及川拓馬五段と上田初美女流三段が入籍(米長邦雄の祝辞の思い出)

及川拓馬五段と上田初美女流三段が入籍

棋士の及川拓馬五段(26歳)と上田初美女流三段(24歳)が、6月17日(月)に入籍いたしました。
 尚、対局は引き続き上田初美の名前で行います。




おめでとうございます~!

上田初美さんといえば、思い出すのが女王就位式かな?の時のことです。

ちょうど夏の暑い頃だったと思いますが偶然にも私も出席させていただく機会がありました。

鰻支部の方々に上田初美さんがお礼されていたことを覚えています。

その祝辞の際に、まだ健康そうだった米長邦雄当時会長のコメントのなかで「愛の力」という言葉が繰り返されていました。

米長邦雄の人柄とその喋りの巧さを覚えてる方には分かってもらえると思うのですが、セクハラスレスレかもしれないが、とても場を和ませる、当人も当惑しつつも微笑ましく眺めるような、名調子でした。

・・・とここまで書いて、その時の相手が及川拓馬さんじゃないという可能性がないわけではないということに気づきましたが、多分その当時から愛を育まれていたのではないかな・・・と思います。

あとでツイッターでご本人に聞いてみようかな?

でも、上田初美さんといえば穴熊、ハッチを閉めるという言葉は上田さんの愛称のハッチから来ている…という嘘を流そうとしていたぐらいの振り穴党でしたが、それが一気にレパートリーを増やしてタイトル奪取したのは記憶に新しいところです。

その棋風改造に一役買っていたのが、及川拓馬プロで、二人三脚で上田初美プロ本来の力を開花させて、その本来の実力でもぎ取ったタイトルだったように思います。

先日、甲斐智美さんも奪取して復冠しましたし、ぜひ上田初美さんにもこれからも何度もタイトルの舞台に上がってもらえることを期待しています。

及川拓馬プロと言えば、このブログの熱心な読者の方は覚えてる方もいると思いますが、私が一押しのイケメンのなかの1人です。その人柄の良さは風貌にも現れていますが、それを確信したのは、れいの人狼の時でした。

人狼でナイト(騎士)役をやったんですが、これがなんというかはまり役。ミドルネーム「ナイト」の称号を得た瞬間でした。及川ナイト拓馬。今後はこのように呼んであげてください。

ナイツ及川、だと「やほーの」・・・のほうになっちゃうので、ミドルネームのほうがいいのではないでしょうか。


あとは、比較的若い人二人の結婚になりますが、大変近所のおばちゃん的なことを失礼ながらに申してしまいますが、どうせ結婚したのであれば、子供は早いほうがいいと思います。

子供については文字通り、案ずるより産むが易し、でございます。

戸辺家に追いつけ、中座家を追い越せ、を合言葉にぜひ頑張って貰いたいところです。

及川さん、上田さん、このたびは本当におめでとうございます~!



関連するタグ 及川拓馬 上田初美 米長邦雄

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

伊奈川愛菓への称賛と崇拝 「将棋棋士人狼」第2弾@ニコ生

いやー面白かったですね…。以下、多分にネタバレを含みますのでタイムシフト視聴の方はご注意ください。

【将棋電王戦記念】将棋棋士の人狼2~伝説の企画再び~を観ました。

参加棋士は以下のとおり。

中田功七段、村中秀史六段、大平武洋五段、及川拓馬五段、伊藤真吾四段、門倉啓太四段、藤田綾女流初段、
安食総子女流初段、井道千尋女流初段、貞升南女流初段、伊奈川愛菓女流1級

いやー面白かったですよ…。

まず前回登場メンバーは前回の流れをくむ感じでした。鋭さでいうと中田功七段、村中秀史六段の二人は群を抜いていました。女子陣では藤田綾さんは狼になった時の牙の切れ味が素晴らしい。安食総子さんの市民になった時の女の感的狼検知能力が凄いw

門倉啓太プロと及川拓馬プロは善良ですがやや女性陣の強さに比べると頼りないかな?w 特に門倉啓太プロが人狼になった時の言動がおかしかったですね。あれは絶対に浮気しちゃ駄目なタイプです。すぐに彼女・奥さんにバレますねw

意外に良かったのが大平武洋プロ。普段の寡黙さが上手く活かされていたというか、浮ついたところがないので読みにくかったですね。様子のおかしさから読まれることもなければ、論理矛盾がでないので大丈夫、という。

伊藤真吾さんは普段のスベリ芸のせいか、安定の初日吊られが素敵でした。初手▲7六イトシンというコメントが画面に流れて噴きましたwww

女性陣では井道千尋さんが言動の強めなところがやや無駄に狙われるところがあって、ノーマル市民プレイっぽくない感じになったのが敗因でしょう。終わった時の感想でこんなに狙われるんだなってのがありましたが、ちょっと緊張感がキツさに繋がったのであれがなくなると良いのかも?と思いました。

今回のクライマックス・見所はなんといっても貞升南女流初段と伊奈川愛菓女流1級ですね。伊奈川愛菓さんは人狼経験者だけあってゲームを引っ張ります。しかもクールビューティというか冷静な様子で人狼に回っても市民側に回っても素晴らしい。

ニコ生やTwitter上では彼女に対する称賛と、そしてなぜか崇拝の言葉が並びました。私もその1人ですが…一気にファンになりましたね…どういう人なのか、あとでウィキペディアで調べたいと思います。殆ど変態ですね…すいません…。しかし凄く可愛かった、いや美しかったです、世が世なら親子ほどの年齢の差なのに崇め奉りたい!><

…。

まあ、Twitterでほら、ニコ生鑑賞を盛り上げるためにですね、まあ言っただけですけどね…(取り繕い)。

そして第三ゲーム、役職伏せてニコ生視聴者も推理したんですが、このゲームが神展開でした。第二ゲームも神展開でしたが、こちらもすごかった。

このゲームの主役はなんといっても貞升南女流初段ですね。ちょっと通常プレイでのボロボロさが安定の迷走っぷりだったのですが、この人は狂人(多重人格者)プレイが向いてますねーとTwitterに書いていたのですが、その性能が最大限に発揮されました。

こういう、リアル狂人プレイな人っているんですよね。天然狂人。それがぴったりと役柄にはまっていました。最初の読み通りの人狼二名だったのですが、貞升南女流初段の狂人プレイの巧さ?天然さ?で完璧に読みが狂いました。

そして、あの伊奈川愛菓さえも吊るし対象に貶められるという素晴らしい狂人プレイでした。まあ、伊奈川愛菓さんの吊るされる時の、遺言がまた萌えたわけですが…。

中田功さんが完璧にそのコンピュータを狂わされた貞升南さんの狂人プレイは本当に観ものです。第三ゲーム最後の夜は本当になかなかみたことない告白が繰り広げられます。

いやー本当に面白かったです。第三弾も早くみたいです。毎週やらないかな?w


人狼村からの脱出 狼を見つけないと、殺される (脱出ゲームブック)人狼村からの脱出 狼を見つけないと、殺される (脱出ゲームブック)
(2012/05/25)
SCRAP

商品詳細を見る



関連するタグ 中田功 村中秀史 大平武洋 及川拓馬 伊藤真吾 門倉啓太 藤田綾 安食総子 人狼 伊奈川愛菓

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

勝者未だゼロ。【電王戦記念】人類vs最強将棋ソフト 勝てたら100万円![1日目]

【電王戦記念】人類vs最強将棋ソフト 勝てたら100万円!ニコニコ本社で誰でもトライアルマッチ[1日目]


将棋ソフトと対戦、勝者なし 賞金100万円おあずけ

タイムシフト視聴はまだ松本博文さんの回しか見てないですが、結論としては勝者無しでした。

しかし。

松本博文さんのブログ、アンチコンピュータ戦略(24)を見ると…なんと、あの終盤においても勝ち筋があったのでした。

これはアツい。狙った作戦がハマって終盤でも勝ちがあったとは。確かにするする逃げられそうな印象があるので見逃しがちな手順ですが、そういう感覚がないはずのコンピュータも述べられているような理由で見逃してたんですね。

ちょっと人間同士のようなエピソードですね。。


ナイト及川、が愛称になりそうな、元々私はイケメン度としては中村太地プロとともにオススメしている及川拓馬プロによる新作。矢倉は急戦に限ります。特にアマ三段ぐらいまでは。

すぐ勝てる!急戦矢倉 (マイナビ将棋BOOKS)すぐ勝てる!急戦矢倉 (マイナビ将棋BOOKS)
(2013/02/23)
及川 拓馬

商品詳細を見る


関連するタグ 松本博文 GPS将棋 及川拓馬 GPS将棋 ポナンザ 電王戦

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

ゴキゲン老舗の味 第60回NHK杯一回戦第九局 ▲及川拓馬四段vs△近藤正和六段

2010年05月30日第60回NHK杯一回戦第九局 ▲及川拓馬四段vs△近藤正和六段

ゴキゲン中飛車の老舗、近藤プロと、新鋭の及川四段の対戦。及川プロの棋風は正統派の居飛車、という印象があるが、それほど過去の将棋を細かく覚えるほどには知らない。

先手の作戦に注目したが、後手からの5筋の突っ掛けに乗って盛り上がるというものだった。ただし私はこの先手の指し方で勝つ気は全くしない。何が具体的に悪いかというと特に悪いところは無いと思うのだが、こういう模様をはる将棋で捌く振り飛車との戦いに臨むのは苦労が絶えないといえばいいだろうか。

これであれば棋理では損だとしても実戦的には穴熊のほうが未だマシ、という感じ。ただし、具体的に居飛車が悪くなる手順があるわけではなく、一定水準以上の棋力を持った人であれば指しこなせるという意味でプロらしい。

近藤プロに関する私の印象は、細かく丁寧に勝つ時と、恐らくは仕方無しなのだろうが、割と暴発気味にいく将棋の二つがある、というもの。本局はどちらの顔が出るか?に注目して鑑賞した。

47手目の端角97角の意味は何だろうか。63に無条件で金がこられると面白くないので角の睨み(成り込み)を見せて牽制したということだろうか。私は対振り飛車右玉を用いるのでこの端角はよく用いるのだが、自分の玉が78にいるときにやるのは非常手段というか、あまり好まない。加藤一二三九段がたまに使っていたように記憶するが・・・。

しかも振り飛車が1歩持っていると右玉の時でも成立しない(部分的には成り駒をつくられてしまう)ことがあるぐらいなので、すでに作戦負けを自覚しての端角だったかもしれない。

先手は角を切ってからの猛攻を仕掛ける。65手目の局面では後手の金銀と先手の角桂が交換になっている。このやりとりの損得勘定は難しいが、端の取り込みと、手番が後手であることから後手がやりやすいのではないか。

手番を得た後手近藤の淀みのない攻めで79手目の局面では後手の銀が角に変わっているので、後手の駒得。しかも手番はまたもや後手にある。82手目の局面で飛車の成り込みが確定した時点では後手優勢。

ここから必死に先手は攻めるが、良さを自覚している後手近藤プロの、年季の入った受けが素晴らしかった。私も受けは好きな方だが、駄目な順が常に水面下にあるようなインチキな受けであり、本局の近藤六段の指し回しはこれぞプロの振り飛車党、ゴキゲン老舗の味、というもの。

振り飛車党,特にゴキゲン党なのであれば、正座して毎朝三回並べるべきというぐらいに美しい指し回しだったと思う。投了図は見るも無残な、という居飛車側の姿と相成った。及川プロは特に勝率が低い棋士ではなく、この放送用の対局の後と思われる、5月18日(どっちが先だったのだろう?)の対局であの広瀬プロのゴキゲンを破っているわけで、この日用いた戦法が悪かったのではないか?と私は思ってしまう。



マイコミ将棋BOOKS 遠山流中飛車持久戦ガイドマイコミ将棋BOOKS 遠山流中飛車持久戦ガイド
(2009/11/17)
遠山 雄亮

商品詳細を見る


ゴキゲン側でも対ゴキゲンでも持久戦志向ならばこの本はマストバイ、です。アマゾンではあと4冊の在庫となっていますので気になっている方は是非お早めに。

関連するタグ 及川拓馬 近藤正和 NHK杯 ゴキゲン中飛車 加藤一二三

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
5位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク