7月22日の対局結果のアップ…(遅すぎ

第70期B級2組順位戦

今期は広瀬章人王位と、残りベテラン1名で決まるのではないか?という予感のする第70期B級2組順位戦。

7月22日に行われた二回戦で連勝スタートを決めたのは7名いるが、6名が30代以上、しかも4名が40代という状態。


豊川孝弘vs中川大輔
これは40代同士の、それぞれに独自の味わいをもつ棋士同士の対戦。相居飛車かと思ったが、豊川孝弘プロの先手中飛車、しかしゴキゲンではなくクラシカルな形。

それに呼応するように急戦で仕掛ける後手の中川大輔プロ。二人の修行時代にあったであろう古き良き時代の将棋となった。

結果は先手の振り飛車の遠さが生きて豊川プロの勝ち。


北浜健介七段vs野月浩貴七段
攻めっけの強い棋士現役NO1を争うのではないか?という二人の対戦。相掛かりから後手のひねり飛車に。これは渡辺明竜王が以前見せていた気がする趣向で、こうなるのであれば後手でやりたい有力な作戦と思う。

飛車角交換になった局面ではどちらが良いのか分からないが、パッと見では飛車の打ち込みの隙が目立つ。しかし55手目の▲4七角でもしかすると先手の方針のほうが分かりやすくなったかもしれない。

後手の攻めに乗りつつ、上部開拓しつつ、後手玉を寄せる形になって野月プロの早めの投了となった。





続きを読む

将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の記事検索

将棋観戦記のランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
6位
アクセスランキングを見る>>