(追記有)ベテランのスタートダッシュ。第72期B級2組

また少しだけ順位戦について。結果からいうと、私の好きな棋士が沢山2連勝していたので良かったです。



堀口 一史座七段(1勝1敗)○-●中村 修九段(0勝2敗)…15時19分

まずいちばん早く終わったのはここ。後手の中村が角交換四間飛車をやってから、飛車交換に応じてからの受ける中年。しかし受かってませんでした。先手の圧勝。やはり飛車交換した時点で辛かったか。

中川 大輔八段(1勝1敗)●-○田村 康介七段(1勝1敗)…19時51分
先手の横歩取りからのひねり飛車。ただし後手も2筋に絆創膏を貼らずに頑張る手順。両者の特徴がでた将棋でしたが、先手陣のほうが攻められる箇所が多かった…という印象。特に受けなかった2筋を活かした攻めとひねり飛車の角頭が目標になる手順が生じたのが先手にとっては痛かった。


青野 照市九段(2勝0敗)○-●豊川 孝弘七段(1勝1敗)…20時27分
私の愛するトルイチ、こと青野先生。本当に青野先生の将棋は好きで、対振り飛車急戦ではお世話になりました。最近のこの角換わり、一手損での序盤研究の深さも素晴らしく、初戦に引き続き、一手損撃破で圧勝でした。横歩取りでも青野流が流行っているように、その序盤感覚はいまでも序盤研究の第一人者であるといえます。


野月 浩貴七段(1勝1敗)○-●畠山 成幸七段(0勝2敗)…21時44分
横歩取りで野月プロらしい攻めが炸裂。と金作った時点では良さそうだったが、そこからの決め方も震えない指し方でかっこ良かった。


南 芳一九段(0勝2敗)●-○先崎 学八段(2勝0敗)…23時31分☆
相矢倉から先手良しとされる定跡に入るが、途中で後手の先崎プロが前例から変化。ただしそれで良かったわけではないので今後は微妙だが、中盤のねじり合いで先手の疑問手もあり逆転。これで先崎プロも連勝。


島 朗九段(0勝2敗)●-○杉本 昌隆七段(1勝1敗)…23時38分
角交換振り飛車にいつのまにか先手陣の金銀が分断されてさしきれないと判断されたのか、島先生早めの投了となった。


井上 慶太九段(0勝2敗)●-○佐藤 天彦七段(2勝0敗)…23時48分☆
横歩取り青野流の最新形に。例の羽生vs小林裕士戦の形だ。52手目で後手の天彦プロが手を変える。前例では2九の香車一発で先手の勝ちになったように見えたが、それを回避するような、香車を除去する手順だった。その構想が良かったようで、後手の勝ち。天彦も連勝。


以下、まだみてないので結果だけ。どうやら戸辺さんは詰みを逃したらしい。(ツイッターでの呟きより。)また、注目していた稲葉中田戦は後手の勝ち。中田先生の連勝も嬉しいし、角換わり腰掛け銀で後手待機策をとっていたので、どういう構想で勝ったのか?をあとで楽しみに鑑賞したいと思う。

窪田 義行六段(1勝1敗)○-●森下 卓九段(1勝1敗)…0時5分
安用寺 孝功六段(0勝1敗)●-○飯島 栄治七段(1勝1敗)…0時41分☆
北浜 健介八段(1勝1敗)●-○阿部 隆八段(1勝1敗)…0時51分☆

村山 慈明六段(2勝0敗)○-●戸辺 誠六段(1勝1敗)…0時57分

ここは本日の大一番、という将棋でしたね。携帯中継もありましたし、ご覧になられた方も多いと思いますが、こういう将棋を毎回みたい。

どちらもこれぞプロ!という序盤の構成力と真剣勝負ならではの中盤、端からの攻撃。本当に素晴らしい将棋でした。

戸辺プロとしては詰みを逃して残念だったと思いますが、本当にかっこよかったですね。


稲葉 陽六段(1勝1敗)●-○中田 宏樹八段(2勝0敗)…1時13分

この将棋も良かったです。角換わりの後手で様々な工夫を編み出している中田宏樹プロですが、本局もかっこよかった。

序盤の馬を作った所では先手がすぐ行けば後手も苦しかったように思いますが、銀を立て直したあたりでは後手も相当。

特に壁銀ならぬ壁馬でしたが、馬と銀の性能の違いを思い知りました。

終盤の寄せも鮮やかで中田宏樹プロのいい所盛りだくさんの将棋でした。

その結果が以下。連勝スタートは五名。全員私の好きな棋士なのでとても嬉しい。(連勝してないところにも好きな棋士はいるのでもちろん複雑な気分ではありますが)。

[B級2組成績一覧] ( )内は順位、*は降級点

【2勝0敗】中田宏(2)、佐藤天(4)、青野(11*)、先崎(16)、村山(22)
【1勝0敗】泉(25*)
【1勝1敗】飯島(3)、窪田(5)、北浜(6)、戸辺(7)、阿部隆(8)、森下(10)、野月(14)、杉本(15)、田村(17)、豊川(18)、中川(20)、稲葉(21)、堀口(23*)
【0勝1敗】安用寺(9)
【0勝2敗】井上(1)、島(12)、畠山成(13)、中村修(19)、南(24*)



勝負という生き方 将棋棋士32人の肖像勝負という生き方 将棋棋士32人の肖像
(2013/06/26)
高橋 呉郎

商品詳細を見る
内容紹介
羽生善治が、谷川浩司の光速流を目の当たりにした際の高揚を楽しげに語る。
佐藤康光が、タイトル戦の終局直後に思わず涙した理由を語る。
郷田真隆が、自らの信念と美学に裏打ちされた独特の将棋観を笑顔で語る。

トップ棋士だけではない。勝負に生きる者には、ひとりひとりに大舞台がある。
自らの哲学を、名誉を、人生を懸けて戦う棋士の姿にベテラン観戦記者が迫る。
将棋世界の人気連載「感想戦後の感想」から、32編を選り抜いて収録。
著者について
高橋呉郎(たかはし・ごろう)
将棋観戦記者。
昭和8年生まれ、千葉県出身。早稲田大学文学部仏文科卒業後、光文社に入社。『女性自身』『宝石』などの編集に携わる。
梶山季之主宰の月刊誌『噂』の編集長。将棋ペンクラブ大賞選考委員。著書に『週刊誌風雲録』(文春新書)など。


関連するタグ 先崎学 青野照市 中田宏樹 佐藤天彦

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

第三回電王戦で最も人間が能力を発揮する条件は?(その3)

第三回電王戦で最も人間が能力を発揮する条件は?(その2)の続きです。


■5.対局条件の詳細(時期・対戦棋士の選定方法など)
そして、対戦棋士は順位戦で勝ち上がった人にする。ずばりこれです。

嫌々渋々とか拒否者がたくさん居たとか全然聞きたくないんですよ。正直。非公式にたくさん負けてます☆とかと同じぐらいに全然聞きたくない。

圧倒的に盛り上がるのは勝ち上がった人がやることです。ただこれだと棋界のオフピークに開催される・・・というところとの日程が詰まりすぎてますかね…。

準備期間が半年ぐらいは必要だとすると一局目が3月末に行われるので6月末には決まってる必要があります。でも今後も継続されるのであれば、前年の昇級者を、翌年の電王戦対戦者にする。というのはシンプルかもしれません。準備期間が長いのは悪い事ではないでしょうし。

対局者は5人がベストでしょうか。となると・・・。

B1→A級の2位昇格者。
B2→B1の2名。
C2→C1の2名。

とかでしょうか。最も旬な面々が選出されつつ、A級棋士も登場しつつ、トッププロの面目が保たれる(登場しなくてもいい)。

プロ棋士の仮想レーティングで、昇級者は基本的には上位陣ばかりですので、プロの面目を保ちつつ、実力の高い面々が勝者の誇りをもって対戦することが可能になります。

一期ずつ更新していくのではなく、契約金のひっぱりあげ具合にもよりますが、共催まで含めてタイトル戦化してしまえばいいような気もします。

タイトルホルダーの称号は当然「電王」ですね。団体戦に勝利し、かつ個別対局の勝利で貢献した棋士は1年間、電王を名乗れる。最大5名が電王の称号を名乗ることになりますw



■6.ルールの変更
これは重要だと思うんですが、いくつかこの電王戦だけの特別ルールを設けるべきかと思います。そのうちのもっとも大きなものは、入玉によるルールです。これは将棋ウォーズのルールを流用して「トライルール」でいきましょう。

将棋ウォーズをやったことがある人はわかると思うんですが相手玉の初期位置に自玉を収めることができたら勝ち。これがトライルールです。

もともとは先崎学プロがどこかのエッセイで提案していたもので、それを採用したのが将棋ウォーズ

将棋ウォーズ経験者のうち、自分の対局でこのトライルール実行場面に遭遇した人はどのぐらいいるんでしょうか?相手・自分問わず、対局として出現した人。

ちなみに私は得意戦法が右玉ということもあり、結構出現率が高いほうだと思うんですが、通算の対戦数がかるーく2000局ぐらいあり、出現したのは記憶の限りでは5局か6局ですね。

率にして0.25%ぐらい。良いさじ加減の出現率だと思います。そのほかに中段玉になって勝敗が決した、というケースはもっと多くてちょっと件数は覚えてないです。

コンピュータ将棋がこのルールに適応する必要はないです。単にあの塚田泰明戦の反省?を踏まえてルールを改良するべきだなと思いました。

あの将棋は大変感動を呼んだのも事実ですが、プロ・ソフト開発者ともになんとも言えない気持ちを残したのも事実です。伊藤英紀さんは、コンピュータが入玉を試みた時点でプロなら投げてくれ、と思っていただろうし、プロとしてもこれ以上観るのは忍びないという気持ちになりました。

あそこからコンピュータのまずい指し手を延々と狙ってしかもそれでようやくギリギリ引き分け、というのは勝負として面白味に欠けました。

私は当然死ぬほど感動して何度もあのPVを観ると泣けてくるんですが、その一方で観戦途中でこの将棋に見どころなしとして、離脱したという事実もまたあるわけです。

それがトライルールとなれば、コンピュータ将棋の入玉将棋における弱点は解消されないものの、将棋としての面白さは入玉になっても全く損なわれない。は言い過ぎでもかなり損なわれません。

個人的にトライルールで勝敗が決着した対局経験が5・6局あるというのは前述しましたが、それらの将棋も、入玉合戦のような将棋よりも面白く感じました。(トライされたことよりもトライしたことのほうが多いから、という説もありますがw)。



■7.まとめ
長く書きすぎたのでまとめますと。

(1)軽めの服装で。
(2)対戦前の報道陣はなるべくシャットアウト・制限する。
(3)事前の棋譜提供&分析は人類総出で行う。
(4)順位戦と同じ持ち時間
(5)対戦者は順位戦昇級者
(6)トライルールの適用

ってことです。はい、最初からこれだけ書けよって話ですよね・・・すいません。。

ということで、第三回電王戦、開催されない可能性がまだあると思いますがぜひ開催してもらって、契約金は最大限にかき集めてもらって、ご賛同いただける石油王にも出資してもらって、タイトル戦化されることを期待しております・・・是非!><




これは冗談抜きで名著です。
初段になるための将棋勉強法初段になるための将棋勉強法
(2011/01/25)
浦野 真彦

商品詳細を見る


関連するタグ 先崎学 将棋ウォーズ 行方尚史

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

電王戦開催中に、ニコファーレに行ってみよう!(後半に行くほど混むよ!w)

先週の第二回電王戦第一局、阿部光瑠(あべこうる)vs習甦(しゅうそ)の戦いはニコファーレにて行われた。戦い自体も注目されるところだったが、この今後も会場となるニコファーレがなかなか良かったので少しそのことについても触れておきます。

ニコファーレの詳細ページ

ニコファーレとは


日比谷線、六本木の4b出口から地上に出るとよいです。ラーメン屋の中華そば 幸楽苑 六本木店の前にでるので、それとみずほ銀行の間の道をひたすらまっすぐいく。
突き当りを右に進む。右手にみえる建物の地下がニコファーレで、セブンイレブンの入り口を過ぎたあたりに地下に下る入り口があります。

階段を下ると喫煙スペースがあります。その右手に入り口があり、中に入ると・・・正面が観戦スペース(有料)の入り口左手にエントランスホールが広がるかんじで、左手奥にはドリンクカウンター(有料)その右手に両替機があります。(プリクラ用の400円がなかったらここで両替できます)。

そのドリンクコーナーの上に巨大なモニターがあり、ここで観戦する分には無料でみれます。エントランスホールのモニター左側には、ニコクラ?(プリクラ)があり、そこで対戦棋士とのプリクラが撮れます。その奥には壁に沿う形で10席ぐらい椅子が用意されていました。その対面、右手には将棋スペースがあり、盤駒が10組ぐらいありました(こちらは席はなし)。

私が行ったのは初手前後だったのですが、有料客席についてはまだ余裕がありました。半分から6割ぐらいの入りでしょうか。ニコ生の直前企画、勝てたら100万円もそうでしたが徐々にこういうイベントは集客動員数があがっていくことが多いので、次回以降は初手前後で8割ぐらいの入りになるのかな?

奥のイベントスペースでは矢内女流と阿久津主税プロが解説していました。私は諸事情により遠くから眺めるだけで、エントランスホールにてプリクラを撮り、将棋の盤駒をチェックして(プラ駒とゴム盤でした)、15分ぐらい観戦してから先手一手損角換わりの戦型を確認してから会場を後にしました。

近場に安い食事処(一人でも入りやすい)が多いですし、夜飲みに行くにも六本木交差点そばということで困ることはないので、友達や一人で遊びに行くにはピッタリなイベントだと思います。入場料も大人1500円、学生で1000円と映画に行くよりも安い上に1日中楽しめます。出てくるゲストも豪華ですし、初戦の矢内女流プロを見ていて思ったんですが、NHK杯でのフォーマリティとはちょっと違った、いい意味で肩の力が抜けたやりとりがあり、とても面白かったです。

矢内さんは第四戦でも再登板の予定ですから、今回の経験を踏まえてさらにぐぐっと面白くなる可能性が高い!・・・とみています。(特に面白かったのは、佐藤深夜先生の登場で、例のNHK杯パフォーマンスについて、自ら深夜先生に振ったあたりw これは本当に見事だなと思いましたw)。

あとは、阿久津さんとのやり取りで面白かったのは、阿久津さんが女流のタイトル戦の記録係をやったときに、おやつを食べたかどうか?という話を他人事のように聞いていた矢内さんでしたが、実は清水女流プロの対戦相手が矢内さんだったということが判明し、当然のように気づいていなかった矢内さんとその事実を明かす阿久津プロのやりとりはとても微笑ましいものでした。

第二戦は、解説者:野月浩貴七段、聞き手:山口恵梨子女流初段、ゲスト:藤澤一就(囲碁棋士八段)、柴田ヨクサル(漫画家) 、観戦記:先崎学八段というかんじです。野月プロも解説上手ではきはきしていて割と形勢についてはっきり言い切るタイプで、タイプでいえばダウンタウンの浜田、のような印象。関西弁ではないけれどもその棋風同様、鋭い切れ味。山口恵梨子女流初段はどちらかというと天然系。その天然っぷりを生かした意表をつく野月プロへのえぐりと、逆に天然っぷりを突っ込む野月さん、という展開になるのでしょうか。野月プロはプライベートでも佐藤慎一プロと遊んでいるはずなので、その辺の暴露話も楽しみなところw。

ゲスト以外にも観戦記を書く先崎学プロもおそらく登壇されると思われます。そして将棋自体も相当面白そうな理由としては、佐藤慎一プロは全くソフト提供されていないので、普通の熱戦になる可能性が高いことです。第一戦の記者会見の後に、阿部光瑠プロが習甦との練習将棋、直近は8連勝だったと語っていたらしいですが、そういうことが全く佐藤慎一プロにはないでしょうから。しかも相手のポナンザの軍師というか作者も山本一成さん。かなりの策士です。

機械学習の詳細についてよくわかっていないのですが、たとえばなんですが序盤における端歩の価値を高めるような補正を入れることはできないのでしょうか。あるいは序盤で玉が三段目に行くこと&桂馬が5段目にいくことの評価を下げる、というような。評価関数が多すぎてそういうことができないのかな?変数の一つとして序盤特有の事象を組み込んでおけばいいような気もするのですが。

ニコファーレで形勢判断ボードに示されていた数値は、ぼんくらーずの最新版に近いものだったようです。ということは機械学習系のソフトは一様に端歩の評価と桂馬のシンプルな跳ねに弱点を抱えてる可能性があるわけです。コンピュータ将棋選手権を毎年見てて思うのはやはり序盤の穴があるな、ということ。電王戦の第一局は特にその傾向が出て破れてしまったわけですが、山本一成さんがどのような作戦をもって対局に臨むのか?は本当にわくわくしてしまいます。

作戦を考えてくるとしたらポナンザ側であり、人間側である佐藤慎一プロはもしかするとやる可能性があるのは、第一局をみての一手損角換わりでしょうか。ただ後手の一手損は定跡DBに入ってそうなのでボコられそうですね・・・。(後手△8四歩型の一手損は後手が悪い可能性が現時点ですでにあります…)。

というわけで、ニコファーレ。第五局は朝から並ぶこと必至なので、その前に早めに行くことをお勧めします。私は勝てたら100万円企画の初日の朝、始発で行かないと並んでる人いっぱいいるだろうなーとつぶやいたわけですが、初日二日目はそれほどでもなかったです。しかし最終日はなんと始発でも間に合ってなかったという。

そういうことを思えば、序盤にこそ早めにいって(たぶん待っても10分ぐらいで余裕で席はとれるはず)、堪能してもし最悪つまらなかったら六本木で飯食って帰ってくる・・・でもいいと思うので是非一度ニコファーレに行ってみてください。プリクラもありますし、将棋盤もありますし、楽しさは約束しますよ!

・・・と、以上、入場せずにエントランスホールだけ訪問したわたくし将棋観戦からのレポートでしたw


人間に勝つコンピュータ将棋の作り方人間に勝つコンピュータ将棋の作り方
(2012/09/29)
瀧澤 武信、松原 仁 他

商品詳細を見る



関連するタグ あべこうる 阿部光瑠 阿久津主税 矢内理絵子 先崎学 野月浩貴 電王戦 佐藤慎一

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

麻雀プロの鈴木たろうさんの余暇の過ごし方は「将棋」【麻雀】第二期天鳳名人戦最終節

昨晩、【麻雀】第二期天鳳名人戦最終節が行われて、第二期の天鳳名人が決まった。小林剛プロの二連覇となったわけだが。

その前説で、足切りにあった解説の福地誠氏と鈴木たろうの会話のなかで、鈴木たろうプロは休日どんなことをしてるんですか?という話になった。

その時に、私はおどろいたのだが「将棋をやってます。将棋倶楽部24ってのがあってそこで指しています。級は2級と3級を行ったり来たりぐらいですね」と言っていたのだった。

しかも「たまにプロにも教えてもらっているんですよ」とのこと。

誰だろう?大平武洋プロか、先崎学プロか、あるいは田村康介プロ、広瀬章人プロ・・・あたりだろうか?

かなり驚いたので、一応メモ。でした。


そう、麻雀の戦術書もマイコミなんですよね。

デジタル麻雀の達人 (マイコミ麻雀BOOKS)デジタル麻雀の達人 (マイコミ麻雀BOOKS)
(2008/01/30)
鈴木 たろう、小林 剛 他

商品詳細を見る


関連するタグ 鈴木たろう 福地誠 小林剛 大平武洋 先崎学 田村康介

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

観る将棋ファン必読の「今宵、あの頃のバーで」

先崎学が週刊文春で連載している「浮いたり沈んだり」からの佳作コラム集「今宵、あの頃のバーで (将棋連盟選書)」。


今宵、あの頃のバーで (将棋連盟選書)今宵、あの頃のバーで (将棋連盟選書)
(2011/10/26)
先崎 学

商品詳細を見る


週刊文春を毎週立ち読みしている私としては、ぶっちゃけ買うかどうかというとアレなんですが、毎週読んでいるという事実で太鼓判を押させて頂きます。是非、皆さんも週刊文春を立ち読み…(略

この表紙はなんというか、昭和風でいいですね。これが1980年代に出版されている本であると言われても疑いがないところです。(褒め言葉です)。

良くも悪くも古き良き時代の面影が残り続ける、将棋世界をうまく表現しているように思われます。

しかしあの先崎学が既にアラフォーで、順位戦でもヒイヒイ言い始めているというのは結構驚きですね。悲願のA級入り、ぐらいまではなんとなく覚えているんですが。

先崎学→行方尚史→ハッシーという感じでポジションが受け継がれているような気がしますが、来期以降のハッシーの成績に注目したいところです。

関連するタグ 先崎学

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク