電王戦について(その1):対コンピュータ戦の準備とルール

実際に大舞台でコンピュータとの対戦経験がある渡辺明竜王がこのように書いている。

いよいよ詳細が発表されました。
第2回電王戦

棋士側としては練習台をもらえるのか?という点が気になるんですが、事前の決めはないんですね。開発者の方によって貸す、貸したくない、とそれぞれのようでした。
会見でもあったようにソフト同士の対戦は見られるんですが、コンピューター将棋は異質ですから、本番前に実際に動かしておきたいところです。この件についてはこれから詰めるような感じでしたので、追って発表があるんでしょうか。
電王戦。



ここから分かるのは、プロ棋士からみるとコンピュータ将棋は異質である、ということ。実際、渡辺明竜王も対戦前にボナンザと何百局と指したと聞いています。米長邦雄会長もそうでした。

あとは千日手の取り決め。このへんは千日手が引き分けという扱いならば、後手番を受け持つ佐藤慎一プロと塚田泰明プロは千日手を狙う、チェスの後手番のような作戦は取りやすい。

考えてみると、奇数はプロ側が先手を持つのでこの時点で普通に考えるとプロ側に有利なわけである。ただしそうとも言い切れないのが、後手番を受け持つ二人がやや攻めっけの強い、先手番でその強みを発揮しそうな二人であることだろうか。

オール居飛車党で先手を持った三人には期待できるが、後手をもった二人がかわいそうではある。後手番で佐藤慎一と塚田泰明はどのような作戦をとるのだろうか?

塚田泰明プロは後手番では横歩取り的な展開を志向することが多いと思う。相手が振り飛車であれば居飛車穴熊の含みは残す。ただしそれが凄く功を奏している印象もないが。居飛車穴熊の名手、と比べるとやはり棋風的には攻めっけの強い将棋だと思う。

相矢倉になった場合、後手番では攻勢が取りやすい作戦を用いる印象があるがこのへんはコンピュータ将棋が待ち構えるところ。振り飛車で来てもらって居飛車穴熊になった場合にどうにかなるか?という気がするが相矢倉や横歩取りになるとコンピュータの切れ味が活きそうだ。引き飛車相掛かりも人間が勝ちにくいと思う。

佐藤慎一プロは後手番の作戦をどうするのだろう?この人の場合、ちょっと通常の常識は当てはまらないタイプ。競馬でいうと大穴タイプ。古いが競馬でいえばダイユウサク、というタイプ。誰と戦っても五分、という感じ。勝負根性に優れているので、人間は特にに格上の人間はこういうタイプを嫌がる。特に相手がこの漢を知っていれば知っているほどに。

ただし相手はコンピュータなのでそのへんが一切通用しないので苦戦しそうだ。これは申し訳ないがそう思う。将棋的にはリスクの許容度が高いというか、危険な道を通り過ぎる印象がある。故にハマると相手の心理的な思惑も絡んでハマるわけだが、相手がコンピュータであることを考えるとリスクでしかない。

ただし、対振り飛車となれば居飛車党ならではの強みはあるのでコンピュータが振り飛車であることを祈りたいが、塚田泰明プロの対戦相手ともどもに、居飛車定跡での初期設定がされていそうな気がする。

その時に、この佐藤慎一という漢は、飛車を振ってしまいそうな気がしている。特に角交換型の、例の藤井定跡だ。あの作戦を使った場合にそれで勝ちきれるとは私は思わないのだが。角交換型の将棋をCOMに挑むのはかなり危険だ。攻め筋のバリエーションが増えるということはそれだけで脅威なので。

ちょうど米長邦雄会長が△6二玉と指した理由の真逆の展開が待ち受けているといえる。

後手番の相矢倉でと思うが、角換わりに誘導されるとそれこそ計算の世界なので危険。後手矢倉の誘導しやすい局面と角換わり腰掛銀の待機作戦の二本立てで行くしか無いのではないか?と思うのだが…。






コンピュータ将棋の進歩 6 -プロ棋士に並ぶ-
人間に勝つコンピュータ将棋の作り方
閃け!棋士に挑むコンピュータ
われ敗れたり―コンピュータ棋戦のすべてを語る
ボナンザVS勝負脳―最強将棋ソフトは人間を超えるか (角川oneテーマ21)
コンピュータVSプロ棋士―名人に勝つ日はいつか (PHP新書)


関連するタグ 渡辺明 コンピュータ将棋 GPS将棋 ポナンザ 電王戦 塚田泰明 米長邦雄

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

本日!コンピュータ将棋『アマ強力タッグvs最強コンピュータ』

コンピュータ将棋『アマ強力タッグvs最強コンピュータ』
http://live.nicovideo.jp/gate/lv56326905

今日はこれを見ます!



「戦略的なアマトップ合議はコンピュータ将棋に勝てるか?」
元奨励会三段でアマ強豪として知られる古作登氏、平成11年度アマ竜王の篠田正人氏の強力タッグがBonanza・あから1/100と対戦!

対局中、開発者の保木さんはじめスタッフのみなさんに「記者席」からコメントをいただく予定です。コンピュータの形勢判断(局面の数値評価など)普段は目にすることができない舞台裏をお楽しみに。
※対局者にはコメントが見えないようになっています。

■ルール追記
・1局目(対Bonanza)はアマタッグ先手番、2局目(対あから1/100)後手番で対局します。
・イベント進行の都合上、1・2局目ともにコンピュータ側を玉将とし、大盤上部(コンピュータ)・下部(アマタッグ)とします。
・アマタッグの持ち時間は1時間、持ち時間を使い切ると3分の秒読みです。ただし秒読みは目安で、切れ負けはありません。

日時:2011年7月24日(日)9時50分開始予定
※対局開始は10時予定(当初の番組開始予定時刻)です。

場所:電気通信大学 西9号館3階AVホール

<当日のタイムスケジュール>(予定)
  9:50-10:00
   対戦の趣旨説明と対局者紹介(伊藤毅志)
 10:00-12:00
   (第一戦)古作登氏&篠田正人氏 VS Bonanza
 12:00-12:20
   感想戦:Bonanza(保木氏)の思考ログを交えて
    ※対局が長引いた場合、以降の予定が随時変更する場合があります
 12:20-13:50
   昼食休憩
 13:50-15:50
   (第二戦)古作登氏&篠田正人氏 VS あから1/100
 15:50-16:10
   感想戦:あから1/100(保木氏)の思考ログを交えて
 16:10-16:40
   対局を終えて、全体としての感想戦

<対局者紹介>
★古作 登 氏
(大阪商業大学アミューズメント産業研究所主任研究員)
★篠田 正人 氏
(奈良女子大学 准教授)




関連するタグ コンピュータ将棋 GPS将棋 ポナンザ

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

コンピュータ将棋の将棋倶楽部24でのレーティングは3000点以上か?

結論から書けば、(コンピュータ将棋のトップということで言えば)YESということになりそうだ。ただし3000点以上だとして、どこまで上なのかが分からない。

ここ最近、コンピュータ将棋の棋譜を真面目に見ることが多くなり、その正確な実力、レーティング点について気になり始めた。ただし棋力が伴わないと、なかなか分からない部分はある。羽生名人クラスの人間が高みから眺めれば、その強さの全貌、自身の実力との距離感が見えるだろうが、決して語られることはない。というわけで、この手の与太話はネタが無いときに使い回しが利くので、比較的多投している印象があるのだが、再び掲題の件について以下に記す。

私の現時点の見解としては大まかには「奨励会有段者≒アマトップ群≒女流トップ群≒コンピュータ将棋トップ群」というものなのだが、この「群」という言葉が曲者であり、曖昧にしていると思うので、今回は、「第20回コンピュータ将棋選手権の決勝に残ったソフトの実力はどのぐらいか?」ということについて語りたい。

現在、将棋に関するレーティングというのは大きく分けて4つある。アマ棋界のものと、将棋倶楽部24のもの、プロ棋士に関するヴァーチャルなものと、Floodgateというコンピュータ対戦用のサイトのもの、である。今回はコンピュータの実力の話になるのと、アマ棋界のものは一般人の実名が絡むのでややこしそうなのでアマ棋界のものは割愛することとする。

それぞれが同じロジックで、かつリンクしていると良いのだが、全くの別物なので、それぞれを繋げるための、いわば「ロゼッタストーン」が必要となる。時代が完全には同期していないのだが、実はそれぞれのレーティング制度の橋渡し役となるロゼッタストーン的な仲介者がいるので、それを元に推測しようと私は考えた。ただし、私自身は、数学的・統計的な知識を持たないので、根本的な誤りを含む可能性があるので、酒のツマミの与太話としてお付き合いいただきたい。

プロのレーティングについては、「http://homepage3.nifty.com/kishi/rating.html(内容は素晴らしいがアダルトバナーを含むので職場での閲覧時注意されたし)」にて記されているものが、期待勝率と実際の勝率の乖離についてもそれほど大きくないので、かなり信頼性としては高いと思っている。問題は将棋倶楽部24レーティングだろう。24のレーティング制度では、200点の点差があると、格下が勝つと24点、格上が勝つと8点もらえる。これは即ち、両者の勝敗が3?1でバランスする、格上から見た勝率が.750ぐらいでバランスする、ということになる。

個人的には上位にいけばその信頼性は上がり、寧ろ上手上位になるが、下位ではもう少し勝率が下がるような印象がある。例えば3000点クラスだと2800点にはめったなことでは負けない(9?1か8?2)が、1500点は1300点に負けそう(7?3ぐらい)だし、1000点は800点に負けそう(ヘタすると6?4ぐらい)、という具合である。

そのあたりの印象を裏付ける分析としては、「http://www10.plala.or.jp/greenstone/content1_4.html」があり、やはりバランスしていないようだ。とはいえ、その歪みを考慮しようとすると面倒なので、ここで私は、上記の話に基づき、仮説を一つ置く事にする。

■仮条件1:将棋倶楽部24でのレーティングロジックは上位では正しく機能しているものとして、そのままコンピュータの24における点数の推測に用いる

次にコンピュータの24での戦績について調べた。良く探したわけではないのでもっと新しい情報があるかもしれないのだが、とりあえず私が見つけたのはYSS将棋のページ(http://www32.ocn.ne.jp/~yss/24rating.html)だった。これによると2007年時点でYSS将棋は将棋倶楽部24で、既に2800点ぐらいあったようであり、その年に行なわれた第17回のコンピュータ将棋大会において6-1で優勝している。

第17回以降のYSS将棋の大会成績は以下の通り。

第17回:決勝6-1
第18回:決勝4-3
第19回:決勝1-6
第20回:二次予選:6-3、決勝1-6

第17回当時が2800点だとして、そこからの上昇はどのぐらいだったのだろうか?ここで私は二つ目の仮説をおく。

■仮条件2:YSS将棋の実力は毎年50ptずつ上昇しているものとする。

そうするとYSSのレーティングと大会での成績から、その試合全体のレベル感が推測できると考えた。ただし、これは本当にいい加減な仮説であり、ここを詰められるとすみません、と謝るしかない。とはいえ、全体的なレベルの上がり方はあるにしても、ここ2回における低迷はYSSの上げ止まり感を示しているのではないか?ということで一応の上限値のように思われる3000点手前まで伸びてきていると仮定してみたわけだ。そうするとコンピュータ将棋選手権のレベル感は以下のようになる。

第17回:YSSは2800点、決勝6-1⇒決勝戦のレベルは2500点ぐらい?
第18回:YSSは2850点、決勝4-3⇒決勝戦のレベルは2800点ぐらい?
第19回:YSSは2900点、決勝1-6⇒決勝戦のレベルは3200点ぐらい?
第20回:YSSは2950点、決勝1-6⇒決勝戦のレベルは3250点ぐらい?

さて、現時点のコンピュータ将棋のトップ3ぐらいが3250点クラスだとして、これはプロでいうとどのぐらいの強さに該当するのだろうか?

現時点の将棋倶楽部24において、断片的な情報ではあるが、見聞きしているところによるとどうやら奨励会三段リーグを勝ち抜くものたちのレーティングが3000点ぐらいのようだ。上記仮条件が正しいとすれば、奨励会を抜けてプロになる実力が既にコンピュータ将棋には備わっているといえる。それどころか、仮に3250点だとすれば、3000点クラスとの対戦においては、8割勝つことになる。(将棋倶楽部における250点差の期待勝率は約八割)。

では、新四段に八割勝つというのはどのような実力なのだろうか?奨励会新人棋士はプロの仮想レーティングにおいて1500点台を付与されている。ちなみにこの仮想レーティングは理論勝率と、実質勝率の乖離が10%以内に留まっているので、ほぼ正しいとみてよいのではないかと考えている。(特に2007年の収まりが素晴らしい)。

羽生名人が若手低段者に対して何十連勝もしている話は有名だが、その羽生名人には仮想レーティングで1800点台後半が付与されている。羽生と新人クラス(1500点台)の対戦における期待勝率は(http://homepage3.nifty.com/kishi/kakuritsu/1175.html)をみると、90%以上勝つようだ。

ここで丁度1500点ぴったりの棋士(大平プロ)がいたので、その期待勝率を見てみる(http://homepage3.nifty.com/kishi/kakuritsu/1243.html)。すると、1500点台のプロに八割勝つためにはレーティング点で1700点以上なければいけないことがわかる。

ちなみにこの1700点以上を維持している棋士は棋界全体で17人しかいない。この理論でいくと既にコンピュータ将棋はトップクラスの実力を誇ることになるが、にわかに信じがたい。

一つ考えられることとしては、将棋倶楽部24のレーティングの3000点自体の意味が変わっている可能性だ。宇宙は大きくなり続けている、ではないが、将棋倶楽部24のレーティングも上がり続けている。将棋倶楽部24のトップページに記されている最高点記録の推移を見ると、以下のようになっている。

24最高R保持者(→の後ろは現時点のR点と勝率、勝敗)
04/6/5:3003 dcsyhi→3003 .812 168-39
05/6/29:3010 Aug 02→3010 .664 368-186
05/9/14:3035 Jyuhappo→2964 .682 628-293
06/9/23: 3064 aoba81→2987 .747 354-120
07/2/7:3084 sakitama→2859 .656 942-495
08/2/13:3093 Aleksandros→2979 .553 161-130
08/9/28:3113 H-Paris→3046 .741 438-153
09/3/28:3129 yomoni-→3010 .799 139-35
09/7/26:3172 pameus→3090 .743 335-116

分布をみたわけではないし、それぞれの将棋を比較したことも無いので分からないのだが、04年時点の3000点と、現在の3000点ではその意味合いが変わっている可能性はないだろうか?例えば、以前は殆どがアマチュアだけの母集団だったものが、本格的に奨励会員が参加し始めたのが2005年ぐらいから起こっている、というような。それにより母集団自体の性質が変わり、特に上位クラスの実力、層の厚さが変化したことにより3000点近辺のレベルが「04/6/5:3003 dcsyhi」の頃よりも下がっている、というような。

個人的な意見としては、少なくとも前回のコンピュータ将棋の決勝戦の序盤戦術を見ている限りではプロレベルの将棋ではないと思う。ただし、中終盤は鬼強い。よって先日のネット将棋、大和証券最強位戦での郷田先生の仕掛けからの負け方も微妙な感じだったので、郷田先生をしてああいう不出来な将棋があれば、あの仕掛けに対して後手がコンピュータであっても正確に応じられてコンピュータが勝っていたような気もしなくもない。

コンピュータ将棋が、奨励会有段者レベル、アマトップクラスまで来ていることは既に証明されているが、アマトップとプロトップの手合いが角落ちであることを考えるとまだトッププロレベルまで到達していえるとは考えにくい。現時点の将棋倶楽部24のレーティングでいえば3000点クラスであることは否定しないが、プロ棋士のレーティングにおける1700点台、トッププロクラスというのは無いと思うのだが(思いたいのだが)。

というようなことを暇つぶしに考えている私としては、先週から週刊将棋(http://shogi.mycom.co.jp/)にて始まっている「第2回週将アマCOM戦」については必見だと思っている。これは前回(http://toybox.tea-nifty.com/memo/2006/03/com_3233.html)は「持ち時間の長い1回戦が2?3、短い2回戦が1?4といずれもCOMの勝利に終わった。通算アマ3勝、COM7勝。」だった。


アマ3勝、COM7勝というのは、プロアマの手合いとほぼ同じだ。そういう意味で言えば、既にプロレベルにあると言ってもいいかもしれない。ただし、人間も戦い方が分かってきているはずなので、斬り合いに持ち込まずに長期戦を厭わずに徐々に形勢に差をつけてあげれば、水平線効果による変な歩の突き捨てなどが出てきて、それでも丁寧に受けて…という具合に200手にて人間の勝ち、という状況になるのではないか。

コンピュータと友達になる必要は無いので、どんどん友達をなくす手を指して欲しいところである(既に終わっている対局なので今更欲しいとか書いても仕方ないが)。

というわけで、今週から結果がアマ側の自戦記として掲載される週刊将棋は毎週水曜日発売ですので、お近くのコンビニ・キヨスクなどでお買い求めください(一回戦の結果が載っている5/12号は既に月曜日ぐらいから発売済みです。水曜日発売とありますが、週刊将棋の最も早い発売については「最速は将棋会館にて土曜日の夕方。新宿将棋道場も土曜の夕方にはうられていたかな。」とのことです。(lallapallooza7さん、情報ありがとうございました。)

個人的にもここ5年ぐらいは買っていなかったのだが、将棋世界がマイコミから出版されるようになったということは、内容の被り(が出ないようにすること)を双方でより意識するようになっている可能性があるのかな?という気がしているので、とりあえずこの5週間は購入してみて、そこから定期購読について検討したいと思っている。

前回のコンピュータ将棋大会で優勝した激指の最新版はこちら。恐らく普通のPCで用いてもアマトップクラスの実力はあると思われます。
将棋レボリューション 激指9将棋レボリューション 激指9
(2009/12/18)
Windows

商品詳細を見る


PSP版はこちら。
将棋ワールドチャンピオン 激指ポータブル

DS版はこちら。
将棋ワールドチャンピオン 激指DS



【追記】
5月11日の朝に週刊将棋を購入し、早速読んでみたのだが、そのなかであっさりコンピュータ将棋のレーティングについての記述があった。floodgateでの激指のR点とfloodgateが将棋倶楽部24と比べてどうなのか?について。その話と上記はそれほど相違なく、あとはfloodgateと、将棋倶楽部24と、プロ棋士の仮想レーティングの整合性だけの話になりそうだ。リンクしているのだとすれば、既にトップクラス級の実力があるということになるのだろう。

とはいえ、本当なのかどうかはまだよく分からないので、そして週刊将棋のアマCOM第二戦の結果は参考になるはずなのでこれからしばらくは購入したいと思う。


関連するタグ コンピュータ将棋 将棋倶楽部24 レーティング GPS将棋 ポナンザ

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

大人のための将棋講座ナビ
第二回電王戦:全局ナビ
将棋観戦記の広告
将棋観戦記の棋書専門店
将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記のタグクラウド

コンピュータ将棋
増田康宏 羽生善治 大山康晴 青嶋未来 佐藤天彦 糸谷哲郎 渡辺明 三浦弘行 森内俊之 一手損角換わり 阿久津主税 斎藤慎太郎 永瀬拓矢 村山慈明 稲葉陽 豊島将之 木村一基 加来博洋 電王戦 屋敷伸之 ポナンザ 佐藤康光 深浦康市 塚田泰明 ツツカナ 森下卓 一丸貴則 加藤一二三 広瀬章人 行方尚史 YSS将棋 米長邦雄 加來博洋 窪田義行 佐藤紳哉 やねうら王 川上量生 片上大輔 佐々木勇気 澤田真吾 大石直嗣 星野良生 宮本広志 山本一生 久保利明 郷田真隆 谷川浩司 糸谷哲学 天野貴元 山本一成 角換わり腰掛け銀 ゴキゲン中飛車 高崎一生 後藤元気 都成竜馬 相掛かり 小林裕士 横歩取り 北尾まどか 三浦孝介 船江恒平 大崎善生 里見香奈 上野裕和 金沢孝史 甲斐智美 ヒーローズ 林隆弘 将棋ウォーズ 阿部隆 千田翔太 香川愛生 伊奈川愛菓 竹俣紅 ひねり飛車 藤森哲也 中村太地 阿部光瑠 西川和宏 三枚堂達也 石井健太郎 小林宏 矢内理絵子 金井恒太 音無響子 めぞん一刻 五代裕作 大平武洋 木村さゆり 佐藤慎一 佐藤秀司 先崎学 中田宏樹 棒銀 西田拓也 渡辺誠 清水上徹 中村亮介 高田尚平 将棋倶楽部24 丸山忠久 飯塚祐紀 畠山鎮 高橋道雄 藤井猛 松尾歩 鈴木大介 橋本崇載 棋聖戦 藤田綾 菅井竜也 福崎文吾 阿部健治郎 高橋呉郎 飯野愛 カロリーナ・フランチェスカ 中川慧梧 林泰佑 伊ヶ崎博 北島忠雄 相横歩取り 北浜健介 中井広恵 井上慶太 剛力彩芽 及川拓馬 上田初美 上村亘 角交換四間飛車 浅倉みなみん 澤田真悟 横山泰明 脇システム GPS将棋 山崎隆之 ponanza 君島俊介 ダイレクト向かい飛車 黒田尭之 谷合廣紀 福間健太 倉川尚 石本さくら カロリーナ・ステチェンスカ 保木邦仁 松本博文 ボンクラーズ 堀口一史座 佐藤和俊 shogigoki 東大将棋 棚瀬寧 プエラα 伊藤英紀 みなみん Bonanza NineDayFever ボナンザ 習甦 激指 コンピュータ将棋選手権 Ponanza 梅田望夫 YSS GPS 柿木将棋 金澤裕治 PuppetMaster 佐々木慎 田中寅彦 角換わり腰掛銀 飯島栄治 升田幸三 中原誠 武市三郎 児玉孝一 どうぶつ将棋 丸田祐三 森けいじ 大人のための将棋講座 金子知適 田丸昇 瀧澤武信 岡本信彦 石田流 島朗 GPS将棋 桜庭和志 あべこうる 人狼 安食総子 中田功 村中秀史 門倉啓太 伊藤真吾 ひふみん 入玉 持将棋 剱持松二 Puellaα 河口俊彦 桜井章一 梅原大吾 α Puella 水平線効果 西尾明 野月浩貴 小倉久史 田村康介 しゅうそ 日浦市郎 矢倉 篠田正人 古作登 竹内章 中村桃子 森雞二 田中悠一 今泉健司 竹内雄悟 渡辺大夢 郷右近力 長岡俊勝 加藤幸男 対振り飛車右玉 森下システム 将棋倶楽部24 阪口悟 勝又清和 小林剛 鈴木たろう 福地誠 石橋幸緒 中飛車 鈴木英春 細川大一郎 入江明 下平雅之 穴熊 井出隼平 中座飛車 角換わり △3二飛戦法 将棋 西村一義 コンピュータ将棋 団鬼六 川西勇作 ハッシー 浦野真彦 角交換型四間飛車 八代弥 一手損 林葉直子 岩根忍 カロリーナ 千葉涼子 高群佐知子 鈴木啓志 長谷川優貴 新井田基信 瀬川晶司 櫛田陽一 吉田正和 神吉宏充 金子タカシ 飯塚佑紀 りょうちん 超速 あから 花村元司 左美濃 駒doc. 近代将棋 中原良 早繰り銀 女流名人戦 四間飛車 清水市代 加藤桃子 雁木 相穴熊 南芳一 陽動振り飛車 トーチカ マイナビ女子オープン bonkras 長岡裕也 真田圭一 中原流 畠山成幸 戸辺誠 右玉 相振り飛車 見泰地 北浜健介七段 豊川孝弘 中川大輔 野月浩貴七段 島井咲緒里 結婚 高見泰地 駒落ち カニカニ銀 3三角戦法 伊藤沙恵 武田俊平 風車 奨励会 居飛車穴熊 遠山雄亮 三間飛車 中村真梨花 藤井システム 斎田晴子 村田顕弘 藤井流矢倉 田中魁秀 本田小百合 ▲3七銀戦法 矢倉流中飛車 苺囲い 将棋世界 腰掛け銀 向かい飛車 電子書籍 鈴木環那 将棋漫画 △3三角戦法 角道オープン四間飛車 角交換振り飛車 豊川孝弘七段 左玉 一間飛車 iphone レーティング 阪田流向かい飛車 aigo 一手損中座飛車 3二飛戦法 一手損腰掛け銀 一手損棒銀 一手損早繰り銀 学園祭 早生まれ 近藤正和 袖飛車 銀立ち矢倉 二宮清純 早水千紗 天下一将棋会 平藤眞吾 千日手 脇謙二 熊倉紫野 玉頭位取り 早指し2 串カツ囲い 橋本祟載 角交換 銀冠 相居飛車 金無双 ノーマル角換わり 片矢倉 相腰掛け銀 野田敬三 3三桂戦法 三段リーグ 急戦 内藤國雄 植山悦行 大野八一雄 大和証券杯 ビッグ4 NHK杯 矢倉急戦 振り穴 振り飛車穴熊 四間飛車穴熊 力戦振り飛車 レグスペ 右四間飛車 所司和晴 位取り 超急戦 早石田 順位戦 必至 必至基本問題集 △3二飛車 観戦 振り飛車 将棋観戦 twitter 相矢倉 将棋観戦記 王位戦 挑戦者決定戦 C級1組 角替り腰掛銀 逆転の心得 名人戦 引き角戦法 B級1組 女流王位 A級 早咲誠和 地獄突き グリゴリー・ペレルマン ミレニアム問題 数学 ゲームラボ ウソ矢倉 変わりゆく現代将棋 日レスインビテーションカップ 女流王位戦 高速道路理論

将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のRSSリンク
将棋観戦記 プロ棋士リンク
将棋観戦記 FCブログリンク
将棋観戦記のQRコード
QRコード
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
193位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
3位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク