羽生棋聖激戦を制す!(第76期順位戦A級6回戦▲羽生善治vs△三浦弘行)

第76期順位戦A級6回戦、▲羽生善治vs△三浦弘行は角換わりの最新形になりました。

序盤は先日の中村太地が王座を奪取した王座戦の第三局(後手が羽生さんで勝ったのは後手だった)と同じ進行となった。が手を変えたのは後手の三浦さんだった。ただ、48手目の△73角は素人でも相当に打ちにくい角に見える。

先手だけ銀を手持ちにして手段がなさそうな局面、後手の三浦さんは9筋に手を付ける。がこれも素人目にはよくある歩で止める手筋があり、ちょっと指しにくい。先手はその得た一手で2筋を詰めて満足かと思ったが詰めた2筋に▲27香車と利きを足したのにはびっくりした。これも素人目にはちょっと指しにくい気がした。

後手にと金が出来た局面がひとつの分岐点で、三浦さんの応手は普通に見えたが78手目、金を見捨てる85飛車があったようだ。85飛車以下、62銀成に同角と取れるのがミソで、本譜では結局角が目標になってしまい飛車が攻めに使えなくなったので、たしかにそのほうがよかったかもしれない。

本譜は普通に見えたが後手の攻めの土台である95の角を取った金でいじめられて逆に後手が忙しくなってしまった。先手は4筋に逃げ出した中段玉が右玉のような感じになって一段飛車とのバランスもよく案外堅かった。

後手が39銀の割り打ちの含みをなくす歩の叩きをした手が悪く、その後は先手が指しやすくなった模様。人間は読みのなかで数学的な判断ではなく文系の、流れや物語のようなものを感じながら指すことが出来ることが魅力でもあり弱点でもあるが、特に私はあまり読まずにこういう時はこう指すものだ、という感じで確かめもせずに指すことが多いが、それだと含みがなくなってしまう事も多い。

本局は素人目にはこうでしょ、という感覚とは違う手が多く指されたような気もした。金銀交換になる割り打ちはタイミングの是非はあるものの、たいてい逃さないのがアマの感覚だと思う。プロは相手の手を殺す、相手の思い通りにさせない手が多いので含みの多い局面が延々と続く印象がある。

復帰後好調な三浦弘行九段だったが羽生さんは全体を通してみると快勝といえる勝利を納めた。順位戦で先手番をきちんと勝ち切るのが重要で、羽生棋聖はひとまず二番手の位置をキープした。豊島将之との直接対決が済んでいるのでこのまま逃げ切られる可能性も高いがどうなるか?

テーマ : 将棋 - ジャンル : ゲーム

Tag : 羽生善治 三浦弘行

三浦弘行先生、ご結婚おめでとうございます~!逆トロフィーとしてのプロ棋士

いやーまさかの三浦弘行先生ご結婚。これにショックを受けているファン、多いのではないでしょうか。

単純に女性ファンというよりも、みうみうが独身だから俺もまだ大丈夫。と思っていた独身男性ファンのほうがショックを受けている可能性・・・ないですかね(ゴクリ。

17歳年下。最初、17歳と結婚かと思って慌ててニュースソースみましたところ、17歳の歳の差があるというはなしでした。なんか、みうみうだと何でもありそうな、寧ろまだ17歳と結婚したんじゃないかと思ってるぐらいです(嘘。

で、結構前から私が思っていることなんですが、「トロフィーワイフ」としてのプロ棋士の価値が高まっているのではないか。ということです。トロフィーワイフというのは、大富豪が、ルックスをメインにパートナーを選択して、隣に飾っておいて自慢できるような美貌の持ち主を妻にする・・・というようなものです。

なんとなくアメリカの成金富豪、一代で財を成した老人の隣にいる金髪の豊胸女子・・・みたいな。

そういう感じで、バリキャリ系の女性で、単純な金持ちとかルックスの良さとかではすでに物足りないというか、それで中身がない男だったら自分で稼いでるしあんまり・・・ということもあると思うんです。(ないのかな?)

そういう女性にとって、プロ棋士というのは逆トロフィー的にぴったりフィットするんじゃないでしょうか。よくわかりませんが。

ただ今回の三浦弘行先生の結婚については、逆トロフィーというよりは、森下卓先生の結婚をなんとなく思い浮かべました。全く色々な状況は見えてない外部の人間の、単なる感想なので事実無根な私の妄想なので、気にしないでください・・・。

というわけで、三浦弘行先生、おめでとうございます~!


Tag : 三浦弘行

クララが立った!(アキラが振った!)第39期棋王戦第2局▲三浦弘行vs△渡辺明

アキラが……アキラが振ってる……

振ったー振った! アキラが振った! わーい!


いやーやっぱり予想通りでしたね。大体棋士は意地っ張りだから絶対ふると思ってました。佐藤康光戦での投入があり、どちらも負けましたが羽生さん相手に作戦勝ちというか模様の良さは得られて、ここでも後手番なんだしせっかくの投入機会としてはボールカウント的にも絶好。

多分、佐藤康光戦で投入する前から、この後手番が二回続くところで試す前提で、ある程度の中期の事業計画ならぬタイトル戦対戦計画にもとづいてのゴキゲン中飛車投入なのでしょう。

みうみうの対策に注目ですね!


と思ったら、狭いところを深く研究する男by行方尚史 であるところの三浦弘行はやはり超急戦!!!カッコイイ。どっちもかっこいいわ、あんたたち!(オネエ言葉


ゴキゲン中飛車で行こう (マイナビ将棋BOOKS)

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 渡辺明 三浦弘行 ゴキゲン中飛車

棋王戦第一局渡辺棋王、先勝。もひろゆきの凄み。

いや~、死闘という言葉がまさに相応しい戦いでしたね。第一局から大盛り上がりでした。

横歩取りで後手が大模様張る将棋は、最近たまに見ますが案外後手の勝率が良いので、今回も後手が良さそうに見えたのですが、先手で負けたこともある渡辺棋王はしっかり対策というか、準備がありましたね。

角打ちからは先手がペースを握ったとのことでした。ただし、この後手の中原囲いの中住まいというのは玉の耐久力が半端ないですからね。

細い攻めでグイグイ押した渡辺棋王が9三の桂馬を拾ってひと段落。ここで押し切れないのであれば後手にもワンチャン…という感じでしたが。

最終盤は、持ち時間をたっぷり余していたはずの渡辺棋王も秒読みとなりつつ、双方の玉が前線に引っ張り出される格好になりました。

渡辺棋王の秘奥義としては玉を固めるのがうまいくせに、玉が泳ぎだすとめちゃくちゃ泳ぎ達者…という二面性がありますが、まさにそれが発揮されての勝利。

みやこ詰めならぬ、みやこ詰め…って一緒だな…ええと、つまされるのではなく、詰ませる王様が五々の地点に居るのはかなり珍しい気がします。

ひろゆきのタイトル挑戦は三四年振りかと思いますが、この男、そうだったこういう無我の境地というか、ベストを尽くすことを厭わない…というのとも違いますが、変な雑念が入る隙がない。諦めて負けることだけは絶対にない、例の手が動かなくて投了…みたいな、あの投了の凄みを今更ながらに感じている私です。

次からもこういう姿勢でくることは間違いないわけで、それを渡辺棋王が心理的にどう捉えるか?がこの勝負の趨勢を分ける気がします。

何しろあの七冠フィーバーのさなかに奪取したおとこですから。名人戦で、私がなっても良いのだろうか…という逡巡については、何人かの逸話で残っていますが、そういうものが湧き出ることすらないぐらいに盤上にダイブしてる男なんですよね。

というわけで、ここからもかなりの激戦が期待されます。

Tag : 渡辺明 三浦弘行

今日から棋王戦開幕、因縁の対決。渡辺明棋王vs武蔵、三浦弘行挑戦者。


将棋世界 2014年 03月号 [雑誌]書籍版は明日発売っすね。

さて、ついに始まります、棋王戦。棋王と王将、この二つはタイトですよね。この二つを保持しつつ、A級で挑戦やら降級争いをするってのは本当に大変何だと思います。それがどんなに偉大な棋士であろうとも。

最近だと、久保さんがそういう状態でしたよね。夏の夜の夢ならぬ悪夢…になってしまったわけですが。

そして渡辺二冠も竜王・王将・棋王という3つ+挑戦争いという中でまず竜王を失いました。王将戦はいい感じですが、後手番の羽生さんがこの前勝ちましたので激戦必至。

そこに策士、ひろゆきが来たわけです。相当細いところを深く研究して来てるはずです。ひろゆきの場合は、持ち時間云々よりも、手番が決まってるところでの強さが際立つので、順位戦やタイトル戦向きですよね。物怖じしない、いいいみでKYなところがありますので、同じ団塊ジュニア世代である行方さんとは真逆のタイプ。行方さんは、ナイーブすぎるというか、自意識過剰なところがありますゆえ…。

今期も残すところあと僅かですが、団塊ジュニア世代の逆襲を予言していた私としては是非三浦弘行挑戦者にも頑張って欲しい。どっちに勝ってほしいとかはないですが、熱戦を期待します。

この二人といえば、研究に関する一悶着あった間柄ですが。あれもひろゆき、実は全然悪意なかった可能性が…。余計に渡辺明棋王もきまづかった、みたいな。もはや関東に聞けに行けないから、関西で研究会ひらくの巻、的な。どうなんでしょうね。単に関西の若手に可能性を感じたっていう話なのかもしれませんが。

さて、9時からはじまりますよ、ニコ生も。正座待機であと10分。ドキドキして待ちましょう。…ドキドキ。ドキドキやよい土器・・・。

棋王戦ニコ生

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 渡辺明 三浦弘行