大人のための将棋講座:第2章 将棋を覚えるのであれば?(14)

4.序盤型×力戦型:芸術家タイプ

ここも愛すべき人たちが多いです。カニカニ銀の児玉孝一七段。あるいは筋違い角の武市三郎先生。そしてアマ高段者の愛用も多い高田流の使い手、高田尚平プロなど。

正直、勝率的には苦戦するタイプです。独創性あふれる作戦なのですが、さすがにプロレベルになると対策がしっかり講じられており、序盤の差がそのまま勝敗に帰結するイメージ。

正直、凄く終盤が強いタイプではないのもここの特徴で、勝敗よりも美学、自身の独自性へのこだわりを感じます。

とはいえ、このタイプの棋士をひとたび好きになったらもうあなたは夢中でしょう。同じように独特な戦法、独自の作戦を指して勝った時の歓びはまた格別なものがあります。


必殺!カニカニ銀―究極の二枚銀戦法必殺!カニカニ銀―究極の二枚銀戦法
(1992/03)
児玉 孝一

商品詳細を見る

武市流力戦筋違い角の極意 (プロの将棋シリーズ)武市流力戦筋違い角の極意 (プロの将棋シリーズ)
(2003/05)
武市 三郎

商品詳細を見る

高田流新感覚振り飛車破り高田流新感覚振り飛車破り
(2000/09)
高田 尚平

商品詳細を見る

高田流新戦略3手目7八金高田流新戦略3手目7八金
(2002/08)
高田 尚平

商品詳細を見る

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 児玉孝一 武市三郎 高田尚平 行方尚史