順位戦A級、一番長い日が終わる。

4月26日発売。これは面白そうですね。将棋指し57人の日常

さて。

A級順位戦ですが、ついに一番長い日が終わって、そして本当に長い日になったようですね。

私は翌日の野暮用などで行けなかったのですが、盛り上がってたので来年以降はなるべく調整したいと思います。

まずは結果から。

羽生善治挑戦、降級は谷川浩司、そして屋敷伸之。屋敷さんは3-6での降級なので深浦さんの4-5での不運というものとは少し違いますね。電王戦の準備等もあり、本人も言い訳にはしないでしょうが、全く関係無かったというわけではないと思います。

私はコンピュータとの対戦はしないのですが、理由としてはやはり感覚が破壊される…ではないですが、微妙な違和感を覚えずにはいられないからです。指し手の呼吸というかそういうものからして異質ですし。とはいえ、研究で使うプロも多いでしょうし、勿論コンピュータとの対戦を経て更に活躍している棋士もいるので難しいところですが。。

以下、ひとまず事実情報から。その後少しだけ感想を続けます。

[A級]
行方 尚史八段(6勝3敗)○-●屋敷 伸之九段(3勝6敗)…20時59分
郷田 真隆九段(3勝6敗)●-○羽生 善治三冠(8勝1敗)…23時18分
深浦 康市九段(5勝4敗)●-○谷川 浩司九段(2勝7敗)…23時36分
佐藤 康光九段(5勝4敗)○-●渡辺 明二冠(5勝4敗)…23時38分
三浦 弘行九段(4勝5敗)○-●久保 利明九段(4勝5敗)…2時0分


[A級成績一覧] ( )内は順位

【8勝1敗】羽生(1)
【6勝3敗】行方(9)
【5勝4敗】渡辺(4)、佐藤康(6)、深浦(7)
【4勝5敗】三浦(2)、久保(10)
【3勝6敗】郷田(3)、屋敷(5)
【2勝7敗】谷川(8)

そういえばこの日は対局を少し早めに開始したようですね。屋敷さんの敗戦を先ほど並べましたが、ちょっと不出来というか将棋の作り的に接戦になりにくいものだったような気はします。

行方尚史はなんというか、こういう全くプレッシャーのかからない展開では伸び伸びとその実力を発揮する印象があります。この実力をちゃんとプレッシャーのかかるところでも出せるかどうか?が団塊ジュニア世代の典型的な課題だと私は考えているのですが。そういう意味では三浦弘行と対極に位置する存在であり、それぞれが団塊ジュニア世代の代表として特徴的なタイプではないでしょうか。(世代論は…というのはありつつも)。

この順位二位を来期活かせるかどうか?ですね。

渡辺明二冠は例によってボールカウントの良い所で、消化試合ではないものの、影響の少ないところでトライアルとしての角交換振り飛車を投入してきました。このルーキーは来期活躍できるのでしょうか。それにしてもいい意味でA級とは思えない将棋になったのは、佐藤康光先生の人徳?ですねw

正直言って、振り飛車がうまくないとは言いませんが、いわゆる居飛車党の振り飛車だなあというのが個人的な感想です。居飛車党でたまに後手番でこういうことを演る人には分かってもらえると思いますが。なんというかやっぱりぎこちないですよね。

羽生さんは郷田さんに後手番の角換わり腰掛け銀を受けて立って余裕で勝ってましたね…なんなんでしょうかね、本当に。実力を最も発揮できる持ち時間の将棋でしっかりと勝ちきられると、長い間戦い続ける相手としては苦手意識をもたないほうが難しいというか。

しかも盤外じゃないだけに余計にたちが悪い気がしますw

人間的にも尊敬できるのに完膚なきまでに叩きのめされる。盤外戦術を全く使わないことがこういうことになっていくんだなという。

勿論、色々難しいところはあっての後手勝ちなんでしょうが、ぱっと並べただけだと後手つええ!ってかんじですよね。桂馬ではなく金でとるところとか、馬引きつけてからの指し回し・間合いは流石の一言でした。

深浦谷川戦はひとまずおいておきますか…少しだけ触れると深浦さんの負け将棋らしいな、という感じでしょうか。変なところに固執する空回り感のある将棋のような気がしました。

で、ですね。三浦弘行と久保利明の長時間に渡る戦い。これはなんというか、久保利明プロの良い所が発揮されまくってますね。降級とか残留とか、そういうのを超越した将棋でした。

なんというか、何度も羽生さんや羽生世代に折られて、それでものし上がってきた文字通りの鍛えや凄みを感じる将棋。

渡辺明プロの振り飛車と比較するとわかりますが、なんでしょうかこのネットリ感はw

ねちっこいんじゃないんですよね、ねっとりしてるんです。びびって控えるのではなく、次の覚悟が決まってるからこその備えという、振り飛車の本質が、真髄が随所にありますね。

やはり居飛車とは間合いの取り方が違うんだなあと、感覚的にはぁ~と唸らされる、驚かされる手が延々と続く感じ。ここ、壊してからまた修復するの?だったらなんで壊すの?みたいな。

行方尚史よりもロックですね。サーチアンドデストロイならぬ破壊と創造というか、杉本プロや窪田義行プロも特徴的な将棋ですが、久保さんのはもっとベーシックな感じではあるものの、そして超一流どころに互角以上に戦えるのに、やっぱりこういう居飛車からみて異質というか、簡単には負けないつくりなんですよねえ。

この日の将棋をみていて思ったのは、来期以降、居飛車党は本当に後手番の作戦が辛くなるだろうなということと、振り飛車の再度の流行の兆し、でしょうか。

たぶん、来期は振り飛車が来ますね。色々な意味で。そして昔のように力戦調の将棋が増えて、細かいアドリブを混ぜ込んだ、少しだけ悪いはずだけど、それでも力でそれを乗り越えていけるタイプの棋士が活躍するような気がします、はい糸谷哲郎ですねw

いやーいいもんみせてもらいました。応援掲示板(http://member.meijinsen.jp/pay/bbs/meijinsen/2014/03/07/1.html)の最後の方にのっている三浦弘行の言動がぐっとくるので、是非みてみてください。これみるだけでも、今期一年間順位戦に金払ってきて良かったなと思いました。やっぱり一年通してみるからこそ来るものだと思うんですよね、この感慨は。

三浦弘行の横顔が表紙ですね、そういえば。将棋世界 2014年 04月号 [雑誌]

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 羽生善治 渡辺明 佐藤康光 行方尚史 屋敷伸之 深浦康市 谷川浩司 久保利明 郷田真隆

行方四勝目。第72回順位戦A級7回戦

最後の握手 昭和を創った15人のプロ棋士

いや~凄い将棋だったと言ってもいいんでしょうか。

正直あの行方さんのやっぱり受けに回るんだなぁ…という所が、羽生さんに勝ちきれなかったことを思い出させるというか。

行方さんは勿論これでA級で勝ち越し状態になって残留もほぼ決めたわけですし、あの受けの手はプロらしいとも言える訳ですが、もたついてるとも言えるわけで。

投了図に至るこの勝着、王手飛車になる手というのも素晴らしい手というよりは佐藤さんのうっかりに近いような気もします。

序盤は佐藤さんらしい意欲的な作戦でしたが良い作戦には思えなかったです。金銀を寄せ集めても、投了図のように二三筋の金銀が全く役に立っていないという…。

一方の先手の方が居玉で、そっちの方が堅かったという。あいがかりというか、浮き飛車での殴り合いらしい大味さがあったように思います。

これでほぼ谷川会長の降級が決まりましたか…。


将棋でサッカーが面白くなる本―3日で理解できる将棋戦法入門

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 佐藤康光 行方尚史 相掛かり

横歩…取らず!第72期A級6回戦▲佐藤康光九段-△三浦弘行九段

両者2-3で迎えた一戦。

ここで2-4になるか、3-3になるか、は果てしなく大きい差がある。先手が佐藤、後手の三浦は横歩取りに誘導するだろう。というのは事前の予想。からの、佐藤の横歩取らずが出現した。

取る局面で取らずに飛車をひくのではなく、玉をすっと5八に上がった。佐藤康光ここにあり、という将棋になった。

…と以前のようにまじめに書こうと思ったんですが、ちょっと時間がないので簡単にw

中原流の相掛かりのような序盤の駒組みを先手が見せたんですが、そこから手損で一転、玉を囲って。それから端で開戦。なかなかワタシ好みの将棋でした。

言い方は悪いですが適当に攻めていてもなんとなく繋がって、後手はしっかり受けてるつもりでも、いつまでたっても攻めのターンが来ない、という如何にも相居飛車の後手番辛い…という展開でしたね。

それにしてもガンガンいくと見せて、玉を結局88まで囲った手順は本当に勉強になりました。

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 佐藤康光 三浦弘行

なめちゃん二連敗、昨日の佐藤羽生戦とか。

いやー夏バテ…ではないのですが、だるいのと忙しいのと、色々有りまして…。

そういうのに合わせて棋力を削がれる…もとい気力を削がれるようなことがあると滞るわけです、ブログも。

ネガティブな意味ではなくて、温度管理を間違えるとゼリーが固まらない、茶碗蒸しが出来ない、スポンジケーキが綺麗に膨らまない、そういうぐらいの話ですね。

無理に抗うことなく、ただ酒の海に漂う…はい、禁酒日はノンアルコールビールに漂うと。

来週からの二週間と一週間もちょっとアレでしてまあ、滞ることもあるかもしれないけど、私は元気です。生きよ!

風立ちぬのぬはなんのぬ?多分僕の予想だとフランス語だと思うんですよね。パリジェンヌ、みたいな。フレンチ訛りの英語だと語尾がNで終わるような言葉が全部ヌに聞こえる気がするんですよね。テレフォンヌ、みたいにね。

だから風立ちん!ってのを、フランス人が喋ったのが風立ちぬ。です。はい。これは歴史的事実ですから、マジレス的突っ込みは不要です。ナントカ行ナントカ活用とかいいですから。フレンチです。

というわけで、僕達の夏は終わった・・・じゃないですけど、なめちゃんこと行方尚史が、団鬼六の予想を覆して羽生さんにですね、連敗したわけです。しかも内容的に先後でどうなんでしょうか、ちょっとどういえばいいのかわからないんですが、順当感っていうんですかね。そういう感じで負けてる。

王位戦の第二局も一応途中まで書いてたんですが、結果見る前にいつもどおりに。でも負けちゃったのでなんとなく書けなくてやめました。

でもまだ最低2つありますから、ぜひ盛り返して欲しいところです。諦めたらそこで試合終了だよ。ってことで。

そして昨日のA級順位戦、佐藤康光vs羽生善治。往年の名勝負、って感じですよね。野球だったら。村田兆治vs門田博光みたいな。古過ぎますか。

でも将棋界だとあとそうですね、二〇年は軽くありそうですよね。二〇年後の将棋界がどんな風になってるのか全く想像つかないんですが、どうかカジノゲームとして世界に広まっていて欲しいです。

解説者「日本人プレイヤーは漢字駒に慣れすぎていてシンボリックな統一駒での不慣れが活躍できない原因ですね…」みたいな中継とかあったりしてね。

で、まあ佐藤康光さん。例の角交換振り飛車にして。まあこのへんで居飛車党のファンはちょっとがっかりして。で、8七にと金作られて流石に辛いだろ・・・と思って。しかもなんか玉頭方面で桂馬取られちゃって。これもまたがっくり。


・・・と思いきや、全然難しい将棋だったと。そして先手が盛り返しての激しい玉頭戦。かなり盛り上がりました。どっちが勝ってるかわからない深夜一時過ぎ、クライマックスの後手玉詰むや詰まざるや。

いやー、佐藤康光さんに勝って欲しかった。この将棋は。まだ写真は観てないのですが、普段は棋譜だけ見れれば正直写真は…という感じでもあるのですが、今日はこれから観たいと思います。

残念無念。

あ、別に行われていた渡辺明vs郷田真隆はあきらたんの勝ち。角換わり腰掛け銀でした。

第二回電王戦の書籍、売れてるみたいですね。うちからも一〇冊ぐらい売れてます。評判もなかなか。未読の方はぜひこの週末、書店で手にとって観てください。もしかしたらすでに売り切れかもですが。。


第2回電王戦のすべて第2回電王戦のすべて
(2013/07/25)
不明

商品詳細を見る
内容紹介
「棋士がコンピュータに負ける――。
そういう日が遠からず来ることがあるとしても、そこに自分が対局者としているなんて、一体いつから想像できただろう」(佐藤慎一)

ニコニコ生放送で累計200万人以上が視聴した、プロ棋士VSコンピュータ将棋による世紀の団体戦「第2回電王戦」。
あの戦いの真実を出場者本人が語ります。プロ棋士5人による濃密な自戦記。プログラマーによる対局分析。観戦記、コンピュータの歴史を語る座談会など。
「第2回電王戦のすべて」のタイトルにふさわしく、血の出るようなあの戦いをあらゆる角度から振り返る内容となっています。

特に、プロ棋士による書き下ろし自戦記はいずれも渾身の内容。一局一局にテーマがあり、ドラマがあり、棋士の人生があります。

第1局 やるべきことをやった 阿部光瑠
第2局 一局入魂 佐藤慎一
第3局 鏡を通して見えたもの 船江恒平
第4局 チームで勝ちたかった 塚田泰明
第5局 強敵と指せた喜び 三浦弘行

放送では観ることのできなかった舞台裏、対局者の心の揺れ動き、終わった今だから言えること・・・。あの春の決戦のすべてが、この一冊に凝縮されています。



テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 羽生善治 渡辺明 佐藤康光 郷田真隆

悪力?剛力! 第72期A級1回戦▲久保利明vs△佐藤康光

いやー佐藤康光すげえ。なんというか悪力というか剛力というか寧ろ剛力彩芽です!

まあ破壊力でいえばある意味剛力彩芽もなかなかですが…(ちなみに私は彼女のことを可愛いと思います。昔で言う…なんでしょうね?うしろの百太郎みたいで。

久しぶりにA級で久保利明の将棋が見れる。それだけで嬉しくなりますね。主に居飛車目線ですが、最強の振り飛車党を迎え撃つ、最強の居飛車軍という感じです。

久保利明ファンとしてはたまったもんじゃないと思いますが、見ててやはり1局ぐらいは純正振り飛車党がいたほうが楽しいですよね。

戦型は先手で端歩を突いたことによるゴキゲン中飛車に。後手の佐藤康光がいわゆる超速的な作戦を取る。個人的にはこの先手の作戦は寧ろありがたい気がする。端歩は居飛車の税金という言葉があるが、こっちがわの歩、玉側ではない端歩の価値というのは、やはり相対的に低いと思う。

久保の真意は定かではないが、左銀を超速に対抗する形で66に据えるのではなく、45までするすると出て行って玉頭銀のような展開を目指したように見えた。

しかしそれに対する後手の佐藤康光の応手がぶっ飛んだものだった。僅か24手目にして飛車先を突き捨てた。これは開戦の合図だ。次は普通の人間であれば、△7五歩からの飛車先突破だろう。

佐藤康光は違った。

飛車先を突き捨ててから、△5四歩。先手は中飛車である。歩が5五の地点にあり、位をとっている。どこかの時点で先手から▲5四歩と開戦するべきところだ。

それを突き上げた。いわゆる自玉の頭の歩を突く行為を地獄突きと呼んだりもするが、それに近い味わいがある一手。この一手をリアルタイムで見れただけでも、今月の五〇〇円の価値はあったように思う。

この手に対して、久保利明は棋士人生で一番の長考に入った。久しぶりのA級、準備した作戦。それが総て水の泡となる佐藤康光の踏み込みだった。

この手順の意味は、シンプルには先手の端歩を甘くする、というのがまずある。すぐに決戦してしまう。端歩を突いて、自陣の備えを犠牲にして銀を繰り出した先手に対して一気に決戦に持ち込もうということだ。

後手の陣形も良くないが通常一路振り飛車より戦場に近いところに玉を置いて戦う居飛車急戦を思えば本譜は割に合う条件だ。

何よりも先手玉がまだ一歩しか動いていないのだから。

もし端歩を突かなければこういう中飛車にはならないところなので微妙だが、同様に進んでいたとしたら玉の位置が四筋ではなく三筋にいたわけで、それと比較するとかなり先手の条件が悪くなっている。

この地獄突きの局面では微差だとは思うが後手が良いと思う。長考に沈んだ久保利明だったが、ここでは同銀しかなかった。

瞬間的だろうが、捌きのアーティストの駒達が一気に重くなった瞬間でもある。そういう意味でもこの佐藤康光の奇手は成功していると言える。

三六手目にどーんと△5三金と金銀交換を強要して、ついに前述の手の成立が確定した。あくまで積極的に必然の順を選択のしようがない道を強制する。

一瞬、捌きのアーティストっぽい手順が出るのだが、角銀交換の駒損で、いつもは捌けている久保の左翼の桂馬と香車は残っている。そして44手目に銀の押し売りが出て取れないようではやはり先手が辛いように思う。(取ると角を打たれて飛車金取り)。

48手目に△8八角と佐藤康光が打った時にまた久保利明が長考したように記憶しているが私は軽く▲6六金を第一感で読んだ。ただし、強い人はこういうところでしっかり指すもので、寧ろ▲8七金も考えたぐらいだ、という感想戦のコメントには驚いた。

先手が気を取り直して玉を二筋まで逃し、後手も玉の備えをしてから攻撃再開したのが62手目の△7三桂。このへんでは後手の角が劣化銀と化しているが、馬も手厚いので私は後手を持ちたいと思う。

ただし金銀の物量が先手の強みで、もし仮に戦果なく後手の馬が消えるようなことがあれば途端に後手が苦しくなる気もする。その程度の優位だろう。プロ将棋らしいバランスのとれ方だ。

ただ後手番で局面をつくりに行って微差とはいえ有利というのは精神的には良いものだと思う。

後手の桂馬の活躍が確定した66手目の△5六歩は勝利打点の味。乱打戦のような序盤から膠着した中盤で入った貴重な追加点、という印象の一着だ。実利をもたらす分かりやすい手。

その後飛車は取り合ったが、先手の唯一の主張だった金銀の物量が活きない展開となり、ほどなく佐藤康光が勝利を収めた。

手数としては100手程度の短い将棋だったが、序盤からの緩みのないやり取りで、非常に長く緊迫した局面が続いたので130手ぐらいの将棋のような充実感をもたらしてくれた。

やはり佐藤康光の将棋は面白い!剛力彩芽




テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 佐藤康光 久保利明 剛力彩芽