第82期棋聖戦五番勝負第1局 ▲深浦康市-△羽生善治


相掛かりを志向する先手にそれ以外で、という後手。であれば横歩ではなく矢倉で行きましょう、ということで▲6六歩を指したところで、後手の羽生善治棋聖の方針は急戦に決まっていたのかもしれない。

先手の早囲いを咎める急戦策でもあり、一旦は受け止めてから反撃しようという方針に転換したのが25手目。

32手目で早々と開戦。玉の位置は同じ、金の位置は後手のほうが急戦向き、攻め駒の働きも後手のほうが良く、主導権を握った後手のペースで始まった。

銀が捌けてから「羽生ゾーン」2七に金が打たれて、飛車か角をゲット出来ることが確定したところでは、玉形が整わない先手としては生きた心地がしない。

5九にその得た飛車を打ち下ろして後手勝勢、となった。

****************

本局をみてもそうだが、組ませると手ごわい深浦に対して、羽生棋聖がその強さに敬意を表する形で、相手の相撲にさせないという展開がこの後も考えられる。

分水嶺は前期で過ぎている…のかもしれない。



必殺!カニカニ銀―究極の二枚銀戦法

関連するタグ 羽生善治 深浦康市 矢倉 カニカニ銀

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
5位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク