糸谷哲郎挑戦者が強すぎる件について。

いやーなんなんでしょうか、糸谷さん。めちゃくちゃ強いじゃないですか。

あれはちょっとすごすぎると思います。現代将棋において後手番は・・・とかよくいう中でほぼプロ棋士で二人しか使わない、一手損角換わり。丸山さんも一時代築いた人ですが、よくあるじゃないですか、一昔前の人がこだわってる何かがイマイチいけてない・・・みたいなことって。

音楽とか小説とかそういう分野でよくある気がしますが。俺の美学、的な。でも昔のファンにしてみると、いやそこはこだわらなくても・・・昔のああいう感じが好きだったのに・・・というあれ。丸山さんといえば角換わりの権威ですから、そしてそれを受けてくれる人がいなくなってしまったというところで、じゃあ一手損角換わりなら自分から出来るじゃん!っていうところもあると思うんですよね、角換わり好きすぎて、とかあとは横歩取りもイマイチになってきたし、みたいな。

糸谷哲郎といえば一手損角換わりの戦術書を出しているわけですが、山崎隆之兄弟子とともに一手損角換わりの独自路線を歩んでます。山崎隆之先輩の場合は、なんというか力戦ですよね、はいはい、っていう本人の高度な研究があったとしても、はいはいその場で思いついたんですよね?的な。しかも微妙に作戦勝ちになってたのに負けるとか、割りと言葉は悪いですが頼りないところがあります。

しかし昨日の糸谷さんはすごかった。あるいは森内俊之竜王の調子がよくないのでしょうか。どこかで見ましたが番勝負での連敗が続いてるみたいですね。羽生4・3、糸谷2,ということだとすれば、最初の7はノーカウントでいいような気もしますがw

昨日の将棋、専門的にはどこでどうなったのか、専門誌で確認したいですが、素人目には1-3筋を金銀二枚で押さえることができて、桂馬もさばけてかなり気持ちいい展開でしたね。

筋悪にみえた2八金も飛車を無力化するという意味で、自分の飛車だけ活躍するという意味で異筋の好手でした。やはり一手損角換わりという異能の作戦をとりつづけることで独特の距離感みたいなものが身についている気がします。

あの玉捌きというか、玉もラインをあげて守備的な駒として活用されるところというか、本当にすごいなと思いました。次の先手番は角換わりでしょうから、三連勝ありえる気がしますがどうでしょうか?

関連するタグ 糸谷哲郎 森内俊之 一手損角換わり

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

若武者太地、先勝!第61期王座戦第1局 ▲中村太地vs△羽生善治

いやー太地くん勝ちましたね。

この一勝は羽生善治からの初勝利、という意味でも、タイトル戦の初戦という意味でも大きいです。

それにしても羽生さんはまさかの一手損、飛車先を一つ進めた形での一手損。

この前の王将戦、行方さんがやったのと似たような序盤でしたね。誘いの隙か?と見せてからの中盤の分かれは、普通に反撃した先手のほうが良さそう、ということでした。

少し話はそれますが、野球でも一流の投手は全ての打者に全力で投げるわけではありません。強敵や、ピンチを迎えてから更に力を出すのが名投手。そういう意味では、後手番の初戦でまずは相手の力を測る…という意図があったとは思いませんが、最終局では指さない、フルカウントでは投げない、そういうような戦型選択だと思いました。

逆に言うと、この珠を打てないと、王将戦のときの行方さんの初戦のようなことになると、ちょっとこの後の展開としては辛くなる。そういう勝負に微差で良い形勢を得て、そのまま勝ち切ったのは本当に良かったと思います。

とかくとすんなり勝利したように思われそうですが、全然違います。相当な勝負が、ねじり合いが、続きました。

63手目の局面で、羽生王座は「苦しいですね」という感想コメントを残している。残しているが、その苦しいはずの将棋が終わったのは141手目だったのだった。それだけ決め手を与えない執念の指し回しを後手が見せた。

中村太地挑戦者としては、羽生王座に勝つ大変さを思い知ったことだろうが、この経験が恐怖に変わる場合と克服しうる試練と感じるかで今後が大きく変わってくる。そして中村太地は確実に後者のタイプだろう。

タイトルを取るもの、というのはタイトルを背負う覚悟をもったものである。そういう意味では中村太地は十分にその資格をもった若武者だと思う。

このタイトル戦は中村太地応援目線で見て行きたいと思う。

後手番で勝つ戦法 (将棋最強ブックス)

相掛かり無敵定跡研究 (マイナビ将棋BOOKS)






関連するタグ 羽生善治 一手損角換わり 中村太地

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

糸谷哲郎による渾身の一冊「現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~」が遂に届いた

糸谷哲郎五段 応援サイト 糸谷哲学 ~直感は経験の集積から成る分析の更新もままならぬ日々ですが…。

せめて成績等のデータを更新したいのですが、ちょっと追いついていません。。ほぼ一年以上経ちますが…(汗

やっぱりホームページブームがあり、その後にブログ、その後にミニブログと来ているのは伊達ではなく、更新の難易度が格段に違いますね。。技術的というよりも心理的な、というか。

さて、現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~ が遂に届きました。

序文、そして一手損に入るまでの流れ、最後に一手損の歴史をたどる前に描かれる一手損とはなにか?という序盤で完全に打ちのめされました。

少しだけかいつまんで紹介したい。

少々脇道にそれるが、ここで現代将棋の堅さに関する考え方についても述べたい。堅さは現代将棋の思考における最重点の一つである。堅さは将棋における勝ちやすさに直結する。(中略)これらの観点から、棋理というよりはむしろ実利によって、現代の棋士は堅さを好むようになっていると言える。

(中略)一手損の解説に移りたいと思う。△3四歩から始まる他の戦法と違って、一手損角換わりは特に先手より玉の堅い戦いが出来るわけではない。むしろ、最近の将棋においては先手よりも薄い玉の将棋が殆どである。

ではこの将棋は何を目指しているのか?詳しくは後述するが、基本的には一手損角換わりは先手の手詰まりを目指した戦法である。

現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~




第一章は上記のように、まず将棋のオープニングについて触れ、その中でどのような戦型があり、どういう歴史的変遷を経て、現代用いられる戦型があるか、ということを包括的総合的に示している。

なぜこのような手順を踏む必要があるのか?については、第二章の第一節「理論化の意義、方法」にて明らかになる。

このわずかページ数にして四ページ、30-33ページの文章が感動モノである。これは糸谷哲郎教授による糸谷哲学の授業が開講された、というのを知る瞬間である。サンデル教授がどうした、ハーバード大学がなんだ、というところである。

この第一章、そして第二章第一節の四頁を経ることでようやく糸谷哲郎教授は従来のある意味スタンダードな手順の解説に移ることが出来る。

それまでの定跡書においては、意図的にオミットされていた手順こそが大事である、ということをまず最初に示したのだった。

そういう意味で言えば、この書籍にて展開される一手損角換わり戦法という一大思想は実戦や観戦で活かすために必要な棋力としては有段であることが最低条件であるようにも思われるが、その一方で山崎隆之糸谷哲郎といった一部の力戦型の、あるいは玉の薄さを苦にしない、実利よりも自身の在り方にこだわる棋士たちがなぜ、どのような経緯でこの戦法を使うという決意に至ったのか、ということを理論的に学ぶためには最も適切な文献であるといえよう。

そういう意味では、観る将棋ファン、そしてそれらの棋士のファンとしては必読の一冊であると言えるのである。故に保存用に一冊、実家のお父さんに一冊、糸谷哲郎プロに瓜二つの弟にも一冊、自身の学習用に一冊、糸谷哲学の布教用に一〇冊、計一四冊が各自にて購入するべき適切な冊数である。

少し冗談っぽく書いたが、この本はこの第一章と第二章第一節だけは、どのようなファンであっても楽しく読めるし、盤面図が出ない四ページにはもしかしたら度肝を抜かれつつ、しかしそこに示された意図・考え方については十分に共感出来ると思う。

これが糸谷哲郎、糸谷哲学なのだ。一般人であればオミットしてしまうようなこの思考の変遷を経て、はじめて彼の彼自身だけの将棋が存在し得るのだ。

このへんが、兄弟子の山崎隆之とは違うところであり、二人は同じ一手損角換わりの使い手ではあるが、それぞれに個性を発揮しうる理由なのだ。そしてその点についても(二人の違いを示すための文章ではないが、いみじくも、それを表している文章なので引用すると)このように記している。

理論は感覚そのものではないし、また感覚を完全に模倣し得るわけではない。が、理論は感覚そのものを親とするわけではない。理論と感覚の源泉は相似している。

棋士の感覚はそれまで棋士がその局面に対して、そして将棋に対して培ってきた経験がその棋士に語りかけるものであるのに対して、理論はそれまでに行われた多くの将棋からその共通部分を抜き出して明言化して出来たものである。

感覚がより細かい部分をカバーするのに対して、理論は大雑把にその戦法を把握するに過ぎないが、しかし明言化される分伝達されやすい。

現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~



未だかつて、このような文章が将棋のいわゆる定跡書において示されたことがあっただろうか。そしてこれらの文章が、この定跡書の意義や理解を深めることに確実に貢献しており、この本の唯一無二性を強化している。

個人的には、いまだに対振り飛車には右玉を多用し、相居飛車の後手番では一手損角換わりを用いる人間として、そして糸谷哲郎という将棋指し兼哲学者のファンとして、この本はとても感動できるものとなっている。

また、そういうファン的要素をなるべく除外して公平に見た時の意義としても、バラバラに理解されていた一手損角換わりの手順・局面の流行り廃り、そしてその末に至っている現在最新地点というのがとてもよく整理されている。

この体系化の整然とした様は、羽生善治が示した羽生の頭脳や、変わりゆく現代将棋と同等に位置するものであるといえる。この書籍のタイトルが「現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~ 」であることにどうか着目してほしい。

現代将棋の思想の、一手損角換わり「編」である。この思想書の編纂はこれからも続いていくのではないか。そしてそれが自身の戦型への志向性・興味とどのようにつながっていくのか、というのはとても興味のあるところだ。

数多くの将棋ファン、居飛車党、そして少しでも糸谷哲郎プロに興味をもっている観る将棋ファンの目にこの書籍、特に序盤の文章がふれることを期待してやまない。


現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~ (マイナビ将棋BOOKS)現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~ (マイナビ将棋BOOKS)
(2013/01/23)
糸谷 哲郎

商品詳細を見る
「本書は一手損角換わりがどのようなことを目指しているのかということを、近年の将棋界における研究の変転から見ていきたいと思う」(まえがきより)

本書は大学院の哲学科所属という異色の経歴を持つ糸谷哲郎六段が書き下ろした将棋戦術書であり、真の将棋理論書。現代将棋の寵児「一手損角換わり戦法」を題材に、最新の戦法に底流する思想を根底から捉えることを目論む、全く新しいタイプの将棋書籍といえます。

これまでの将棋書籍を読む感覚で本書を手に取った方は、まず間違いなく度肝を抜かれることでしょう。一手損角換わりをテーマにするといっておきながら、第一章で語られるのは矢倉、ゴキゲン中飛車、横歩取り8五飛、角交換振り飛車なのです。
つまり、ここで語られることは現代将棋における後手番戦法の比較検討であり、一手損角換わりの特徴(置かれている状況と目指している方向)を示すものなのです。一手損角換わりの手順は第二章~第六章までで本格的に語られ、最終的には最新形の攻防を解説します。

本書を読まれた方は一手損角換わり戦法について理解するだけでなく、この戦法を鏡として、現代将棋がどのような思想の元に構築されているか、その全体像を捉えることができるはずです。

糸谷六段が編んだ現代将棋の地図。
ぜひ手にとって、読んでみてください。


関連するタグ 糸谷哲郎 山崎隆之 一手損角換わり 羽生善治

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

異形力戦兄弟対決!第84期棋聖戦二次予選 山崎隆之vs糸谷哲郎

【PR】遂に発売!現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~ (マイナビ将棋BOOKS)

携帯中継で昨日あった「第84期棋聖戦二次予選 山崎隆之vs糸谷哲郎」がすごかった。後手糸谷哲郎での一手損角換わり。この二人だとどちらが後手でもこうなりそうだ。

ただ、序盤からぶっ飛んだ構想が山崎隆之プロに出て、もはや異次元の世界だった。この局面だけみれば小学生同士の戦いと言われても驚かないような…。

具体的にはどういう将棋だったか?というと、15手目に▲1七香という手が出ました(笑)。15手目。そこで香車が上がる。どんな将棋か想像つきますか?

多分、プロの将棋で最も早く香車が三段目まであがった将棋ではないかなと。

ま、要は後手の端を破ろう、という手なのですが色々省略してここで行く、というのが如何にも山崎隆之プロらしい柔軟かつ奔放な発想。

そしてそれに対峙するのが糸谷哲郎ですからね。ここからの応酬はまさになんともいえない強烈な殴り合いでした。端を破る代償に飛車を捨てる先手、とか強烈すぎます。34手目で先手の飛車は取られてしまうんです。しかも歩に。

途中も凄く形勢が入れ替わる将棋だったようで、人間同士らしい、この二人らしい将棋だったと思います。糸谷哲郎プロは、後手の一手損角換わりでは居玉を保持することが多いんですよね。まだ本が届いていないので「現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~ (マイナビ将棋BOOKS)」は読んでないのですが、居玉にして他の手を優先するということに、一手損のキモがあるように考えています。

本局も玉が動いたのはなんと72手目。相手の▲5二歩という叩きに対して仕方なくあがったものでした。

二転三転した勝負は、結局一〇〇手をもって、後手の勝利となりましたが、この将棋を観れただけでも、今月の携帯中継の会費を払っている意義があったなと思います。

会員じゃないかたは是非。そして会員の方は忘れずに御覧ください。

いよいよ発売しました!

現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~ (マイナビ将棋BOOKS)現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~ (マイナビ将棋BOOKS)
(2013/01/23)
糸谷 哲郎

商品詳細を見る
「本書は一手損角換わりがどのようなことを目指しているのかということを、近年の将棋界における研究の変転から見ていきたいと思う」(まえがきより)

本書は大学院の哲学科所属という異色の経歴を持つ糸谷哲郎六段が書き下ろした将棋戦術書であり、真の将棋理論書。現代将棋の寵児「一手損角換わり戦法」を題材に、最新の戦法に底流する思想を根底から捉えることを目論む、全く新しいタイプの将棋書籍といえます。

これまでの将棋書籍を読む感覚で本書を手に取った方は、まず間違いなく度肝を抜かれることでしょう。一手損角換わりをテーマにするといっておきながら、第一章で語られるのは矢倉、ゴキゲン中飛車、横歩取り8五飛、角交換振り飛車なのです。
つまり、ここで語られることは現代将棋における後手番戦法の比較検討であり、一手損角換わりの特徴(置かれている状況と目指している方向)を示すものなのです。一手損角換わりの手順は第二章~第六章までで本格的に語られ、最終的には最新形の攻防を解説します。

本書を読まれた方は一手損角換わり戦法について理解するだけでなく、この戦法を鏡として、現代将棋がどのような思想の元に構築されているか、その全体像を捉えることができるはずです。

糸谷六段が編んだ現代将棋の地図。
ぜひ手にとって、読んでみてください。


関連するタグ 糸谷哲郎 山崎隆之 一手損角換わり

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

第25期竜王戦 第4局 渡辺明竜王vs丸山忠久九段

オススメ→「赦す人

さて、竜王戦第四局。

第25期竜王戦 第4局 渡辺明竜王vs丸山忠久九段

今日は夕食について書かずに、ちゃんと将棋について書きますよ!

…と、思わせて、夕食メモも。この日は予定では外飲みの予定でしたが自重して、ビールと餃子とチャーシュー麺を食べました。しかし満腹なはずが何となく気分的には消化不良。やはり身体が魚を欲しています…。今から行こうかな?と悩んでますがお腹は一杯。

ということで家で日本酒を飲んでいます…。

ということで、本題の竜王戦。四タテか?と思いきや、後手番の丸山忠久プロが一矢報いる展開に。これで次は先手番なので、3-2まであるかもしれない。

一言で言うと、先手の勇み足、空回り、というような印象を受けた将棋だった。

というよりも、意欲的な作戦だったかもしれないが、棒銀の単純さが裏目に出たというか、修正案が効きにくい、単純な作戦の難しさが出たような気がする。

派手な応酬の果てにあったのが五八手目の△8五歩。これが意外に気づきにくく、もしかすると渡辺明竜王もこれをうっかりしていたかもしれない。

このへんは、素直な渡辺明竜王なのでブログあたりで、ポイントは語られるだろうからチェックしておきたい。

その後の展開は結構差が開いていたようにおもう。投了図は綺麗だが、ある意味途中で開いたから投げ場としての・・・というものがあったのかもしれない。


赦す人赦す人
(2012/11/30)
大崎 善生

商品詳細を見る



関連するタグ 一手損角換わり 丸山忠久 渡辺明

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
5位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク