人間、連敗。電王戦第二局、やねうら王対佐藤紳哉

昨日は第二回電王戦第二局があった。対局開始からじっくりと観れる日であり、私にとっては第二回電王戦の初日…みたいなものだったのだが、結果はまたしても人間の完敗。

色々書きたい感想はあるのだが、時系列で簡単に振り返りたい。

まずは当日の朝。対戦前の騒動はあったが、対局を楽しみたい気持ちは変わらなかった。

対局開始前に私はTwitterで「とはいえカツラを被って来るんじゃないの?」みたいなことをつぶやいたが、とんでもなかった。そんなショウなんかではなかったことを一撃で思い知らされた。

佐藤紳哉プロの眼差しというか表情が、真剣とかそういうレベルのものではなく画面越しにも普通に怖さが伝わってきた。怖い人だな…と私は思った。羽生世代のノリに慣れ切っていた私には新鮮な驚きだった。街で前からあの眼差しの人が歩いてきたら、確実に道を譲るレベル。

しかも後で出てきた棋士たちや観戦の飯島さん木村先生曰く普段からああいう感じだという。順位戦速報の写真でよく夕食休憩中も考える佐藤紳哉プロの姿を写したものがあったが、そうかこういう表情で読みふけっていたのかと感心した。

写真では写し出さないもの、映像では映し出さないもの、実物でなくては伝わらないもの…三者三様にあると思う。そしておそらく文章にしないと伝わらないものもあるのだろう。

そういう意味では、あの第二局は佐藤紳哉というプロの勝負に臨む際の姿を万人に知らしめたということだけで、有意義だったのではないか。

そして初手。まさかの端歩。勿論無い手ではない。しかし完全ランダムで出る手なのかはわからない。出現頻度が過去のデータベース上の存在している比率に関連するようなロジックが組まれていれば、かなりの奇跡的な事態だと思う。

これを見て挑発とは言えない、普通の手であるという話もあったが私は挑発行為ととるかもしれない。もし人間にやられた場合は。勿論、一見同士の戦いの時に相手が振り飛車党かどうか?を見るということも以前はあったが、最近は少ないと思う。

先手のやねうら王は端歩を突き越してノーマル四間飛車に構えた。先手番でこの作戦を取る人はプロではもう二三人しかいない。

プロとしては平均的なレーティングを持つと思われる佐藤紳哉プロを相手にして、ノーマル四間飛車で勝てる人間はどれだけいるだろうか。

私はこの電王戦のようなコンピュータ将棋ソフトとの戦いが始まった当初から、この対抗系が出現するのを心待ちにしていた。

図らずも、第一回戦の菅井プロが飛車を振り、第二回戦ではやねうら王が振ってくれたことで、表裏両方見ることができた。

そして最も人間とコンピュータ将棋の実力差を測りやすいと考えていたコンピュータのノーマル四間飛車にプロの居飛車穴熊。しかも持ち時間は五時間。これでプロが敗れるならば、その負け方にもよるが、相当にコンピュータ将棋ソフトが強いということになる。

序盤のやりとりは人間の目で見た限りは人間側、後手側が十分な体勢に見えた。しかし、そこから中盤で人間のミスを咎める形でクルリと形勢が入れ替わった。

桂馬を丸得した時には、これは勝つべき将棋になったと私は考えた。こういうシンプルな駒得を勝利に結びつける技術を高精度でもっているのがこのプロ棋士達なはずだから。

しかし、幾つかの構想上の疑問と、手順前後、▲8三飛車という悪手…などにより、穴熊の強みが生きなかった。投了図が示すのは圧倒的な力の差だと思う。

第一回で一勝しただけでそのあとずっと勝ちのない状況が続いている。そして今回の敗戦がコンピュータ将棋ソフトと将棋プロ棋士の実力の位置関係をしめしたと私は思う。

河口老師の「こりぁ、大山将棋よりも強い…」という言葉が真実を表していると思う。この河口老師の観戦記がとても楽しみだ。

平均的な強さのプロ、しかも居飛車党の居飛車穴熊に、ノーマル四間飛車のしかも美濃囲いで圧勝するとしたらその棋士の実力は控えめに見積もっても、プロのトップクラスにあると言えるのではないか。

次の豊島将之は棋界ではトップクラスの棋士であり、出場可能性がある棋士の中でも最も強い棋士である。要するにこことの対戦結果、その内容によって棋界のタイトルホルダーとの棋力差が明らかになるのではないか。

三浦弘行戦の再来になる可能性が高いのではないかと現時点では考えている。

気は早いが次回の電王戦をやるとしたらどのようにやるべきなのだろうか。タイトルホルダー勢ぞろいで二日制でやったとしても果たして全敗にまぬがれることができるのだろうか。

戦いの構図としてはまさにコロシアムの様相を呈してきた。無観客だが、バーチャル空間には無数の観客がいた。五つの戦いが終わった後に何が待っているのか、まだ私にはわからない。

将棋世界ムック 第3回将棋電王戦公式ガイドブック ~世紀の対決を楽しもう~ (マイナビムック) (マイナビムック 将棋世界)

将棋観戦ぴあ (ぴあMOOK)

Tag : 佐藤紳哉 やねうら王

第3回将棋電王戦 第2局以降の楽しみ方。

まずは「将棋世界ムック 第3回将棋電王戦公式ガイドブック ~世紀の対決を楽しもう~ (マイナビムック) (マイナビムック 将棋世界)」と「将棋観戦ぴあ (ぴあMOOK)」を読むんだ。話はそれからだ!><


・・・さて、「第3回将棋電王戦 第2局の対局方法に関する説明」書き起こしを読みました。TSは見ないことにします。正直三人ともしゃべりのプロではないですし、あとは重々しい雰囲気なのはわかりきっているので、気持ちが萎えそうなので。

上記の書き起こしを読んでみての感想としては、落とし所としてはいい感じになったと思います。さらなる炎上を生まずに一旦決着をみたといっていいでしょう。

未だに将棋連盟側と対局者である佐藤紳哉選手には不信感が残っているみたいですが、その点についてはもう公には言及しないほうがいいような気がします。逆に今度は風向きが変わって炎上の火がそっちに向かわないとも限らないので。

ドワンゴの川上会長は、今回の事態について全面的に主催者責任を認めました。ナショナルクライアント数社が入っているイベントとしては、スポンサーサイドから苦情が入ってもオカシクないレベルの炎上騒ぎになってしまったので仕方ないところでしょうか。

個人的に嬉しかったのは、来期以降の取り組み方法、レギュレーション制定についてはもっとちゃんとやっていきたい、という言葉でした。これっきりではなく、ちゃんと続けていきたいがゆえの真摯な対応という印象を勝手に持ちました。

片上理事から語られる、時系列での事象が真実なのであれば、理事としては将棋連盟としては、最善を尽くしていたように感じました。あとから見れば歴史上の出来事というのは、なぜこんな馬鹿げたことが…という連続だったりします。我々は起こってしまった一つの選択肢を観ているにすぎないわけで、あとからだったら誰でも何でも言える、ということですね。

その辺の手続きというか手順が真っ当であったがゆえに、今回のドワンゴの川上会長の全面謝罪につながっているとも言えるんじゃないかなと思います。

やねうら王の作者の方についての評価は多様だと思います。私としてはここの判定を留保したいと思っていますが、コンピュータ将棋開発者やその他プログラマーの評価として、彼の取り組みは不適切であったというものが散見されること、また、文章上のやりとりをもって法に則り事件を解決していくことのプロからも賛同を得られてなかったという点は言及しておきたいです。

私は判定を留保しますが、ひとつ言えるのは、究極論的には、あの世とか天国地獄と言われるものとかがあった時に、その審判において、彼の魂に汚れがあったのかなかったのか、ということだと思います。そこに一片の疚しさも無ければそれはそれで許されるべきことだと思います。

今回の行為がバグ取りだったのか、やねうら王の棋風人格を全く変えてしまう改造だったのか、という点において彼自身、全く疚しさや穢れがないのであればそれは赦されるべきことであり、我々外部者が口を挟むことではありません。

彼が主張しているドワンゴとのやりとりにおいて、その点を禁ずる文言がなかった、竹やぶにはいらずしてたけのこをとることは無理なので、それと合わせて許容範囲内の行いだったという主張をどうジャッジするのかは、その天国か地獄かどこなのかわからないですが、そこの裁判官なのか閻魔様なのかしりませんが、それ次第です。

彼の心を読み取ることが出来るその方が裁くのはおそらく簡単なのでしょう。

同じように、棋士が八百長しない、将棋に命を掛けているという点についても彼ら将棋指しの心の有り様であり、本当かどうかというのは、実際には分からないものです。しかし、私は一将棋ファンとして、彼らの日々の営みや言動を見つめていて、その過程を経て、それが事実であろうことを確信しているわけです。

やねうら王の開発者の方がそういった信任を得られにくい理由は、過去の言動に関連しているであろうことは明白だと私は思います。そこを意図的に見ずに、過剰に擁護する方々の気持ちについてはちょっと理解できません。そちら側よりは、信任できない人たちの気持ちのほうが、社会性をもつ生き物である人間としては自然だと思います。

とはいえ、繰り返しになりますが、そこは究極的には精神のあり方の話なので、知りようがないことは、井戸端会議のネタとしては最適ですが私としてはこれを深掘りする気持ちはありません。

まずは、旧バージョンだろうがなんだろうが、第二局が行われることと、この後の電王戦がまだ続いていくこと、そしてPVのあり方も今回の騒動を通して一応のラインが見えたのかなというように、全体的には良い方向につながっていくんだろうなと、好意的にとらえています。

ただ、変に感動をありがとう!とかそういう感じになりすぎるのも気持ち悪いので、異種格闘技戦としての、真剣味を残しつつ、すげー難しいとは思いますが、腕の見せどころですよね。

私としては、電王戦もいいんですができればドワンゴがスポンサーを募りつつ主催+協賛・支援という形で、将棋棋士同士の棋戦をやっぱり作って欲しいなあと思うんですが、無理なんでしょうか。そこだけはまじで期待したいんだけどなあ。

公式戦として認める最低ラインを維持する予算の問題もあると思いますが、予選をオールネット対局にして、決勝トーナメントやリーグとタイトル戦だけリアル対局にして…とかでできないですかね?

で、優勝した棋士の称号はやねうら王なんですが・・・(悪趣味な冗談ですいませんw

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : 片上大輔 佐藤紳哉 やねうら王 川上量生

ウェアラブルデバイスでコンピュータ将棋を越える!(いわゆる不正行為

今朝起きた時にですね、正夢を見たんですよ。正夢って言い切っちゃいますけどね、ポナンザに勝てたら100万円の企画で百万円が出まくるという正夢を見ました。

昨晩寝る前に、ツイッターやブログなどで42人全部負けたというのを見たりとか、屋根裏王が佐藤紳哉プロに会いに行ったとかそういうのを見てたからだと思うのですが…。

私の夢の中では、屋根裏王を使って対ポナンザのモンテカルロシミュレーションを行った屋根裏王が総合プロデューサーの立ち位置でつんくであり、秋元康でした。そして、AKB48ならぬSKB42(将棋倶楽部42人衆)がその指示にしたがって戦うわけです。

屋根裏王は先手番では横歩取り、後手番では新米長玉的なものを指示していました。ポナンザは横歩取りの勝率が悪いんですぅ、とあの関西イントネーションで屋根裏王が言ってました。

で、その結果ですがちょっと髪の毛が長めの天パ気味の男性がまずは先手番の横歩取りで初勝利を上げると、坊ちゃん刈りのメガネがプロデューサーの指示を無視した角換わり腰掛け銀からの先手の最新形で思いっきりハメて勝ったのが二勝目、後手番の新米長玉から入玉したのはベテランの体格のよいトップアマでした。

山本一成さんは一敗したあとすぐに画面から消えて、運営からの説明で「電話を掛けに行ったとのことですが、一部ではかかってきた、という話もあります」というのがありました。

結局3,4本100万円が出るのですが、その後の山本一成さんが画面に戻ってくることはありませんでした…。

こんな正夢です(^^)

あ、タイトルと全然関係ない話になってしまいましたが、なんか明らかにそれ不正行為やる気満々のウェアラブルデバイスだろ!みたいなコスプレで臨むと、盛り上がるんじゃないかなと思います!><


2月28日発売したてほやほやです!

将棋世界ムック 第3回将棋電王戦公式ガイドブック ~世紀の対決を楽しもう~ (マイナビムック) (マイナビムック 将棋世界)

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス - ジャンル : ゲーム

Tag : やねうら王 山本一成 ポナンザ