大人のための将棋講座:第2章 将棋を覚えるのであれば?(5)

ゲームや勝負事で負けると悔しい。これは間違いないです。どのようなものでも負けると悔しい。しかし将棋やどうぶつ将棋の場合は、それが格別大きい。なぜでしょうか。

それが運の介在しない、知的な営み、頭脳の勝負だからです。しかも1対1。麻雀であれば、4人ですし運も関係します。まあ、ツカなかったな、でカタがつきます。お金を賭けてなければ、負けても悔しくなかったりします。それどころか、賭けない麻雀はやる気がしないぐらいです。

それが将棋の場合は、お金を賭けていなくても、負けると死ぬほど悔しい。これは人によりますが、悔しいと思います。それが普通なので安心してください。その悔しさゆえに指すことを止めてしまう・・・というのを一番危惧するんですが、その場合は無理せず「観る・読む・聴く将棋ファン」に戻ってしまいましょう。

趣味としての将棋、なのですから辛い思いをする必要はないと私は考えます。というのも、将棋がある程度上達すると、さらに上達したくなって、将棋ウォーズや将棋倶楽部24で対局を繰り返し、アツくなって点数を減らし、ストレス解消だったり楽しみのための将棋のはずが、逆にストレスを増している・・・という展開がかなりよくあるケースだからです。(まあ、ちなみに私のことですがw)。

それはあまりに悲しすぎるので、ぜひゆったりとした気持ちで将棋を楽しんでくださいね~。


将棋の歴史 (平凡社新書)将棋の歴史 (平凡社新書)
(2013/02/18)
増川宏一

商品詳細を見る



関連するタグ どうぶつ将棋 行方尚史

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

大人のための将棋講座:第2章 将棋を覚えるのであれば?(4)

どうぶつ将棋はとてもよくできたゲームです。子供だましと侮る事無かれ、そこには将棋に必要なエッセンス、必要最低限の構成が見事に組み込まれています。

どうぶつ将棋専用の定跡や手筋が開発されていたりしていて、とても奥深いのです。なので、もし貴方がどうぶつ将棋にそれなりになじむことができて、対局を楽しめるようになってきたら、対人戦にぜひチャレンジしてほしいです。

前述のどうぶつ将棋ウォーズに行けば、一番弱いところからスタートして昇級・昇段を経て強い人と徐々に当たるようになります。対戦相手のレベル感の調整は設定画面にて行うことができます。

真剣にどうぶつ将棋を指して勝てばうれしいし、負ければ悔しい。そういう気持ちを味わうことでしょう。そしてその時に、勝ちの歓びの大きさ、負けのくやしさの大きさ、意外なまでにどちらも大きいことにあなたは驚くかもしれません。

たかがゲーム、されどゲーム。

そして通常のゲームよりもその感情の振れ幅が大きいように感じるのではないでしょうか。


どうぶつしょうぎどうぶつしょうぎ
(2009/09/05)
幻冬舎エデュケーション

商品詳細を見る

どうぶつしょうぎのほんどうぶつしょうぎのほん
(2010/07/13)
きたお まどか

商品詳細を見る


関連するタグ どうぶつ将棋 行方尚史

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

大人のための将棋講座:第2章 将棋を覚えるのであれば?(3)

大人であれば、どうぶつ将棋のルールを理解するのは簡単だと思います。ただ、ルールとして理解するのとそれを実行するの間にはとても大きな隔たりがあります。ルールを5分で覚えたら、さっそく実戦です。

実戦には盤駒セットが安く売ってるのでそれを買う…のもいいのですが、最近はスマホアプリで、どうぶつ将棋が2つほど出ています。公式と「どうぶつ将棋ウォーズ」という人間対戦をメインとしたもの。公式のはコンピュータが程よい弱さなので、こちらをお勧めしておきます。

どうぶつ将棋ウォーズは、将棋ウォーズとアカウントが同じなので、将棋のベテラン勢が生息しており、負けて心が折れるタイプの人にはお勧めしません…。

ここでひとつ、重要なことが出てきました。「将棋における勝敗とそれが精神に与える影響」です。大げさに書きましたが、大げさではなく、これがかなりオオゴトなのです。


どうぶつしょうぎどうぶつしょうぎ
(2009/09/05)
幻冬舎エデュケーション

商品詳細を見る

おおきな森のどうぶつしょうぎおおきな森のどうぶつしょうぎ
(2010/12/03)
幻冬舎エデュケーション

商品詳細を見る


関連するタグ どうぶつ将棋 行方尚史

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

大人のための将棋講座:第2章 将棋を覚えるのであれば?(2)

どうぶつ将棋というのは、株式会社ねこまど(http://nekomado.com/)の北尾まどか女流棋士が開発した将棋をシンプルにしたゲームです。

どうぶつしょうぎは、横3マス×縦4マスの盤面を用います。将棋が9×9なので偶数というのは不思議な感じがしますがこれにより初手から駒がぶつかることになり、スピーディーな戦い?が展開されます。

駒は歩の代わりに「ひよこ」、飛車の代わりに「ぞう」、角の代わりに「きりん」、そして王様の代わりに「らいおん」が用いられます。将棋の駒が「歩・香車・桂馬・銀・金・飛車・角・王」の8種類であるのに対し、僅か4種類しか使わないのでゼロから覚えるのにぴったりです。

ちなみに、「ひよこ」は敵陣で一マス進むと「にわとり」に進化します。これは将棋における「成り」と同じ概念なので、最小限の駒で、将棋の基本の基本を学ぶことができます。

主に子どもへの将棋普及のために、女流棋士の北尾まどかさんがルールを考案したゲームで、幼稚園生や小学生でこのゲームができる・知っているというケースはとても多いです。親御さんやおじいちゃん・おばあちゃんが、頭脳ゲーム=頭がよくなる!…かもしれない、という連想でプレゼントするケースが多いみたいですね。(私の周りの子供業界しらべ、よりw)


どうぶつしょうぎどうぶつしょうぎ
(2009/09/05)
幻冬舎エデュケーション

商品詳細を見る

おおきな森のどうぶつしょうぎおおきな森のどうぶつしょうぎ
(2010/12/03)
幻冬舎エデュケーション

商品詳細を見る


関連するタグ 北尾まどか どうぶつ将棋 行方尚史

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

2011年1月9日のとちぎ将棋まつりの初日に行ってきました。

とちぎ将棋まつりの初日に行ってきました。行きたかったんです。行くつもりでもあったのです。しかしうちの奥様が週末だけ行っている某お仕事のために、子守が確定していることが発覚したのは、いつだったか。

本当は王将戦も行きたかったんです。でもうちの奥様(以下略。

そうなると本当に何も出来ない。まだ小さいので、遠出も出来ない。しかし家に居るのもよろしくない。公園も近所もマンネリ…ということで、鉄道博物館に行こうと思ったんです。大宮からモノレールに乗り継いでいけるマニアックな、鉄オタ養成所のような施設なんですが。

すると大宮で何故か宇都宮行の新幹線チケットをとっている自分が居たんです。ついふらふらっと三手目の手を指してしまう感じ、といえば伝わるでしょうか。

終電まで調べている自分が居ました。22時台まで楽勝に大丈夫ということがわかり、11時台半ばに家を出て、13時ぴったりぐらいに宇都宮に着いていました…。新幹線、凄い。。

宇都宮について驚いたのは、本当に「餃子の街」だったことです。駅前が文字通り「餃子に占拠」されていました…。当然昼飯は餃子です。うちの先生は偏食家なので食わないと嫌なので一人前餃子定食を頼むと殆ど私の餃子を食べていました…。私は素うどんならぬ、素ごはんを食べました…。

JR宇都宮から東武デパートはタクシーでワンメーターぐらいでした。駅の観光案内の方に聞くと歩いて20分ということでしたので、子供連れということもあり、タクりました。タクシーの運転手さんはとても饒舌で和みました。どうやら宇都宮は東武側のほうが栄えているようで、途中にみえた神社の大鳥居をみて、うちの先生が「おとろしがいるから怖い」と意味不明なことを言っていましたが、多分鬼太郎の話だと思います。成人式の日?ということもあり、綺麗に着飾った若い女子が多かったです。

東武デパートにつき、5階のイベント会場に向かいました。よく説明資料を見てなかった私はなんとなく、露天で、寒い中でやるのかなあと思っていましたが違いました。銀杏記者が東京に比べて三度ぐらい寒い…大丈夫か…と心配されていたので、野外だと思ったんですが、余裕で室内でした。心配性過ぎます…。

むしろ、暑かったです。コートや手荷物を預けたいと思い、コインロッカーはありますか?とハッピを着た40代?50代とおぼしき男性の方に聞くとわざわざどこかに確認に行ってくれて、「三階の東武駅にあります」ということだったので、向かうとそこには無かった…。探せなかったのか、或いはあると思います、という話だったのかは不明です。私の人の話を聞かない弱点が露呈した瞬間でした。しかしうちの先生がトイレ警報を流し、偶然にも近いところにトイレがあり助かりました。結果オーライです。

会場は百貨店内の、特別催事場といわれるスペースでした。到着したときには片上先生の指導対局が行われているぐらいの時間でした。

妻がバイトしている銀座に向かい、丸八碁盤店で駒を買おうと思っていたので、であればここで買うか?と駒の販売コーナーで色々検分していると、うちの先生が餃子の油が残存している手で駒を触ろうとしたので断念しました。日本語は通じるのですが、命令は通らないという微妙なお年頃なのでした…。

大盤では、甲斐瀬川戦が佳境を迎えておりました。郷田先生は初めてみたのですが、スマートでカッコ良かったです。もっとやや太っておっさん化しているんじゃないか?と脳内に勝手な印象がありましたが、全然違いました。若い頃の美しさのままにかっこ良かったです。何故か悔しくなりました。

指導対局を申し込みたかったのですが、うちの先生が黙っていない感じだったので、仕方なく断念。途中でおみかけした片上先生に簡単に挨拶し、動物将棋に向かいました。

ほぼルールを分かっていないうちの先生が、どうぶつ将棋にチャレンジしたわけですが、相手のお子様の皆様に申し訳なかったです。というか、相手の方々がいわゆる素人じゃない手つきでビビりました…。多分私が本気でやっても負けるぐらいのじつりきではないでしょうか。

この日、子供将棋大会があったので、女子でも時計の叩き方などが素人ではなかった。係の人もお父さんが手伝ってもいいですよ(多分素人のお父さんだったら勝てませんよ)というぐらい。

私も多少は指せるので途中まで本気を出してしまい、ふと我に返って、先生に指させるとライオンさんがハチワンダイバーならぬ敵陣ダイブしてくれてなんだかほっとしました。

あまりにいけてないうちの子の対応のために係の女性の方のご尽力を賜り、ココセで一勝頂きました。次に指した子との対局で、アドバイスをしていると相手の男の子に「助言だめだよー」とニコヤカに当然の指摘を受け、口をつぐむとまたもやうちの先生が、敵陣ダイブで、敵ライオンに紐付きの象を取って、ハントされて終了しました。

その後、まだやりたいといううちの先生とどうぶつ将棋コーナーでもじもじしていると、藤田麻衣子女流1級に直々にルールを説明していただける、という光栄に預かりましたが、夢うつつで、積み木モードにはいる自由人のうちの先生で御座いました。藤田先生大変申し訳ありませんでした…。

そのうち、集中力の限界である4時間か5時間が過ぎると、デパート中に響き渡る声での「おかーさーん」コールが始まったので、仕方なく会場を後にしました。このコールが始まると、なんだか私が誘拐犯になったような気分になるもので御座います。

帰りの新幹線で私が寝ると妨害され、逆に埼京線に乗り換えてからはうちの先生の睡眠を妨害しましたが、阻止できずにお休みになられました。結果、最寄り駅から抱っこで家まで帰ることになってしまいました…。

次回は一人で行きたい、と心から思った次第でございます。都内在住の方におかれましては、特に埼玉大宮近辺へのアクセスが良い方であれば、相当短時間で着くので是非1月10日の2日目への参加をご検討頂きたく。

私の分まで楽しんでほしいです(涙)。








関連するタグ どうぶつ将棋

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

大人のための将棋講座ナビ
第二回電王戦:全局ナビ
将棋観戦記の広告
将棋観戦記の棋書専門店
将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記のタグクラウド

どうぶつ将棋
増田康宏 羽生善治 大山康晴 青嶋未来 佐藤天彦 糸谷哲郎 渡辺明 三浦弘行 森内俊之 一手損角換わり 阿久津主税 斎藤慎太郎 永瀬拓矢 村山慈明 稲葉陽 豊島将之 木村一基 加来博洋 電王戦 屋敷伸之 ポナンザ 佐藤康光 深浦康市 塚田泰明 ツツカナ 森下卓 一丸貴則 加藤一二三 広瀬章人 行方尚史 YSS将棋 米長邦雄 加來博洋 窪田義行 佐藤紳哉 やねうら王 川上量生 片上大輔 佐々木勇気 澤田真吾 大石直嗣 星野良生 宮本広志 山本一生 久保利明 郷田真隆 谷川浩司 糸谷哲学 天野貴元 山本一成 角換わり腰掛け銀 ゴキゲン中飛車 高崎一生 後藤元気 都成竜馬 相掛かり 小林裕士 横歩取り 北尾まどか 三浦孝介 船江恒平 大崎善生 里見香奈 上野裕和 金沢孝史 甲斐智美 ヒーローズ 林隆弘 将棋ウォーズ 阿部隆 千田翔太 香川愛生 伊奈川愛菓 竹俣紅 ひねり飛車 藤森哲也 中村太地 阿部光瑠 西川和宏 三枚堂達也 石井健太郎 小林宏 矢内理絵子 金井恒太 音無響子 めぞん一刻 五代裕作 大平武洋 木村さゆり 佐藤慎一 佐藤秀司 先崎学 中田宏樹 棒銀 西田拓也 渡辺誠 清水上徹 中村亮介 高田尚平 将棋倶楽部24 丸山忠久 飯塚祐紀 畠山鎮 高橋道雄 藤井猛 松尾歩 鈴木大介 橋本崇載 棋聖戦 藤田綾 菅井竜也 福崎文吾 阿部健治郎 高橋呉郎 飯野愛 カロリーナ・フランチェスカ 中川慧梧 林泰佑 伊ヶ崎博 北島忠雄 相横歩取り 北浜健介 中井広恵 井上慶太 剛力彩芽 及川拓馬 上田初美 上村亘 角交換四間飛車 浅倉みなみん 澤田真悟 横山泰明 脇システム GPS将棋 山崎隆之 ponanza 君島俊介 ダイレクト向かい飛車 黒田尭之 谷合廣紀 福間健太 倉川尚 石本さくら カロリーナ・ステチェンスカ 保木邦仁 松本博文 ボンクラーズ 堀口一史座 佐藤和俊 shogigoki 東大将棋 棚瀬寧 プエラα 伊藤英紀 みなみん Bonanza NineDayFever ボナンザ 習甦 激指 コンピュータ将棋選手権 Ponanza 梅田望夫 YSS GPS 柿木将棋 金澤裕治 PuppetMaster 佐々木慎 田中寅彦 角換わり腰掛銀 飯島栄治 升田幸三 中原誠 武市三郎 児玉孝一 どうぶつ将棋 丸田祐三 森けいじ 大人のための将棋講座 金子知適 田丸昇 瀧澤武信 岡本信彦 石田流 島朗 GPS将棋 桜庭和志 あべこうる 人狼 安食総子 中田功 村中秀史 門倉啓太 伊藤真吾 ひふみん 入玉 持将棋 剱持松二 Puellaα 河口俊彦 桜井章一 梅原大吾 α Puella 水平線効果 西尾明 野月浩貴 小倉久史 田村康介 しゅうそ 日浦市郎 矢倉 篠田正人 古作登 竹内章 中村桃子 森雞二 田中悠一 今泉健司 竹内雄悟 渡辺大夢 郷右近力 長岡俊勝 加藤幸男 対振り飛車右玉 森下システム 将棋倶楽部24 阪口悟 勝又清和 小林剛 鈴木たろう 福地誠 石橋幸緒 中飛車 鈴木英春 細川大一郎 入江明 下平雅之 穴熊 井出隼平 中座飛車 角換わり △3二飛戦法 将棋 西村一義 コンピュータ将棋 団鬼六 川西勇作 ハッシー 浦野真彦 角交換型四間飛車 八代弥 一手損 林葉直子 岩根忍 カロリーナ 千葉涼子 高群佐知子 鈴木啓志 長谷川優貴 新井田基信 瀬川晶司 櫛田陽一 吉田正和 神吉宏充 金子タカシ 飯塚佑紀 りょうちん 超速 あから 花村元司 左美濃 駒doc. 近代将棋 中原良 早繰り銀 女流名人戦 四間飛車 清水市代 加藤桃子 雁木 相穴熊 南芳一 陽動振り飛車 トーチカ マイナビ女子オープン bonkras 長岡裕也 真田圭一 中原流 畠山成幸 戸辺誠 右玉 相振り飛車 見泰地 北浜健介七段 豊川孝弘 中川大輔 野月浩貴七段 島井咲緒里 結婚 高見泰地 駒落ち カニカニ銀 3三角戦法 伊藤沙恵 武田俊平 風車 奨励会 居飛車穴熊 遠山雄亮 三間飛車 中村真梨花 藤井システム 斎田晴子 村田顕弘 藤井流矢倉 田中魁秀 本田小百合 ▲3七銀戦法 矢倉流中飛車 苺囲い 将棋世界 腰掛け銀 向かい飛車 電子書籍 鈴木環那 将棋漫画 △3三角戦法 角道オープン四間飛車 角交換振り飛車 豊川孝弘七段 左玉 一間飛車 iphone レーティング 阪田流向かい飛車 aigo 一手損中座飛車 3二飛戦法 一手損腰掛け銀 一手損棒銀 一手損早繰り銀 学園祭 早生まれ 近藤正和 袖飛車 銀立ち矢倉 二宮清純 早水千紗 天下一将棋会 平藤眞吾 千日手 脇謙二 熊倉紫野 玉頭位取り 早指し2 串カツ囲い 橋本祟載 角交換 銀冠 相居飛車 金無双 ノーマル角換わり 片矢倉 相腰掛け銀 野田敬三 3三桂戦法 三段リーグ 急戦 内藤國雄 植山悦行 大野八一雄 大和証券杯 ビッグ4 NHK杯 矢倉急戦 振り穴 振り飛車穴熊 四間飛車穴熊 力戦振り飛車 レグスペ 右四間飛車 所司和晴 位取り 超急戦 早石田 順位戦 必至 必至基本問題集 △3二飛車 観戦 振り飛車 将棋観戦 twitter 相矢倉 将棋観戦記 王位戦 挑戦者決定戦 C級1組 角替り腰掛銀 逆転の心得 名人戦 引き角戦法 B級1組 女流王位 A級 早咲誠和 地獄突き グリゴリー・ペレルマン ミレニアム問題 数学 ゲームラボ ウソ矢倉 変わりゆく現代将棋 日レスインビテーションカップ 女流王位戦 高速道路理論

将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のRSSリンク
将棋観戦記 プロ棋士リンク
将棋観戦記 FCブログリンク
将棋観戦記のQRコード
QRコード
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
209位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
4位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク