ユニークであることとフォーマリティは共存可能

いやー暑いですね…ということで今日も放談で濁します。

暑いといえばウナギ。ウナギといえばひふみん。ひふみん、ツイッター始めたんですよね。すごいアイコン使ってますね。あれは絶対に韓国から訴えられると思うわ…(冗談です。

さて、ウナギが絶滅寸前らしいですね。というか、もう終わってるらしいです。べき乗則っぽく、対数表記での順調なダウントレンドを維持したまま、ゼロに向かう模様です。絶滅です。

日本の少子高齢化は1970年代にはすでに予測されていました。子供を生むサイクルは大体一定なのでその時点の子供の数から推測可能なわけですね。

でも日本政府は手を打たなかったことから、もしかすると人口が多すぎるので減らそうという意図があるのではないか?という陰謀説的な話すらあります。確かに、移民政策を取らずに少子化対策を30年以上もの間、打たなかったわけですから、無能もしくは無策であったという可能性の他に、そういう下々の者には分からぬお上の意思・意図があったと考える人がいても私は驚きません。(同意はしませんけどw

で、ウナギも同じ事がいえるわけです。たぶん2000年頃に手を打っていればまだ大丈夫だったものが、ここまで放置されて、本当に回復不能になってしまった。

ウナギは何故放置されたか?ひふみんの主食だから?…その可能性ももちろんあります。(ないです

まあ、おそらくはそれで成り立ってる産業が色んな所にあって、かつあまりきにしてる人がいなくて、そして何かしら対応しないと絶滅するかもな・・・とは思っていたんでしょうけど、それを推し進めるための純粋なインセンティブを持つ人がいなかったんでしょうね。

で、なし崩し的に放置されたと。残念ですね。美味しいのに。

日本はハタハタとかはうまく制限をかけて漁獲量というか魚の数が増えたみたいですけど、ウナギもそうなるといいですね。

じゃないとひふみんが悲しみますからね。あるいは、ウナギが主食のひふみんが絶滅してしまうかもしれません。今、東京都内で猫に餌をやるひふみんというのは、1頭しか確認されていません。この一頭が死んでしまうと絶滅ということでWWFのレッドリストに多分載ってるんじゃないかなと思います。

そのひふみんの対局態度がどうやらひどいらしいです(知ってた。

この前、棋士の大平武洋プロが嘆いてました。棋譜だけ見るとどのみちひふみんの完勝のように見えましたが、ただそうは言っても、その態度が良くないことが正当化されるはずもありません。(もちろん、その態度のせいで負けたということはないですし、そういう言及は大平プロから一切なされていません。念のため。

まーファンの目からみると、総合的に判断して、ひふみん≒珍獣、という認定がされていると思います。愛玩珍獣。故米長邦雄前会長も似たような扱いでしたよね。愛すべき/憎むべき基地外、そういう感じです。

異性の性器の通称を人前で連呼する人よりマシです。…あの人も連呼してましたっけ?

ただ大平武洋プロもゾネという通称があるように、面白い伝説を持っています。ツイッターでもフォローさせていただいてますしブログも拝見していますが、やや自虐自嘲的なノリがとても楽しい、ユニークな方です。(大平さんの相居飛車は好きです。対豊島将之戦など、数々の名局があります)。

木村さゆりという女流棋士がいます。この方もなかなかぶっ飛んだ人で、この前も携帯中継のコラムでかなりぶっ飛んだコラムを書いていました。貧民上がりなので貧民でのし上がってない人間は怠惰である、という黒人成功者が黒人を非難するような言動を示されています。(黒人では、あのピザチェーンのおっさんが有名ですね。

その中で、在日のくせに隣に朝鮮人学校があるのに小学校にかよってきて、というくだりがあったので思わず飲んでたマヨネーズを噴きました。なぜマヨネーズを飲んでたんだ、っていう話もありますが、何故そんなこと書いたんだとw

けしからん、もっとやれ!って感じですね。サービス精神のサービスの範囲というのは、パーソナルゾーンの違いと同様に、人それぞれです。あんまり近くに寄られて話されると私は嫌なので、男女問わず、近すぎる場合は近すぎると言いますけど、今回のサービス精神は私にとってはギリギリセーフでした。マヨネーズは吹きましたが。

で、同じ日に携帯中継で佐藤秀司先生が飛ばしてましたね。あの日は暑かったんです。

まー携帯中継で間が持たなくなると、皆さんする話があると思うんですよね。持ちネタというか。で、今回は佐藤先生、考えて来ました。序盤のところでまずは、ウンコの話ですよね。C1に天下りしてきて(この表現は上手いなと思いました)、ある日トイレに入ったらトイレがくさかったと。独身者が多いから野菜を採ってないんじゃないかと。だからウンコが臭くなるので、野菜を食べようね、という。

観る将棋ファンに続く嗅ぐ将棋ファンの誕生です。

あともう一つ、ちょっと昔の思い出話をですね、されたわけです。僕は大した話ではないと思いましたが、僕からみればかなりユニークにみえる佐藤慎一プロとか、前述の大平武洋プロとか、その他将棋関係者、ファンは結構怒ったというかびっくりされたみたいなんですよね。

いわゆるサービス精神の範疇の個人差が出た瞬間でした。

僕はといえば、面白く読みました。そして、聖書に(読んだことないんですけど)石投げてたら石投げんなやーっていう話がありますよね。あれを思い出しました。

ここでも感じたのは「棋士たちが、傍から見ると相当な変わり者揃いだけど、対局は神聖視してるんだな」ということです。ここで「も」と書いたのは、以下の、延々と続く、そろそろ終わりそうなゴタゴタを見ていて同じ事を感じているからです。

LPSA、渡部愛さんへの対応について

私は、上記に書いたとおり、棋士の奇人変人さ、日本語的意味合いのユニークさ、については比較的寛容な立場をとっていると思います。一般常識に逸脱していても、けしからん、もっとやれ!という風に思います。

芸術家であり、研究者であり、職人である彼らが普通の一般常識に囚われていてどうするのか、その道を極めるためにそれ以外のすべてを投げ打って精進してもらう障害になるものがあればそれが、モラルだろうとなんだろうと、全部捨ててしまえと。そう思います。

なので比較的寛容なのです。

ただ、法人格となると少し話は変わります。特に公益社団法人という存在の場合は特に注意しておくべきかと存じます。

ユニークな人間の集まりであろうと、法人格というのは個々人の属性とは別物です。そこには法人格としてのしきたりや嗜みというものがあります。

棋士たちが、将棋・対局というものを愛する気持ち、神聖視する理由は一将棋ファンとしても理解できるのですが、公益社団法人としての、法人格としての文章として、果たして上記の文章(及び両団体の今までのやり取り文章)がふさわしかったのだろうか?というとかなり違和感を私は覚えます。

ツイッターでとある方が、「米長邦雄継承の秘伝の怪文書」というような言い回しをされていましたが、確かに受け継がれてるなあ…ってそこ受け継ぐのかよ!受け継ぐならダブルピースだろ!っていう。そういう感じですよね。

とはいえ、一歩いい方に前進したことは間違いないので、どうか両団体の理事の方々、これ以上法人格として恥ずかしい文章を人前に晒すのを止めてください。一将棋ファンとして悲しいです。私からみれば、単なる兄弟げんかか痴話話です。

どうしてもこの話を続けたい場合は、法人格としてのフォーマリティを重視した優雅な文言・文章でのやりとりをお願いします。第三者にチェックしてもらってください。感情的な表現は避けてください。

どのぐらい恥ずかしい文章か?というと、某IT企業のエコノミストへの反論や、某国連でシャラップした人、それらと同じぐらい…というかそれより低く私は感じました。

「継承するならダブルピース」これを合言葉に今後はよろしくおねがいします。

(本当に谷川先生のダブルピースは見たかったです…)。

関連するタグ 大平武洋 加藤一二三 佐藤慎一 佐藤秀司 木村さゆり

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

棋聖戦が帰省? 慎一さんが綾ちゃんにお金を借りる、コンサルに弱い将棋会?の巻

棋聖戦が帰省?・・・どこに帰るんですか!?><

寧ろ、序列三位?に帰ってきてください!><

元々は「竜王≧名人>>棋聖≧王位≧王座≧棋王≧王将」というような序列だったのが、最下位の七位に転落したのが数年前ですか。

棋戦情報には、その序列順に表示されているはずです。

大和証券杯がなくなって、達人戦が縮小、そのかわり加古川戦ができて、将棋連盟の腹づもり次第ではありますが、電王戦はやろうと思えば毎年出来そう。

いやー盛り上がって来ましたね…。新聞っていうモデルはめちゃくちゃ儲かっていたはずで、錬金術に近い。紙をすればそれがお金に変わる…に等しかったわけで。

紙で新聞(NEWS)を読む層が死滅するのにあと20-30年ぐらいかかるのでそこに向けて徐々に衰退していく。産業やら文化の衰退というのは、見向きもされずにというよりは、その分野の参加者が出て行くのではなく、死に滅んでいく。

産経新聞って広告媒体としての価値というか広告価格も何というか…という感じで、なくなっていった新聞棋戦(を主催していた新聞)との共通性がとてもあるような気がします…将棋ファンなのでなくなる前提では書きませんが、共催とか予選のネット化とか、過激な一手しかないような気がするんですが…。

その国が衰退するか伸びていくかというのは、私が好きな本があるので紹介…しているところを紹介しますねw

国家が発展するときにはその政治・経済制度が「包括的」であり、没落する時は「収奪的」になる


国家はなぜ衰退するのか(上):権力・繁栄・貧困の起源
国家はなぜ衰退するのか(下):権力・繁栄・貧困の起源

これを将棋に置き換えると…良くわかりません!>< 助けて、コンサルちゃん!><

正直将棋でいうと形勢は思わしくないですね。ジリ貧の駒を後退させられるような展開。安くてもネット系媒体のところと組んで、予選はネット使って本戦だけ解説会セットで本社ビルで…どこかで聞いたことがある・・・けど今回は大丈夫なんです!><

+++++++++++++++++++++++

昨日は将棋が二局しかなかったようですね。佐藤慎一vs佐藤義戦とあやにゃんこと藤田綾女流と誰かの対戦だったらしくて。

フイたのが、藤田綾さんのツイッター。

今日対局中の出来事。お茶を買いに行こうとしたら4階のイスに座っていた同じく対局中の棋士の先生に「綾ちゃん!」と小声で呼び止められた。近づいてみると「お金貸して。」Σ(-∀-;)「お財布忘れた」と。あーびっくりした。しっかりしてください、慎一さん。

https://twitter.com/aya_fjt/status/349819019282493441



サザエさん、もしくは小学生か!www

この藤田綾さんのツイッターをみての私の感想が以下です。

#ShogiLive 佐藤慎-佐藤義 78手 △投了 藤田綾女流からお金を借りると勝てるという噂が広まり…やがて本格的に貸金業に進出。のちの藤田財閥である( ^ω^ )

https://twitter.com/shogiwatch/status/349820610228137985



いやーこれからは、勝つために藤田綾女流にお金を借りるのが流行ると思います。勝つためには手段を選ばない!…そしてこれが後の藤田ローンの始まりです。。

っていうか、どうやって連盟まで来たんでしょうか。自転車ですか。おサイフケータイとか持ってるタイプじゃないでしょう。もっとローテクな印象が…(失礼ですね・・・



いやーしかし、どうなるんでしょうか。どうするんでしょうか。前述のとおり、新聞との棋戦契約が拡大していくということは考えにくい。そういう中で朝日毎日の共催という奇手を通した米長邦雄はやはり希代の興行師だったように思いますね。

梅田望夫さん、ちきりんさん、などなんとなくコンサル風味のところと仲良くする展開もありなんですが、根本的な解決、拡大には至っていないか至らないような気がします。

電子書籍や観戦サイト、ネット対戦の拍子抜け感というか、もう一歩突き抜けない感は正直否めないです。

カロリーナ・ステチェンスカ、女流界隈がブレイクスルーをもたらすのか…というと、多様性の一つではあるものの、それだけではどうにもならないでしょう。

過去の埋没コンテンツの発掘&電子書籍化とか、そういうのもひっくるめて考えるとやっぱり関係しているところ全部で1つ箱を作って・・・とか思うんですけど、難しいんですかね。

ここからの連盟理事、会長の責任は重い…わけじゃないですが(今までも重いですが)、シンプルにすげー大変そうだなと思いました。

僕がこれまで関わってたコンサルだったら、フェイドアウトする局面ですね。。

関連するタグ 佐藤慎一 藤田綾 棋聖戦

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

8五飛戦法不発。斜め駒柱出現! 第84期棋聖戦第1局 ▲羽生善治 vs △渡辺明

渡辺明を冬将軍と呼んだのは、村山ジメイだっただろうか。将棋世界のハッシーとジメイの順位戦昇級予想、だったように記憶する。

その渡辺明が夏のタイトル挑戦に名乗りを上げた。しかも三冠同士の対戦で奪取側としての登場だd。

ブログにも書かれていたが、夏の着物を新調したとのことだったが、白の羽織が涼しげな初夏にぴったりだった。

戦型は横歩取りになった。意外な気もするが、最近の渡辺明三冠はたまに投入しており、以前の決め球だっただけあってそこそこの成果をあげている。(勝ち負けというよりは内容として)。

ただし本局は先手の羽生三冠が、やや珍しい手順を選択した。よくわからないが、後手の事前準備ではないような気がする形で、多少は研究の成果を出させない意図があるように思われる。

後手の猛攻か?と思ったが先手が積極的に動いて桂馬を互い違いに跳ねあう局面が午前中の時点ではやくも出現した。持ち時間がタイトル戦としては短めの、競馬でいえばマイル戦か1400mのような棋聖戦らしい展開だ。

いつもは、渡辺の準備に対応する羽生、という感じだが今回は羽生の準備に対応する渡辺、という構図。はい、BLじゃなくて将棋ですよ・・・。

ただ、この二人の戦いの場合、こういう渡辺がどこかで受けに転じる将棋というのは多いような気がする。昼食休憩前の局面は先手の羽生三冠が桂馬を捨てて猛攻、後手の渡辺三冠が唯一の角打ちで防御、という状況。

歩の枚数は後手が4枚、先手が2枚。

この歩の枚数の推移で双方の攻め・受けの状況が分かるのではないでしょうか。

単純には先手の駒台に歩が残ってる状態で先手の攻めが続いているうちはペースを握っている先手がややペースを握っているということです(あたりまえ)。

逆に桂損もありますし、歩が切れたときには後手のターン。とはいえ、短時間決戦、そしてこの二人の戦いでは後手が完勝する・・・というよりは、ぎりぎりワンチャンス生かして勝つかどうか?という感じになりそう。

羽生三冠と渡辺明三冠の良いところがそれぞれに発揮されそうな戦いでわくわくしますね。

昼食後に冷静に馬を逃げた先手の羽生三冠。こうなると桂馬を取り返すことができるのは間違いないので、馬得。飛車の位置も悪く、後手は角も手放してるので相当先手がよさそうです。

ここでしばし、後手の渡辺三冠が長考。

控室は後退させられた銀を再度守備に戻す手で難しいと言っていたが、流石に先手としてはそう進むのであれば不満はないところ。のちに控室でも後手に自信のない順が発見されたようだ。

悩んだ渡辺三冠は△7七歩と叩く。駒はとられる瞬間が一番働いている、の言葉通りの手ではある。すぐに金を横にずらす羽生三冠。そして△6六歩。焦点への歩だ。

6六の地点は玉のこびんであり、馬・飛車の利き所であり、どれでどのように対応するか?が悩ましい。羽生三冠の得意の羽生マジックのような、局面を複雑化させる目的の手順を後手の渡辺三冠が繰り出している・・・という印象。

船江恒平五段曰く、例えば▲同歩ならば、ばらばらっと手が進んだ後に△9二角打がある(4七の地点を狙える)と。。同馬、同飛でもそれぞれに狙いが生じる。焦点の歩らしい効能。

この辺を正確に指して乗り切ると先手の有利が確定的になるような気がする、そういう局面です。

そこからも細かく歩を活用する後手の渡辺明三冠ですが、正確に応じ続ける羽生三冠。

この日、ひさしぶりにポナンザがツイッターに降臨していて、とても萌えました。かわいかったです。

かわいかったですが、形勢判断はやはり正確無比という印象で、徐々に先手の形成が良くなっている様を示していました。

いま、16時前、70手目の局面ですが、ここでは先手がよさそうに見えます。有効手が一杯ありすぎて悩むような局面ですが、ここから綺麗にまとめるのが羽生将棋の神髄だと思いますので、じっくり味わいたいと思います。

・・・。そして17時。今80手目、すなわち1時間で10手進んだわけですが、駒台の歩の数は双方2枚づつ。先手の攻めがじりじりとしていますが、それに対して細かく技を掛けようとする後手・・・だが不発、という感じですね。

ニコ生に来ていた、電王戦仲間のサトシンこと慎一さんこと、男にモテるタイプのさとうしんいちさんは、95手で先手の勝ち、と言い残して去っていきました。。

そして代わりに登場したのが、上田女流と大平プロ。札幌帰りの大平先生はひときわ大きく見えますw

出てくるプロ全員が先手良しと断じるような局面が続きます。駒台の歩の数も遂に先手が豊富になっているという。

やはり羽生さんのすごいところは、こういう名人失うとか、奪取失敗とかで始まる4月・5月の悪い成績からでも7割ぐらいまで勝率持ってくるところですよね。

そういうのがとてもよく表れてる将棋だったと思います。奪取失敗の影響が全然次にでてない圧倒的な強さです。。

終盤、こういう言葉があるのかどうかわからないのですが、ツイッターのTL上で、斜め駒柱出現!という言葉が飛び交っていたのでみましたところ、たしかに97手目など何度か出現していた模様です。



最新の8五飛戦法 (プロ最前線シリーズ)最新の8五飛戦法 (プロ最前線シリーズ)
(2009/12/23)
高橋 道雄

商品詳細を見る



関連するタグ 渡辺明 羽生善治 船江恒平 佐藤慎一

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

【追加有】電王戦最終局、会見全文文字起こし&内容詳細&後日談【第1-5局完全版】

電王戦最終局に関する記事を以下にまとめてみました。ナビゲーションとしてお使いください。

将棋の進化の可能性&電王戦最終局の類似将棋が!(しかも塚田泰明vs田中寅彦) (04/21):後日談として。

全体会見:第二回電王戦最終局▲三浦弘行vs△GPS将棋 (04/20)電王戦全体の会見です。

記者会見:第二回電王戦最終局▲三浦弘行vs△GPS将棋 (04/20):最終局の記者会見。

感想戦:第二回電王戦最終局▲三浦弘行vs△GPS将棋 (04/20):最終局の感想戦

絶体絶命?!第二回電王戦最終局▲三浦弘行vs△GPS将棋 (04/20):終局前の私の感想

遺志を継ぐ弔合戦?第二回電王戦最終局▲三浦弘行vs△GPS将棋 (04/20):15時台途中経過の私の感想
========================================



以下、第五局の後日談的なものです。

将棋の進化の可能性&電王戦最終局の類似将棋が!(しかも塚田泰明vs田中寅彦)

電王戦最終局を「GPS将棋の探索木」で読んでみた。
========================================


以下、第一局から第四局の感想&会見書き起こしになります。

プロ棋士は強いんです!人間圧勝!第二回電王戦、阿部光瑠四段vs習甦

佐藤慎一敗れる。第二回電王戦第二局▲ポナンザ対△佐藤慎一

【追記有】将棋の常識が変わる?詰まし屋一閃?! 第二回電王戦、第3局▲船江恒平五段vs△ツツカナ

【追々々記有り】引き分け:入玉に賭ける星 第2回電王戦第4局 ▲Puella α vs △塚田泰明九段
========================================


以下、米長邦雄前会長が戦った第一回の感想。

第一回電王戦、ボンクラーズvs米長邦雄はCOMの圧勝


その他、もし電王戦に興味がある方は「将棋観戦記:電王戦」から遡ってみてください。結構ありますよ♪

観る将棋ファンに目覚めた貴方にオススメの三冊はこちら。これがあれば指せなくても十分楽しめます!

将棋・序盤完全ガイド 相居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)将棋・序盤完全ガイド 相居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
(2013/03/27)
上野 裕和

商品詳細を見る

将棋・序盤完全ガイド 振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)将棋・序盤完全ガイド 振り飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
(2012/10/16)
上野 裕和

商品詳細を見る

将棋手筋 基本のキ (マイナビ将棋BOOKS)将棋手筋 基本のキ (マイナビ将棋BOOKS)
(2013/04/13)
藤倉 勇樹

商品詳細を見る


関連するタグ 電王戦 三浦弘行 佐藤慎一 阿部光瑠 船江恒平 塚田泰明 米長邦雄 伊藤英紀

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

04/20のツイートまとめ

shogiwatch

確かにwww“@BoiRodriguez: 電王戦が終わって残念だけどホッとしている。五週間にわたり、土曜日は何もできなかったからね。”
04-20 20:11

というか、名残り惜しい…。読み終わりたくない小説を読み終えた気分だわ…
04-20 20:06

@Charkaid ども!(≧∇≦)
04-20 20:06

酔いが覚めたので飲み直します(笑)“@golgo56513: @shogiwatch アルコール入ってても良い仕事されますね。ある意味、そちらのほうに感心しましたよ!(^_^)”
04-20 20:04

NHK杯テレビトーナメントの明日の予定&先週の棋譜をチェック!→ http://t.co/XfRNhgQQdF
04-20 20:00

@maki_nayu ですね。持ってます彼は。
04-20 20:00

@golgo56513 どもですーw
04-20 19:59

ですね。可愛かった(笑)“@BunkaTabi: 今回の電王戦結果およびさっきのインタビューで阿部光瑠ファンがすごーく増えただろうな!”
04-20 19:58

@terummy10 コンピュータの通りというよりは、アドハンスド将棋、のような感じかも。相場はもう殆どがコンピュータというか、プログラム売買ですね。競馬もかなり入ってる印象です。
04-20 19:58

はー更新完了。疲れた…。自分の感想は後ほど。でもあの本当に楽しかったよね。コールくんは本当に大物たわ(笑)
04-20 19:56

続きを読む

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
6位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク