ものすごく雑感(王座戦の森内中村太戦、竜王戦の井上行方戦等)

いつもが落書きだとすると、今回は落書きですらないぐらいのものになります。

昨日は携帯中継が四局ありました。女流プロのは正直まだ全然みてないです。今から見ます。中井先生の将棋は割りと居飛車党で切れ味鋭く、そして粘りも単なるクソ粘りじゃないので好きです。

今見たんですが、後手の香川さんが後手での石田流なんですね。これ、私がクソ戦法と呼んでるものなんですが…なんというか、将棋ウォーズで結構みませんか?3二飛戦法を封じたと思ったらこれですか…という。

私の対策との違いを見る意味では非常に勉強になりました。後手は無理筋なんだけど経験値の差で戦おうというもので、三分切れ負けということを考えると実践的ではあるのですが、なんというか志の低い作戦ではあります。まあもっと志の低いのが私の作戦なんですが。

たいてい相手が志の低い、といったらそれはやられるとちょっと嫌、ということの裏返しでもあるので、どんどんやりましょうw

本譜の展開をみると、かなり後手としては成功している。あとは自力で中井さんが勝つんでしょうけど、この馬作られた局面から居飛車が勝ち切るのは相当な自力が居飛車側にないと無理な気がします。ということで、また後手の無理やり石田流が継続的に流行るんでしょうな…。

本譜は中盤のちからのこもった応酬で先手がよくなりギリギリの局面で端一発、の勝利。


森内俊之名人と中村太地の対戦は相振り飛車に。序盤の駒組み、先手の陣形がかなり手厚くみえて私好みでしたが、後手の攻撃陣の配置が絶妙でそれを上回りました。先手の歩越し銀の守備陣が逆に悪形で途端に自信なくなりました。

それにしても中村太地の将棋は攻め将棋ですねえ。ほれぼれするほどの攻め将棋。鋭さというよりは勢いを感じる攻めで、無理攻めではないけれども、とにかく激しく攻め立てる。剣道の上段の構えからのメンメンメーン、ボクシングの猛ラッシュというような感じ。

例によって飛車の使い方がらしい感じでした。森内俊之名人といえば屈強な受けですが、その受けを突き破る激しい攻めでしたね。

正直太地くんってここまでトーナメントの上位に毎回来るんですね・・・と意外な気もするんですが、本譜を見る限りだと納得しました。

この攻め将棋を思うと居飛車党に転換して正解だったなーと。


さて、竜王戦の井上慶太vs行方尚史。今の完全に才能開花させて心技体が極まりまくっている行方尚史に最も得意と言ってもいい後手番矢倉、しかも矢倉得意の井上慶太先生、ということで注目してみました。

鑑賞点はなんといっても、行方尚史の受けの技術。まさにそれを堪能できる一局でした。今期の順位戦、行方尚史は相当走りそうな感じで、その理由の総てがここにあります。やはり今後手番で、奇をてらうことなく、普通に矢倉を指して普通に凌ぎきる、そしてそこから華麗に反撃できるプロというのは行方尚史がその代表だと思います。

ツイッターで、ここでは後手受けきりかな?と書いたところでは井上慶太先生もこれは投了か?ぐらいに思っていたようです。そこからも細く攻めますが、と金は作ったものの、そこからの反撃が厳しく、ほどなく後手の行方尚史プロが勝利。

冗談で嫁の勝利、行方は羽生に勝ってからいい女を抱くんじゃなくて順序が逆だったんや・・・とか、色々みんな(私を含めて)書いてますが、勿論その通り・・・かもしれませんが、シンプルに生活が整って精神が安定して、日々の勉強・努力があって元々あった実力が普通にコンスタントに発揮されるようになった、ということですね。

ま、シンプルには嫁のおかげ、でいいかと思いますw

今期はやはり復活した三浦弘行と、今時点では棋界最強だと思ってるなめちゃんを応援していきたいと思います。頑張れ、団塊ジュニア世代!





関連するタグ 行方尚史 井上慶太 森内俊之 中村太地 中井広恵 香川愛生

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

11/21のツイートまとめ

shogiwatch

#ShogiLive 井上-久保 111手 ▲2一龍 第6回朝日杯将棋オープン戦二次予選決勝、井上慶太九段-久保利明九段戦。ここで寄るなら確かに、さっき切った方が良かったですね…
11-21 08:09

#ShogiLive 久保-澤田 43手 ▲9五歩 第6回朝日杯将棋オープン戦二次予選久保利明九段-澤田真吾四段戦をみた。これは最新型の石田流なんだな~。桂馬を跳ねないのが、いろんな戦型でテーマになってる?角がまともな位置にいたからこその仕掛け。
11-21 07:39

振り飛車の王、いまだ健在 第53期王位戦挑決戦 ▲渡辺明-△藤井猛

最近の将棋観戦で一番興奮した出来事と言っていいだろう。藤井猛の挑戦。しかも藤井システムの、しかも後手番での勝利。しかも相手は渡辺朗竜王という。

第53期王位戦挑戦者決定戦 ▲渡辺明-△藤井猛

藤井猛プロというと、すごく失礼に書くと、藤井システムが解明・解析されてからは「オワコン」化している…と思われてもおかしくなかった。(すごく失礼ですね、すいません。。)

藤井矢倉は意欲的と思うが、やはり本筋ではないか、あるいは研究のし易さと裏表である含みの少なさ、その労力をみたときの得られる有利ぐあいの少なさ等が気になる気がする。そういういみでは脇システムにもやや似ているだろうか。

また、最近のエースとして登板機会が多い「角交換四間飛車」も、実戦的にはそれほど威力を発揮していない。例えばエースピッチャーが13勝7敗以上で合格点だとすると、11勝9敗の投手、という印象で消去法的なエースにしかみえない。もちろん豊島将之やら村山慈明を破ったり、若手にも通用するのだが、どうしても単調な分修正が効きにくいというか。

王位戦の挑戦者に至るまでの道のりでも、それなりに苦労しているような記憶があるのだが挑決手前の牧野戦(王位リーグ白組5回戦)にて久しぶりに繰り出した四間飛車が絶品だった。

藤井システムの出だしで、そこから対抗形の急戦になったが流石の指し回しだった。普通にこういう形になれば、その辺の棋士とは格が違うのだと示してくれた。(これは牧野プロを貶しているのではなく、本来Aクラスの棋士としての強さを見せつけたという意味です)。

そこで、ひとつ開き直ったのではないかなと思う。また将棋を指す喜びをこの対抗形での完勝に改めて感じたのではないかなと。

相手は現役最強クラスの渡辺明。序盤研究に怠りはないはず。逆にその徹底した合理主義ゆえに、後手番の藤井システムは、その場でなんとかなると踏んで研究対象にはなっていないだろう。であれば、この流れにのってもう一丁やってやろうじゃないか。そういう風にして、選んだ可能性はある。

もちろん、相手の渡辺明にしても、その可能性は感じ取っていたはずだ。藤井システムで来るであろう気配というものを、少なくとも盤をはさんで対峙したときには感じたはずだ。同時に背水の陣を敷いた相手に対するときのやりにくさのようなものも感じたかもしれない。

将棋自体は、渡辺明の▲5五角が早かったように感じた。おそらくあのクラスでなければわからないような機微があるのだと思う。A級に藤井猛が在籍していたときに、井上慶太プロをタコ殴りにした将棋と合流するという恐ろしさ。ここらへんは、たまたま進んだのではなく、何かしらの誘導か意思があって選ばれたように推測する。

(蛇足だが、井上慶太プロといえば、藤井システムに良いタイミングで都度都度屠られている代表格…という印象がある。これも失礼な話ですが…)。


この展開だと居玉のデメリットがなく、玉側の桂馬をぎりぎりまで留保してるので反撃は受けにくい。反面攻め駒が不足しているので、角筋による玉のコビン狙い一本でどこまでいけるか?という懸念はある。よって、仕掛けたと見せかけて、形が良くなることだけは防いで振り飛車側もある程度の妥協はすると。

50手目で後手が攻撃開始するわけだが、平美濃の良さを保持しつつ、先手に悪形を強いたまま、後手番で先攻できたということだけでも、満足できるのかもしれない。特に相手が玉を固めてからの先攻に強みをもつ渡辺明竜王だとすると尚更のことだろう。

藤井将棋というのは、こういう序盤で自身の構想通りに展開して自分から攻める展開になると少なくとも持ち味が出る。本人もそういうときこそは、自身の存在意義と将棋の喜びを感じているのではないか。

とはいえ68手目の△4四角までの手順は先手が最強すぎる応手だったとはいえ、少し無理な気がする。この無理というのは、先手番のわずかな得を最大限のリスクで取りに行く藤井矢倉とはまた違った意味での、藤井将棋の本質を示しているのかもしれない。

後手番で藤井システムで、しかも先攻となるとこういう無理が陣形なのか形勢なのか、どこかしらに生じるということだろう。

71手目の局面。手番は後手。駒は▲飛桂と△金銀。陣形は後手。駒の損得は難しい所で、振り飛車の桂馬が駒台に載っているので、捌けたともいえる。作ったと金の価値がどこまで上がっていくか?がポイントだろうか。陣形は圧倒的に後手。美濃としてはもしかしたらもっともデメリットの少ない形に仕上がってる可能性すらある。

しかし偏見に曇った私の目には、72手目の銀を掛けた手を私はやや切れてるなと感じたし、そのようにつぶやいた。そして対局の行方を見守ることなくアプリを閉じ、夜の街へと消えたわけです。

日付が変わったか変わってないかは定かではないが、やや飲みすぎた私は気持ち悪いまである状態で朦朧とした頭でアイフォンの携帯中継アプリを開いた。そこに示されているのは投了図で、しかもなぜか、手数が奇数になっていない。偶数で投了と記されている。

一体何が起こったのか?まさか指してから投了したとか?(失礼すぎる…)。ぐらいまでは、泥酔していたので思いましたよ。。

で、73手目以降の終盤の手順は全く見ていないに等しいのですが、冷静に71手目時点を振り返ってみたのが上記であり、銀を掛けてやや切れていると思ったところでは、普通に難しかったということが分かりました。


特にオチもなにもなくこれで感想は終わりなのですが、とにかく忙しくてもこのことだけは書いておかなくちゃいけないなとおもって書いた次第です。

正直、すごくうれしいです。藤井システムで勝ったことになによりも価値があるし、しかも相手が渡辺竜王。そして羽生善治とのタイトル戦。最低でも二局は藤井システムを観たいし、急戦の対抗形も一局は観たい。それが今の私の気持ちです。

あ、書き忘れたことがあったので最後に一言だけ・・・。

藤井王位あるで!

関連するタグ 渡辺明 藤井猛 羽生善治 井上慶太

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

電王戦は団体五番勝負、第二回戦は船江恒平四段に決定。

以下、公式?発表から。

電王戦は団体五番勝負(2012.1.5記)
 コンピュータVSプロ集団の対決は五番勝負です。とりあえず5年間の勝負とする。これが暫定的に決まったことです。
 第一回はボンクラーズ対米長永世棋聖。去年5月のコンピュータ将棋世界選手権優勝者がボンクラーズです。対する米長永世棋聖は主催者側の希望に応えたものです。
 第二回はボンクラーズを除くコンピュータチームを日本コンピュータ将棋協会(CSA)が選びます。プロ側は谷川浩司専務を委員長とした委員会で、対戦する棋士を決めます。あるいはファン投票にする等の方法を採用するかもしれません。
 第一回は今年1月14日です。
 第二回は来年中のどこかで行います。一年一局の長丁場の五番勝負になります。
 以後、毎年行いますが、コンピュータ側もプロ集団の方も、一度出場した者は二回対局出来ないルールです。
 5対5の団体戦で、いわばサッカーのPK戦。6年目以降については、その時話し合いましょうということです。

ニコニコ動画
 対局の模様は毎年ニコニコ動画で終日実況放送をします。これはドワンゴ社(ニコニコ動画)が主催者だからです。
 第一回は共催者に中央公論新社が対等の立場で加わりました。本誌での対談、対局後の新刊発行など活字による本局の紹介をします。
 第一回の米長―ボンクラーズの対局ルールは下記をご覧下さい。来年の第二回もこれに準ずる方式で行われることになる予定です。

ルール説明

http://www.yonenaga.net/taisenroku.html





二回戦に出場する棋士が決まった。出るのは船江恒平四段。

「プロ棋士対コンピュータ 将棋電王戦」 第2回戦 対局者決定!!
更新: 2012年1月 5日 13:55

プロ

船江恒平四段(第1回加古川清流戦優勝)
コンピュータ
第22回世界コンピュータ将棋選手権の成績優秀プログラム
日程
2013年中に行う
ルール
第1回戦に準ずる
船江恒平四段プロフィール
昭和62年4月27日、兵庫県加古川市出身の24歳。平成10年9月、6級で井上慶太九段門。22年10月四段。23年10月、第1回加古川清流戦で初優勝。居飛車党。

「プロ棋士対コンピュータ 将棋電王戦」 第2回戦 対局者決定!!




+++++++++++++++++++++++++++

以下、個人的な感想を。引退して暫く経つ米長邦雄永世棋聖で、本人曰く勝率30%なのだとしたら、プロがミスらない程度の時間を持って戦えばプロが勝ちそうな気もする。

ただし、いつかどこかで人間を凌駕する可能性が高く、一年に一度の対局というのは後半に出てくる人間にとっては、相当に苦しい勝負になるような気もする。

その一方で、90%を99%に仕上げるよりも、より100%に近くするほうが大変である、という話のように、ソフトとハードの進化の両面をもってしても、人間のトップクラスが敗れる日はまだ先なので5年は食える(将棋棋士、中継メディア二社共に)という読みなのかもしれない。

今朝(2012/01/06)時点でボンクラーズの将棋倶楽部24におけるレーティング点は3317点。トップコンピュータ将棋(コンピュータ選手権で上位入賞するクラス)は、大体このぐらいの点数を出すことが可能と思われる。

早指しであれば、相当な勝率を対プロであっても叩き出すことが可能と思われ、後は長時間になったときに人外特有の人が読まない手筋・手順でひねり潰すのか、或いは序盤に人間の高段者ではほぼありえないようなうっかりミスが出て凡戦に終わるのか…という感じだろうか。

++++++++++++++++++++++++++++++

羽生善治が初めて名人戦に挑戦した時の相手が、米長邦雄だった。米長邦雄は名人就位式?にて「来年はあの男が来る」と羽生善治を指さし、その通りになった。

名人戦を前にして「私が普通に勝つことは難しい、最初に連敗してそこからの逆転にこそ勝機がある」というような趣旨の発言を行い、そして三連敗の後に二連勝する。

この時の羽生善治の精神状態として「本当に米長邦雄の術中に陥っているのではないか?」というものが芽生えたという。(結局は4-1で羽生善治が奪取したのだが)。

今の私の心境も、次元としてはもっと地べたレベルの低レベルではあるが、似たような心境である。元名人にして稀代の興行師である米長邦雄の描いた絵に翻弄されている。

米長邦雄が三割勝つのであれば、現役プロが負けるはずはないだろう、五年という興行期間がコンピュータ将棋に更なる進化を与えることなく、プロ棋士が全敗に終わるようなことはないどころか、全勝まであるのではないか。

そのような気持ちになってしまっているのである。

1月10日1月14日は米長邦雄の勝負師としての、恐らく最後の姿になるであろう、その対局をしっかりと拝見したいと考えている。


++++++++++++++++++++++++++
以下、米長邦雄の著作を幾つか紹介するが、是非一読願いたいところ。大変ユニークな人柄が文章からにじみ出てるので、ある人には大変面白く、ある人は気分を害するかもしれない。私は前者のほうで、過去の著作は八割方読んでいると思う。


勉強の仕方―頭がよくなる秘密 (ノン・ポシェット)勉強の仕方―頭がよくなる秘密 (ノン・ポシェット)
(1999/06)
米長 邦雄、羽生 善治 他

商品詳細を見る



不運のすすめ (角川oneテーマ21)不運のすすめ (角川oneテーマ21)
(2006/07)
米長 邦雄

商品詳細を見る

人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ (ノン・ポシェット)人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ (ノン・ポシェット)
(1993/02)
米長 邦雄

商品詳細を見る

米長邦雄の本米長邦雄の本
(2004/04)
日本将棋連盟書籍

商品詳細を見る

六十歳以後―植福の生き方六十歳以後―植福の生き方
(2007/05)
米長 邦雄

商品詳細を見る


関連するタグ 米長邦雄 ボンクラーズ 船江恒平 GPS将棋 ポナンザ 電王戦 羽生善治 井上慶太 屋敷伸之

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

A級棋士 第70期B級1組順位戦第三回戦


7/22に行われた三回戦の結果について。三連勝は木村一基と畠山鎮の二人。次に二連勝で抜け版の橋本崇載が続く。

このクラスは総当りであり、潰し合いがあることからまだ全員にチャンスがあると言ってよいだろう。三連敗スタートの藤井猛プロも含めて。

阿久津主税七段vs木村一基八段

後手木村一基の圧勝譜。この二人の対戦でここまでどちらかが圧勝するとは考えにくいのだが一手損中座飛車の、後手番がだした新手が炸裂した一局。

50手目の△6五桂打ちが先に入って、後手のほうが良さそうに見える。

新手を決行したタイミングと、桂馬の高跳びであることを考えるとギリギリなのだが、事前にある程度の成算があって繰り出されたと思われ、今後この局面の周辺がアツくなりそうだ。


畠山鎮vs井上慶太
こちらも中座飛車だったが、玉が3一にいる形から、先手の飛車が一段目にいく展開に。
63手目で馬を作ったあたりでは先手を持ちたい。玉をあぶり出した後手だったが、与えた駒で先手が詰め上げた。


行方尚史vs山崎隆之
これは先手の行方尚史に見落としがあって早々に投了となった一局。一手損ファンとしては後手が勝って嬉しいが、昇級候補に行方を上げていただけに残念でもある。

この将棋をみると、後手の山崎隆之がいつも指すこの「山崎囲い」の意味が分からないと思うのだが、仕方ないなりの必然があり、その理由は同日行われた、島朗vs先崎学戦で明らかになる。

**************************

まだ分からないが、今期の連勝が止まったハッシーが調子を維持してA級入りするのかどうか?に注目したい。


関連するタグ 木村一基 藤井猛 井上慶太

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク