藤井聡太、ついに敗れる。(佐々木勇気、完勝)

んーこれは仕方ない。仕方ないし、長い目でみれば将棋界全体にとっても佐々木勇気にとっても、そして藤井聡太にとってもよい勝負だったように思う。

佐々木勇気が先手を得て、瞑想ののちに▲26歩と相掛かりを志向。後手も追従するが序盤の細かい手順がちょっと怪しい。なんというか普通の相掛かりではないことは分かる。特に意表の玉上がり▲68玉。

暫く進んで判明したのは、お互いに横歩を取るしか無い状況になっていた、ということ。そのための、金に紐をつける意味での68玉だったんだ。

序盤から用意のある佐々木勇気と、その用意が何なのかどういう展開が待っているのかを必死に読む藤井聡太。

佐々木勇気はこの対局が確定する前から、来ることに備えて実際の対局場に訪れ滞在し、肌で藤井聡太の将棋を感じていた。棋譜や中継からでは分からないプロ棋士もしかするとトッププロだけにわかる間合いは呼吸のようなものを五感を総動員し、第六感も駆り出して藤井聡太の将棋を感じ取っていた。

元々、藤井聡太が現れる前の天才といえば増田康宏であり佐々木勇気だった。二人共中学生プロの可能性があり期待され、しかし少しだけ遅れてプロになった。その後も活躍を期待されていたし今でもされているし、徐々に頭角を表し始めている。でもこの成績では、この棋士の才能を考えると物足りない、そういう成績だった。

増田康宏の師匠の森下卓は辛口で知られる。特にその才能に関する表現は辛辣にして正確を極める。その師匠が手放しに賞賛する増田康宏の才能。深浦康市ほどの努力をしていれば今頃竜王だったはずだ、という師匠の表現に増田康宏への期待を伺わせる。

佐々木勇気の師匠の石田和雄も同様に手塩にかけて育てた佐々木勇気の才能を愛する。石田和雄の場合は才能というよりも佐々木勇気という人間そのものを愛しているようにも見える。目に入れても痛くないという表現がふさわしい溺愛ぶりだ。

佐々木勇気はイケメンだが天衣無縫、天真爛漫という四文字熟語がぴったりな、天才かつ天然のプロ棋士。小学4年で小学生名人になるなどその才能に間違いはなく、世代トップの棋士であり、その世代は佐々木勇気世代と呼ばれるにふさわしい存在だ。年下との対戦となると普通はやりにくさを感じるところだが、佐々木勇気はその性格ゆえに気負いすぎないようにするどころか、気負いすぎることでむしろその状況を見えなくしたのではないか。

ここから一生続く戦いのなかで、この一局は単なる一局ではないことを理解し全力で万全の準備で勝負に臨んでいた。この一局で得たものは単なる一勝ではなく、佐々木勇気という一人の天才がついにその本領を発揮する第一歩のようにも見える。

藤井聡太にしても、29勝という歴代新記録を樹立し、8つも年上の実力者の先手番の用意に、全力を尽くして立ち向かい、負けるにしても最後までその才能を感じさせる指し回しだった。負けてもなお、ケレン味のない時間の使い方の上手さや、対局後の会見での精神年齢の高さを見せた。

いつか連勝は途切れる。しかしどこでどのように途切れるか?というのは重要で、ここで止まったのはむしろ良かった。佐々木勇気という大天才が完璧な準備と指し回しで止めたということに意味がある。

藤井聡太はこれからも実力を発揮し続けるだろう。次からの数戦、まだ大記録の余韻のようなものが本人には無くともメディアには残っているかもしれないが、それを気にせず実力を発揮して欲しいと思う。

以下、当日朝に終わったアンケート結果。

一票差?で佐々木勇気の勝利が予想されていた。このアンケートは3日間行ったが、面白かったのが序盤は藤井聡太がリードし、徐々に佐々木勇気が追いつき最後の数分で追い越したこと。観る将棋ファンの目利き力を感じたアンケートだった。

関連するタグ 藤井聡太 佐々木勇気

テーマ : 将棋
ジャンル : ゲーム

佐々木勇気が走る!(6月13日の順位戦C1の感想)

今期は佐々木勇気が走るんじゃないか?と思います。

C1は昔から煮詰まっていて、強い人しかいないので1敗でも順位が下だとどうか?という感じ。過去の昇段者の平均負け数でいうと、71期から75期までの過去5年間10人でなんと1敗。(全勝一人、二敗一人。あとは全員一敗)。

というのは、多分所属していて昇級を狙っている人達全員知っているんでしょうけど。しかし早速初戦で有力な候補二人が負けました。

一人が永瀬さん。誰もが認める実力、高勝率ですが、微妙に順位戦では空回りしています。昨晩も指し直しになった局、序盤が流石にこれは作戦負けになるのでは?という展開でした。あとは天才を相手にするとやはりどの棋士も本気を出してくるという面もあるかと思います。

特に高橋道雄先生は名人まであと一歩まで行った、複数タイトル保持していた棋士なので。矢倉と横歩という、両方とも得意の形であったことも大きかったかもしれません。

もう一人が青嶋さん。対戦相手が豊川さんということでちょっと流石にこれは厳しいかな?と思っていましたが、先手の新型雁木に対する豊川さんの構想が良かったですね。菊水矢倉、しゃがみ矢倉。一時期、女流タイトル戦に矢内さんが沢山登場していた頃に多用していたので矢内矢倉とも呼ばれていました。

雁木は低く構えて攻撃する形ですが、低さには低さ、としたのが良かった感じでしょうか。先手の青嶋さんの角上がりから桂馬跳ねが若干陣形を上ずらせたというかサッカーでいうとバイタルエリアが空いてしまった感じ、でしょうか。

この二人が負けた結果、上位陣4名のうち、抜け番の千田さん以外全員負けという(小林裕も佐々木勇気に負けた)。


で、対戦表をみていて誰が今期はあがるのかな?とみていて思ったのが、冒頭の佐々木勇気。

順位が6位と悪くなく、対戦相手がキツすぎないのがポイント(ゆるいとは言わない。C1以上はどこまで行っても相手が強いので)。永瀬と青嶋は四回戦で潰し合うのでどちらかは最低でも2敗するのが大きい。次に上がりそうなのが、順位2位で昨日は抜け番だった千田。ここも当たりがそこまでキツくない。全勝まであるでしょう。順位が下でチャンスがありそうなのが船江と高崎。ただ上位陣が1敗までしかしない可能性があるので全勝の必要あり。


という感じでしょうか。


今の30代前半から20代の棋士たちは総じて努力を続けていて、しかもようやく羽生世代が世代交代を許してくれる感じになってきたのでここからが俺たちの時代だ!と思っていたはずですが、藤井聡太の登場により55年組状態どころか、一時代すら築けない可能性がでてきました。今の藤井聡太の連勝をみて、より一層精進してくることでしょう。

これから藤井聡太と対戦していってどういう結果になるのか、今から楽しみですね。

関連するタグ 佐々木勇気

テーマ : 将棋
ジャンル : ゲーム

昨日の第72期C級2組順位戦の結果(大石プロ全勝!)

泣き虫しょったんの奇跡 完全版 サラリーマンから将棋のプロへ (講談社文庫) これ、Kindle版も出てるんですね。525円。気軽に読めて死ぬほど泣けるので、観る将棋ファンにピッタリ。Kindleトライアルでどうぞ。スマホでニュースとか見てるひとならKindleもスマホで全然読めますよ。

さて。

昨日のC2の最終節についてです。まずは事実情報から。

【10勝0敗】大石(18)
【9勝1敗】澤田(4)
【8勝2敗】佐々勇(5)、永瀬(6)、村田智(32*)、千田(45)
【7勝3敗】村田顕(7)、及川(10)、阿部光(14)
【6勝4敗】横山(3)、矢倉(9)、吉田(13)、中村亮(19)、高見(23)、田中悠(26)、藤原(31**)、小倉(38*)
【5勝5敗】西川和(8*)、佐藤紳(15)、岡崎(16*)、八代(17)、佐藤慎(20)、中座(22*)、佐藤和(29)、長岡(33**)、藤森(34)、遠山(40**)、石田(44)
【4勝6敗】中田功(11)、西尾(12)、伊藤(24)、牧野(28)、瀬川(39*)
【3勝7敗】森(1)、内藤(2)、神崎(21)、村中(25)、勝又(27)、門倉(30)、増田(36*)、伊奈(42**)、上村(43)
【2勝8敗】田中魁(35)、石川(37*)、西川慶(41*)、竹内(46)

ぱっと見では、やはり大石の全勝が目立ちますね。そして澤田との森信門下ワンツーという点も。佐々木世代といってもいい世代代表格の佐々木勇気もちゃんと昇級しました。

棋風転換した永瀬は序盤の出遅れがあってのここなので上出来でしょうか。来期は上がると思います。

で、降級点周りの話でいくと、まずは藤原先生の勝ち越しで1点消しは前回で決まってましたね。新四段界隈では竹内、上村がとっています。ともに2勝、3勝ということで来期頑張らないと精神的によろしくないでしょうね…恐ろしい世界です。。

3点目でフリークラス行きが決まったのは渡辺明の義理の兄でもある伊奈プロ。勝又プロから下に降級点が付きました。

まだ取組表決まってないのでわかりませんが、来期は阿部光瑠、永瀬拓矢、高見、あたりがあがりそうです。特に矢倉の得意な高見あたりは順位戦向きな気がします。

大石澤田に続く三人目は、佐々木か永瀬か?或いは・・・

昇級確定者は大石直嗣六段と澤田真吾五段。残り1枠は佐々木勇気、永瀬ボーイら四名での争い。降級点もぼちぼち決まってきましたね。勝ち越しで降級点を消した藤原プロは流石としか言い様がないです。

昇級した大石直嗣六段と澤田真吾五段は森門下ですね。どちらもあがって当然という感じがします。中終盤の粘り強さは森門下の特徴ですが、それ以外にも特徴がある二人ですね。

澤田真吾五段は不思議な魅力のある棋士です。米長邦雄から毒気を抜いて天然成分を足したような将棋。泥沼流的な魅力があるやや不利なときの中終盤が私は好きです。

対する大石直嗣六段は、森門下としては糸谷哲郎プロと合わせて序盤が上手いというか研究が深いタイプでしょうか。中盤のじっくりとした指し回し、慌てないところはまさに順位戦向きで、肝っ玉のありそうなところが大物食いだけではなく、大きなトーナメントでも勝ち上がっていく雰囲気があります。

残り一枠、佐々木世代としてリーダーの佐々木勇気が頑張るのか、或いはすでに老成されたような永瀬ボーイが序盤の出遅れから一気にまくるのか。村田千田にも当然チャンスはあると思いますが、自力の佐々木が決めてほしい…と思いますがどうなるか。ただ、佐々木も永瀬も相手は手強いので三番手にもチャンスはあるかもしれません。



以下、事実情報としての結果と順位。

[C級2組]
田中 魁秀九段(2勝7敗)●-○伊藤 真吾五段(4勝5敗)…16時20分
(伊奈 祐介六段-村田 智弘六段…17時13分千日手成立)
大石 直嗣六段(9勝0敗)○-●中田 功七段(4勝5敗)…17時47分
岡崎 洋六段(4勝5敗)●-○田中 悠一四段(5勝4敗)…17時59分
西川 慶二七段(2勝7敗)●-○神崎 健二七段(3勝6敗)…20時42分
石川 陽生七段(2勝7敗)○-●森 けい二九段(3勝6敗)…20時50分
藤森 哲也四段(5勝4敗)○-●瀬川 晶司五段(4勝5敗)…21時13分
吉田 正和五段(5勝4敗)○-●竹内 雄悟四段(1勝8敗)…21時21分
小倉 久史七段(6勝3敗)○-●佐藤 和俊五段(4勝5敗)…21時25分
永瀬 拓矢六段(7勝2敗)○-●矢倉 規広六段(6勝3敗)…21時56分
門倉 啓太四段(2勝7敗)●-○阿部 光瑠四段(6勝3敗)…22時12分
及川 拓馬五段(6勝3敗)●-○佐藤 慎一四段(4勝5敗)…22時28分
牧野 光則四段(4勝5敗)●-○上村 亘四段(3勝6敗)…23時4分
増田 裕司六段(3勝6敗)○-●内藤 國雄九段(2勝7敗)…23時17分
西尾 明六段(4勝5敗)○-●高見 泰地四段(6勝3敗)…23時58分
佐々木 勇気四段(7勝2敗)○-●千田 翔太四段(7勝2敗)…0時0分
長岡 裕也五段(5勝4敗)○-●遠山 雄亮五段(5勝4敗)…0時7分
藤原 直哉七段(6勝3敗)○-●勝又 清和六段(2勝7敗)…0時16分
横山 泰明六段(5勝4敗)○-●中座 真七段(4勝5敗)…0時21分
佐藤 紳哉六段(5勝4敗)○-●西川 和宏四段(5勝4敗)…0時27分
澤田 真吾五段(8勝1敗)○-●村田 顕弘五段(6勝3敗)…0時42分
八代 弥四段(4勝5敗)●-○中村 亮介五段(6勝3敗)…0時49分
村田 智弘六段(7勝2敗)○-●伊奈 祐介六段(2勝7敗)…0時56分
村中 秀史六段(3勝6敗)●-○石田 直裕四段(4勝5敗)…1時0分


【9勝0敗】大石(18)
【8勝1敗】澤田(4)
【7勝2敗】佐々勇(5)、永瀬(6)、村田智(32*)、千田(45)
【6勝3敗】村田顕(7)、矢倉(9)、及川(10)、阿部光(14)、中村亮(19)、高見(23)、藤原(31**)、小倉(38*)
【5勝4敗】横山(3)、西川和(8*)、吉田(13)、佐藤紳(15)、田中悠(26)、長岡(33**)、藤森(34)、遠山(40**)
【4勝5敗】中田功(11)、西尾(12)、岡崎(16*)、八代(17)、佐藤慎(20)、中座(22*)、伊藤(24)、牧野(28)、佐藤和(29)、瀬川(39*)、石田(44)
【3勝6敗】森(1)、神崎(21)、村中(25)、増田(36*)、上村(43)
【2勝7敗】内藤(2)、勝又(27)、門倉(30)、田中魁(35)、石川(37*)、西川慶(41*)、伊奈(42**)
【1勝8敗】竹内(46)

関連するタグ 大石直嗣 永瀬拓矢 佐々木勇気 澤田真吾

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

佐々木勇気、加古川青流戦で優勝!そして田中まーくん、完投勝利!


迷いながら、強くなる (単行本)

いやー昨日も日本シリーズみてたんですけど。

途中までは息の詰まるいい勝負でした。しかし、あの楽天の二点目、一塁ヘッドスライディングからの余裕でアウトのタイミングがまさかのセーフからの一点。

・・・ありえへん。

あんなのありえへんですわ。

いくら先輩の加藤一二三先生だからっていってね、許されることと許されないことがありますわ。

今時間切れたんじゃないですかー!?後でビデオで確認してくださいよー。ちゃんと秒を読んでくださいよ!

って、僕はテレビに叫んでましたね。阿部隆プロの気持ちが今わかりました。(参考:http://d.hatena.ne.jp/cammy12/20050526#p2

まーくんに一点でも重いのに二点。しかも、次の回にホームランが出てるんですよね…。

延長線になれば総力に劣る楽天は辛かったと思いますが、それでもまーくんの底力を見たかった。本当のまーくん、スーパーまーくん人の更にうえ、界王拳3倍ならぬ、楽天ポイント3倍ですよ。。

南米だったら、マフィアが今頃…というアレでしたね。平和な日本でよかった。ただ審判もちょっと涙目になってましたし、勝負自体はこれでぐぐっと楽しくなったということでよしとしますか。

今後も将棋観戦ならぬ、野球観戦、将棋を楽しむように野球を楽しむ、をモットーにがんばります。はい。


で、加古川青流戦なんですが、なんというか、佐々木勇気ショウ、ッて感じでしたね。

若さ故の荒削りさ、しかし猛烈な攻めっけ、みたいな。抜群の熟女ウケだと思います。二局目もだいぶ佐々木勇気が結構良かったはずですが、すごい負け方しました。

ツイッターじょうでは、その負けたあとの様子をみていた諏訪さんが呟いてましたが、かなりがっくりとうなだれていたと。

しかし三局目は圧勝でしたね。いわゆる中押しというやつで、この攻めの強さが彼の将棋の本質なんだろうなと思いました。

個人的には千田さんの将棋も好きな棋風なので残念でしたが、ある意味勝つべき人が勝ったといえるんじゃないかなと思いました。佐々木勇気くんは今後の棋界を担う人であり、10年後の中心人物であるはずなので。

カミカミだったという、優勝後のコメントも聞いてみたかったので、週刊将棋などでチェックしたいと思います。


迷いながら、強くなる (単行本)迷いながら、強くなる (単行本)
(2013/11/01)
羽生 善治

商品詳細を見る




関連するタグ 佐々木勇気 加藤一二三 阿部隆 千田翔太

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク