渡辺将棋の棒銀 第69期順位戦A級4回戦 ▲渡辺 明竜王-△森内 俊之九段

順位戦適正抜群の森内九段と、竜王戦適正抜群で順位戦でも若手出世頭の渡辺竜王の戦い。順位戦での対戦は初めてになるはずで、過去の竜王奪取!リベンジのはずが四タテ!ということを思うと盛り上がらないはずがない。

対戦成績は竜王からみて14?9と森内プロを相手に勝ち越しているのも驚きだが、ここ最近では六連勝ということに更に驚く。渡辺竜王が成長して一気に抜き去ったのか、単なる一時の星の偏りなのか?は本割りの順位戦で判明することだろう。

第69期順位戦A級4回戦 先手:渡辺 明竜王 後手:森内 俊之九段

私は矢倉を予想(希望)したが、後手番森内プロの誘導で一手損に。渡辺竜王は棒銀。実はA級での一敗、三浦戦と同じ思想を先手番で見せたわけだが、一手損してる側と得してる側ということで大きく違う。その手数の違いを生かせるかどうか。

私が勝手に棒銀フェイクの早繰り銀と呼んでいる形になるかなあと思ったのだが、渡辺竜王の狙いはあくまで端だった。後手陣は歪まされるだけ歪まされている。満を持して一筋から攻める渡辺竜王。決行までに時間を使っていることから、激しく攻め立てるものと思われる。

先手陣は玉が8八の地点に収まり、右金が一段目に置きっぱなし。飛車を切る筋まである形だ。後手は居玉で8四歩型を生かす△8五桂跳ねや△6九角という筋で反撃したい。

棒銀は単純すぎてプロの将棋では上手く行くイメージがない、と将棋世界の連載コーナーで語った竜王だが、本譜の攻めの含みとしてある▲1二角であれば先に駒損することはない。その筋を避けようとする後手は更に守勢に立たされる、玉形の違いで攻勢を維持できれば先手が悪い道理はない、という大局観だろうか。

この二人の直近の対戦では渡辺竜王の鋭い攻めが炸裂するか、ちょっと難しそうな攻めを森内九段が促されて行なって、渡辺竜王の秘奥義の懐の深さというか、しれっと手渡しが炸裂して勝ち、という展開が多い。本譜は前者をなぞっているように思われるがどうなるか?

▲1三歩に対して、受けているとキリがない後手の森内プロは△8五桂馬から反撃する。居玉で端を攻められても響きが薄い。その間に攻め立ててしまおうということだ。問題は桂馬の単跳ねなので、どうか?ということ。7三の地点が居玉とあわせて弱点なのでどこかで△6四角と据えたいが逆に3七から打ち返されると単なる手損となるのでタイミングが難しいところだろうか。

ここまで当日の感想。以下翌日結果を見ての感想。

結果から言うと、棒銀が遊んでは勝てないというものだった。最後、棒銀の顔を立てるように4六の地点まで銀が戻ってきたことに驚いた。そして57手目の桂馬打ちが勝利打点の味。これで勝ちとは言わずとも、先手がペースを再び掴んだ場面だった。居玉で桂馬を跳ねた形は常に73の地点が傷だが具体的にこの手は見えていなかった。桂馬の74・64に二枚並べる形は覚えておきたいと思う。(ただし、正しく応じれば後手もまだやれたらしい。というよりも、後手勝ち筋も幾つもあり、まだまだこれからの勝負だったとのこと。)

それにしても69手目の▲4六銀、79手目の▲8七玉に奇妙な感動を覚える。既に竜王戦モードに突入した渡辺竜王の、鋭い攻めとともに特徴的な「しれっと手渡し」がよく出ている。

加藤棒銀は2六の地点で銀が遊んで勝つが、渡辺棒銀は4六の地点で何かの時の駒の補充や玉の抑えとして働いている。というか働くように指していたのが印象に残った。私も棒銀はやることはやるが、こんな本局のような棒銀は指したことも無い。これぞプロ、これぞ渡辺竜王の将棋、というもので大変面白く鑑賞することが出来た。

これで対森内戦七連勝である。羽生名人ですらやってない連勝ではないだろうか。と思ったらそういえばこの男、羽生名人相手にも六連勝ぐらいしたことがあったような気がする…アキラ、恐ろしい子…。

(ちなみに

「棋士別成績一覧」を見ると羽生名人は対森内戦8連勝はしていますが、対戦成績は全くの互角。


とのことです。glaciers courtesyさん、ありがとうございました。)


後手番一手損角換わり戦法 (スーパー将棋講座)後手番一手損角換わり戦法 (スーパー将棋講座)
(2009/08/06)
青野照市

商品詳細を見る


一手損の基本の基本を学びたい人にはこちらがお勧め。ただし先後逆になっているので、(後手番戦法である一手損を紹介しているので)、それが混乱しない人向け。



関連するタグ 将棋 一手損棒銀 渡辺明 森内俊之 羽生善治

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク