大人のための将棋講座:第3章 効率的な将棋の勉強法(11)

大人のための将棋講座:第3章 効率的な将棋の勉強法(11)

しつこく一度タイプを振り返り。代表的なプロ棋士を今度は昔の大棋士で表現してみますね☆

1.序盤型×定跡型:学者タイプ・・・中原誠
2.終盤型×力戦型:野武士タイプ・・・米長邦雄
3.終盤型×定跡型:アスリートタイプ・・・大山康晴
4.序盤型×力戦型:芸術家タイプ・・・升田幸三

こんなかんじです。異論は認めます・・・が議論は勘弁してください!><

さて。それぞれ初段に至るまでの時間はどのぐらいでしょうか?想定される学習時間を書いてみますね。まあ適当なので鵜呑みにされると困りますが&ご意見いただければ加筆修正します(^^)

1.序盤型×定跡型:学者タイプ・・・必要勉強時間:1000時間。
選択する作戦の幅にもよるが、もしかすると一番時間が掛かるのがこのタイプかもしれません。序盤の耳年増というか、最初の30手ぐらいはプロも真っ青なのですが、駒がぶつかり合ってから弱いのがこのタイプの特徴。

あとは学歴というか頭の良さというかお勉強のでき具合というか。そういうのと上達に正の相関があるのがこのタイプですね。ちなみに1000時間あると簿記1級とか英検1級とか、そこそこの資格が取れますよ☆

そういうところとの比較というか、それぐらいの費用対効果というか、いろいろ考えたほうがいいかもしれません…。「将棋をすると頭がよくなる」ではなく、「将棋が上達する人は頭が良い」という可能性。


中原誠名局集中原誠名局集
(2011/02/23)
中原 誠

商品詳細を見る

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 中原誠 米長邦雄 大山康晴 升田幸三 行方尚史