竹内雄悟新四段に!(千田翔太と森門下ワンツーフィニッシュ!)第52回奨励会三段リーグ戦

第52回奨励会三段リーグ戦が決着したようだ。

竹内雄悟三段が新四段に

1987年12月17日生まれ(25歳) 広島県広島市出身

奨励会入会
2004年9月
三段リーグ入
2008年10月(第44回奨励会三段リーグから)
得意戦法
振り飛車
将棋を始めたきっかけ
祖父に教わった
本人のコメント
「まだふわふわしている感じです。緊張しやすいタイプなので、今日の1局目は、競争相手の勝敗を見ずに2局目を戦いました。連勝して、周りの人に上がっているよ、と言われて、『えっ、本当!』と声が出て、うれしさがこみ上げてきました。師匠を安心させられて、とてもうれしいです。」



年齢と在籍期間から考えると???という感じだったが、奨励会のデータベースをみて理由がわかった。16歳、3級での入会のようだ。年齢は24歳だが在籍は9年と長すぎる感じではない。

面白いのがその成績で、3級・2級・1級はかなり苦労している印象がある。それぞれに半年・一年・一年という具合。ただそこで奨励会の水に馴染んだのか、初段・二段は良いペース。

このあたりは、入会年齢というのが大きく関係していそうな気がする。1人だけアウェイ感があったのが級位者時代だったのではないだろうか。

三段リーグは前期までで八期在籍し、ちょうど指し分けの成績。今期は最終節を五敗で迎えたが五敗勢五名の中で一番下だったので、連勝したのは五敗勢で竹内雄悟だけだったということだ。

凄く突出した成績ではないが、必ずその環境・クラスにアジャストしていくタイプのようで、田中悠一西川和宏というような雰囲気を、成績推移から感じるのだが、森門下なのでもっと力戦風味なのだろうか?同じ広島ということで今泉健司さんのような将棋だと楽しそう(だが苦労するかなその場合は…)。

振り飛車党でC2初参戦ということでいうと、降級点をもらう可能性もあると思うが、そのうちアジャストしてくるのではないか。奨励会での成長のようにじっくりとしかし確実に伸びていくだろう。


聖の青春 (講談社文庫)聖の青春 (講談社文庫)
(2002/05/07)
大崎 善生

商品詳細を見る






関連するタグ 竹内雄悟 千田翔太 今泉健司 田中悠一 西川和宏

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

GPS将棋に勝てたら100万円!4日目はゼロ勝。(最終日は既に3人以上並んでる…)。

秒読みちゃん!><

・・・。

えーと。

今、起きたら深夜だったので、ニコ生本社前に並ぼうかな?と一瞬思ったら、本当に既に並んでるらしいです…。既に3人いるという話が松本博文さんのブログでありました→http://mtmt-blog.com/?p=4939

2時の時点で5名。Xさん、松本博文さん、Xさん、郷右近力さん、長岡俊勝さん。という並びらしいです。この調子だと朝6時の時点では埋まってそうですかね。始発勝負となりそう。幼稚園のお受験の頃を思い出します…。私も朝3時から並びましたw

さて、4日目。この日も恐ろしいほどにトップクラスの面々が出てましたが、全敗。原因?GPSの勝因?は、ドスパラのハイスペックPC。ノートとは思えない分厚さの凄いものをつかっていました。

core i7-3970X EE GT 620
core i7-3970X EE GT 680
core i7-3930K GTX 680M SLI

という代物でした…。最終日も稼働予定。

東大将棋部の作戦がなかなか良さそうで、初手▲6六歩とすると、相振り飛車になる。そこからコンピューターは穴熊にしつつ、一筋から無理攻めしてくるので上手く指すと入玉できるかもしれない。という感じ。普通には勝てそうもないですね。

ponanzaの開発者の山本さんは稲庭でじっくり煮込んで400手指してから固く囲うと暴発してくるのでそれで100万円を狙っていたらしい。ただその辺を知らない主催者側からの指示?で途中退場となりましたw

良くも悪くもこの電王戦でうかがい知る山本さんのほのぼの人柄に関するエピソードがまた一つ加わった瞬間でした。

後半戦でGPSの振り飛車にイビアナ模様から強く6五歩と開戦した将棋がありましたが、美濃に対して一段飛車から▲6二銀と打ち込んで手持ち角残り、という例の手筋が炸裂した?という展開。

その筋に粛々と入り込んで勝ち、と読んでるのがGPS将棋の読みの深さを示していました。人間であれば絶対にリスクを取らない、その筋で勝ちと思ってもよっぽどのことがなければ指さない手順でした。

最終3-5名のところにもうようよとトップアマがいましたが、小木ポールさんは相振り飛車で序盤の隙を突かれてしまい、すぐに苦しくなってましたし、木村秀利さんも相穴熊に組み上げましたが攻めが頓挫。

注目の現時点アマ最強レベルというかほぼプロレベルの今泉健司さんは得意の力戦型の振り飛車から上手く捌きましたが、これまたGPS将棋が力強い玉捌きでぎりぎりにしのぎ切りました。

玉を泳がしてから、今度は人間だったら決め時と思うところで数手じっくり指したのが印象的でした。

ここまで見た印象としては、やはりアマの序盤力だと作戦をかなり事前準備しておく必要がありそうだなと思いました。

前半で登場した郷右近力さんは元奨励会。H13年入会でたまたま偶然にも解説の渡辺大夢プロと同期でした。関東同期でプロになったのは渡辺大夢四段だけなので将棋の厳しさがわかりますね…。

この郷右近力さんが用いたのが雁木。渡辺大夢プロ曰く、郷右近力さんの得意戦法らしく実際序盤はなかなか良さそうに見えた。私もこう進むかな?とつぶやいた手順で馬を作って好調そうにみえましたが弱点の5七の地点を攻められてノックアウト。こういう派手な応酬では難しいのだな、と分かった一局でした。

激しい応酬で思い出したのが、鎌鉾太郎さん?というHNの方。将棋倶楽部24でR2800点という強豪で初戦は千日手という判定から次で中座飛車の最新型になり、GPS将棋が定跡から外れた手を指したのですが、これがとんだ毒まんじゅうで、応手を誤った瞬間強烈な桂馬のタダ捨てが炸裂しました。(ただし渡辺大夢プロが読んでいたのが流石。)

トップアマの加藤幸男さんは右玉から高速手待ちでGPS将棋の時間を削りました。これは正直私が将棋ウォーズで格上でも格下でも用いる作戦の一つなんですが…。三分切れ負けで使うとそれなりに有効です。打開手順も用意してるので、千日手模様と見せかけて打開!…したと見せかけてまた手待ち。というw

ただし三〇秒秒読みがあるので(秒読みちゃん!><)、ちょっとGPS将棋の穴熊に右玉で勝てるイメージがないですね…。結果も鮮やかな決め手が炸裂して投了となりました。

戦前は、百万円多発するのでは?と思っていましたが、ノートPCのスペックは誤算。明日もこのPCが投入されるので、人間側は相当苦戦しそうです。

本当に電王戦が楽しみになって来ましたね。これでプロが勝ち越せば、プロつええええ!となることは間違いなしです。ちなみに渡辺大夢プロは、十番勝負をやった場合、負け越したくはないですが、今日見て相当脅威に感じた、というような感想を残されていました。


羽生さんが指したらどうなるのか?はぶっちゃけみたいですね。人類最強棋士がその全盛期に指すことにこそ、意味があると思うんですが。。どっかの死ぬほど金持ちの道楽で実現しませんかね?

将棋世界Special Vol.2 「羽生善治」 (マイナビムック) 将棋世界Special Vol.2 「羽生善治」 (マイナビムック) 
(2013/01/31)
将棋世界編集部

商品詳細を見る
トップ棋士に焦点を当てた、ムック・シリーズの第2弾は「羽生善治」です。
囲碁トップ棋士である張栩棋聖との対談。作家・大崎善生氏や、チェスプレイヤー・ジャックピノー氏による評論、渡辺明竜王、森内俊之名人、郷田真隆棋王、佐藤康光王将、谷川浩司九段ら28人の棋士が選ぶ「羽生将棋名シーン28」、ほかにもロングインタビュー、記録・データ分析、100の質問、豊富なカラー写真など、さまざまな角度から羽生三冠の魅力を紹介。棋士・羽生善治のすべてが分かる一冊。将棋初心者や見る将棋ファン、女性、子どもでも気軽にお楽しみいただける内容です。


関連するタグ 渡辺大夢 郷右近力 長岡俊勝 松本博文 今泉健司 加藤幸男 GPS将棋 GPS将棋 ポナンザ 森内俊之

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

第65回全日本アマチュア名人戦、今泉健司さん(広島)初優勝

全日本アマチュア名人戦が9月25日放映され、優勝は今泉健司(広島)、準優勝は加來博洋(東京)となった。

実際の対局は9月12日に行われ、すでに結果が、発表されていた。

将棋の第65回全日本アマチュア名人戦全国大会最終日は12日、東京都港区のチサンホテル浜松町で行われ、今泉健司さん(広島)が初優勝した。

 今泉さんは決勝で実績十分の加来博洋さん(東京)と対戦。元奨励会三段同士の対決となり、相振り飛車の力戦から今泉さんの鋭い攻めが決まった。準決勝で今泉さんは前回アマ名人の井上徹也さん(長野)を、加来さんは初出場の水谷創さん(愛知)をそれぞれ破った。

 アマ名人に輝いた今泉さんは38歳の会社員。2006年のアマ竜王戦など全国大会で優勝した実績を持つ。アマ名人戦では、3度目の出場を実らせた。

将棋、広島の今泉さんが初優勝 アマ名人戦



上記のリンクに出ている今泉健司さんは、以前の写真よりも髪型がさっぱりしており、社会人らしい姿に見える。昔よりもずっとプロ棋士っぽい。少し痩せられたのだろうか、精悍な顔つきに見える。

お二人とも元奨励会三段であり、その時点、当時のプロの底辺よりも当然に強い実力を有していただろう。実績としても加来博洋さんの赤旗新人王戦決勝戦へ進出している(決勝では2-1で阿部健治郎プロに敗れた)。今泉健司さんは、あの恐ろしい合格ルールである三段リーグ参入試験を通って再チャレンジを果たしている。(加来博洋さんもチャレンジしているが不合格)。

どちらもプロレベルの実力を持ちつつもやや力戦に強みをもつ共通点があり、加来博洋さんは独特な右玉調の受け将棋と強い終盤力を有し、今泉健司さんは升田賞を受賞した「△3二飛戦法」の開発者であり、振り飛車を得意とする。

この二人の対戦ということで相振り飛車になったようだが、棋譜は見ていないが、独特な定跡型ではない相振り飛車の可能性も高いのではないか。力戦調のMY定跡好きとしては是非後ほど拝見したいと考えている。

元奨の真実、などで拝見した内容から今後の行く末を他人事ながらに気にしてしまったりもしたが、将棋愛を失わずに、よりパリッとしたご様子の写真が出ており、勝手に安心した。

今泉健司さん、本当におめでとうございます!

関連するタグ 加來博洋 今泉健司 相振り飛車

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
6位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク