ツツカナの一丸貴則さん、ヒーローズに就職おめでとう!&棋神利用について

昨日は将棋ウィーズの大会の最終日で、ニコ生放送がありました。そういえば1週間前にうっかり間違って今日が最終日です!って記事を書きましたが、素で間違ってました…失礼しました。

ということで昨日は満を持して、早めの夕食、早めの入浴からのほぼスタート時点での合流でしたが、早めの就寝となり、20時前には寝てしまいました…のでほぼ見ておりません!(きっぱり

ただ、朗報があったようで、なんとあのツツカナの開発者である一丸貴則さん、こと妖精、こと、魅惑のウイスパーボイス、21世紀のカヒミ・カリィこと、103さんが、なんとヒーローズへの就職が決まったということです。

世俗にうとい103さんのことですから、盤上よりも百戦錬磨の林社長に騙されて時給500円とかじゃないことを祈りたいですが…(もちろん冗談ですよ、最近こういうネタには必ず冗談ですと入れないと苦情が入るので念のため書いておきますが、冗談です。

やはり何かしらの技術・腕・才能を持っている人はそれをちゃんと日本社会に、日本経済に貢献させていくことが重要でそういう意味では、たとえ時給が350円だとしても、採用した林社長は素晴らしいと思います。日本はすでに駒不足なわけですから、高学歴ニートとかにフリーライドさせてる余裕はないのです。ちゃんと歯車の一つとして組み込んでガッツリ働いてもらわなくちゃ。

特にプログラマーというのは一般的な業界とわけが違う。生産性においてその技術力により指数関数的に違いが出てくる分野なので、ぜひ頑張って欲しい。たとえ時給が100フィリピン・ペソだとしてもです。

ただ、妖精なので、一日三食の朝露に濡れた花の蜜などの調達コストを考えれば、時給が100ペソだとしてもヒーローズにかかるコスト負担は大きいです。また、103さんのスタイルとして思索型の開発者だったとすると、思索にふける時間がおよそ1ヶ月のうち80%を占めるかもしれない。でもそれもじっくり待ってもらう。金のガチョウは産むのに時間がかかるかもしれないし、多産じゃないかもしれません。そこは根気よく待ってもらいたいです。

長期的な考え方こそが経営に重要です。103が会社に貢献するのは大体ざっくり見積もって…7年後。7年後のオリンピック時期に偉大な実績を残してくれることでしょう。それぐらいの大いなる心、大局観で行きましょう。一歩得を目指すのではない、係長の将棋ではなく、社長の将棋。そう、米長邦雄が中村太地くんにアドバイスした逸話を思い出すのです。


・・・でよく分かってなかったんですが、棋神の話。私はてっきり課金ユーザ多いのが微妙…みたいな話になっているのかと思ったら、社長アカウントでの棋神利用について色々話題になっているところもあったみたいですね。さっき、2ch名人?かな?まとめサイトを棒銀君経由で確認して理解しました。

多分なんですが、経営者が自社商品を買っただけの話じゃないかな?と思うんですよね。

そして経営者が自社商品を買うことってそんなにおかしなことじゃないし、特にIT業界とかベンチャー界隈では、毎月の売上の伸びとか新記録達成にあとn万円足りない…とかになると、偉い人がちょっと買ったりとかすることがあると思うんです。

それはインチキとかそういう話ではなくて、新記録達成すると社内が盛り上がるから、こっそり買うこともあるでしょうし、おおっぴらにじゃあ俺がひと肌脱ぐか!みたいなケースもあると思います。

もちろん、毎月買ったりしては興冷めなので、本当にたまに…でしょうけど。そういう中で購入したもののなかに例えば棋神が入っていたとしても不思議ではないし、正当に購入したものを利用しても別にいいんじゃないかなと思います。

今、頂いたコメントを追記しておきます。
@tanaseY: @shogiwatch いやいや、さすがに内部で買うことはありえないです。普通のユーザーと同じ条件です。開発者がテストで使い放題になっていたことが公開初期にある程度ですね。

とのことです。憶測で買ったやつじゃないの?と書きましたが、そうでもないみたいです。失礼しました…。ただ、内部であっても身銭切って買ってもいいような気もしますが、この辺も個人の倫理観?社内の内部統制?に絡むのかな。。

このへんは各人の主義主張が絡むところなので、この件について議論したいわけではないです。私はそう思いました、ということで終わりとさせてください。そうじゃない意見が寄せられても、お互い考え方が違うよね、人間色々だよね、ということで。。。


このへんは、103さんが無職で居たことと同じぐらいに反応としてはナイーブすぎるというか、せっかくそれなりの才能なり技術なりがあるのに、それが経済貢献してないとか、本人の金銭的なメリットに至ってないのは勿体無いなと、私は思ってしまうわけですが、それがデリカシーが無いという話なのかもしれないですし、棋神の利用についても、買ってるなら上位の重課金ユーザであっても、別にいいじゃんというデリカシーの無さなのかもしれないですね。

他のソシャゲやらネイティブやらの重課金を思えばまだマシだし、将棋というゲームを汚された気持ちになる人がいるかもしれないことは理解できますが、私は林社長のコメントであった、「(棋神は)昇竜拳ぐらいの頻度で使われています」というのはとてもいい例えだし、カジュアルに人間とコンピュータ将棋が歩み寄れる面白い試みだなと思っています。

ということで、103の時給が50フィリピン・ペソだとしても、就職であることには変わりないですし、成果が2020年のオリンピックまでには出るということで、ヒーローズの未公開株をなんとしてもゲットしたいと思っています!><

関連するタグ ヒーローズ ツツカナ 一丸貴則 林隆弘

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク