人間負け越し? or 回避! ▲ボンクラーズ改Puella α(伊藤英紀) vs △塚田泰明九段

さて、遂に「▲ボンクラーズPuella α(伊藤英紀) vs △塚田泰明」の対決があと24時間を余裕で切りましたので、ここから全裸正座、かつお風呂に入りながら開始を待ちたいと思います。

で、ここまで1-2で来てますので、ここで人間が負けると最終戦を待たずして人間の負け越しが決まってしまうので、是非塚田泰明九段には頑張って欲しいところです。

では塚田泰明九段がレーティングでどのぐらいなのか?をちょっと見てみますと、全棋戦レートで1500ぐらい。ほぼ棋士の平均値ですね。第二戦の佐藤慎一プロと同じぐらいです。

(ちなみに前回熱戦を演じた船江恒平五段は全体で30位ぐらい、1650点とかです。)

対するボンクラーズPuella α(伊藤英紀)のレーティングは、伊藤英紀さんのブログから引用するとこんなかんじです。

かなり長いので箇条書きに要約しますね…。

・将棋倶楽部24における人間の歴代最高レーティングがピークで3200台、普段は3100台。(bonkrasが指していた頃である11年末の時点で)

・bonkrasは24でピーク値3364、通常3300台であり、24の人間トップより約200上だった。

・24の人間トップは、棋士レーティングでR1600くらい、と推測できる、24登場時のbonkrasは棋士レーティングで約1800相当、と推定できる。

ボンクラーズ/ Puella αは、5月の選手権ごとにバージョンアップしており、以前のバージョンに対してほぼ2勝1敗ペースで勝ち越す

・レーティングで120差に相当し、100近くは上がっている見込み。

・更にハード面の進化があり、2世代でほぼR50程度上がっている

・これらを合計すると最新のPuella αはR1950程度、となる。

・人間の棋士レーティングトップがだいたいこのぐらいの数字であり、これはレーティングからみて、名人クラスであることを意味している。

現状認識@2013年4月



という感じですね。


私が以前推測したアプローチにほぼ近く、私も大体同意するところです。ただ将棋倶楽部24の母集団を思うともう少しプロレーティングへの当てはめ値(初期値)は下であってもおかしくないかなと。

要は人間、特にプロ棋士が長時間になったときの検討手順の深化とアマチュア群による検討の深化というのはかなり差異があるように思います。

コンピューター将棋も深化するでしょうがツツカナが見せたような水平線効果によるウッカリがヒューリスティックな判断で回避しきれない可能性。(逆に人間もヒューリスティックによるウッカリもあるのでお互い様、という話もありますが)。

なので1900台は大げさだとしても、船江恒平五段との接戦をみても(統計的に有意な回数試行した場合)1600以上はある可能性は高いでしょう。それが将棋として序盤の美しさを伴わない可能性も高いのですが(笑)。

となると、塚田泰明九段とボンクラーズ改めPuella αの対戦においては、Puella αのほうが勝つ可能性が高いということになります。

塚田泰明九段は、どちらかといえば順位戦適性のほうた良い棋士なので、先後が決まっていることはメリットだと思いますが、順位戦ほど時間が長くないことが懸念の一つです。第三局の後のインタビューでも、「だから私は長時間でやりましょうと言ったんですがね」と苦笑していました…。

まさ再び、伊藤英紀さんのブログから戦前予想を引用します。

【勝敗予想:Puella α】

勝敗予想。レーティング300差ならば勝率84.9%。6,7回に1回は負ける計算になります。なので、塚田さんが勝つ可能性も十分あると言えます。

正義のヒーロー・塚田九段が、侵略者・コンピュータと戦うために立ち上がった!絶対絶命のピンチに陥りながらも、最後には悪の首領・伊藤を倒し、棋界に平和を取り戻す…というドラマティックな展開も十分あり得ますので、期待して見ていていいのではないでしょうか。

現状認識@2013年4月




とのことです。こういう言い方が適切かどうかわかりませんが、理系人間の悪いところが出てしまったような言動…というか某特定ワードが幾つか思い浮かびますが、ある意味対立構造をプロレス的に作って盛り上げてくれている…という見方もできます。(それを意図してやっているか、無自覚にやっているか?は判断つきませんが…)。

根拠としているレーティングが私の予想よりもちょっと高ぶれしているので、個人的には85%の勝率ではないと思っています。ただしコンピューター将棋が勝つ可能性のほうが、50%を超えていることは残念ながら確実だと思っています。

先後決まっていますが、戦型の予想が全くできない状態です。コンピューター将棋側が変化して勝負になる、という状況があるというのもありますが、今回のPuella αは特に変な序盤を意図的に狙う可能性は低いと思います。

塚田泰明九段も一発で負けるような将棋ではなく、ある程度じっくりした、斬り合いに持ち込まない将棋にする可能性が高いのかなと。その場合の懸念としては、組み上がった時点で既に為す術がない、という展開。

コンピューター将棋には米長邦雄永世棋聖が採ったような極端な待機作、盛り上げ作戦じゃないにしろ、似たような作戦が有効である、というのが通説となっていますが、伊藤英紀さんのコメントを読む限りだとすでに入玉対策はされているそうですし、割りと危険な気がします。

よって私は相居飛車であれば相矢倉の最新形を期待したいです。

まだ振り飛車、対抗型は出現していませんがこのまま出ないような気もしますね。コンピューター将棋が振ってくれたら、ひとつのチャンスでしょうが、なさそうかな…。

どっちが勝っても、事前の雰囲気がプロレス的なので対局後のインタビュー・記者会見が楽しみです。

指す将棋初心者、観る将棋ファンは必読の一冊です。これで将棋観戦がどんどん楽しくなる!

将棋・序盤完全ガイド 相居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)将棋・序盤完全ガイド 相居飛車編 (マイナビ将棋BOOKS)
(2013/03/27)
上野 裕和

商品詳細を見る


関連するタグ ボンクラーズ Puella α 伊藤英紀 塚田泰明 GPS将棋 ポナンザ 米長邦雄 船江恒平 佐藤慎一

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

遂に! 第二回電王戦 第三局 船江恒平vsツツカナにむけての抱負(私のw)とボンクラーズの伊藤さん。

いやー来ましたよ!ついに!遂に来ました!

「 第二回電王戦 第三局 船江恒平vsツツカナ」が!!!

あとほんの24時間弱で、この大勝負が見れるんです。もはや精神的には徹夜でニコファーレに並んでる感じです。エア徹夜&エア行列です。

ツツカナとはどういうソフトか?というと。

こんな感じ

が詳しいです。というか、ツツカナってどういう意味?って気もするんですが、どうやら響きのよい言葉を辞書で調べてて・・・らしいです。

第2回将棋電王戦 第3局船江恒平五段 vs ツツカナ PV

このPVには作者は出ていないですが、構図上どうしてもヒール役になるのでそれを避けた・・・という見方もありますね。死んでも活用され続ける・・・というものがすでにあるわけなので。(しかも死ぬ直前のものを。これは本人的にはどうだったのか?はぜひ知りたいところですね。もっとカッコいい時代のを使ってくれよぉとか言いそう)。

で、この第2回将棋電王戦 第3局船江恒平五段 vs ツツカナですが。正直私はこの勝負が一番、人間側に勝つ可能性が高いとみています。

船江恒平五段の実力がプロ棋士の中でもトップクラスであること。
・ツツカナの貸与があること。
船江恒平五段が先手であること。
・ツツカナの思考が最も人間に近い(らしい)ということ。

この辺ですね。正直、戦前の予想では勝ててここだけかな?と思ってたぐらいです。ちなみに現時点の私の予想は人間からみて2-3か3-2。船江恒平五段は絶対に勝つというか勝ってもらわないと困ります。

ここが負けると、人間側からみて、1-4か、2-3は堅いんじゃないかなと。逆にここが勝つと、4-1という目も当然ながらにあります。

船江恒平五段といえば何と言ってもその攻め味の鋭さと終盤、詰将棋の強さ。創作も解答もどちらもできるというタイプ。激しい斬り合いを得意とする棋風だが、この棋風を発揮してコンピュータに勝つのは危険である、というのは先週の佐藤慎一戦で見ているだろう。

それを踏まえて、どういう展開を選ぶのか?というのは興味のあるところだが、勝たなければ意味がないというのも身に染みてわかったと思うので、理想は阿部光瑠のような指し回し。ソフト貸与があっただけに似たようなことが再現される可能性もある。

だが。しかし。人間に勝ってほしい私ではあるが、あの阿部光瑠の戦いが再現されることは正直望んでいない。いわゆる普通の戦型で指して、普通に人間が作戦勝ちして、そのうえで中押し勝ちするような展開であれば楽しいとは思う。

だが、序盤の不備を突くような形で勝つのであれば、それ以外に人間が勝てないということの裏返しでもあるので、そうではないがっぷり四つの戦いとして勝ちきるところを期待したい。とはいえ、それができなかった&人間のミスを決して見逃さないというのは、清水市代があからに敗れ、米長邦雄がボンクラーズに敗れ、そして佐藤慎一がポナンザに敗れたときにわかっていることだ。

その辺の葛藤がありつつも、どういう将棋になっても私自身は人間を応援してしまうであろうことを私は確信している。

・・・という期待の中で、ハム将棋に最短で勝つ方法、みたいなハメ作戦で人間が圧勝したらそれはそれで笑えるんですが。

もう美しい女性の涙は見たくないので、ぜひ船江恒平五段には頑張ってほしい。繰り返すが、ここが勝てれば4-1まであるし、少なくとも3-2の可能性は高まる。ここが負ければ、ハメて勝った1勝だけ、ということで、名人級あるいはAクラス級であることが結果から証明されることになる。

今から土曜日が気になってしょうがないです。


で、ボンクラーズ、改めPuella αの開発者の伊藤英紀のブログが久しぶりに更新されていました。

現状認識@2012年4月

基本は、棋士レーティングと将棋倶楽部24のレーティングを組み合わせて推定しています。まず24の方ですが、bonkrasが指していた11年末の時点で人間の歴代最高レーティングが3200ちょい。これはピークの値なので、ふだんは3100ちょいくらいだったと思います。これに対してbonkrasがピークで3364、ふだんが3300くらい。24の人間トップより約200上でした。



これ、私が結構前に書いたコンピューター将棋に関する記事と同じ推測方法ですね。

ちょうどボンクラーズが将棋倶楽部24で最高点を更新していた時に書いたものを引用します。



http://shogiwatch.blog63.fc2.com/blog-entry-1394.html


さて、現時点のコンピュータ将棋のトップ3ぐらいが3250点クラスだとして、これはプロでいうとどのぐらいの強さに該当するのだろうか?

現時点の将棋倶楽部24において、断片的な情報ではあるが、見聞きしているところによるとどうやら奨励会三段リーグを勝ち抜くものたちのレーティングが3000点ぐらいのようだ。上記仮条件が正しいとすれば、奨励会を抜けてプロになる実力が既にコンピュータ将棋には備わっているといえる。それどころか、仮に3250点だとすれば、3000点クラスとの対戦においては、8割勝つことになる。(将棋倶楽部における250点差の期待勝率は約八割)。

では、新四段に八割勝つというのはどのような実力なのだろうか?奨励会新人棋士はプロの仮想レーティングにおいて1500点台を付与されている。ちなみにこの仮想レーティングは理論勝率と、実質勝率の乖離が10%以内に留まっているので、ほぼ正しいとみてよいのではないかと考えている。(特に2007年の収まりが素晴らしい)。

羽生名人が若手低段者に対して何十連勝もしている話は有名だが、その羽生名人には仮想レーティングで1800点台後半が付与されている。羽生と新人クラス(1500点台)の対戦における期待勝率は(http://homepage3.nifty.com/kishi/kakuritsu/1175.html)をみると、90%以上勝つようだ。

ここで丁度1500点ぴったりの棋士(大平プロ)がいたので、その期待勝率を見てみる(http://homepage3.nifty.com/kishi/kakuritsu/1243.html)。すると、1500点台のプロに八割勝つためにはレーティング点で1700点以上なければいけないことがわかる。

ちなみにこの1700点以上を維持している棋士は棋界全体で17人しかいない。この理論でいくと既にコンピュータ将棋はトップクラスの実力を誇ることになるが、にわかに信じがたい。



ここまで。結構前の時点でトップクラスの実力がすでにある可能性を私もレーティング上では感じていました。一方で最近の対戦をみていて思う違和感としては、序盤の甘さ。この序盤の甘さがあっては流石にトッププロであれば負けないだろうというのは、プロ棋士の共通認識としてあるように思います。

このレーティングと認識の間の違いとしては、二つの可能性があります。

一つは人間の中終盤というのがそれほど正確ではないということ。ノーミスで行けば勝ち、というような展開でコンピューター将棋がついていくことが可能であり、人間は必ず間違うものである、という。

ただトッププロ、少なくとも最低でも羽生善治と渡辺明であればあの序盤には勝つような気はしています。

もしくは母集団としての将棋倶楽部24やFLOODGATEの歪み。統計的にみて有意な母数だと思っていますが、トッププロが含まれない状態であることは確かではあります。そして条件設定がかなり早指し寄りになっている。それらの歪みが実際の実力差を正しく反映していない可能性があります。

このへんの可能性について書いたのが「反射神経勝負でなければ、プロ棋士にコンピュータは勝てないかも?」というのを書いたわけですが。

逆に言うと、反射神経勝負であれば、トッププロであってもコンピューター将棋に負ける。伊藤さんが書いているように、コンピューター将棋は名人クラスを超えている可能性はあります。

特に伊藤さんが言うような形、百番、千番勝負を将棋倶楽部24の条件でやれば人間の最高峰でも負ける…かもしれません。人間は短い時間ではミスがどうしても起こりえますから。

勿論持ち時間が長くなれば人間のミスは減ります。同時にコンピューター将棋の読みも深化する。このミスの減少曲線と深化の曲線の交わるところがあるはずです。この点より先は人間が勝つ、手前はコンピューター将棋が勝つ、というような。

この曲線がどういう関数なのかわかりませんが交わる点が2つある可能性もあると思います。

そういう意味で言うと人間が勝てる条件、という部分のチューニング作業、レギュレーションの問題だけなのかもしれません。車と人間の競争、という喩え話が刺さらないと私は以前書きましたが、レギュレーション問題として見た場合には、とても良く似ている気がします。

車と人間が走れば負ける。というのは距離が百メートルだったらそうでしょう。しかし10メートルだったら?5メートルだったら?というような。

そういう意味では、なにを持って人間が負けたといえるのか?というのは難しいですし、一言だけ切り取られてしまった伊藤さんの発言ですが、これらの全てを踏まえての「名人を超えている」は、とても納得いくところだと私は思います。

ただ「名人クラスが最大限にパフォーマンスを発揮できる条件」であれば、あの序盤では名人を超えていないとおもいますけどね、という塚田泰明プロの発言につながると思います。

そういう意味ではどちらも正しいというか。

人間が最大限にパフォーマンスを発揮できる条件というのは夕食休憩ありで深夜に及ばないもの、だと思うのですが。今となっては遅いですが、特に佐藤慎一プロの将棋をみていてそのように思いました。

さて、明日が楽しみですね。


将棋世界の最新号が発売しています。土日で忘れずに書店で買ってくださいね!

将棋世界 2013年 05月号 [雑誌]将棋世界 2013年 05月号 [雑誌]
(2013/04/03)
不明

商品詳細を見る



関連するタグ 佐藤慎一 阿部光瑠 あべこうる 塚田泰明 伊藤英紀 ツツカナ Puella α 船江恒平 電王戦

テーマ : オセロ&将棋&囲碁&チェス
ジャンル : ゲーム

将棋観戦記のtwitter
将棋観戦記のプロフィール

将棋観戦

Author:将棋観戦
「将棋観戦記」というブログで、プロ棋士の将棋を観戦して思ったことを記しています。棋力はありませんが、将棋観戦の楽しさを一人でも多くの人に知ってもらい、「観る将棋ファン」を増やすために貢献できればと思います。主に順位戦速報・タイトル戦等、ネット中継されている将棋を中心に将棋観戦記を書いています。棋譜・符号はなるべく用いずに、将棋のルールが分からない人でも、将棋の勝負の面白みが伝わるように努力します。

基本的にはリアルタイムでの将棋観戦中に思ったことを書き溜めつつ、対局終了後の感想を付け加えて、将棋対局のあった翌日の朝7時頃にアップされるように将棋観戦記を予約投稿しています。「一日一観戦記」をモットーにしているので、同日にネット中継が重なった場合は、対局の重要度を個人的に評価して観戦記の投稿日を調整しています。

将棋観戦中に書き始め、対局が終了すると思われるところから観戦記を完成させていることが多いです。文章内の形勢判断は個人的主観によるもので、観戦中の控え室のプロの意見を取り入れず、将棋ソフトの解析を行なっていないため、形勢判断が正しくない可能性があります。

また、あまり推敲することなく投稿しているので、観戦記内に誤字脱字、情報の誤りがある場合があります。お気づきの場合はコメント欄にてご指摘いただけると助かります。早急に訂正させていただきます。

将棋観戦記の人気記事
将棋観戦記の記事カテゴリ
将棋観戦記の最近の記事
将棋観戦記アーカイブ
将棋観戦記の記事検索
将棋観戦記のランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
8位
アクセスランキングを見る>>
将棋相互リンク