。アマ級位者の頃には振り飛車を相手にして8二に角を打ち込んでどや!…と思ったら何故か負けている、ということがあったが、▲8二銀を動かさないのが良い手だった。この一手に対して、後手は端歩と9二香を費やしているのでそれだけでもお得感がある。

本譜は45手目▲2六飛車という手のお陰で後手の勝負手△4四角が生じたが、それでも形勢をひっくり返すには至らなかった。59手目までの手順も部分的には対抗形の急戦調では常套句となっている。謙遜としてのそれでも難しいという谷川先生の感想があったが、そして確かにアマレベルでは銀が遊ぶので緩むと危ないだろうが、65手目の時点ではザ・角得。

69手目に▲3四角と打って得た一手で、遊んでいる銀を優雅に立て直しては勝負があった。ガジりたくてもガジれず、逆に8二の地点には後手玉のお尻かじり虫が待ち受けている。

本局は後手の完敗だろう。王座戦の試運転のつもりが、この車がレモンであることが確認されただけだった。

やはり私の希望としては後手番ゴキゲンか、例の王座戦の予選対井上戦でみせた「藤井システム中飛車バージョン」を試してみる!と無責任に思うのだがどうだろうか?

勝ち負けにかかわらず、盛り上がること必至です。

藤井猛の定跡本リスト

将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の記事検索

将棋観戦記のランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
6位
アクセスランキングを見る>>