次世代を担うもの、広瀬章人B1へ 第70期B級2組順位戦

対戦表はコチラ

二番手が二敗ということでのラス前昇級となった広瀬章人。その終盤の切れ味は、得意戦法の穴熊と相まって射程距離の違いを魅せつける。

優れた才能の選りすぐりであるプロ集団においても圧倒的に秀でた終盤力。それが広瀬章人の魅力だ。

その反面、序盤戦術においてはやや難がある方だと思う。あらゆる戦型を使いこなしているようにも見えるし、失礼な書き方になるがある意味鷹揚さがあるがゆえのオールマイティーとも言える。

ちょっと出遅れるぐらいでついていって終盤で一気に捲る、というタイプのようで後手番のほうが勝率が高い、というプロにおいてはかなり珍しい戦績であることでも有名だ。

先手となった広瀬vs南戦では、南の右玉的な陽動振り飛車に対して、トーチカに組み上げた。プロで流行する前から、アマチュアでは指されていた戦型である。

手順のアヤで穴熊には組みにくくなったが同じような堅さを得られる。ただし、角の組み換えというか、銀の位置移動の不自然さがあるために、中盤が難しくなる将棋だと思う。

そこを突かれて、完全型になった後手の南が仕掛ける。上手く行ったように見えたが、広瀬の切り返しが絶妙だった。馬を作ったところでは広瀬章人の昇段が近づいた瞬間だろうか。

広瀬章人の将棋を見るときには、是非その角の動きに注目してほしい。この角の運用に秀でていることが、広瀬章人の終盤の切れ味を増している理由だからだ。

細かな角や馬の動きはロングシュートや、直接フリーキックでのゴールを狙うワールドクラスのストライカーのようにも見える。

本局では、角が活躍したのは序盤から中盤だったが、その特徴が現れているので是非有料中継にて確認して欲しい。広瀬章人は次世代を担う天才であることが示されているはずだ。



四間飛車穴熊の急所 (最強将棋21)四間飛車穴熊の急所 (最強将棋21)
(2011/04)
広瀬 章人

商品詳細を見る


この浅川書房のシリーズは分量の豊富さと次の一手形式での読みやすさがオススメのポイント。

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 南芳一 広瀬章人 トーチカ 陽動振り飛車