第47回奨励会三段リーグ戦第12回戦・13回戦

そういえばウッカリしていたが、奨励会三段リーグが残りあと6局となっている。
7月の24日・29日に行われた12・13回戦では動きがあった。

トップを走っている順位7位の竹内雄悟が2敗目を喫し、二番手だった順位8位の斎藤慎太郎が痛い連敗で4番手に後退。ここ最近の序盤走って後半で黒星というパターンにハマった格好だ。

上位陣の当たりをみると昇段ラインが少し下がりそうな、混戦となりそうなイメージがある。順位が良ければ、現時点4敗まではチャンスがありそう。具体的には現在7番手の、船江恒平(順位4位)は現在二番手の荒木宣貴との直接対決もあるので、残り全勝でハナ差ゴール、という具合。

勿論、私が希望する佐々木勇気・斎藤慎太郎によるワンツーフィニッシュもまだある。

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 将棋 三段リーグ

第47回奨励会三段リーグ戦、第8回戦が終了

昨日6月12日に、三段リーグの8回戦の結果が出揃ったようだ。関西将棋会館のHPは土日でも更新されるようで、これを書いている6月13日4時18分時点では三段リーグの表の8回戦部分が全て埋まっている。


全勝者は消えており、トップ群は7?1で以下の面々となった。

順位7位の竹内雄悟、8位の斎藤慎太郎、18位の荒木宣貴、23位の星野良生という四名。二番手は抜け番を既に消化している6?1の二人。9位の宮本広志、27位の鈴木肇。

今期は10代の新規参入が多かったが、良くて指し分け程度であり、今期でクラスになじんで来期どうか?というぐらいだろうか。また、その他の10代で勝ち越しているのは順位2位の佐々木勇気の5?3のみとなっている。(前述の斎藤を除く)。

最近の昇段ラインをみると、上位で5敗まで、下位で3?4敗というところでたまにある12?6で上がりという混戦はここ最近は無いようだ。

順位の良い佐々木勇気が残りを8?2以上で折り返してどうか?というところ。1敗勢で順位が1桁台の面々はあと2?3敗できるだろうか。三段リーグは折り返し地点で上記の7名に絞られたように思う。







テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 奨励会 三段リーグ 斎藤慎太郎 佐々木勇気