将棋ソフトに関する片上千田論争?

論争というと煽りすぎですがw

片上さんのブログ内容に対して、千田さんからのリアクションがありました。観る将の方々はおそらく既に知っている話と思いますが備忘録として。

以下長いですが片上さんのブログからの引用。

http://shogi-daichan.com/2017/12/11/将棋世界-3/
千田六段や増田四段の説明は、うまく急所をとらえていて解説者視点でも、参考になりました。ただ彼らは、人間の棋譜は並べないそうで、これからそういう発言をする棋士が増えてくるのかと思うと、正直言ってちょっと心配です。何せ我々は、その自分たちの棋譜を売って(スポンサードしてもらって、観てもらって)生きているわけなので。自分たちの世界の大切な商品ですから、棋士ひとりひとりが、その価値を高める発言を心掛けるべきと個人的には思います。

いっぽうで、強くなりたいという純粋な気持ちは大切だと思いますし、棋力を高めるためにプロの将棋の必要性が相対的に下がっている、という事実も直視しないといけません。僕はこのことには単なる強さとか勝ち負け以上に悩んでいて、プロがコンピュータ将棋を最終目標にしてどうするの?という気持ちはこうなったいまでも非常に強くあります。プロの将棋を勉強することは、少なくともいまの自分レベルでは(つまりアマチュアの方々にとってももちろん)有用な方法と信じています。



以下、千田さんの一連のツイート












片上さんの問いは直接的には「プロがコンピュータ将棋を最終目標にしてどうするの?」ではあるものの、もっとも本質的な部分として「棋力を高めるためにプロの将棋の必要性が相対的に下がっている」のであれば、棋士はどうするべきか?ということなのです。

これに対して千田さんの答えとしては「最終目標はコンピュータ将棋ではなく棋力を上げること」であり、そのためのコンピュータ将棋はそのためのツールに過ぎず、「人間の対局の鑑賞する価値」は変わらないと主張しています。

微妙に両者の食い違いが見られます。

今のコンピュータ将棋は、多くの人間にとっては正しい入力に対して、かなりの精度で正しいであろう回答を示すものの、ソフト同士の対戦を観賞用として楽しむのは難しいと私は思います。一言でいうと前衛的すぎるというか、人間の脳みその仕組み上、意味のないところでも意味を読み取ろうとしてしまうため、すんなりと受け入れ難い棋譜が多い印象です。

その一方で、人間の将棋はどうでしょうか?コンピュータ将棋が人間を上回ったのは既に明らかになっていますが、藤井聡太四段のデビューや加藤一二三先生や桐谷さんの芸能界での活躍、羽生善治永世七冠の誕生など、これまで以上に将棋の話題が世間を賑わせています。棋士に魅力があれば、棋士の指す将棋に魅力があれば大丈夫であることの証のようにも見えます。

コンピュータ将棋がどのように進化していくか?がこの辺りに大きく影響していきそうです。もし人間同様に魅力的な棋譜を数多く残せるようになれば、「棋力を高める題材として,ソフトよりも棋力が劣るため,人間の棋譜の必要性や価値が下がる」のが自然であるように、観賞用としても人間の棋譜の必要性や価値が下がるのでしょう。(人によっては既に鑑賞ですらソフト同士のでよいという人も居ますが、多くの人にとってはまだそうではありません)。

それでは「棋力を高めるためにプロの将棋の必要性が相対的に下がっている」についてはどうでしょうか?「鑑賞する価値」≒「トーナメントプロとしてのプロ棋士の価値」だとすれば「棋力を高めるための価値」というのは「レッスンプロとしてのプロ棋士の価値」といえるでしょう。千田さんにその意図がなかったかもしれませんが、上記の発言は「レッスンプロとしてのプロ棋士の価値」を貶めるリスクがあると言っているに等しく、そのことこそが、片上さんの懸念なのではないでしょうか。

ここは出版社に聞いてみたいところですが、戦術本の売上はここ数年どうなっているか?というのは個人的に興味があります。売上というと電子は手数料を抜かれてしまうので、純粋な冊数でいうとどうなのか。例えば戦術本は右下がりで、それ以外のムックっぽいもの、観る将棋ファン向けのものは微増、とかだった場合は、棋力を高めるための価値が減じており、鑑賞の魅力は保たれている…といえるかもしれません。

私が思うのはコンピュータ将棋の進化的に、例えば開発状況をみる限り、鑑賞する価値を高めるような方向での成長はないような気がしています。なのでこれまで以上にプロ棋士の鑑賞面の価値をこれ以上損なうことはないのではないでしょうか。(無根拠ですが、棋力を高める方向の開発が鑑賞しやすい方向の成長に貢献するようにはみえないのですがどうでしょうか?)

「棋力を高めるための価値」でいうと、「ソフトの棋譜とプロ棋士の棋譜」の関係は「筋トレと種目練習」の関係に近いように感じています。これまでも定跡や終盤の寄せパターン、詰将棋という勉強方法はそれだけで成り立つものではなく、実戦との組み合わせで効果を発揮してきたのではないでしょうか。筋トレで得た筋肉を、種目練習を行うことによって実際の動きに関連付ける…というような。

ただここはもしかすると、プロ棋士の棋譜を並べるという作業を省略して単に実戦に置き換えられる可能性はありますが、ここは今までも同じだったように思います。指す将な方々で全くプロの棋譜を気にしない人たちは今までも一定数居たからです。

レッスンプロの存在意義、もっと直接的に「指導将棋」という意味でいうと、ここは棋譜の鑑賞性という話に寧ろ近く、プロ棋士のコミュニケーション能力だったり、人柄や容姿だったりの魅力に依存している気がします。将棋ファンの棋力の散布具合とプロに挑む手合いのバランスを考えると、大部分のアマが自身の棋力よりも高めに申告し、安い駒を落として戦っている気がします。それにプロ棋士が接待で付き合っている、という印象。指導将棋でメキメキと実力を上げていった例は寧ろ少ないのではないでしょうか?指導将棋は実力向上の場というよりは、実力向上の度合いを測ってもらうための場、という印象があります。

というわけで、片上さんと千田さんの主張は微妙に食い違いつつも、ソフトの成長がプロ棋士に悪影響を及ぼすことはあまりないかな?と思います。それよりは寧ろ、新聞社など一部の企業に依存しすぎているビジネスモデルというか構造にこそ、将来的なリスクが潜んでいるのではないでしょうか。

このあたりは、AIと人間の関わり方の将来像をもしかして示しているかもしれません。以下、梅田望夫氏が羽生善治の永世七冠達成について読売新聞に寄稿された文章から一部引用(羽生さんの発言部分を引用)します。

将棋の世界でも囲碁の世界でも、人工知能が棋士を凌駕してしまった。人間の知能を人工知能が超えたとき、私たちはどう生きればよいのか。社会はどのような挑戦に立ち向かなければならないのか。「棋士たちや将棋界は、そんな未来社会の問いに先駆けて直面している、人工知能が社会で応用されていくときに想定される事態を先取りしている」と羽生は色々な場所で発言している。



人工知能というのは、いわゆる特化型と汎用型に分けられるわけですが、汎用型の開発めどは立っていないはずで世の中にあふれる人工知能的なものは、将棋ソフトを含めて特化型に属するものです。私がみていて思うのはこれらの特化型の人工知能は人間の職を脅かすとか奪うというよりは寧ろ、人間の能力を拡張したり手助けする方向に作用する可能性が高いのではないか?ということです。

勿論、その流れの中で失われていく職業がゼロではないにせよ、見る限りにおいては人工知能の発展がなにか免罪符として利用された上でリストラされていくような気がします。既にオワコンだったものが体よく切られていく印象というか。具体的にはメガバンクで最近報道されていた人員削減などがそれに該当します。

将棋ソフトの登場により、それをうまく活用する棋士たちによって、新しい世界が広がりました。予定調和的な人間が築き上げた定跡よりももっと荒々しく陣形の整いきらない前に開戦するような将棋で、私個人としてはとても楽しく見ています。勿論色々な考え方があるべきで、全員がソフトを活用する必要もないと思いますが観賞用の棋譜としての魅力は高まっているのではないでしょうか。

ただ、何度も書いている話題ではありますが、スポンサーのおかれる環境が大きく変わったときにどうなるのか。たとえば団塊世代が健康寿命を終えるまでにあと20年もありません。新しく叡王戦のスポンサーについてくれた企業も経営成績の苦戦が伝わってきます。

もしかすると個々の棋士が人工知能に脅かされるリスクよりも、スポンサー企業群のビジネスモデルが人工知能や人工知能を活用したものに脅かされることによって、その悪影響が棋士や将棋界に及んでくるリスクのほうが大きいのではないかな?と個人的には思いました。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 羽生善治 片上大輔 千田翔太

今日の見所 12/5(火)

12月5日(火曜日)の注目対局は以下の通りです。

順位戦C級1組
◆永瀬拓矢vs近藤正和

永瀬拓矢 26勝6敗 先勝率0.929 後勝率0.765。
近藤正和 3勝138敗 先勝率0.222 後勝率0.167。

◆佐々木勇気vs泉正樹
佐々木勇気 19勝10敗 先勝率0.615 後勝率0.733。
泉正樹 7勝10敗 先勝率0.500 後勝率0.167。

◆片上大輔vs宮田敦史
片上大輔 9勝10敗 先勝率0.667 後勝率0.417。
宮田敦史 18勝8敗 先勝率0.818 後勝率0.571。

◆高崎一生vs真田圭一

高崎一生 7勝9敗 先勝率0.375 後勝率0.571。
真田圭一 5勝12敗 先勝率0.375 後勝率0.250。

◆西尾明vs近藤誠也

西尾明 18勝7敗 先勝率0.500 後勝率0.364。
近藤誠也 24勝9敗 先勝率0.583 後勝率0.800。

◆千田翔太vs北島忠雄
千田翔太 18勝8敗 先勝率0.600 後勝率0.800。
北島忠雄 8勝8敗 先勝率0.500 後勝率0.444。

◆千葉幸生vs村田顕弘
千葉幸生 13勝9敗 先勝率0.900 後勝率0.364。
村田顕弘 12勝11敗 先勝率0.500 後勝率0.583。

毎期、昇級ラインが高すぎるC1だが今期も6-0が千田、それに続く6-1が6名という大激戦。対戦相手をみる限りでは千田、宮田、佐々木、高崎あたりはそのままの負け数でゴールする可能性がある。近藤誠也と永瀬は直接対決が10回戦である。
千田は順位が2位と良く、無敗で当たりも悪くないので昇級第一候補だろう。二番手は永瀬か佐々木か?

これ、電子版なんですがなんでこんなに安いんだろう?576円とか。。

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 西尾明 近藤誠也 千田翔太 北島忠雄 千葉幸生 村田顕弘 高崎一生 真田圭一 片上大輔 宮田敦史

佐々木勇気、加古川青流戦で優勝!そして田中まーくん、完投勝利!


迷いながら、強くなる (単行本)

いやー昨日も日本シリーズみてたんですけど。

途中までは息の詰まるいい勝負でした。しかし、あの楽天の二点目、一塁ヘッドスライディングからの余裕でアウトのタイミングがまさかのセーフからの一点。

・・・ありえへん。

あんなのありえへんですわ。

いくら先輩の加藤一二三先生だからっていってね、許されることと許されないことがありますわ。

今時間切れたんじゃないですかー!?後でビデオで確認してくださいよー。ちゃんと秒を読んでくださいよ!

って、僕はテレビに叫んでましたね。阿部隆プロの気持ちが今わかりました。(参考:http://d.hatena.ne.jp/cammy12/20050526#p2

まーくんに一点でも重いのに二点。しかも、次の回にホームランが出てるんですよね…。

延長線になれば総力に劣る楽天は辛かったと思いますが、それでもまーくんの底力を見たかった。本当のまーくん、スーパーまーくん人の更にうえ、界王拳3倍ならぬ、楽天ポイント3倍ですよ。。

南米だったら、マフィアが今頃…というアレでしたね。平和な日本でよかった。ただ審判もちょっと涙目になってましたし、勝負自体はこれでぐぐっと楽しくなったということでよしとしますか。

今後も将棋観戦ならぬ、野球観戦、将棋を楽しむように野球を楽しむ、をモットーにがんばります。はい。


で、加古川青流戦なんですが、なんというか、佐々木勇気ショウ、ッて感じでしたね。

若さ故の荒削りさ、しかし猛烈な攻めっけ、みたいな。抜群の熟女ウケだと思います。二局目もだいぶ佐々木勇気が結構良かったはずですが、すごい負け方しました。

ツイッターじょうでは、その負けたあとの様子をみていた諏訪さんが呟いてましたが、かなりがっくりとうなだれていたと。

しかし三局目は圧勝でしたね。いわゆる中押しというやつで、この攻めの強さが彼の将棋の本質なんだろうなと思いました。

個人的には千田さんの将棋も好きな棋風なので残念でしたが、ある意味勝つべき人が勝ったといえるんじゃないかなと思いました。佐々木勇気くんは今後の棋界を担う人であり、10年後の中心人物であるはずなので。

カミカミだったという、優勝後のコメントも聞いてみたかったので、週刊将棋などでチェックしたいと思います。


迷いながら、強くなる (単行本)迷いながら、強くなる (単行本)
(2013/11/01)
羽生 善治

商品詳細を見る


テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 佐々木勇気 加藤一二三 阿部隆 千田翔太

竹内雄悟新四段に!(千田翔太と森門下ワンツーフィニッシュ!)第52回奨励会三段リーグ戦

第52回奨励会三段リーグ戦が決着したようだ。

竹内雄悟三段が新四段に

1987年12月17日生まれ(25歳) 広島県広島市出身

奨励会入会
2004年9月
三段リーグ入
2008年10月(第44回奨励会三段リーグから)
得意戦法
振り飛車
将棋を始めたきっかけ
祖父に教わった
本人のコメント
「まだふわふわしている感じです。緊張しやすいタイプなので、今日の1局目は、競争相手の勝敗を見ずに2局目を戦いました。連勝して、周りの人に上がっているよ、と言われて、『えっ、本当!』と声が出て、うれしさがこみ上げてきました。師匠を安心させられて、とてもうれしいです。」



年齢と在籍期間から考えると???という感じだったが、奨励会のデータベースをみて理由がわかった。16歳、3級での入会のようだ。年齢は24歳だが在籍は9年と長すぎる感じではない。

面白いのがその成績で、3級・2級・1級はかなり苦労している印象がある。それぞれに半年・一年・一年という具合。ただそこで奨励会の水に馴染んだのか、初段・二段は良いペース。

このあたりは、入会年齢というのが大きく関係していそうな気がする。1人だけアウェイ感があったのが級位者時代だったのではないだろうか。

三段リーグは前期までで八期在籍し、ちょうど指し分けの成績。今期は最終節を五敗で迎えたが五敗勢五名の中で一番下だったので、連勝したのは五敗勢で竹内雄悟だけだったということだ。

凄く突出した成績ではないが、必ずその環境・クラスにアジャストしていくタイプのようで、田中悠一西川和宏というような雰囲気を、成績推移から感じるのだが、森門下なのでもっと力戦風味なのだろうか?同じ広島ということで今泉健司さんのような将棋だと楽しそう(だが苦労するかなその場合は…)。

振り飛車党でC2初参戦ということでいうと、降級点をもらう可能性もあると思うが、そのうちアジャストしてくるのではないか。奨励会での成長のようにじっくりとしかし確実に伸びていくだろう。


聖の青春 (講談社文庫)聖の青春 (講談社文庫)
(2002/05/07)
大崎 善生

商品詳細を見る




テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 竹内雄悟 千田翔太 今泉健司 田中悠一 西川和宏

千田翔太三段、最終節待たずに昇段!二番手は超混戦!第52回奨励会三段リーグ戦。里見香奈初段は?

千田翔太三段が、3月9日を待たずに昇段を決めた。成績・年齢から考えるとここからの活躍は相当期待できると思う。

一級時代にやや停滞しているが、ここで将棋の質がアマとプロの違いのように現れるのが入品であり、しかも年齢的に12歳13歳ぐらいで入品しているのだからその才能は抜きんでているといえよう。

三段リーグ入りも15歳とはやく、しかも初参加のリーグから前期までの5期で一度も負け越しがなく、三段リーグの勝率が6割。四段昇段後の通算勝率は残り2つを負けたとしても6割3分ぐらいの仕上がりになる。

奨励会時代の勝ち負けの傾向が、プロ入り後の傾向と似ている、とくに三段リーグの成績と傾向が順位戦の成績に相関していると私はみているのだが、非常に安定的に勝っており、しかも得意としているのが力戦の居飛車ということで、森門下らしい?力強い将棋と抜きんでた終盤力を見せつけてくれそうだ。

奨励会時代の成績で目を引くのは、連勝連敗タイプ・・・ではなく、安定型+連勝タイプという雰囲気。先手番は無難に勝ち、後手番は独自の作戦を磨いて、勝ちまくる…という展開を期待したい。

二番手は超混戦。5敗が4名、6敗が3名。五敗者の順位が高いので、7敗勢は届かない。順位1位の宮本の当たりを考えると、無難に宮本が上がって順位1位・2位のワンツーフィニッシュになる可能性はありそう。

同じく森門下の竹内雄悟は次点持ちであり、初戦の井出戦が双方にとっての鬼勝負。勝てばフリクラ権の獲得が見えてくる。ただし、井出隼平都成竜馬の両名の順位が良いので2つとも勝って届くか?というところ。(井出隼平に勝っても、宮本広志都成竜馬がそろって連勝すると順位の関係で3位に入れない)。

個人的には、森門下の二人が入って、宮本広志が二番手でゴールというのを予想しておく。

なお、里見香奈初段の例会の結果は連勝だった。



将棋の歴史 (平凡社新書)将棋の歴史 (平凡社新書)
(2013/02/18)
増川宏一

商品詳細を見る
発売日: 2013/2/18
将棋はいったいいつごろから遊ばれていたのか? 中国から伝わったのか、それとも別のところからか? など、まだまだ解明されていない謎多き将棋の歴史について、最新の研究成果を発表する。

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 千田翔太 井出隼平 宮本広志 都成竜馬 竹内雄悟 里見香奈